玩具店:ぜんまいの森

※玩具は売ってません! ぜんまい商店街の玩具専門コーナー!

レジェンドBB・武者頑駄無真悪参


拍手レス
>>11/14の方
>マスターピースのビーストウォーズ・ダイノボットが来年発売ダッー!!
>お値段なかなかの高めだが買いダッー!!
MPダイノボットは高いけど、ビーストの顔が完璧すぎる・・・


DSCN1383_R
あの8人目の男、真悪参がついにBB戦士にラインナップ!!

・・・ラインナップしたはいいけども・・・

モノはレジェンドBB・騎士ガンダム真駆参大将軍のパーツ流用した
いうなれば公式ミキシングキット。新規パーツとして銀の盾と銀狼剣が付属します。

2つのキットから使えるランナーをかき集めているせいで
余剰パーツが大量発生するうえに割高っていうなんともいえないキットです。

DSCN1384_R
軽装タイプ
上半身は騎士ガンダム、下半身はと腕は真駆参大将軍の流用。
設定どおりなのかもしれませんけど、騎士ガンダムだなこれ。


DSCN1385_R
うしろから。
新規パーツがないので語るところがない・・・

DSCN1386_R
バストアップ。
なぜか瞳のハイライトが銀になってます。


DSCN1387_R
なぜかシールは正面と笑顔の二枚のみ。
真悪参ってこんなキャラか?

毎回シールは余るけど、そういうことじゃないです。
っていうか、あまりパーツに真駆参の目が入ってるし・・・
額のジョイントが微妙に合わないけども。

ハンドパーツは騎士と同じです。

DSCN1388_R
可動は今までと同じ。特に特筆すべき箇所なし。


DSCN1389_R
鎧装着。


DSCN1390_R
鎧姿。
・・・そもそも、直前のラインナップに入ってた鎧なので
新鮮味も何もあったもんじゃないです。

前たてのメッキくらいで真駆参大将軍の内容物と特に変わりありません。
シールも特に変わらないので、ヒサシの金が足りないのも相変わらず。

DSCN1392_R
うしろから。
バックパックもそのまんま。軸が微妙にあってないのも一緒です。

ケンタウロスパーツの一部が余るのはフルアーマー騎士といっしょですが
ポリキャップが余らないため組立てることもできません。

せめて専用のケンタウロスパーツつけてくれればなあ。

DSCN1395_R
三叉の槍
真駆参大将軍と同じもの。単刃のほうは付属しません。
騎士の武器もち手が付属するので多少かっこよく持たせられるかな。

DSCN1396_R
銀の盾
真悪参が盗み出した頑駄無軍団の秘宝。
ようやくリメイクされましたが、表面、グリップ、剣の3パーツで
特にギミックらしいギミックはありません。持たせるだけ。


銀ランナーは足の甲と共通で、スイッチで切り替えられる形なんですが
そっちのランナータグも『真駆参大将軍』になってたり
そもそも足の甲と共通だから大将軍の時点では白成型になっちゃってたりと
突っ込みどころ満載です。


DSCN1397_R
銀狼剣
挿入口がぎりぎりのクリアランスなせいで
塗装するとゴリゴリはげる刀身を持った剣。


DSCN1398_R
騎士ガンダムに酷似したスタイルとなりますが
この二つは転移の際、頑駄無国にのこってたらしい。なんだそりゃ。

DSCN1399_R
騎士ガンダムの持ち手のおかげで、切っ先を前に出すポーズがとれます。

問題なのは、付属コミックワールドで三叉の槍も銀狼剣も白銀の盾も出てこず
普通の日本刀と蹴りしかしてないことだ・・・

DSCN1400_R
旧キット・・・というか、自分の鎧を着た子孫と。
「真悪参」名義での発売は今回が初となりますが、ねえ。

パーツのバランスが変更されてますが、ほぼ同じデザインです。
頭頂部カメラの周辺が金じゃないくらい。

せっかくのレジェンドBBなのに、鋲の段落ちも気の利いた分割もないんだからなー。

DSCN1401_R
あまりものの目パーツとあまりもののシールで目線をかえてみる。


DSCN1402_R
これもあまりものの利用で悪者っぽい目つき。
これくらいは普通につけてくれよ・・・


以上、レジェンドBB武者頑駄無真悪参でした。
武器3パーツ以外はすべて流用パーツという豪快な仕様。
しかも直前のラインナップのおまけパーツがそのままメインに。

なんというか、コメントに困るキットです。
商品そのものの欠点は特に思い当たらないんですけど
売り方とタイミングがだいぶひどい。
しかもこの内容で騎士や殺駆頭より高いっていう。


銀の盾と銀狼剣がいらなければ別に買う必要がないキットというか。
公式ミキシング自体はいいんですけど、それはあくまで
「このキットをそろえるとこのキャラができるよ!」くらいで留めておいてほしいところ。
これなら新世将頑駄無パーツ付けてくれればまだ違うのに・・・

創動・仮面ライダービルド BUILD1


DSCN1216_R
平成ライダー19番目、仮面ライダービルドの食玩フィギュアが登場!
創動(そうどう)仮面ライダービルド』

同じ読みの去年と同じく380円+税。
A、Bのハーフボディを集めることでアクションフィギュアが完成します。

エグゼイドは2か月遅れでしたが、ビルドは放送開始の月に発売するという快挙。
コスパ面も改良されてるのがすげえや!

