玩具店:ぜんまいの森

※玩具は売ってません! ぜんまい商店街の玩具専門コーナー!

ホットロッド(タイタンズリターン)

拍手レス




>>6/7の方
>ネタバレになったら申し訳ない。
>東京おもちゃショーで配布された小冊子にマスターピースのBWダイノボットの情報が載ってたそうです。
>楽しみダーッ。
藤原さんも復帰したし、楽しみダーッ!
っていうか今特番やれよと。

>>6/21の方

>レジェンズ再販選挙にブラックコンボイを・・・
とか言ってたら再販決まっちゃった。
実は総選挙は参加してないです。(再販されても全部持ってるし・・・)

>>7/2の方
>ラットルとスターセイバーが中身基準では親子とか…嘘だろう?
一方アムロとシャアはやっぱり因縁の相手っていう。




DSCN0872_R
イカレ暴走族がヘッドマスターに参戦!
ホットロディマスことホットロッド。海外版になります。

日本では一部リデコで発売予定。
具体的には武器が削除の代わりにターゲットマスターが新規で付属。
それに伴って胸部もデザインが変わるそうです。

前シーズン、コンバイナーウォーズでも発売されており
何気に唯一2シリーズ続けて出てるんじゃなかろうか。
サンダーウイングは微妙なところだし。

シルバーの成型色部分をシルバーで塗装してあります。

DSCN0874
タイタンマスター・ファイヤードライブ
モチーフはロディマスのターゲットマスター、ファイヤーボルト。

エアーボットにもファイヤーボルトがいてややこしいけど
アイツは海外名ファイアフライト。
元ネタが元ネタなのでシルバー一色の無彩色ですが
デザイン自体はかっこいい部類です。
口元がニヤッとしているように見えてロディマスらしい。

商標の都合で名前が変わったっぽいですが
やたらカッコイイ字面になりましたよね、ファイヤードライブって。
炎のオーバードライブ的な。

DSCN0875
うしろから。
なかなかのインパクトなのは相変わらず。
特にボディが無彩色なのにヘッドが赤だから目立つ目立つ。

DSCN0876
原典は持ってないのでターゲットマスターマイクロンのファイヤーボルトと。
こっちはこっちでロディマスを意識したデザインになってますね。


DSCN0877_R
カモーン!トランステクター!!

海外設定に合わせるなら「行くぜ相棒!」って感じなのか?


DSCN0878_R
ビークルモード
赤とオレンジのフューチャーカーに変形。
G1そのままというわけではなく、今風のアレンジはされていますが
十分雰囲気を残したままの良リメイクだと思います。
フロントからリアまでのラインが綺麗。

原典よりも鮮やかな赤なのが好みが分かれそうですが、僕は好きです。

エグゾーストパイプは製品のままだとシルバー成型で味気なかったので
4アーティストマーカーを使ってメッキ風に。
日本版はメッキとまではいかなくともメタリック塗装はしてほしい。


DSCN0879_R
うしろから。
膝アーマーが排気フィルターみたいな配置になってるのが巧い。

おしりのとこにジェットエンジンみたいなモールドがあるのは
ヘケヘケ版のオマージュでしょうか。

DSCN0880_R
天井のピンにタイタンマスターを立たせられます。
車に飛び乗るジャッキーみたいだ。


DSCN0881_R
運転席をあけてライドオン。
DXトライドロンを思い出す構図だ・・・


DSCN0882_R
付属の武器はタイヤのサイドに取り付けできます。
カーレースアニメでよくある、運転席のスイッチを押すと出てくる妨害装置みたいだ。


DSCN0883_R
連結状態ではエンジン部分に取り付け可能。
ターゲットマスターを意識した配置になります。

DSCN0884_R
さらに恒例の武器への搭乗ギミックも。
絶対邪魔!


DSCN0885_R
直近のリメイクとなるユナイテッド版のロディマスプライムと。
思えばもうこれ10年前の型なのか・・・!!

実車をモチーフに落としこんだユナイテッド版はビークルが程よくリアルでかっこいい。


DSCN0886_R
ユナイテッド版はターゲットマスターギミックが追加されていることも有名。
ファイヤーボルトがもともとエンジン風のデザインなのでそれっぽく仕上がってます。
何気にサイドの5ミリピンも同じ位置だったりする。

DSCN0887_R
トランスフォーム!!


DSCN0889_R
腰と背面パネルの両方を回転軸でひっくりかえします。
一見従来と同じストレートな変形かと。

DSCN0890_R
ギガゴゴ。


DSCN0892_R
へっぽん!

DSCN0893_R
イカレ暴走族にして次代の主人公!
サイバトロン騎士、ホットロディマス!


DSCN0894_R
ロボットモード
全体のバランスとして腕が大きめでちょっとゴリラですが
今風にかっこよくアレンジされたロディマス。

赤とオレンジを中心としたカラーリングはあまりG1に似てませんが
炎をイメージさせるカラーリングであり
こっちのほうがヒーローらしくてカッコいいと思います。

・・・というか個人的にG1ロディマスのデザインは好きじゃないです。

拳などオレンジが目立つカラーリングで
個人的ベストロディマスである
スーパーリンクロディマスコンボイを彷彿とさせてくれます。



さんざん「どこが騎士?」って突っ込まれてきた彼ですが
もしかして騎士っていっても日本で言う侍的な意味合いなんだろうか?
そもそも海外だと普通に戦士らしいしなあ。

DSCN0895_R
うしろから。
エグゾーストパイプの向きが逆だったらもっとかっこよかったのに。

ちなみにかかとが長めなので安定性も悪くないです。


DSCN0896
バストアップ。
オレンジにフチなしの黄色なのでファイヤーパターンがあまり目立ちません。

頭部はアゴがしゃくれ気味ですが
G1のキャプテンファルコンみたいな顔ではなく
普通のロボットフェイスになっています。

個人的にはこれで正解。
たまには普通にイケメンなロディマスが見たい・・・それこそ津島先生風の。

DSCN0974_R
額が赤1色だから、ロディマスというよりアイアンハイドに見える。

DSCN0904_R
日本版はフロントが形状変更されて
こんな感じになるらしい。
腰のくびれが目立ちませんが、そこまで悪いわけではないかな。
実際に手に取ってみるとまた印象変わりそうです。


DSCN0897_R
足の変形を戻すと外装のように見えるので
大きい腕とのバランスもとれているんじゃないかと。

DSCN0963_R
ついでに膝が180度曲がります。ふくらはぎスッカスカだけども。

DSCN0898_R
腕にはロディマスの象徴たるエグゾーストパイプ。
今回ももちろん腕に配置されています。

手首をクイッとできるのがポイント。

DSCN0899_R
武器はフォトンエリミネーター的なもの。
ロディマスの武器ってこっちよりパイプのほうが印象強くて・・・


DSCN0900_R
二挺拳銃の若者っていうとこういうポーズ取らせたくなりますよね。

ちなみに腰裏の3ミリ穴は完備。
何気に最近のはビークルとロボで共用できる位置にあるのが職人芸です。
DSCN0901_R
二挺を連結すればターゲットマスター風のツインライフルに。
縦持ちでもそれはそれで高威力っぽくていい!

