すごいぜ!!南稜中2018.9.22 / 授業

松岡 秀樹

中3の南稜中の9月の定期テストの結果がでました。

平均点格差が素晴らしかったので、ここで紹介したいと思います。

英語 27.0点

数学 25.3点


理科 28.3点

社会 24.3点

国語 23.0点

 5教科合計 127.9点


 数学は、塾生平均が92.8点と本当にすごい結果。授業中も自習教室中も、みんなよく頑張っていたね。

本当に君たちはすごい。いつも明るく、前向きだ。

結果が少し悪くて、落ち込んでいた子も、涙をこらえながら真剣に話を聞いていた。

大丈夫だ。君なら必ずいける。頑張ろうな。

英語で「studied」のスペルを間違えて、6点も落としてしまった少年。次こそはとりききるぞ!!

入塾してから、60番以上順位をあげた少年。今日の授業の帰りに、「今回もっといけた。」と。

次回のテスト、楽しみに待ってるわ。

ここからは、しばらく入試モード。三本木校の南稜中生、燃えていこうな。 

耳に残る2018.9.21 / 趣味

松本勇希

ちょっとしたときに、
お笑いの動画をみるのが好きです。

友達からはお前のおすすめはシュール
すぎてわからんと言われることが多い
ですが、

今一番好きなのをあげます。
何がおもしろいかわからないけど、
おもしろい。
めちゃ耳に残ります。
今年売れるかもです。

クロコップ


昔なつかしいミルコ・クロコップから名前を
とったコンビです。

あと、シュールな感じで好きなのが、
田中上野


息抜きによければ。

平川少年の事件簿 case22018.9.18 /

箸本先生の記事がcase1で終わるならば、と思いcase2を書くこととする。






今からちょうど半年前の出来事だ。
三月三日のこと。



なぜこんなに正確に覚えているか。

俺が救われた日だからだ。






三本木校から帰っている時だった。

22時くらいか、車で帰っている途中だ。


道路ばたで、誰か倒れてるのを見た。





これは大変だと、車を止めて駆け寄った。



人が夜中にアスファルトの道路そばで倒れている。

そんなの人生で初めての経験だった。




運動をやめてから四、五年経つだらしない身体を揺らせながら、
その倒れてる人に駆け寄った。




その間、ただひたすら思った。

なぜ、なぜ、
誰も止まらない?


人が倒れてるんだろう?

なぜ、
みんな知らん顔しているんだろう?




そう思ったことを覚えている。


車を停めて30mくらいのところか、
人が倒れているところに声をかけた。

近づいてみて、わかった。

おそらく、60歳か70歳くらいの老婆だった。






俺の焦燥感は濃くなった。





これはやばい。





「大丈夫ですか??」





その人は数秒ほど時間を空けて言った。







「ちょっと酔っ払ってて〜〜〜」











僕が学生の頃、よく聴いていた音楽がある。
ウルフルズの「笑えれば」。



「とにかく笑えれば 最後に笑えれば」







何があろうと笑えれば万事よし。




笑いながら、

お婆さんを車道から離した。





「いける??大丈夫??」


「うーーーん、いつものことだから」











老婆が酒を飲んで、車に轢かれるスレスレで寝そべってる。


そんな世の中に、老婆に、何だか救われるような想いを抱いた。






人生は色々あるから良い。

ソフトボール日和2018.9.18 / 日常

白井 彰祥

僕は日曜の休みの日、唯一の趣味?であるソフトボールの試合に行っています。
岡崎、豊橋、岐阜…いろんなチームに入ってます。

昨日は岡崎で試合でした。岡崎のチームは僕の大学の同級生や先輩達と作ったチーム。ですが、戦力補強のため去年から出戸先生に助っ人に来てもらい、今年からは正式に加入しました。


昨日の試合の時の写真
IMG_4083









これは僕。相変わらず細い。この日はポテンヒット2本と微妙な内容。次こそは!

IMG_4095









出戸先生。もちろん背番号は46ですね。高校時代は4番を打っていた主砲。この試合でも4番で…

IMG_4101













特大のホームランを打ちました!写真はベンチに帰ってきた時です、さすが4番!

試合も勝ってよかった!


箸本青年の未解決事件簿 case12018.9.16 / 日常

箸本竜也

昔、「金田一少年の事件簿」という漫画が好きで、
それっぽいタイトルにしてみたけど、たぶん、case2以降はないです。

もう何ヶ月か前のことだけれど、
夜、コンビニまで一人で歩いていたときのことだ。
時刻は夜の十二時過ぎ。
サンクス(まだサンクスがあった)まであと一分くらいのところで、
一人のお婆さんが向こうから歩いてきた。
夜中に道で人を見かけると、多少は警戒心が湧くけれど、
そのときはお婆さんということで、僕は完全に油断していた。
ところがすれ違いざまに、彼女が言ったのだ。
「駄目だよ!」と。
一瞬、体がビクッとなった。
慌てて振り返ったけれど、お婆さんはしっかりした足取りでスタスタ行ってしまった。

僕はしばらく路上に立ち尽くしていた。
俺に言ったよな、今の?
何だ、何が駄目なんだ俺は。

歩きスマホ、していない。
歩き煙草、していない。
だいたい、煙草が切れたからコンビニに行ったのだ。
夜中に出歩くことをとがめられたのか?
そんなタコな、だったら老婆、自分のこと棚に上げすぎ。

お婆さんの独り言?
すれ違いざまに、ピンポイントでそんな破壊力のある独り言を?

