10/28(火)
練習内容 休み
10月走行距離 282km
体重 未計測 ※身長174cm

今日もランオフ。
昨日よりダメージが緩和されてるので、明日は5kmくらい走ってみようかな。
いずれにして今週はゆっくり。
間違ってもインターバル走とか30km走とかしないから。

大阪マラソンレースレポ後編。

25-30km 2:05:02(21:15)

足を攣ってしまったが、ふくらはぎを伸ばしたら少し復活。
とりあえずイケるとこまで行こう。
もう右足に力を入れられないから、体の左側を重心にし、歩幅を狭くしなるべく足を上げないように摺り足で前進。
スピードを上げるとピクピク痙攣するので探りながら走った。

30km通過が2時間5分。

北海道マラソンの30km通過より2分速い。
諦めるのはまだ早い。

ここで思ったことは2つ。

一つは言うまでも無く”気持ち”
これを切らしたら終わり。道マラより2分速いというのが気持ちを繋ぎとめる要因になった。

もう一つは”技術”

この状態でここから12kmちょいを55分以内で走る技術。
他のサブ3ランナーより運動能力が低いので今まで技術で補ってきたつもり。
マラソン力・真価を問われるところだ。
腕の見せ所だぜ~なんて思ってた(・∀・;)

30-35km 2:26:52(21:50)
給水すると少し復活、しばらくすると痙攣するので原因は脱水だとすぐにわかった。
給水所では飲むだけではなく、水を右足にかけた。

痙攣が起きるスピードを探ると、4’15付近まで上げると痙攣でフォームを保てなくなる。4’20台ならなんとか大丈夫なようだ。

こんなに失速してるのに順位は上がる。
ランナーズアイを見たらこの区間で37人抜き、次の35-40kmでも26人抜いてる。
厳しいレースだ。

35-40km 2:49:03(22:10)
35km過ぎはゆるりんさん応援地点。
前日ペットボトルの水を渡してくれる約束をしたので、走りながら受け取り右足に水をかけた。
ホントは暑さ対策で首にかけるつもりだったのにね。。

その頃になると暑さの為か北海道マラソンと同じく内臓もやられ給水ができなくなっていた。

36km手前で180cm越えぐわTの方と再会しゴール近くまで一緒に走った。
時折り痙攣に襲われバランスが崩れたが、ラップは4’20台をキープ。
この区間は南港大橋があったことを考えると、前区間からほとんど落ちていない。

40-42.195km 2:59:10(10:07)
40kmを過ぎ、ほぼサブ3を確信した。
が、油断するとヤバいので兎に角集中。

最後は疲労で大きくペースを落としたけど、最後は安堵のゴール。

速報にも書いた通り、今年もサブ3できてホッとしたε=ε=(;´Д`)

北海道マラソンに続き、大満足と言えるレースではなかったが、最低ラインは死守できたと思っています。
そして大満足ではないがゆえに、次のつくばマラソンに向けやる気マンマンです!

まだまだ燃え尽きません。
今週は休むけどね~

明日は大阪マラソンレース以外編。
お楽しみに♪


フルマラソン完走したいあなた!
内臓をやられがちなあなたも
1クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村