なお、今回はめんどくさかったので付属シールを貼って終わりです。

DSCN1150_R
.薀咼奪肇蓮璽侫椒妊
,鉢△砲魯瀬漾璽僉璽弔付属するので
1つだけでもラビットタンクが完成するというサービス仕様。

パーツがバラバラにならないのがいいですね。
バラバラで終わらないので満足度もそれなり。いいアイディアです。



DSCN1151_R
背面。ダミーパーツは前面だけ造形、無可動無彩色の完全なおまけです。
造形はしっかりしてるので塗装すればかっこいいかも。

写真では忘れてますが、赤い脇腹パーツも背面に差しておけます。

DSCN1152_R
▲織鵐ハーフボディ
,汎韻犬ダミーパーツが付属。
上半身と靴は基本的にメタリック塗装済みとなっています。
エグゼイドと違って難しい色ではないので塗装派にも安心ですね。
(少なくともラビットタンクに関しては)

ちなみに生物側をA-SIDE、無機物側をB-SIDEと呼称するようです。
AとBをそろえないと人型にはならないのであしからず。

ダブルみたいにラビットラビットフォームやるのかな。
タンクタンクはかっこよさそう。

DSCN1153_R
うしろから。
こっちも裏から見ちゃいけない仕様です。

DSCN1154_R
△離瀬漾爾牢蕕固定になっていますが
塗装済みのマスクはここにとりつけておけます。


なお、,防嫗阿垢襯瀬漾爾離織鵐マスクは色がないだけでほぼ同じものっぽい。
なくしたら最悪それで代用しましょう。

DSCN1155_R
仮面ライダーラビットと仮面ライダータンク。嘘だけど。

二つのボディを組み合わせて、ベストマッチフォームを創り出せ!!


ラビット!タンク!!ベストマッチ!!

DSCN1167_R
ムーンサルト
ラビットタンク』!!

イェーイ!

5_R
仮面ライダービルド・ラビットタンクフォーム
仮面ライダービルドの基本フォーム。
仮面ライダーWをほうふつとさせるデザインですが
こっちは斜め、というか竜巻のようにパーツが混ざったデザイン。
黒い基礎体にフォームごとのパーツをくっつけているため、真っ二つ感は少ないですね。

『装』の流れを受け継いだアレンジのフィギュアとなっており
劇中よりも頭部が大きめに見えますが、フィギュアとしての見栄えはいいです。
塗装部分が上半身に集中してるのもいいですね。

ちなみに10作前、仮面ライダーキバ以来の『〇〇フォーム』なライダーです。



DSCN1159_R
うしろから。
背面は真っ黒ですが、まあ今に始まったことではない。
腰サイドが塗装されていないのはフォームチェンジ時に違和感が出るからですけども
(組み換え部が腰ボールじゃなくて腿ロール下から)

腰はボールジョイントごと差し替えればいけないこともないけど
公式ブログ曰くボールジョイントがヘタれるのを防止するためだそうです。

ちなみに、成型色は真っ黒。


DSCN1160_R
バストアップ。
複眼はシールで再現。
今回はベルトにもシールが用意されています。
もともとシンプルな色配置のベルトなのでこれでも雰囲気はいい感じですね。
ホルダーが真っ黒なのはちょっと違和感あるけど。


なお、この写真を含め一部の写真で脇腹がダミーパーツのままになってます。

DSCN1162_R
可動について。
基本的には装動と同じですが、腰可動が追加されています。

装動ではデラックス版の『大装動』で手首と腰に回転軸が追加されましたが
今回は通常弾にも採用されたため、ポージングの自由度が上がってます。
腰が動くかどうかは大きいですよね。

手首回転は・・・まあしょうがないか。

DX玩具にあたる「ボトルチェンジシリーズ」ではシームレスな組み換えがメインのため
首と腰が固定になってるらしい・・・
ここは廉価版であるゆえの勝利でしょうか。




DSCN1168_R
まさかあの決めポーズが変身音で踊るダンスだったとは・・・
腰を「クイッ」とできないのでいまひとつ。


DSCN1170_R
ボルテックフィニッシュ!!
とイ防嫗阿垢襯好織鵐匹鮖箸辰謄薀ぅ澄璽ック。
今年は片足でゴリゴリするキックなので活用できますね。

DSCN1165_R
余ったダミーパーツは組み合わせることで無可動無彩色のダミーフィギュアを組み立てられます。
可動がない分劇中スーツに近いディティールなので、塗装したらかっこいいと思う。



DSCN1163_R
メインの武器、ドリルクラッシャーはに付属!
腰が動くので遊びやすくなってます。

手首は腕ロールで賄えるからね。

DSCN1164_R
ドリルクラッシャー・ガンモードはΔ防嫗亜




DSCN1171_R
先輩エグゼイドと。
「SO-DO」ブランドを引き継いだだけあって共通規格で作られています。
が、大装動の腰ロールやスネの軸は別物でした。

今年は突然平成2期の振出しに戻ったようなデザインですね。
エグゼイドに見慣れちゃうとどんなのが来ても大丈夫だ・・・と思う。

DSCN1172_R
いまんところ先輩への対応がこんな感じにしか見えないんだけど。
公式で通り魔扱いされてるし!