それとも何だ、俺の人間性の問題か。
見ず知らずの老婆にそんなのを一瞬で見抜かれたというのか。
それなら思い当たることがありすぎて困る。

僕はどうすればよかったのだろう。
土砂降りの中を走っていって彼女の肩をつかみ、
「僕の何が駄目なんですか!」と問い詰めればよかったのか。
でも僕にはそんな度胸も行動力もないし、
だいたい、土砂降りでもなかった。

高校の頃、ボブ・ディランが好きで、
一時期、毎日のように通学の電車の中で聞いていた。
「blowing in the wind」という曲の中で、
「その答えは、友よ、風に吹かれている」という歌詞があるのだが、
もうね、本当に、ボブ・ディラン正しすぎ。
答えは風に吹かれすぎてて、俺にはもうわかんねえ。

ヤモリとかカエルとか飼いたい2018.9.9 / 日常

箸本竜也

鷹丘ヤモリ動物が好きで、ハチュウ類や両生類も、好きです。

先週、鷹丘校の外壁にヤモリがいました(写真左)。
ヤモリは見るたびに写真を撮っています。

数日前、うちのマンションにも出ました(写真右)。
このヤモリはハンサムだったし、スタイルが抜群によかった。


本当は、ヤモリとか、変なカエルとか、飼いたい。カエル
写真のマルメタピオカガエルっていうの、飼いたい。
カエルは、こういうベシャーっとしたデザインのが好きです。
動くものは何でも口に入れるんだって。
そんで、食べられないものだと吐き出すんだって。
何だよそのシステム。

ネックは、餌と、寿命。
虫をあげないといけない(全部が全部そうじゃないんだけど)のが、ちょっと大変。



何より、先に死なれるのが怖い。
ペットを飼っている人、すごいと思う。
それを受け入れて飼うとか、ちょっと、厳しい。
いつか何か飼うかもしれないけど、相当覚悟をしないと、僕は無理だ。

去年の冬、妻が買ったキャベツにイモムシがくっついてきて、
こんな寒い時期に外に出したら死ぬぞ、ということで、
チョウになるまで家で保護しようとしたが、
結局、二週間くらいで逝ってしまった。
そのときですら、しばらくは気分が晴れなかった。
何だそのメンタルの弱さ。
無理無理。

ヒルヤモリ一番飼いたいのが、これ。
マダガスカルヒルヤモリ。
ヤモリは夜行性だけど、この子は昼行性。
もう、可愛すぎてちょっとつらい。
東山動物園のハチュウ類の館みたいなところにいるので、もし行くことがあれば、見て下さい。
とても美しいです。

アンパンマン2018.9.5 / ちょっとしたこと

紅林尚礼

娘がまもなく1歳9ヶ月です。

どんどん大きくなって、赤ちゃんらしさはすっかりなくなって毎日走り回ってます。

家では積み木をしたり、大きめのレゴブロックで遊んだり、最近ではお絵かきもやってます。


教育テレビってすごいですね。

夕方、4:00からの1時間はテレビタイム。

「いないいないばぁ」から「おかあさんといっしょ」、「みぃつけた」への怒涛のラッシュ。

もう夢中。話しかけてもあんまり聞いてない。

ちらっとこちらを見て、わんわん、コッシーのとりこ。


そんな娘が、最近はアンパンマンにも夢中。

少し前までは、「アンパン」としか言えなかったのが、

 はっきり「アンパンマン!」と言えるようになって、

早朝5時、6時から「アンパンマン!」の叫び声が家中に響いています。 

 もう少ししたら、アンパンマンミュージアムに連れて行こうかなと、思っています。

IMG_3851 (1)
 

高豊中 自習教室 豊橋南校2018.9.2 / 授業

塾長 岡田



本日、南校の自習教室へ。
テスト直前の高豊中はほぼ全員参加。

南稜、章南の子たちも参加。



教室へ入った瞬間に生徒へ
ダメ出し。



まわりの高豊中の子たちは
大笑い。



ダメ出しされた生徒は、
横ちゃん。(横ちんとよんでるけどね)

B0968AA0-BDD3-4C22-B8BC-61D1637B9066















『横ちん、

出会った生徒で、一番字が汚いぞ。
解読不能だぞ。

おまえ、歯を矯正するのはいいけど、
字も強制しろ。紅林先生、頼むよ、こいつ。』




社会が苦手という中1の女の子がいて、


マンツーマンで、伝授しました。


どうやれば、できるようになるか。

20分くらいの指導ですが、


間違いなく上がると思います。




高豊中は、定期テスト直前です。



日曜日の4時間、

みんな、一生懸命がんばっていました。


講師は、私、次長、紅林校長と

贅沢な布陣てす。


明日も、あさってもやるぜ!


しあさってから、
高豊中はテストです。


カイタク生、ファイト!


















月別アーカイブ
  • ライブドアブログ