DSCN0902_R
キスプレからカンフーのイメージも入ったように思います。
逆手に持たせてトンファー風に。


DSCN0903_R
可動範囲も平均以上といったところ。
腰が回転できるのがうれしい。

DSCN0905_R
ユナイテッド版と。
今回は最初から拳が5ミリなので武器もちもスマート。

ユナイテッド版も独自アレンジが効いてて悪くないんですが
さすがにそろそろ型が古い。あと可動がアレ。

DSCN0906_R
ユナイテッド版を受けついで一足早くターゲットマスターだ!






DSCN0964_R
5ミリジョイントの恩恵。
どうやら最後の騎士王版も発売されそうですし
新旧ロディマスの並びたちが見られる日も近いかな?

DSCN0917_R
以上、TRホットロッドでした。
フロントの一部を折り込むことでくびれのあるボディに仕上げてあるなど
細かい工夫が光る一品です。
気になる点が腕のゴリラ感くらいしかないっていう。
(顔に癖があるのは個性として受け取るかな。)

日本版は日本版で遊び方が変わりそう。
予習のために買ったものですが、日本版も楽しみです。



DSCN0970
ついでにおまけでロディマスプライムも紹介!



DSCN0907
ロディマスプライム
海外トイザらス限定セット商品「カオス・オン・ヴェロシトロン」の内容物。
胴体がダイキャストとなっておりズシっと来ます。
床に立たせたとき「コン!」というくらいの重さがあります。
遊んでるときに自重で落っこちることがあるのが難点。



DSCN0908
うしろから。
しっかり塗装された顔面がまあ目立つ。

DSCN0909
ファイヤードライブと比較。
こっちはロディマス本人のイメージで塗装されてるようです。

DSCN0910
ちなみにモノはプテロ(日本未発売。スワープをモチーフとしたキャラ)のリデコ。
ダイキャスト製の胴体と背面フェイスが新規になっています。

DSCN0967_R
ロディマスにヘッドオン!!
顔が老けてロディマスコンボイに!

ここにきてようやく「フェイス交換」という遊びを発揮してくれました。
特にロディマスはコンボイになっても大してデザインが変わらないのが功を奏した感じ。

DSCN0969
頭部アップ。
実はこの頭部の造形が非常によくできており
渋いおじさんって感じでやたらかっこいいです。



DSCN0971
光源をかえてもう一枚。
シワの造形がわかるでしょうか。

DSCN0973
タイタンマスターの手足を動かして、より頭部を際立たせる形に。
ロディマスコンボイの顔を今風のバランスで造形してるんですね。

アニメ再現のマスターピースとは違った解釈です。

DSCN0916_R
アニメイテッド版のロディマスは弓を持ってたなーっていう。


DSCN0975_R
ちなみに、アルファトライオンのボディに合体させると似合う。

ソヴリンから奪い返したアルファトリンのボディを
新司令官として受け継いだ姿だ!とかだったら胸が熱くなる。

レグルスプライムとでも呼ぼうか。






DSCN0915_R
宇宙を一つに!!

何が凄いって、これ全部レジェンズで再現できちゃうことだよ!!

 

ノーティカ


DSCN0669_R
カオス・オン・ヴェロシトロンの紅一点
というかウインドブレードが出るまで唯一の女性タイタンマスター、ノーティカ!

DSCN0649
タイタンマスター
モノはブラーと同じ。
セット版では特に名前がついてないみたいです。

いっそ潔いくらいの無塗装ぶりです。



DSCN0650
うしろから。
うわぁ・・・

ヘッドが美人なだけに余計に悲惨。
DSCN0651
頭部アップ。
またお前か・・・
無塗装だとスリングに見えてくる不思議。

成型色の関係か、なんかぼんやりして見えます。

DSCN0652
国内で一般販売された同型たちと一緒に。

このほか国内の限定品で海外版ヘッドのクロームとカーナ。
また持ってないですがゲッタウェイも同型。

スカージとハイブロウも多いけど、こいつら多すぎ。

DSCN0653_R
カモーン!トランステクター!!
・・・あ、海外版だからパートナーか。

DSCN0654_R
ビークルモード
ブラーのリデコなのでフューチャーカーとかホバー戦闘機に見えますが
潜水艦なんだそうです。

SF潜水艦とかもうわけわからん・・・

DSCN0655_R
うしろから。
やっぱこれ、飛行ビークルに見える。

DSCN0656_R
新造されたファンは肉抜き(?)を利用して取り付けられています。
中のフィンが回転したりはしない。

DSCN0657_R
取り外せば完全に色違いのブラーにすることも。


DSCN0659_R
ブラーと同様にビークルに乗り込み可能です。

DSCN0660_R
小型ビークルギミックも完備!
海中でそこにいる意味はあるのか?

DSCN0661_R
ミニビークルを分離すると、追加パーツのおかげでマンタのようなシルエットに。
双頭タイプの水中ビークルって言われればギリで見える・・・かも。

こう見るとミニビークルはボートみたいですね。

DSCN0662_R
リデコ関係にある人々と。
そういえばどっちも水色なんですね。

DSCN0663_R
もちろんブラーに羽を取り付けることができます。
ブレインストームはウイングが邪魔で無理。
DSCN0664_R
トランスフォーム!!

DSCN0666_R
ヘッドオン!

DSCN0668_R
バッシャーン!

