ローラー報告/絶妙な虚構の上に成り立つ心影流vsタイ捨流の妙技に(ry

おはようございますトプローです。
雨ですね。
昨日から雨です。

そんなわけで昨日はローラーでした。
久々のローラー報告です。

15分でお尻のおデキが限界痛い痛いになったので25分で終了しました。うち15分くらいが270W前後のL4域でした。
TSS26とかうんこちゃんw

問題は15分で痛くなったのに何故25分回したかというところですが、皆さんその深い理由はおわかりでしょうか?



しかしてその答えは、







マキャベリズム5話を見ていたからだ!(うるさいw







いや、もったいぶってすんません(;´Д`)

しかしここにきていい展開です。
天下五剣同士のガチ勝負とは熱い!
必殺技が乱れ飛びますが、これがわりと地に足がついた感じなのがこの作品のいいところ。カメハメ波vsペガサス流星拳ではなく、デンプシーロールvs正拳三段突き的なところを上手に見せてくれます。

でももう現在進行形だと8話放映なん?
お尻が完治せんとまったく追いつけんがな(;´Д`)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ポチっとお願いします。
 

3T ARX2ステムは世間で言われるほど悪くない、むしろ良いものだというインプレ

今日もいい天気で暑いですね。
連日の暑さのせいか、お尻にオデキができまして自転車乗れません。
おはようございますトプローです。

さて、今日はパーツインプレです。
先日のことですが、ステムを交換しました。
今回導入したのが3T ARX2PROステムです。17度100mmのサイズで、いわゆる水平ステムというやつ。

水平ステムというのはその名のとおり、地面と水平にステムが位置するので、ホリゾンタルフレームと非常に相性がいいのです。

何の相性かと言うと、もちろんルックス。
ルックスこそ至高。性能なんかルックスの前では屑みたいなもんです。



まあ、それはいいのです。
ルックスとかポジションは人それぞれなので、人それぞれ自分に合ったものを使えばいいのです。

今回僕が訴えたいのは、ARX2ステムは世間で言われるほど悪くないぞ、ということ。



ARX2ですから、それとは別に3TにはARXステムというのがあります。一世代前のモデルですが現状はそこかしこで新品を購入可能なモデルで、どうも世間では前世代のARXのほうが評判がいいんですな。


見た目はこう。

STEMS-ARX-LTD_PIC2645
上がARX

下がARX2


G0001QQU


特徴としてはこう。

ARX ボルトが普通の六角
ARX2 ボルトがトルクス

これをもって、いちいちトルクスなんか使わなければならないARX2はクソという評判が生まれるわけです。



しかし早まってはなりません。
もう一つ違いがあるのです。

ARX フォークコラムへの締め付けがボルト二つ
ARX2 フォークコラムへの締め付けボルトが一つ

これです。
これが大きく違う。



上下二つのボルトを同トルクで締め付ける手間に対し、大きめのボルト一つを規定トルクで締め付ければいい安心感。この違いが大きいのです。

ARXであれば上が5.1kgなのに下を5.3kgで締め付けちゃって気色悪い!とかいう事態が発生しますが、ARX2にはそれがないのです!


6kg一発で終わる安心感こそ正義!(力説


いや、まあ、気にならん人も大勢いそうですが(;´Д`)



あとね、トルクスなんていう特殊ネジを使えるという有り難さにこそひれ伏すべし(何言ってるんだこいつ

自転車整備以外でトルクスなんて使わんでしょ?
しかし、ここにこそ「僕は趣味を楽しんでるんやなー」という幸福感を味わうわけです。
仕事でやるんじゃないからこそ、この少々の手間を楽しむのです。


トルクレンチにトルクスビットを装着する瞬間のトキメキ!!


あー、なんという説得力のなさwww




で、まあ、装着してみてどうだったか。


20170517_082223


どうよこれ?!
やはりピナレロには水平ステム。
ルックスが最強にまた一歩近づきました(*´Д`)ハァハァ

いや、そうではなくてですね。
今まで使っていたのがこのへんです。


20170522-6


上のが軽量安物なアルミ120mm
下のがCento1に付属していたカーボンの90mm
どちらも角度は6度です。

これらと比べ、明らかに剛性が向上しました。
がっちりしっかりです。
ちなみにハンドルは3T AERONOVAなんですが、やはり3Tには3Tを合わせるべきだったんでしょうね。


以上、ARX2は意外といいぞ!というインプレでした。
そりゃまあ、世代が新しいんだから改良されてて当然なんですが。






 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ポチっとお願いします。
 



白目TT分析と対策

昨日予告したとおり、白目分析といきましょう。
おはようございますトプローです。TTを略すとわけがわかりません。
ところでこの白目TT、前回書き忘れてましたが、僕の記録は2時間11分10秒でした。