DSCN1173_R
構造上スネを取り外すことができます。

DSCN1174_R
残念ながらドラゴンクローは取り付けできませんでしたが
腕と腰は同一ジョイントなので組み合わせ可能でした。


DSCN1175_R
また、ドライバーとホルダーは同じジョイントなので
仮面ライダー風魔をはじめエグゼイドのライダーと交換可能です。

なお、風魔の塗装が中途半端なのは気のせいです。
キメワザスロットが逆?知らんなあ。


DSCN1176_R
デザイン発表当時から似ていると指摘されている仮面ライダーWと。
掌動シリーズで発売されたおかげで近いスケールで並べられました。

二つのアイテムの組み合わせで変身、シルエットはおとなしい、と。
似た要素の多い二者。

ダブルの初期案の中に「動物と乗り物」というのがあったそうで
初期案の流用んじゃないかという説がささやかれてます。


DSCN1177_R
ゴリラハーフボディ(A-SIDE)
とい魯乾螢薀皀鵐匹忙箸Ε椒妊。

A-SIDEにはスタンドが付属しており、パーツをまとめておけるようになってます。
しかしショッキングなビジュアルになるのは変わらず。


DSCN1178_R
ぅ瀬ぅ筌皀鵐疋蓮璽侫椒妊(B-SIDE)
B-SIDEにはボーナスパーツが付属。
ただしスタンド類は付属しないのでほんとにばらばらのままです。

スタンドを持ってればB-SIDEもくっつけておけますが
事実上の『これだけ持ってても遊べない枠』に・・・


DSCN1179_R
せっかくなのでダミーパーツを使って。
脇腹とBの顔は使えないですが、雰囲気はいい感じに見えるかと。


DSCN1180_R
ゴリラ!ダイヤモンド!ベストマッチ!!

ちゃんとドライバーのハンドルを握れるあたり、芸が細かい。
 
DSCN1181_R
「ビルドアップ!」

DSCN1182_R
輝きデストロイヤー!
ゴリラモンド』!!
イェーイ・・・!

DSCN1183_R
+仮面ライダービルド・ゴリラモンドフォーム
劇中2つ目に登場したベストマッチ。
固いものと強いものの組み合わせでいかにもパワー系の雰囲気。
ぶっとい右腕がそれを物語ってくれます。

ダイヤモンド部分はすべてシール処理。
肩のシールがフチまで届いてない・・・

DSCN1184_R
うしろから。
ダイヤの肘が無塗装ですが拳はちゃんと塗ってある謎。
カッパーで塗られたゴリラアームが存在感を醸しています。


DSCN1185_R
バストアップ。
水色と茶色というあんまり聞かない組み合わせですが
良く似合っているように見えるのがさすが。

ダイヤモンドの角の部分はシールではなく塗装となっています。
この辺は状況に応じて使い分ける、とのこと。

DSCN1186_R
ポパイのような右腕がとにかく目を引くフォームなので
腰の可動がいい仕事をしてくれます。


DSCN1190_R
神殺しの一撃。

この拳には「低確率で敵を即死させる」っていう特殊効果があるらしい。
相手はバグスターとはいえそんな危なっかしいもの軽々しく振るうなよ!

・・・いや、怪人に対して使ってるから何ら悪ではないのか?


DSCN1191_R
ゴリラの腕はぶっといですが、拳の穴は同じなので
に付属するドリルクラッシャーを持たせることが可能です。

DSCN1193_R
ちなみにドリル部分は別パーツですが、ストッパーがあるので1回転はできません。
ここを別パーツにできるなら変形再現しても・・・

やっぱ「ビルド」だからドリルなんだろうか。

DSCN1194_R
ゴリラモンドをそろえることでスタンドも手に入る!
今回も根元がボールジョイント、先端が3ミリで角度変更可能です。


DSCN1195_R
台座部分のシールはA-SIDEに付属。
同弾でベストマッチが成立する場合は対応するボトルのアイコンが描かれています。

1弾ではゴリラとハリネズミに付属。
ハリネズミのベストマッチはまだ不明なので絵柄のない名前だけのシールが付属します。


DSCN1196_R
ラビットタンクと。
見るからに基礎体とパワー特化型だとわかるのが良い。
今年は主役のフォームがいっぱい出るらしいぞ!?