DSCN0671_R
ロボットモード
男性型のボディをそのまま使い、肩幅をむしろ広げているのに
色遣いのおかげか、もともと細身だからか
女性キャラとしてもそんなに違和感なくまとまってます。

個人的な話ですが、黄色・紫・ピンクという色合いが
うちのヒロインと同じ組み合わせなので、僕にはより女性に見える。

DSCN0672_R
うしろから。
背面から見るとノーズがフードのように見えて
幼い印象に見えます。そう思うと袖も上着の袖っぽい。

脳内補正って重要ですよ。

DSCN0681_R
ブラーのときは色でごまかされてた感がありますが
この色だと丸みを帯びた造形が女性のお尻に見えます。
DSCN0674
バストアップ。
元がブラーなのでまな板ですが、貧乳キャラということにしよう。

目、鼻立ちの整った美人。
唇には薄いピンクのルージュが入ってます。

ヘルメットがかっこいい形をしているので、色を変えればイケメン男子でも通用しそう。

ところで、パッケージの顔だとアーシーそっくりなバイザー顔なんですが
見てのとおり顔はまったく似てません。

DSCN0676_R
武器はブラーと一緒のやつ。
細身なので女性キャラにも似合います。

肩のファンが合体!とかのギミックがあったらうれしかった。

DSCN0677
シールドもそのまま使用可能。

DSCN0682_R
ブラー、ブレインストームと。
色のおかげで女性っぽく見えるのがわかってもらえるかと思います。
顔つきも目が大きくて若干ふっくらしてる感じ。


ブラーではブーツに見えてたつま先が
ノーティカではハイヒールに見えます。
DSCN0684_R
IDWコミックではクロミア、ノーティカ、ウインドブレードの三人で
惑星カミナスからセイバートロンに来たそうです。

そんなわけで三姉妹(?)で。
もとから女性として設計されてた二人と比べるとやはり厳しいところがあります。

コンバイナーウォーズのアニメに出てきた
ウインドブレードの相方のマキシマもそのうち出るかな。

DSCN0685_R
三人でグラビ・・・うん。なんでもない。

DSCN0686_R
男たちに負けるな!
・・・いや、トランスフォーマーの女子って時点で負ける気がしない。

DSCN0688_R
ウーマンサイバトロン部隊・・・殲滅せよ



 

レジェンドBB・真駆参大将軍

拍手レス


>>5/6の方
>テメノスソードはアームズマスターオプに持たすと妙にしっくり来る感
>プライム系のデザインラインが実写調だからこそのなせる業かと
最近になってゴッドジンライという新たな資格者が。
あとはある程度大きくてディティール過多な玩具に似合いますよね。

>>5/10の方
>アニメのフレームアームズガールって立川の御当地ヒロイン?になってるよねぇ。
いかんせんリアルの知名度が・・・

>>5/14の方
>最近、twitterや某イラスト投稿サイトなどなど止めたのですがなんか重荷が外れて楽になりました。
>一旦ネットから離れるのも大事なんですね。

なんでもそうですけど、たまに息を抜くことは案外重要です。

>>5/22の方
>ガンダムの可変機をタカラトミーからTFみたく出せないかな~

ゼータをはじめ、完全変形できるMSはみてみたいかも。
ただ、MSの変形って「形態以降」であって「変形」ではないというか
タカラトミー的な面白さは薄いと思いますけど



5/29のアカサカさん
>先程はどうも、アカサカです。
>>最後の最後で完全にフリーズしたので、一応……。「どーでもいい」と言われそうですが……。

>にせマーク2ですが、横井画伯の4コマでは、マスクコマンダーがフューラーコマンダーになった後、一度だけ登場しています。

>黒の部隊長のダースベルガと赤の部隊長サザビーがフューラーコマンダーに忠誠を誓う中、
>おちぶれた姿で(なぜかバウと一緒に)現れて「なんだお前らは? 帰れ。シッシッ」とあしらわれてて、
>「昔の仲間じゃんよ、拝ませてくれよ〜」みたいな感じで。


 >ちなみに同じ号に掲載された話で、フューラーコマンダーが自分の上に真の支配者カイザーがいるって知って、
>「自分が一番ワルだって思ってたのに……」って拗ねるネタもあります。


 >ではでは。
ニコ生のときの補足ですね。
マスクコマンダー⇒フューラーのときにリストラされてたのか・・・

>>6/6の方
>口で語るより前に行動に移せ、いい言葉だなあ

「言うだけならタダ」もわりといい言葉だと思います。




DSCN0718_R
23年の時を経て、ついにBB戦士に真駆参大将軍がラインナップ!


DSCN0719_R
軽装
ややこしい話ですが、頑駄無真駆参の軽装ではなく
真駆参大将軍の軽装なので新規デザインになってます。
騎士ガンダムを武者っぽくカクカクさせた感じですね。
大将軍の割にディティールが抑えめでシンプル。
腕が丸型なのが武者としては珍しい。

足のデザインはガンダムMk-靴元になっているらしく
百式に似た形状です。

DSCN0720_R
うしろから。
コミックワールドでは真駆参が転身した姿ですが
風雲録ではスペリオルドラゴンが転身した姿なので
騎士ガンダムにより似てても不思議じゃないですね。


DSCN0721_R
表情チェンジギミックは正面、左、右と
仲間が自分を守るために傷つくことに苦悩するシーンを再現する
涙目シールと涙シールが付属します。貼ってないけど。

スペリオルドラゴンと違って、従来通り目のパーツはひとつだけ。

DSCN0722_R
特筆すべき点として、腕が水平まで上げられます。
ストッパーの空洞がないのにすっぽ抜けも抑えられてるのが凄い。


DSCN0723_R
かつての自分と。
技術の進歩というか、なんというか。
デザインがほぼ別物です。

頑駄無真駆参の目がやたら吊り上がってたのはなんだったんだ・・・

DSCN0724_R
まずは先祖の装備を装着!!

DSCN0726_R
シャキーン


DSCN0727_R
真悪参の鎧
祖先である武者真悪参の鎧。
そういえば本編で真駆参が着たことあったっけ?

思えばレジェンドBBは武者八人衆編から始まった(?)わけですし
これが一種の到達点ですね。

胴体の色分けがなかったりしますが
おまけと割り切れば許容範囲だろうか?

ツノはメッキ風にしてますが製品では成型色です。
ランナーを見る限りでは切り離してメッキ化する前提っぽい。

ガイアノーツの「4アーティストマーカー」のシルバーが
メッキ感強い上に上にラッカーぬっても大丈夫なので
家庭でできるお手軽メッキにおすすめ(ダイマ)

DSCN0729_R
うしろから。
バックパックは1パーツで固定。
設定的にはケンタウロスモードがあるはずですけども。

騎士ガンダムのを流用してもいいですが
本体がカクカクしてるのにそれだと違和感があるかも。



DSCN0730_R
三叉の槍
刃と柄は別パーツ。


先端は4アーティストマーカーのカッパーで下塗りしてみました。
不透明塗料だから下地塗装にも使えるって言うね!(ダイマ)


DSCN0736_R
旧キットと比較。
軽装のカラーリングが違うくらいで、鎧デザインはストレートなリメイクですね。

ツノのテープがはがれてる?気のせいだ!!

DSCN0737_R
騎士ガンダムに着せたほうがより設定の真悪参に近いですが
これでも細部が違います。

真悪参の本体追加と真駆参の鎧の追加と
どっちが可能性高いんだろうか。

DSCN0742_R
結晶鳳凰のはやとちりによって銀の盾と銀狼剣をもっていた真駆参が
伝説の大将軍に選ばれた!!