さて、では白目コースのおさらいです。



距離が65km、高低差146m、平均斜度0%ですね。
しかし実際は全行程が激しいアップダウンです。



shirome

このとおり。
実際の斜度は、きつい場所では10%で上って10%で下るの繰り返しです。
そんなコースですから、一見して平地に見えるような場所でも実際は1~2%ほどの坂になっています。
まさに全部アップダウン。
そしてその坂には長いものもあれば短いものもあります。
これを必死こいて走り抜けると、2時間プラスアルファの時間になります。

2時間プラスアルファ。
ちょっと普通のタイムトライアルからはかけ離れた時間です。

タイムトライアルの基本は、ヒルクライムなんかはまさにそうですが、一定の出力で走りきることです。
ではこのコースでそれを実行できるのか?
例えばゴールデンチーターなんかを利用すれば二時間の予想平均最高出力がわかったりしますが、そのパワーでこのコースを走りきることができるのか?

ひたすら上りならそれも可能でしょうが、ここはアップダウンですから無理だと思います。
上りでは高出力になり、下りは休む。どうしてもそうなります。
下りも一定の出力で走れればタイムの短縮につながりそうですが、10%の下り複合カーブを200W超で踏んでいくとか自殺行為ですし。

パワーの目安としては上りをL4上限あたり。下りは休む。これでだいたい行けそうな感じでした。

そして一番のポイントは下りの休み方。
なにぶん65kmのコースの半分が下りですから、休むとは言っても、ここで油断してはどうにもなりません。

下りに関しては当然エアロポジションで休みつつもスピードを稼ぎます。
しかし極端な姿勢は危険ですので、きっちりブレーキングできる体勢で深い前傾をとることになります。トップチューブに腰を落とすとか、サドルの後ろに腰を落とすとか、そういうのは禁物です。
下ハンを深く持って、ぐっと頭を下げる格好です。これでも上ハンダウンヒルよりも相当な速度を稼ぐことができます。

しかしですね。
この姿勢はしんどいんです。
ペダリングを止めるので脚は楽ですが、首、腰、背中という体幹に大きな負荷がかかります。
僕なんかこのコースの前半はなんとかその姿勢を維持できましたが、後半はグダグダでした。

このコース、往路が上り基調で復路が下り基調です。
普通は復路が下りで楽なんですが、前半のエアロポジションで体幹が死んじゃったため、復路の下りが逆にクソ辛いという涙目状態です。

あまりの辛さに復路の下りではエアロポジションを放棄しました。
上ハンダウンヒルたっのしー、きっもちいー状態です(うそw それでも辛い
おかげで下り基調なのに往路より時間がかかりました。タイムトライアルなのに何をやってたんだか。
上り出力は最後までほとんど低下しなかったのにもったいない。


と言うわけで、このコースの攻略のポイント。


エアロポジションを長時間維持できる体幹


これをいかに鍛えるか。
上り対策のほうは、普通にヒルクラでもすればいいんじゃないでしょうか(鼻ホジ



あと、補給についてですが、この日は暑くなる予想でしたのでダブルボトルで挑みました。
一本は真水、一本はマルトデキストリンとBCAA(クエン酸ぶっこむの忘れた)です。
気温は23~29度でやはり暑かったですし、ダブルボトルで正解でした。

固形の補給食はなし。
スタート前にウィダーインエネルギーを一つ。
折り返し地点の長い上りで、ウイダーインスーパーエネルギーを一つです(これは事前に封を切っておきます)。

このスーパーエネルギーっていうのがお高いんですが良さそうでした。



jelly08

これね。
カフェインなんかが入ってるので、集中力の維持に効果あったんじゃないかと。
あとは朝ごはんをしっかり食べておけば大丈夫。



と、以上のような感じです。
次回は2時間10分切りを目指す、のではなく二往復せんとあかんわけですが、やっぱ白目としか言いようがないですな(;´Д`)




 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ポチっとお願いします。
 


ギャラリー
  • 3T ARX2ステムは世間で言われるほど悪くない、むしろ良いものだというインプレ
  • 3T ARX2ステムは世間で言われるほど悪くない、むしろ良いものだというインプレ
  • 3T ARX2ステムは世間で言われるほど悪くない、むしろ良いものだというインプレ
  • 3T ARX2ステムは世間で言われるほど悪くない、むしろ良いものだというインプレ
  • 白目TT分析と対策
  • 白目TT分析と対策
  • 千葉山後編~満腹海南高原クライムから柿ソフトおいちぃおいちぃ編~
  • 千葉山後編~満腹海南高原クライムから柿ソフトおいちぃおいちぃ編~
  • 千葉山後編~満腹海南高原クライムから柿ソフトおいちぃおいちぃ編~