DSCN1197_R
そして商品の醍醐味。
AとBを組み合わせてベストマッチではない「トライアルフォーム」を作って遊べます。
いまのところAが暖色、Bが寒色で微妙に変わり映えしないけども・・・

ところで、左のフォームってラビットダイヤモンド?ラビットモンド?
掃除機とのトライアルが『ラビット掃除機』らしいし
個人的には「ベストマッチ時にのみ名前の読み方が変わる」って方が好きなので
ラビットダイヤモンドと呼びたい。


DSCN1198_R
ゥ魯螢優坤潺蓮璽侫椒妊(A-SIDE)
Aなのでスタンドが付属しますが、ダミーで紹介。
白の塗装が綺麗です。

くらいしか今のところ言うことないなあ・・・

DSCN1200_R
とりあえず、タンクボディとビルドアップ!



DSCN1201_R
+ゥ魯螢優坤タンクフォーム
ベストマッチではないものの、雑誌媒体などでもよく見る
トライアルフォームの代表例のようなフォーム。

青と白の寒色つながりでやたらさわやかでかっこいいのが特徴。
特にメタリックブルーとの相性が良い・・・。

DSCN1202_R
うしろから。
1弾はみんな背中から見た変化に乏しい。

DSCN1203_R
目はハリネズミの形になってます。
シルバーのトゲトゲが氷のようでカッコイイ!

DSCN1204_R
ハリネズミボディの武器は右手のとげ玉。
劇中ではパンチのときにとげが伸びます。

ソニックかと思いきやカービィだったよ!


DSCN1205_R
肉抜き穴なのか誤飲帽子なのか、それとも武器穴か。
拳の部分に穴が開いてるので逆手でなら武器を持てます。

まあ、右手が丸ごと武器なので使う必要もないか。

DSCN1199_R
α歃機ハーフボディ(B-SIDE)
掃除機をモチーフにしたヒーロー・・・
前例がジョジョしかないんじゃないだろうか。

青みがかかったメタリックグリーンが綺麗。
掃除機というモチーフをヒロイックでメカニカルなデザインに落とし込んじゃうあたり
さすがプロの仕事です。


DSCN1206_R
こっちはラビットボディとビルドアップ!


DSCN1207_R
+ラビット掃除機フォーム
こっちは左腕が武器になるトライアルフォーム。
これも赤と青系なので違和感が少ないです。
なんかサイクロンアクセルエクストリームを思い出すけど、思ったより似てなかった。

DSCN1208_R
うしろから。
なによりメカニカルな左腕が目を引きます。


DSCN1209_R
掃除機の目、下腕はシール処理ですが
色身の調整により塗装に見えますね。


DSCN1210_R
掃除機のホース部分は硬質パーツ。
肩とはつながってないので可動にはあまり影響しません。

DSCN1211_R
吸引口は回転します。

DSCN1212_R
さらに、付属の延長パーツを使えば
先端を伸ばして床掃除をすることも可能。

DSCN1214_R
ちなみに、先端パーツを外すとどっかの宇宙海賊に似ていることは
もはや周知の事実。

しかしコレも妙にかっこいいな・・・

DSCN1213_R
ヒューッ!


DSCN1217_R
掃除機ボディにはドリルクラッシャー・ガンモードが付属!
掃除機には持てる場所ないけどな!

特にギミックはないですが、銃口がちゃんと穴になってます。

DSCN1215_R
1弾のあまりもの同士でトライアルフォーム。
ハリネズミがなんにでも会う色をしているのでなかなかサマになってます。

この二種は1弾でのアソート数が少ないようですが
3弾以降、ベストマッチが判明した時に名前シールとともに再録されるんでしょう。


DSCN1219_R
以上、創動・仮面ライダービルド BUILD1でした。
・2つ買えばフィギュアが1体完成する
・可動ポイントの追加

という改善によって、エグゼイドのよかったところを引き継いでいます。
今回は放送開始と同月に手に入ったのもポイント高いです。

1体あたり760円+税と、食玩としてはちょっと値は張りますが
腰の可動が加わり、名実ともに「可動フィギュア」と言って差し支えなくなりました。

これでアソートが安定してれば言うことないんですが・・・!

今弾に限り「コンプリートセット」として6種セットが公式に用意されてますが
今弾だけといわず毎回やってくれませんかね。バンダイさん!?

サージェントカップ(TR)

拍手レス
>>9/19の方
>
すーぱーふみな、ちなっがい、はいぱーぎゃんの次はうるとらしあで
ういにんぐふみな「えっ・・・?」


アクションフィギュアみたいな ばーにんぐせかい君 でもいいんだよ?

DSCN0918_R
昔話大好きなお爺ちゃん・・・ではなく
歴戦の老兵・カップ軍曹がタイタンマスターに仲間入り!

アメコミではレッカーズを率いるベテランのイメージが強まってるらしい。

日本版としてターゲットマスターと一部新規造形を追加したレジェンズ版が発売予定。
また、これの頭部リデコ(?)商品としてオライオンパックスが
サイバトロンモードオプティマスとセットでアマゾンにて販売されています。
実はそっちのほうが先に国内導入されていたりする。

我が家のカップは頭部を追加塗装しています。

DSCN0920
タイタンマスター・フリントロック
フリントロック式といえば銃の構造。
旧式のイメージが似合いますね。
たぶんデザインソースはターゲットマスターのリコイル。
なんで名前違うんだろう。



DSCN0921
うしろから。
頭部は追加で塗装してます。
・・・うーむ、すごいビジュアル。

シックスショットの頭の人が「リボルバー」なのが
何かしらの関連性を感じるような、そうでもないような。

DSCN0922
ゴーグル顔なのもリコイルのイメージですかね。
爺さんっぽさはなく、普通にかっこいいです。

DSCN0866
ちなみにこちらが塗装前の状態。
しかしまあ、前面はすがすがしく無塗装です。

DSCN0867
うしろから。
こっちのほうが顔目立たなかったな。


DSCN0924_R
トランステクター!というかカップ登場!