DSCN0745_R
覚醒!真駆参大将軍!

のちに異世界、トーキョーで再び変化することになるのは
また別のお話。


DSCN0746_R
真駆参大将軍
先祖が盗み出した頑駄無軍団の秘宝、白銀の盾と銀狼剣を持っていたことで
結晶鳳凰に選ばれた真駆参が出世した姿。
伝説の大将軍編当時はBB戦士化されなかったキャラクターがついに!
実はこれもレジェンドBBの初期から設定画が公開されてたような。

さんざん待たせてくれただけあって、ビジュアルは抜群。
色分けも頑張ってますが、元が細かい装飾なのでシールはある程度仕方ないですね。

ただ、大目牙のゴールド部分がシールも色分けもないのはいただけない。

周囲のものたちが自分を守るために傷つく姿を見せることで
力こそすべてだと思っていた真駆参を諭すための試練。

・・・なんだけど、緊急事態にそんなことやってる場合じゃないだろ、とも思う。
そもそもポッと出の新キャラであって烈光の仲間といえるのかも微みょ(ry


DSCN0747_R
背面から。
こう見ると新世大将軍と違って従来の大将軍の文法なんですね。
羽は三代目と四代目を足したような雰囲気。
翼の赤いとこはパーツ分けで再現されています。

背中が重くてちゃんと立てないのは大将軍の宿命か。


大まかなデザインは「武者版スペリオルドラゴン」だそうで
確かに翼の形や肩鎧のモチーフ配置などを見ると
スペリオルドラゴンを強く意識していますね。


ところで、後頭部の毛ってフッサフサで虹色じゃなかったっけ?
クラッシャーズにいそうな。


DSCN0748_R
バストアップ。
ツノはメッキ。結晶はクリアパーツ。
ひさしが目立つシャープなデザインです。
今見ても普通にかっこいい。

DSCN0749_R
陰陽珠(いんようじゅ)
胸部の宝玉はひっさびさのジュエルシールで再現。
左右のダクトっぽいとこは上の装飾含めて色分けされてますが
中心部分はシールでの再現となります。


伝説の大将軍編の「心技体パラメータ」の一つが足りてないことを表現してるんでしょうか。
あ、でも真駆参の説明書だと3つとも同数値だった。

DSCN0766_R
鳳凰風防(フェニックスゴーグル)
新世大将軍にもあるゴーグル可動ギミック。
可動というか位置を差し替えます。

DSCN0767_R
戦武面(バトルマスク)
大将軍といえばこれ。
ゴールドではなく白系なのも旧来の大将軍を意識してるんでしょうか。

そういえば新世、飛駆鳥、獅龍凰、版董天星大将軍と
新世以降のバトルマスクがある大将軍はみんな金色だ・・・

DSCN0750_R
両肩には鳳凰の頭部。
左が技凰、右が体凰。額の心凰とあわせて
新世大将軍と同じ意匠ですね。

技凰の上には刃が生えてます。
これ、当時のデザインからこうなってたみたい。

DSCN0753_R
斬凰剣(ざんおうけん)
腰に差した刀。
刀身が細いので刀自体の攻撃力より
光の力で敵を斬る、とか儀礼用のイメージでしょうか。


DSCN0754_R
関節の可動はかわらないけど
パーツが干渉しまくって遊びづらいぜ!


DSCN0756_R
大目牙破壊砲(オメガバスター)
肩が思いっきり干渉しますが、前方に倒すことが可能です。
ミサイルギミックとかは特になし。

DSCN0755_R
しかし、銃口の横についてる旗みたいなのは何だろう?
上についてるならわかるんだけど・・・



DSCN0760_R
片刃刀(シングルグレイブ)
肩の刃を三叉槍の柄にとりつけます。

真駆参といえば槍!かな?


DSCN0761_R
肩の鳳凰を外し、付属の柄に取り付けます。

DSCN0764_R
連結すれば双刃剣(ダブルハーケン)に。
鳳凰の顔が邪魔で使いづらそうな気がする。

DSCN0765_R
長物は画になりますが、本体が派手なので埋もれ気味。

DSCN0768_R
そしてケンタウロスモードに変形!
足パーツを用意します。

DSCN0772_R
クツの部分は余剰になります。
DSCN0770_R
大目牙の後方パーツをバックパック、足と組み合わせて
後ろ脚に。

DSCN0771_R
腰裏に取り付けます。



DSCN0773_R
シャキーン

DSCN0774_R
龍馬凰(りゅうばおう)形態
騎士ガンダムから連なるMk-轡ャラのお約束形態(アレックスもあるけど)
足は差し替えなので見栄えよくおさまります。

新世大将軍は神馬凰形態に変形しますが
ケンタウロス分がなかった弓銃壱にとつぜんケンタウロス形態が目覚めたのは
真駆参の力もうけついでるのかもしれない。
そう思うと、装飾が共通してるのもそういう理由か?

DSCN0778_R
うしろから。
パーツがごちゃごちゃしているのが「変形した感」あっていいんですが
後ろ脚の基部がゆるくて外れやすいのが難点。
強化すればいいんだけども、うーむ。

実際、変形するとした場合は
やっぱり神馬凰と同じような変形で済ませるんだろうか?

DSCN0780_R
ひざ(?)に可動軸があるので
躍動感のあるポーズがとれますね。

ついでにいうと中途半端に足を延ばしたモードも作れます(作らんでいい)

DSCN0779_R
後ろ脚も丸ポリとプラ関節。
後ろ足で立つくらいは可能です。

DSCN0781_R
フル装備・・・と思ったけど片刃刀持ってないや
ケンタウロスと長物という組み合わせは合理的ですね。



DSCN0783_R
のちに正式な大将軍となった新世大将軍と。
当時の大将軍キットなので大きめなんですが
レジェンドBBとさほど違いはないですね。改造するの楽かも?

