7/2
やっと晴れ間
梅雨前線が屋久島よりぐんと南に下がったのだ
梅雨末期、この時期は、前線が屋久島を挟んで上がったり下がったり、または真上
前線が屋久島より上であれば屋久島に吹く風は、南西風
下であれば南東風になる傾向だ

さて、梅雨の貴重な晴れ間
船釣りに行こうと思っていたが船修理とのこと
急遽、石鯛竿を手に取ってシェア穂先の試運転とした
石鯛の食い込みが見たい
ウニの餌がすぐ採れて、すぐ釣れるとこ
やはりここしかないか
5005
モッチョム岳も今日は元気に姿を見せている
5005
餌を確保して竿を出す
ダイコーのプロフィールドにシェア穂先つけて調子を見る
竿先がちょうどいい感じで曲がっている
さあ、後は魚が掛かってどうなるかだ
とその時、どーっと南東の風が真正面から押し寄せてきた
波を頭からどっさりとかぶり、仕方なく場所替え
そこで夕方まで粘ったが、本命の当たりなし
まあ、石鯛釣りとはこんなもんでしょう
貴重な晴れ間もこれでおしまい

度付き偏光サングラス
5005
左下が今回作った遠近の偏光サングラスである
上は言わずと知れたオークリーのサングラス
眼鏡市場で軽さにこだわって買ったものだが
今掛けているメガネより若干2g重い28gだった
もっと軽いものができると思っていたが残念
偏光フィルムを挟んだレンズが結構な厚さで造られていたので、重さが出たのであろう
ちなみにオークリーは32gだが掛けていても気にならない
見え方はどうか
サングラスの見本の中では一番色の薄いものを選んだつもりだ、ちと暗く感じる
このオークリーは、シャロープリズムレンズと言って浅瀬や川、マズメに使うもので室内で掛けてもかなり明るい
まあ、サングラス専門の会社と比べちゃいけないか
ちなみに、ウキが2個見え、竿が2本に見え、魚が1匹なのに2匹見える
すべてひとつになった、善しよう
まだ、釣果には影響がない