DSCN0926_R
例によって運転席に乗れます。
仲が広くて快適そう。

DSCN0927_R
ビークルモード
セイバートロン星のピックアップトラックに変形。
地球で言うところの軽トラなんだろうかこれ。

G1イメージを強く意識していますが
変形は一味も二味もちがうものになっています。

DSCN0928_R
うしろから。
荷台には5ミリ穴とタイタンマスター用のピン。

全体的にコンパクトに収まっており、スマートです。


DSCN0929_R
荷台にタイタンマスターを載せて遊べます。
農家で軽トラの荷台に乗ってる人みたいな・・・

DSCN0930_R
付属武器は各部の5ミリ穴に取り付け。

DSCN0934_R
荷台につけるほうがしっくりきますが
これだと真ん中のジョイントが固定されないのが気になる。

DSCN0932_R
また、説明書にはこの位置にしてタイタンマスターを載せた
いわば逃げ撃ちモードが記載されています。


DSCN0931_R
ピンの位置的に仲間と一緒に乗せたほうが雰囲気出ますね。
ロンロン牛乳を守り切るんだ!!




DSCN0937_R
直近のリメイクとなるユナイテッド版と。
こちらはアースモードです。

ビークルの選定はいかにもチャーのイメージなんですが
なんでメタリック塗装にしたんだ・・・


DSCN0939_R
ドナドナドーナー


DSCN0941_R
よっこいせ。

ロボットモードにトランスフォーム!

DSCN0943_R
足の変形が秀逸なのでご紹介。
荷台後方のカバーを開いたら


DSCN0944_R
車体サイドのパネルをまとめて後方に!


DSCN0945_R
さらに荷台をひっくり返すことで足の完成!

GFファングウルフのような「パーツが裏表ひっくり返って別のパーツへ」を
ひさびさに見た気がします。
DSCN0946_R
ヘッド・オン!

DSCN0958_R
あれはワシがまだ・・・

老兵、健在也!


DSCN1044
ロボットモード
おじいちゃんという設定のためか余計なパーツがなくシンプルなロボットモード。
アメコミのイメージからか、旧玩具イメージなのか腕が角ばっており
2010アニメのチャーのイメージとは少し異なります。

アイアンハイドとかクロスヘアーズにできそう・・・と思ってたら
最初にオライオンが来ちゃうというね。

シンプルな構造で、かつシンプルなデザインですが
若干腕が長すぎる気がしないでもない。しかしながらシンプルにまとまってます。


DSCN0949
背面。
ビークルの荷台のパーツをコンパクトにまとめた足がナイス。
足が末端肥大なシルエットになるのも好き。
背中のモールドがクラシカルなロボットの顔に見える・・・

DSCN0950
頭部。
口元のシワにも年季を感じさせる爺さんです。
昔話が好きな爺ちゃんというよりは歴戦の老兵のイメージの頭部。
ロディマスコンボイにしても通用しそうな・・・無理?

造形としては縦に長い気がします。
なんか帽子みたいだ。

DSCN0951
横から。
この型は腕にも頭部のモールドがはみ出してます。

IDW社のアメコミだと、幻覚に悩まされた挙句治療の一環として麻薬中毒になり
プリテンダー技術で外側をコーティング・・・なんていう悲惨な状態ですけど
今回はさらにヘッドマスター手術まで加えちゃったんだろうか。

コミック展開ではほとんどのキャラがヘッドマスターになってないっぽいですけどね。

DSCN0868
ちなみに製品の状態だとこんな感じ。
旧玩具リスペクトのカラーリングなんでしょうけど
パッケージイラストでは普通にアニメ色になっててチグハグ。

レジェンズ版も出るし、グレーに戻しちゃおうかなあ。


DSCN0952_R
頑固な爺さんのわりに可動は素直!
変形関節のおかげで昇竜拳もできる!