こう見ると、名前はともかくデザインの共通点は少なく
文字通り「新たな世の大将軍」というデザインなんですね。

DSCN0782_R
神馬凰と龍馬凰
神馬凰は手甲を装着するので多少バランスもよくなります。
さすがにこれだと新世のほうがでかくなりますね。

DSCN0784_R
スペリオルドラゴンと。
SDガンダム風雲録では同一人物らしい。

並べてみると共通の意匠が見つかりやすいかな?
色が全然違うのでわかりづらいですけど。

アンクルガードなんかはそっくり。
翼のシルエットも似てますが、なにより両肩の守護獣がわかりやすいポイントでしょうか。

DSCN0785_R
さて、この肩鎧には未使用のジョイントが存在します。
(横の四角いのは干渉を防ぐ切り欠き)

DSCN0786_R
なんとなく察した人も多いかもしれませんが
スペリオルドラゴンの肩鎧を取り付けることが可能。

DSCN0787_R
龍と鳳凰、二つの力を合わせもつ!!
みたいな。

お遊び用のギミックでしょうけど、それなりに様になってる。

DSCN0788_R
コミックワールドでは大将軍の力を失った状態として
肩や額の鳳凰がなくなった姿が描かれています。
キットはツノ飾りのジョイントがメッキ側にあるため完全再現は不可能。

この姿が新世将頑駄無・・・なのかと思いきや
書籍「SDガンダムデザインワークス」にて額と胸が別パーツになった
新世将頑駄無と思われる姿が描かれました。


DSCN0789_R
背中の丸ポリ受けも製品内容では使いませんが
白い枠だけを残してこの状態で接続することで将頑駄無を作れるようです。

たぶん、足りない部品を新規追加してプレバン限定品を出す流れか・・・?


DSCN0790_R
新世大将軍の代の将頑駄無が彼だとすると
百烈がその次(もしくは同時期)なんでしょうけど
魔星に騙されてたのは果たしてどっちなんだろうか?

軍団に追い掛け回される號斗丸を救う槍使いの隠居老人・・・とかで出てきたら
超かっこいい再登場ですよね



DSCN0791_R
以上、真駆参大将軍でした。

大将軍を冠するだけあって、色分け、フォルムともに及第点です。
武者頑駄無は細かい色分けが多いので、シールの多用は仕方ないですし。
軽装肩の可動域など、新しい可能性が見れたのが面白いです。

金の色分けが足りない反面、翼をはじめとしたパーツ分けの巧みさが目立ちます。


個人的に気になったのはランナー構成で
近年すっかりおなじみの「同型パーツを含んだランナーを複数枚封入する」というやり方。
これのおかげでパーツ配置があっちこっちに飛んでいて組み立てづらかったです。
リデコキットでよくみられる現象ですが、今回はリデコ前提だから起こったのかな。


ただ、考えてみると、大将軍のキットに真悪参の鎧を付属させる意味はあるんでしょうか?
大将軍の鎧だけだとボリューム不足だと判断されたんでしょうか。
真悪参の鎧はあるけど銀狼剣と白銀の盾はない、という中途半端な内容になっちゃってるので
この際真悪参の鎧はなくてもよかったかも。
ランナーがごちゃごちゃしてる原因もこれっぽいし。




こっから下はみんな気になってるであろう付属品について。
長いので読み飛ばしても大丈夫です。






さて。疑問に思う人が多いと思われる
白銀の盾と銀狼剣がついてこないという点について。

実は最初期の試作品(真悪参)のときには持っていたこの二つ。
フルアーマー騎士ガンダムで
「試作品として付属パーツが公開(リーク)されながら限定版でのみ付属」
という前例があるため今回もプレバンで付属するんじゃないと思われます。

ただ、個人的にはこの商品が「真駆参大将軍」である以上は
付属してなくても問題はないんじゃないか?と思ってます。

二つのアイテムは大将軍になる過程で必要なものだし
真駆参を語る上では欠かせないアイテムですが
「大将軍になった後」付属させる必要はないんじゃないか、と。

たとえるなら、トウ覇大将軍のキットに烈龍刀と鉄斬刀が付属するか?という話。
(初代大将軍や真翔烈帝はパワーアップ前の装備が一式ついてきますけど
そもそもあれはリデコキットなのでまた話が違いますし)

「真悪参の鎧の付属品」として見た場合は
なんで付属させなかったの?という意見は尤もです。

まとめると
真悪参、もしくは真駆参のキット化だったなら
白銀の盾と銀狼剣が付属しないことへの不満は当然だけども
大将軍のキットだから付属しなくてもそこまで不満はないよ。と。




率直なこと言えばつけてほしかったけどね!
 

レーザープライム(タイタンズリターン)

今回はちょっと昔のノリ。


DSCN0621_R
G2バトルコンボイを意識したデザインのTRオプティマスプライムの
G2バトルコンボイ風カラー!(ややこしい) 


「TRオプティマス欲しい!けど買いのがした!」 
と思ってた僕にはある種願ったりかなったりな商品!

DSCN0637_R 
この商品は海外トイザらスの限定商品
「カオス・オン・ヴェロシトロン」の中の一つとなります。

内容物はファストレーン以外すべてリカラー、リデコですが
・レーザープライム(同型持ってない)
・クイックスイッチ(同型持ってない)
・ノーティカ(リデコ)
・ロディマスプライム(リデコ)
・・・と、僕には5つとも需要があるといううれしいボックスセットになります。
日本のトイザらスでも売ってくれないか!?

ヘッドマスターが4つも入ってる上に商品5つとも別クラスなので
これだけで今シリーズをたっぷり楽しめるんですよ!
スターターセットとしても楽しめるわけですよ!

ヴェロシトロンはGFの惑星スピーディアの海外名・・・ですが
今回の場合はアメコミに登場する同名の惑星のことのようです。
つまり、女性のニトロコンボイ はいない。

DSCN0583
タイタンマスター
単体版と同一人物だとすれば「DIAC」。
DIACっていう単語は存在するらしいですけど、
名前とデザインの元ネタはダイアクロン隊員だそうです。
読み方としては「ダィアック」だろうか。

単体版は頭部がシルバーで塗られているのもその辺を意識してのことだろうか。
それにしても、すがすがしいまでの無塗装。

DSCN0585
うしろから。
もはや背中がとんでもないのは恒例ですね。

DSCN0586
頭部アップ。
剃りこみではない、と思う。 

DSCN0587
奇しくも最近リブート中のダイアクロン隊員と。
たぶん昭和のほうの隊員をイメージしているんでしょうか。
あんまり似てる感じはしません。

初代コンボイがもともとダイアクロンメカのバトルコンボイだったことが
ヘッドマスターがダイアクロン隊員モチーフになった理由かな?

ダイアクロン隊員はヘッドマスターより小さいので
トランステクターに余裕で乗れます。
ただ、現状では元ダイアクロンメカのトランスフォーマーが
ほとんどヘッドマスター仕様でリメイクされてない、という。 

DSCN0588_R
カモン!トランステクター!

DSCN0590_R
コックピットはこのタンクのふた。
給油能力はあるんだろうか?

DSCN0591_R
ビークルモード(タンクローリー)
G2コンボイを意識・・・というかリメイクしたタンクローリーに変形。
特に今回はカラーリングもそれにあわせられており
大まかなイメージはG2バトルコンボイのそれです。
シルバーが足りない感じがするけども。
 

DSCN0592_R
後ろから。
タンク部分のメタリックシールの自己主張が凄い・・・。
10個のタイヤはすべて回ります。
ゴロゴロガラガラいってなんか楽しい!


