新年あけましておめでとうございます。(今更) 自分は今高校2年生なので、学校では3年0学期という圧力がガンガンかかっているため、冬休みは勉強に追われていました。
さて今回は研究枠ではなく、晴王戦の対局を踏まえたメモ書きです。晴王戦とはTwitter上で行われている棋戦の名前です。詳しくはTwitter上の晴王戦公式アカウントまで!(露骨な宣伝)

 メモ内容は嬉野流▲3九銀待機型対△4四銀型三間飛車という需要皆無な内容です。
まず▲3九銀待機型とは何ぞやというところから見ていきます。
2019-01-26a
 まあ読んで字のごとく先手が▲3九の銀を動かさず、大駒総交換を狙う作戦です。嬉野側は一段金に段銀という大駒に強い陣形であるのに対し、三間飛車側は三段銀で桂馬もはねられさせてしまい飛車の打ち込みに弱い陣形になっています。その弱点を狙っていくのが▲3九銀待機型の大まかな狙いです。
2019-01-26b
 こうなっていまうと自分は後手持ちたくないですね。個人的には▲3九銀待機作戦は理にかなった優秀な作戦だと思っています。
 さて今回取り上げる局面はこちら。
2019-01-26c
自分は嬉野流に対して銀対抗をする△4四銀型で迎撃をしています。1図から▲4六銀と出てくるなら△4四銀と出て対抗するのですが...
1図以降の指し手
▲6六銀(2図)
2019-01-26d
▲6六銀と出てきます。▲4六銀と出てきてくれれば戦いやすいのですが...
今回はこの局面から考えてきます。候補手は①△4四銀②△2二飛③△8二玉の3つに絞らせてください。
2図以降の指し方①
△4四銀▲2四歩△同歩▲同角△2二飛▲3三角成△2八飛成▲同銀△3三銀▲5三角(3図)
2019-01-26e
まずは△4四銀で大駒総交換に備える順ですが、それでも総交換されて馬を作りに来られそうです。個人的には先手の馬を評価したいので先手持ちです。先手馬対後手持ち角の構図ですが、後手のほうを持ちたい人もいると思うのでこの変化に飛び込む人もいるとは思いますが...
 また余談になりますが、相手を嬉野党と決め打ちできる場合であれば、三間飛車側も5筋不突きで待機して△4四銀の変化に飛び込むのもありだと思います。
2図以降の指し手②
△2二飛▲3六歩△8二玉▲3五歩△同歩▲同角△4四銀▲7九角△7二銀▲4八銀△6四歩▲9六歩△9四歩▲3七銀△4二角(3図)
2019-01-27a
△2二飛は妥協した手です。▲3五歩からの歩交換は一例ですが、こう進めば双方不満なしでしょうか。
2図以降の指し手③
△8二玉▲2四歩△同歩▲同角△4四角▲1五角△2二飛(5図)▲同飛成△同角▲2三飛△3二金▲2八飛成△1四歩▲2四角△2三歩▲7九角△7二銀(6図) 
2019-01-27c

2019-01-28c
5図では飛車交換をしない変化もあるのですが、個人的には6図の景色のほうがいいと思っています。6図は見解の分かれる局面だと思います。
 以上でメモ書きは終わりです。今回のメモ内容は完全に自己満足の類のものですが、自分のブログなので許してください。