腰が回転するのもうれしいところですが、膝が90度も曲がらないのがネック。

DSCN0953_R
武器は大口径のブラスターが二挺。
リコイルの武器モードを意識しているわけではなさそうですが・・・

銃口は見た目5ミリ穴っぽいですけど5ミリじゃないです。

DSCN0954_R
腕周りの可動範囲が優秀なおかげで
銃撃ポーズがとりやすい。

ただ、グリップと砲身が微妙にずれてて撃ちにくそう・・・

太い銃身の武器が二つ・・・というと
AMシリーズの海外版で出たサージェントカップっぽい。
あれはもともとアイアンハイドですけど。

DSCN0955_R
武器を二つ連結すれば二連ブラスターに。
なんか籠みたいなデザインだ・・・

DSCN0956_R
実際、籠というか椅子として
タイタンマスターを載せて遊べます。飛ぶのかこれ?
DSCN0957_R
また、ロボットモードでは背中にブラスターを下げておけます。
ロケットブースターのようだ。


DSCN0959_R
ユナイテッド版と。
ロボットモードのアニメっぽさはユナイテッドに軍配が上がりますが
レジェンズ版が出たらそっちに持ってかれちゃうんだろう。と思う。

ユナイテッド版はタイヤのやぼったさなんかが
爺さん臭さを強調してて好きなんですよ。

DSCN0960_R
マスケット銃をひっさげて戦場に突撃だ!

そういや、フリントロックってマスケット銃の点火方式だったような。

DSCN0962_R
これだから全く!近頃の若いもんは!
海外でも同断で発売されたロディマスと。

日本でも9月末に発売が予定されてます。楽しみ。

DSCN1045
TFコレクションでセット販売されたウィーリーと。
こちらもレジェンズで揃い踏みする予定。

何の因果か今回も同じタイタンマスターに対応したシリーズでの共演となりました。
サイズ差もちょうどいいですね。

オライオンが別で出ちゃったけど、そのうちダイオンが出ないだろうか。
アウトバック、チェイスあたりと一緒に頭部リデコでさ!

DSCN1046
タイタンズジーサンズ
ダークサイドムーンに負けず劣らず爺さんが多くなってきました。
そういやレオプライムもジジイだし、コミックに出てくるザモジン人も割とジジイだし。

たまにはババァTFもいないのか!

DSCN0961_R
レッカーズ
日本版の発売は未定ですが、トップスピンとツインツイストも販売されてます。
アメコミメンバーでリメイクされてないのパイロくらいじゃないのかこれ!?
インパクターもそろそろ新規商品がほしいですね。

そしてドリフトもそろそろ再商品化をだな・・・



奇抜かつスマートな足の変形や、コンパクトにまとまるビークルモードなど
シンプルながら見どころの多い商品となっています。

日本版では新規でターゲットマスターが付属し
また違った遊び方が楽しめるのが今から楽しみですね。

ガルバトロン(レジェンズ)




世間の評価が低いのが納得いかないブツ。
ダイナザウラーも出たしね!

拍手レス
>>7/25の方
>MPデスザラスでもやればいいのにぃ・・・
それよりもちゃんとしたライオカイザーをだな・・・

>>7/26の方

>中野のとあるお店はヒャッハーしている人達だらけでした。
ヒャッハーが集まる店というとドンキしか・・・

>>8/22の方
>最後の騎士王、ネットの評判だと低い評価のようで・・・だから実際見に行った!
>オレァ今回も良い作品だったと思うぞ!相変わらずのとTFクオリティでよかったぞ!
>俺は良いと思った、どこの誰かは悪いと思った。でもそれでいいのだ。


今までのよりトランスフォーマーらしいというか、変に暗くなくてよかったと思います。
誰かが言ってたけど
デラックスラーメンにステーキとカレーの後さらにホールケーキ出されたような映画でした。




DSCN3158_R
あの新破壊大帝がレジェンズに参戦!
しかもヘッドマスターだ!

頭取り換えられるガルバトロンとか、ある意味理想。




DSCN3122_R
次元監視員スキッズの攻撃により
メガトロンが負傷!


DSCN3124_R
お腹の中から小さいメガトロン様が!!
なんでだ!?

ちなみに小さいメガトロン様が入ってた胸部のカプセルは
ビーストウォーズでスパークが入ってた部分らしい。

DSCN3125_R
ヘッドマスター
付属コミックではメガトロン様本人という設定。
もともとメガトロン様そのままのデザインなので無理は少ないかな。

ちなみに海外版では「ニュークリオン」という別人の設定。
アレか。頭がメガトロンで体はガルバトロンなのか?アメコミだと別人らしいし。

DSCN3126_R
うしろから。背面が凄いのは最初から最後まで変わりませんね。

DSCN3127_R
顔といいボディデザインといい、まさにメガトロン様です。
シルバーで塗ってやったらさらにいい感じかな。

DSCN3128_R
可動はいつも通り、共通のやつ。


DSCN3129_R
日本版ではヘッドマスター第一弾商品なので
以前単独で発売されたブレインストームの頭の人と。
サイズは一回り小型化しましたが、可動部は同じです。

ちなみにこの後のラインナップでブレインストームも再リメイクされました。

ある種、これがプロトタイプだったんだろうか。

DSCN3130_R
小さいひとつながりでアルファートリン様と。
こっちのほうが大きいんですね。

アルファートリン様が付属するウルトラマグナスは
のちにヘッドマスタージンライとしてリデコされましたね。

DSCN3131_R
トランステクター・SFレーザー砲モード
ビークルモードその1はG1でもおなじみSFレーザー砲台。
戴冠式で調子に乗る愚か者を吹っ飛ばすヤツですね。