DSCN0593_R
 タンクのイラストもG2バトルコンボイをイメージしたもの。
タンクローリーのプリントが火炎放射ってお前!

シールの張り方が若干雑なのはもう慣れた。
 

DSCN0595_R
フロントノーズが長いタイプのコンボイって
思えばバトルコンボイが初めてだったような。
ブラックコンボイのリカラーで実写オプティマス・・・ってのもあったなあ。


DSCN0596_R
同じくG2バトルコンボイのリメイクであるユナイテッド・レーザープライムと。
キャブだけに変形するという点では正統リメイクです。

クリアパーツにファイアパターンと豪勢ですけど
そもそもバトルコンボイにファイアパターンはないっていう!

DSCN0598_R
武器はタンクの左右に取り付けます。
わかりやすいけど雰囲気は良くないかな。

できればビークルの裏に取り付けられたらよかった。

DSCN0599_R
もう片方も蛇足な感じになりますが
こっちは椅子がある分移動砲台として説得力があるかも。


・・・待て!こんなとこに砲台つけたら
被弾した時大惨事だよね!?

DSCN0601_R
タイタンマスターと連携して戦え!!

とりあえずロディマスを載せてみる。
仲間との連携遊びがすぐにできるのはでかい。

DSCN0602_R
もちろんトリプルチェンジャーなので
もう一つのビークルにトランスフォーム!

DSCN0603_R
パーツを「ひっくり返す」変形を重ねていく感じ。

DSCN0605_R
ビークルモード(ジェット機)
アレと同じだとしたら旅客機。

G2コンボイのイメージにはないジェット機にトランスフォーム。
というか、飛行機に変形するコンボイって初めてじゃないか?

無理やり感が否めないんですが、ぱっと見は飛行機に見える・・・か?

DSCN0606_R
うしろから。
羽の隠しかたがなかなか秀逸ですが
収納の都合で小さくなっちゃうのが難点。

発表時からみんな予想してましたが
リデコでオクトーンが出ることを前提にした変形モードですね。


DSCN0608_R
ビークル先端はこんな感じ。
肉抜きを利用した吸気口みたいなモールドがあります。

キャノピー部分はすべてシール。
ホロシールっぽい質感なので安っぽさは少ないような
むしろ安っぽさが強化されてるような。 

DSCN0607_R
ランディングギアはないものの、タイヤ10個が設置したままなので
ものっそい転がるよ!

ガジャアアア!!みたいな音をたてて滑っていくジェット機は
見ててなかなか爽快です。 



DSCN0609_R
しかし、まあ。
機体側面のプリントがジェット機感を全力でぶち壊してくれます。
トランスフォーマーらしいっちゃらしい。 


DSCN0610_R
ほかにも、トラックの先端がそのまま張り付いていたり。
ヘケヘケアストロトレインを想起します。 

DSCN0611_R
ジェットモードでは武器をひとまとめにして
専用ジョイントに取りつけ。

ただ、専用ジョイントが小さくて外れやすいです。

DSCN0612_R
日よけがついてて安全・・・か?


DSCN0614_R
タンクローリーと同じ場所につけて突撃形態だ!ヒャッハーー!!


DSCN0615_R
そしてさらに、ロボットモードへトランスフォーム!


DSCN0616_R
よっこいせ

DSCN0617_R
ヘッドオン!


DSCN0620_R
そして腹部のグリルを押すと バトルアップ!
耳の部分がスプリングで飛び出します。

肩は手動ですがイメージということで。 

DSCN0623_R
バトルコンボイ!

DSCN0622_R
マトリクスの力でコンボイが帰ってきた!
・・・かどうかは知らないけど、バトルコンボイ、復活!




DSCN0624_R
ロボットモード
TRリメイクキャラの例にもれず、初代イメージを踏襲。
それでいてトリプルチェンジャー化により情報量が増えてます。

バトルコンボイはキャブのみが変形していたの対し
今回はビークル全体が丸ごと変形します。
しかしロボットモードのデザインは極力近づけていますね。

通常版はG1コンボイカラーでしたが今回はバトルコンボイカラー。
バトルコンボイのバトルコンボイカラーとかややこしいです。


DSCN0624_R - コピー
と、いいつつバトルコンボイにしては青が水色すぎるし
拳が青くないので、あくまでイメージしたカラーですね。
実際、細部のデザインは違うんだけども。

肩のごちゃごちゃしたシールは再現してなくて正解なのか?



DSCN0625_R
うしろから。
前からは見えないところにジェット機要素が詰まってます。
羽の収まってなさもある種トリプルチェンジャーらしい。

リデコ予定のオクトーンは翼を背負ったデザインなので
こっちでは支障が出てしまいますね。

なお、パッケージアートでは初代玩具と同じく
背面にフロントガラスを背負ったデザインになってます。


DSCN0626_R
バストアップ。
サイド2本ずつのアンテナですが、横2本は後付け。
見るからに浮いちゃってますが、邪魔ならたたんじゃっていいかな。

顔は見るからにコンボイ顔です。
丸みを帯びたジンライと比べてシャープな造形。

窓の形が違いますが、胸のシールも初代玩具再現。 
再販版じゃないほうの版ですね。 


そういえば、開発資料ではスターコンボイ風頭部が映ってますが
日本版はそれ使ってスターコンボイにするのかな?
重塗装でよりG2バトルコンボイらしいヤツも欲しい。 

DSCN0627_R
腕はフロントグリルが変形するため
先端に向かって細くなっていく形状です。

肩の上のランチャー(?)は運転席がひっくり返ることで再現。
変形を戻せばたたむことも可能です。
G1カラー版では畳んだほうがそれらしいという噂。


DSCN0628_R
足もバトルコンボイを踏襲していますね。
何気にタイヤの配置も一緒だったりする。

変形モチーフが違うためタイヤのサイズは違うんですけども。
ジェット機で内側にたたまれることを考えると
ぶっといタイヤにするのは無理だったんだろう。

DSCN0629_R
武器その1。
G2玩具ではレーザーロッドと呼ばれていた剣。
発光ギミックはありません。

シンプルな透明クリアだったG2玩具に比べて
かなりモールドが増えてます。
クリアブルーの成型と相まって非常にかっこいいです。

そういえば、剣を装備したコンボイもバトルコンボイが初か。
ゴッドジンライはコンボイっぽいけどコンボイじゃないし。

DSCN0630_R
手首と腰が動かないんですが
剣を振り回すポーズは可能。

これで体のどこかに取り付けておければ素晴らしかった。

DSCN0631_R
もう一つの武器はいつもの椅子付きのやつ。
デザインの元ネタはもちろんバトルコンボイの銃ですね。

DSCN0632_R
おなじみの武器合体ギミックはありません。
くっつけることは可能ですが、でかすぎる銃剣みたいな感じになりますね。



DSCN0633_R
レーザーオプティマスと。
レーザーオプはそれがそれでかっこいいんですけど
やっぱりサイズが小さいのが難点でした。

ようやく頼れるサイズのバトルコンボイがこの手に!

