北斎と弟子の名勝負が楽しめる「北斎師弟対決!」すみだ北斎美術館永青文庫「古代中国・オリエントの美術」―国宝“細川ミラー”期間限定公開―

2020年02月15日

~さよなら42階~「FACE展2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」

東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、3月15日(日)まで「FACEE展2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開催されています。
img001

損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設した本展は、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着し、出品作家について美術館、画廊、コレクターからの照会のほか、海外コレクターからの問い合わせもあるそうです。
IMG_20200214_171231
第8回目の本展には、全国の 875名の新進作家からの出品があり、厳正な選考の結果、将来国際的にも通用する可能性を秘めた力作 71点を入選作品とし、その中から受賞作品が選ばれました。
「年齢・所属を問わ ない新進作家の登竜門」として、個人情報を伏せた作品本位の審査によって 選ばれた作家は、年齢や経歴もさまざまです。
油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、染色、ミクストメディアなど技法や多岐にわたり、作品のテーマ、題材もさまざまですが、新しい感覚で描かれた表現意欲あふれる作品であることは共通しています。
IMG_20200214_180155

本展では、審査員による選考のほか「オーディエンス賞」もあります。審査員による審査は終わっていますが、それとは別に“観覧者による人気投票”をしようという企画です。入場の際に投票用紙を渡されますので、みなさんも、自分のお気に入りを探しながら、「私が選ぶ1点」をオーディエンス賞として投票してみてください。
IMG_20200214_175526
なお、館内撮影はフラッシュや三脚などを使わなければOKとなっています(収蔵品コーナーは撮影不可)。
いくつか作品をご紹介します。

人間の顔に見える石や木を黒写真にプリントして図鑑のように見せた作品。 各写真の上部に印字された英文と、モチーフの表情が照合しています。 104枚中1枚だけ自画像がネガ写真で混じっています。
IMG_20200214_171447
髙木 陽「世界は均衡を望む」

さまざまな有名な絵画、彫刻約120点をモノクロームで模写して見せ窓に配置した作品。どれだけ知っている作品を見つけられるでしょうか?
IMG_20200214_174856
木村 不二雄「崖屋美術館」

日本語で「告白」という意味の題が付けられた作品。真ん中の白い線が神の依り代のようにも見えます。
IMG_20200214_175949
三宅 哲平 「Confessions」

タイトルから震災をモチーフにした作品だと思われます。夕焼けの廃墟のように見える場所の上を飛ぶ船が印象的。
IMG_20200214_173821
森田 和昌 「3.11-ARK/失われた大地」

左上に麒麟、右下に黒牛が描かれ、日光陽明門彫刻を参考にしたという唐子が随所にちりばめられています。右上には戦闘服を着たような子供もいて、さまざまな解釈ができる作品。
IMG_20200214_181404
桃山 三 「麒麟よ」

作者は何と10歳!絵が好きで、毎日描いているそうです。ほっこり和める作品です。
IMG_20200214_171854
由芽 「ぼくつぶちゃん!!」

金銀を贅沢に使った力作。孔雀に立体感を出すため、様々な色を何層にも重ねて描いていることが近くで見るとよくわかります。
IMG_20200214_173240
坂本 英駿 「美麗」
私の「オーディエンス賞」は、迷いましたが、今年は坂本 英駿さんの 「美麗」としました。作家の今後に期待したいと思います。

なお、「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は、隣接する新美術館棟へ移転し、2020年5月28日に「SOMPO美術館」として開館します。
日本初の高層階美術館として1976年に開館した同館ですが、本展が現在の42階で開催する最後の展覧会となります。美術館から見る新宿の風景も今回が最後です。
3月15日(日)までの開催ですので、お見逃しなく!
そして新進作家が「FACE展」を起点として世界へ羽ばたけるよう、ぜひ応援してください。
IMG_20200214_182334
美術館から見た夜景

「FACE展2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」【美術館公式サイト
【会  期】 2020年2月15日(土)〜3月15日(日)
【会  場】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
【休 館 日】 月曜日 (ただし2月24日は開館、翌25日も開館)
【開館時間】 午前10時−午後6時(入館は午後5時30分まで)
【観 覧 料】 一般600円、大学生以下無料
       ※20名以上の団体は100円引き
       さよなら42階お客様感謝企画 2月29日(土)、3月1日(日)は観覧料無料!


北斎と弟子の名勝負が楽しめる「北斎師弟対決!」すみだ北斎美術館永青文庫「古代中国・オリエントの美術」―国宝“細川ミラー”期間限定公開―