その形状の謎っぽさも含めていい感じにリメイクされています。

紫の成型色が薄すぎるような気もしますが
これはこれでアニメっぽいような気がしないでもない。


DSCN3133_R
うしろから。
なんというか説明しづらいけど
もともとこういうデザインなので納得するしかないですね。

支柱(?)は腕が変形したものなので
仰角を変えることができますよ。


DSCN3134_R
後部には凸ピンがあります。


DSCN3135_R
ヘッドマスターをライドオン!!
ただ、縦に並んでるので変な方向しか向けないという。

DSCN3136_R
ピンを片側だけにすれば
前を向けることが可能です。

でもそこ絶対危ないです。

DSCN3137_R
変形のためのふたを開くといい感じの椅子になります。
特に固定されるわけではないけども。

DSCN3138_R
旧玩具のSFガンモードには変形しませんが
それっぽい配置にしてみる。

DSCN3139_R
手に持っても良い感じ。
ちょっとグリップが小さいけど。

DSCN3140_R
今回のガルバトロンはトリプルチェンジャーだ!
トランスフォーム!


DSCN3144_R
ビークルモードを獲得!
大空を駆け回れ!

DSCN3146_R
トランステクター・SFジェットモード
SFデザインの戦闘機に変形。
羽の類はほとんどないですが、全体に漂うSF感のおかげでそれっぽく見えます。


一昔前のシューティングゲームみたいなデザイン。
2010のフューチャービークルの流れに沿っており
ガルバトロンに良く似合っていると思います。

DSCN3147_R
うしろから。
足のロックがちょっと弱いのが気になる。

クリアーの蛍光オレンジのおかげか
もともとガルバトロンの変形モードだったような錯覚すら覚えます。


そういや、SLガルバトロンは戦闘機に変形してたな。

DSCN3148_R
砲台と同じところのピンに立たせられます。
あっぶね!


DSCN3143_R
ジェットモードではコックピットが配置されるので
ヘッドマスターを載せて遊べます。

位置といい収まりといい、気持ちいいなコレ・・・!


DSCN3149_R
先端の武器を取り外してみる。
よりゲームの戦闘機っぽい。

DSCN3150_R
そしてさらに、ロボットモードにトランスフォーム!!

DSCN3151_R
ギガゴゴゴゴ


DSCN3153_R
すっ・・・

DSCN3154_R
ヘッド・オン!


DSCN3155_R
さらに、胸部のハッチを開くことで
頭部にマスクが装着されます。

スプリングで「バシッ」と展開してカッコいいので大好き。

DSCN3156_R
ぶっ潰せ!!破壊しろ!!

最狂の破壊大帝が復活!!


DSCN3159_R
ロボットモード
全体的にボリュームのある造形で強そうなガルバトロン様。
G1デザインをベースに今風のアレンジを強めに加えていますね。
個人的にはこういうアレンジ大好きです。

今までG1リメイクのガルバトロンが
メガトロンより小さくて扱いづらいヘケヘケ版しかなったため
ようやく「こういうのがほしかったんだ!」っていうのを手に入れた感じ。
ヘッドマスターギミックは自分の中でも賛否両論ありますが。


DSCN3160_R
うしろから。
肘のうしろに足がついてるのもG1と同じ。
キャタピラが目立つので、足のカバーと相まってなんか戦車から変形したみたいだ。


DSCN3161_R
バストアップ。
冠をかぶったようなデザインから、ギミックの関係でバトルマスクにアレンジ。
アレンジの方向も好みです。

DSCN1039_R
G1風に肩のアーマーを立ててみる。

・・・これはダサいな。
そもそも今回のコレは倒しておくのが前提ですし。
なんか身だしなみが乱れてるように見えてきた・・・


DSCN3166_R
可動は例によって平均クラスだと思います。
腰もカバーをずらせば位回転可能です。

DSCN3167_R
足首の左右スイングがあるのがポイント。

DSCN3168_R
個人的に、腰サイドアーマーがポロリしやすいのが気になる。
足の可動範囲自体は広いんだけどなあ。

DSCN3163_R
頭部はギミックの都合で左右約30度しか動きません。

ヘッドマスター編最初期のアイテムなのでツメの甘い部分がありますね。
同時期のリーダークラスやこれ以降のボイジャークラスでは
それなりに改善されているんですが。


DSCN3164_R
バトルマスクを収納すれば問題なく可動します。
付属漫画ではバトルマスクが洗脳マスクという設定になっているので
理性を保ったロボットモードということに。

DSCN3165_R
マスクを外してればファイティングポーズも決まる!んだけどなあ。



DSCN3169_R
SFレーザーガン
クリアパーツの銃身がなにやらヤバそうな雰囲気。
ミサイルや発光ギミックはありません。
光ったらかっこよかったんだろうけど。

 
DSCN3162_R

拳のほか、二の腕につけることも可能。
その場合はヒジの可動が制限されます。








DSCN3170_R
説明書にはありませんが
後部パーツをひっくり返せばヘッドマスター用の椅子が出現。
例によって懲罰席にしか見えないけど、これで仲間と共闘だ!