DSCN0635_R
剣しか持ってなかったレーザーオプに武器を持たせられます。
5ミリジョイントっていいよね!


DSCN0636_R
武器がそろうとバトルコンボイらしさが増しますね。
タンク付きの完全版だったら評価ちがったのかな。



 DSCN0638_R
通常版はメガトロンとの同時発売。
レーザープライムのほうが小柄ですが、善悪のバランスとしてはちょうどいいかも。

G2メガトロンといえば緑か紫ですが、もしかするとこの二体は
G1カラーでG2モチーフってコンセプトだったのかも。

・・・いや、メガトロンのデザインはG1版だなこれ。

DSCN0647_R
武器が剣と連装銃なプライムつながりで
レオプライムとクロスヘッドオン。

よりライオコンボイらしさが増したように思います。
逆にレーザープライムはカッコいいけど誰だ?状態。

そう考えるとダイアック、理想的なコンボイ顔です。



以下はおまけ。
G2といえばトランスプレイだよね!
 

DSCN0640_R

一般版はいわゆるG1コンボイカラーのため
肩をたたむことでよりG1コンボイ風にできるそうです。

こっちでやってみるとシンプルで非武装の素体状態のようなイメージに。
これはこれで・・・というか普通にかっこいい。


DSCN0641_R
足のカバーを腰に持ってくると
なんだか偉くなった感じ。

より非戦闘モード感が出ます。
DSCN0644_R
バトルコンボイといえば基地。
せっかくそれっぽい銃がついているので
基地モードをでっちあげてみる。

前後逆にしたほうが良かったかも・・・

DSCN0639_R
背面にたたまれた翼が気になるので
いっそ広げて飛行モードにしてしまえ!というアレ。

パワーアップ後の姿なので羽が生えててもおかしくはないですよね。
特に今回はトリプルチェンジャーだし。



DSCN0642_R
誰もがやりそうな遊び、その2。
ジェットタンクローリーだ!!

DSCN0643_R
逆に地上用ジェット機というよくわからないものも作れます。
トレインモード? 


DSCN0646_R
我が家ではレーザーオプをジンライ扱いにしてたら
レジェンズでジンライが出るし、バトルコンボイが再リメイクされるし・・・
もうどっちを誰にすればいいんだ!!




以上、レーザープライムでした。

バトルコンボイと似て非なるデザイン、なんだけどもやっぱりバトルコンボイ。

日本ではおもちゃショー限定でブラックコンボイとして販売されるそうです。
おもちゃショー限定ブラックコンボイという言葉に嫌〜な予感が頭をよぎりますが
モノ自体は非常に良いものです。

ボックスセット限定商品なのが欠点といえば欠点か?
日本のトイザらスでも売ってくれれば解決なのに。
 








ブロードサイド(タイタンズリターン)


最近はもうなんかニコ生がメインみたいになってきちゃってますね。
実際あっちのほうがリアルタイムでできるし楽なんだよね。
・・・カットンボのときも書いてたわこれ!


拍手レス
>>レオプライム(レジェンズ)への拍手
>行くぞ!アンゴルモアパワー!! サイボーグクロちゃんで見たな

お、正解!ヘビビンガーと戦うために炬燵をもらう回です。


DSCN0533_R
トリプルボットの最後の一人がついにリメイク!

タカラトミー版の販売がまだ決まっていないので
海外版となります。 

DSCN0494_R
タイタンマスター・ブランダーバス
アルファトライオンのヘッドマスターの流用なので
元をたどればマイクロン「ルーツ」をイメージした形状の頭の人。 

「ブランダーバス」はラッパ銃のこと。
またはヘマな人、ドジな人だそうです。

日本語で言うとヘボ太君とかドジ丸君とか?
ビークルモードがどっちも苦手項目な彼には似合ってるような?


DSCN0495_R
うしろから。
背中のはゴーグルマスク顔なのでそこまで目立たないかな。


DSCN0496_R
頭部アップ。
名前のわりにシュッとしてかっこいい顔。
そもそもルーツがかっこいいんだけど。 

DSCN0497_R
アルファトライオンの頭部「ソブリン」と。
赤の成型色は微妙に違います。


DSCN0498_R
トランステクター!カモーン!!


DSCN0499_R
ビークルモード(空母)
艦橋をはじめ細かいパーツが多く
分割線も相まってか精密感があります。
それのおかげで巨大ビークルであることが伝わってきますね。

上面のパネルがぴたっと面一になるのはなかなか気持ちいい。

ただ、塗装はグレー一色なので
滑走路など色のあるディティールはすべてシールなのが残念。

DSCN0500_R
うしろから。
空母って左右対称じゃないんですね(素人) 

ジェット機首が見えてるのは気にしないでください。

DSCN0503_R
上から。
なんかうっすらロボットのシルエットが見える。

空母というとトランスフォーマーリベンジで真っ二つになるか
ソニックアドベンチャーでソニックが艦上を駆け抜けるイメージです。
どっちも二作目だわ・・・!!


DSCN0504_R
艦橋を開くことでタイタンマスター用の椅子になりますが
固定ジョイントなどはありませんし、スケール感が台無しです。


DSCN0506_R
クリアパーツの銃は脱出艇のようにサイドに取り付け可能。
タイタンマスターが乗れますが、波がバッシャバッシャかかりそうですね。


DSCN0507_R
ミニチュア戦闘機
CWエアーボットを模した小スケールの戦闘機が付属。
白で塗ったくったクリアブルーのランナーが付属しているので
ユーザーが自分で切り取ります。

裏面を見ると緩いながらちゃんとロボットのパーツらしき造形があるので
間違いなくCWエアーボットです。アルファブラボーがハブられてるけど。

DSCN0509_R
タイタンマスターの足ジョイントと同じピン受けがあるので
艦上に配置して遊ぶことができます。

一気にミニチュア玩具みたいな雰囲気に。 

DSCN0510_R
エアーボットを載せて出航だ!!


