3/20
次郎さんと共に今日から磯でのルアー釣り。 東の強風となり、山の瀬西向きへ。 1度ガツンと当たるが、針掛かりせず。 ボウズ撤収。

3/21
ここなら、と早朝に足を運ぶが、ダツが釣れただけ。 つい先日まで群れで居た、ブリやカンパチはどこへ雲隠れしたのか。 「居るのか居ないのか、居ても喰わないのか、はっきりしてくれ」と言っても、魚は口を利かない。
170321
「釣れない次郎」これは、次郎さんの嫁さんが言った格言なのか
「えっ、なんでこの人が釣れないの、釣れない方がおかしい」と言いたくなる
次郎さんは、キャスティングも竿の操作も、もちろん様になっている
釣りのこと、特にルアー釣りのこととなると、プロ級に詳しく知っている
今回もティップランのことを尋ねると、こと細かく、順序立てて丁寧に説明してくれた
竿、リール、仕掛け、何をとっても一級品がそろう
なんで釣れないんだろうか?
次郎さんが来ると魚は居なくなる

3/22
次郎さん最終日。 ここで釣れないなら、居るか居ないか解るだろう。
170322
浦崎に上がるも釣れてくるのは流れ藻だけ
魚は居ないことが解った

夕方から、ティップランと餌釣りでイカを狙うも、イカボウズ。

3/23
今日からお休み。絶対安静とした。
 
3/24
早朝イカ釣り。イカボウズ。
夜の11時頃が狙いかな、と粘ってみたが、夜もイカボウズ。

3/25
雨模様。釣り休業。 おおぞら高校の卒業式に参加。
170325
卒業生と先生が起立して校歌斉唱
校歌の歌詞の中に英語が混じっていた
「ONE FOR ALL ALL FOR ONEて何だい」とタカ青年に尋ねると
「みんなは一人のために、一人はみんなのためにですよ」だって

3/26
きょうは寒の戻りで寒々しい。
きょうから今季最後の石鯛釣りに行こうかと考えていたが行くのやめようか。情けない。
こちらも、100万円もらった、やってない、言い合いなんて、情けない。
そんなことより、今の海に神風は吹かないか。
たとえ吹いたとしても喰って来るか、魚は正直だからな〜。