戦闘機の発進遊びができる空母TFといえばマイ伝ショックウェーブを思い出しますが
こっちは戦闘機の収納はできません。

それは関係ないですが、撮影直後に5機とも行方不明になりました。
 

ショックウェーブといえば、海外のボックスセットで
コレのリデコのタイダルウェーブ(マイ伝ショックウェーブ)が出るそうですね。

これを機に作画ミスでデストロンとして出てたアレを
G1ショックウェーブってことに・・・

DSCN0511_R
ヒャッホー!!


DSCN0555_R
ちなみに、ブロードサイドは船酔いする設定。
 

DSCN0513_R
甲板はただの板みたいなものなので
飛行機になるやつらを乗せても楽しい。

スケール感ぶち壊しだけどもオモチャ感はあふれます。


DSCN0516_R
お互いリデコ関係になるレオプライムと。
シルエットは似てますが、デザインもスケールも別物です。 

というか、ビークルモードだと共通のパーツがほぼない・・・

DSCN0517_R
一応、先端部分の上面が同じパーツになってます。


DSCN0515_R
空へだって輸送できるぞ!トランスフォーム!!



DSCN0518_R
ちょっといじったら宇宙空母みたいな形になったよ。っていう写真。


DSCN0519_R
実は空母をひっくり返して羽を広げれば
あらかたの変形は完了していたりする。 

DSCN0520_R
ビークルモード(ジェット機)
架空のデザインのジェット機に変形。 

後部のゴチャっとしたとこが大型エンジンだとすると
ジェット機というか宇宙戦闘機なのかもしれない。


DSCN0521_R
うしろから。
ジェット機って言っちゃったけどノズルの類はない。 
やっぱこれ航空機じゃないのかも。

DSCN0522_R
このモードだと下に3ミリ穴が来るので
スタンドに差して飛ばせます。 

DSCN0523_R
タイタンマスターはコックピットに乗り込めます。


あ、ちなみに彼は高所恐怖症でもある設定。
駄目だこいつ・・・ 

DSCN0524_R
付属武器は機体中央あたりに取り付けられます。
やっぱこれ大気圏下で飛ぶビークルじゃないわ・・・


DSCN0525_R
説明書ではこのへんにエアーボットをつけるように書かれてます。
巨大要塞みたいになってる・・・ 

また、写真はありませんが他のTR玩具に取り付けて
スケール感をぶち壊して遊ぶこともできます。
ただでさえでかいフォートレスマキシマスがユニクロンみたいになってなんか楽しい。



DSCN0527_R
レオプライムのビーストモードと。
もはや完全に別物である。 

DSCN0528_R
そしてロボットモードにトランスフォーム!!

DSCN0529_R
ハンブラビっぽいのになるよ!っていう写真。



DSCN0530_R
ボイジャークラス恒例のギミック。
タイタンマスターをヘッドオンした後 、ヘソ辺りのスイッチを押します。


DSCN0532_R
顔の横にミサイルランチャー(?)が出現してバトルアップ!
 


DSCN0534_R
でっかい輸送員、ブロードサイド!! 

DSCN0536_R
ロボットモード
ジェット機、空母どちらのデザインもほとんど前面に出てないという
珍しいパーツ配置のロボットモード。

肩のごつさとディティールの細かさがいい感じです。

ただ、足の羽が特に固定されず、なんかしっくりこない。
これに関しては後述。


DSCN0537_R
うしろから。
ジェット機のパーツはともかく、空母のデザインは
折りたたまれているためよくわかりません。

背面のパーツ配置がマントみたいになってますね。 


DSCN0539_R
バストアップ。
マスクにゴーグルの無機質なフェイスですが、なんだかちょっと優し気。

肩の艦橋が勲章のようですね。 
右肩の黄色いのはミサイルランチャーでいいんだろうか。 


ブロードサイドといえば初期デザインで出ちゃったり
作画ミスでデストロンになってたりと珍妙なミスで有名(?)

せっかく頭部がとりかえられるので、作画ミス版を同梱して
好きなほうを取り付けられるようにしてもよかったんじゃなかろうか。
オクトーンの顔を赤くすれば それっぽい?

DSCN0581_R
さて、足の話。説明書には書いてないんですが、
実はここにジョイント、というかガイドがあったりします。


DSCN0580_R
この辺でロック・・・はできないですが、ちょっとしっくりくる感じに。
膝アーマーにするにはもっと上ですけども。

DSCN0544_R
武器はこのクリアーブルーのやつが一つ。
恒例の武器合体ギミックはありません。

そういえばアルファトライオンも武器は合体しないんだよね。

DSCN0540_R
ポージング。
腰は動きませんがヒジ、ヒザをはじめ90度くらい動くといういつものやつです。 



DSCN0543_R
肩のジョイントを外してやればいかり肩にできます。
ただ、前後の可動は増えないのであんまり変わった感じはしない。 



DSCN0542_R
武器を持って。
今回は武器が一つしか付属しないのでポージングが限られますね。
 



DSCN0546_R
レオプライムと。
つま先と二の腕くらいしか共通パーツがわからない・・・ 

これ、別設計でも問題なかったんじゃないだろうか。
少しでも金型代を浮かせられるんだろうけどね。

DSCN0547_R
ついにそろったトリプルボット!
スプラングとサンドストームがリデコで
かつスラっとスマートなデザインで出ちゃってるせいで
ブロードサイドが浮いている・・・

デストロンはヘッドマスター仕様で三人ともリメイクされたのに!


とはいえようやく発売されたブロードサイド。
この並びたちは感慨深いものがありますね。




以下おまけ。




DSCN0558_R
戦闘機モードが微妙な半面、俺変形がしやすいので
 宇宙船っぽいビークルを作ってみた。

実はレオプライムとほぼ同じ変形にしてるだけ、という。 

これだと尾翼の方向も一致します。

DSCN0560_R
尾翼を後ろ向きにする、という点では
こういう形態でもいいかも。短い戦闘機。


DSCN0554_R
G1玩具では斧が付属しているらしいけど
今回は付属していないので、「MSオプションセット3」のハルバードを改造して
それっぽい斧を作ってみました。

DSCN0548_R
これで武器が二つ。
遠近どちらの武器もそろってアルファトライオンとも見劣りしないぞ! 

あ、ちなみに加工自体はプラモのランナーと5ミリのパイプを組み合わせてるだけ。

DSCN0549_R
サブグリップもありますけど、メインで両手持ちもできるよ!



DSCN0550_R
せっかくなので変形ギミックも搭載。
 


DSCN0551_R
ひっくり返せえばスティックにもなるよ。

DSCN0552_R
・・・・・・

DSCN0512_R
ちなみに5ミリジョイントに余裕があるので
ビークルモードでも取り付け可能。 

DSCN0526_R
こっちだといいとこにジョイントがないので
拳を出して取り付けてます。これでも悪くないと思う。 

 



web拍手
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