DSCN3171_R
単体でもビークルとして遊べます。
なんか魔法のホウキというか、後部から炎が噴き出してるような。


DSCN3176_R
実写映画4作目のガルヴァトロンと。
こう見ると全然似てないなコレ・・・


DSCN3172_R
同じくLGのメガトロン様と。
メガトロンはリーダークラスなので、またしても「ガルバトロンのほうが小さい」という
ジンクスが発動したことに・・・
ただ、遊びやすさはガルバトロンのほうが上かと思いますので
その点に関してはリベンジ成功ですね。

DSCN3174_R
直近のリメイクとなるヘケヘケ版と。
本来はボイジャークラスの予定が変更になったという経緯のせいで
やたらパーツが細かくて遊びづらかった一品。

現代風アレンジという点ではどちらもそれぞれの良さを持っててカッコイイ。

いつか、ヘケヘケ版をベースに改良したガルバトロンも見てみたいですね。

DSCN3175_R
玩具ではライバルとされていたウルトラマグナスと。
こっちはこっちでリーダークラスだから対格差が・・・!!

DSCN1041_R - コピー
要塞参謀カラーは出る気配ないですね・・・


DSCN3177_R
以上、LGガルバトロンでした。

よく考えると
・トリプルチェンジャー(BW供■韮董
・ジェット機に変形(スパリン)
と日本での歴代ガルバトロンの要素を備えているんですね。

また、頭の人が明らかにメガトロンを意識しているので
頭が本体で体はサポートビークルという日本版設定に違和感なく溶け込んでいます。

イボンコと並んでLGの売れ残り組筆頭という
イメージすら付きまとうこのガルバトロン。
実際まだ定価以下で買えるという貴重な存在です。(17年9月現在)



ボイジャーヘッドマスター共通のトリプルチェンジのおもしろさを含め
遊びがいのある商品なんですが、なんで人気ないんだろう・・・
色か?


DSCN3178_R
二の腕の5ミリジョイントにインジェクトガンがぴったりフィット!
ヤバそうだこれ!!


 DSCN3180_R
どっかでみた画像のまねで
グランドガルバトロンの腕にLG版SFガンをつけてみる。
細くて本体のボリュームに負け気味だった元武器の不満を解消!
ただ今度は短いけども。

DSCN3181_R
ちなみに、ヘッドマスターは凄くいい場所に収められます。

ホットロッド(タイタンズリターン)

拍手レス




>>6/7の方
>ネタバレになったら申し訳ない。
>東京おもちゃショーで配布された小冊子にマスターピースのBWダイノボットの情報が載ってたそうです。
>楽しみダーッ。
藤原さんも復帰したし、楽しみダーッ!
っていうか今特番やれよと。

>>6/21の方

>レジェンズ再販選挙にブラックコンボイを・・・
とか言ってたら再販決まっちゃった。
実は総選挙は参加してないです。(再販されても全部持ってるし・・・)

>>7/2の方
>ラットルとスターセイバーが中身基準では親子とか…嘘だろう?
一方アムロとシャアはやっぱり因縁の相手っていう。




DSCN0872_R
イカレ暴走族がヘッドマスターに参戦!
ホットロディマスことホットロッド。海外版になります。

日本では一部リデコで発売予定。
具体的には武器が削除の代わりにターゲットマスターが新規で付属。
それに伴って胸部もデザインが変わるそうです。

前シーズン、コンバイナーウォーズでも発売されており
何気に唯一2シリーズ続けて出てるんじゃなかろうか。
サンダーウイングは微妙なところだし。

シルバーの成型色部分をシルバーで塗装してあります。

DSCN0874
タイタンマスター・ファイヤードライブ
モチーフはロディマスのターゲットマスター、ファイヤーボルト。

エアーボットにもファイヤーボルトがいてややこしいけど
アイツは海外名ファイアフライト。
元ネタが元ネタなのでシルバー一色の無彩色ですが
デザイン自体はかっこいい部類です。
口元がニヤッとしているように見えてロディマスらしい。

商標の都合で名前が変わったっぽいですが
やたらカッコイイ字面になりましたよね、ファイヤードライブって。
炎のオーバードライブ的な。

DSCN0875
うしろから。
なかなかのインパクトなのは相変わらず。
特にボディが無彩色なのにヘッドが赤だから目立つ目立つ。

DSCN0876
原典は持ってないのでターゲットマスターマイクロンのファイヤーボルトと。
こっちはこっちでロディマスを意識したデザインになってますね。


DSCN0877_R
カモーン!トランステクター!!

海外設定に合わせるなら「行くぜ相棒!」って感じなのか?


DSCN0878_R
ビークルモード
赤とオレンジのフューチャーカーに変形。
G1そのままというわけではなく、今風のアレンジはされていますが
十分雰囲気を残したままの良リメイクだと思います。
フロントからリアまでのラインが綺麗。

原典よりも鮮やかな赤なのが好みが分かれそうですが、僕は好きです。

エグゾーストパイプは製品のままだとシルバー成型で味気なかったので
4アーティストマーカーを使ってメッキ風に。
日本版はメッキとまではいかなくともメタリック塗装はしてほしい。


DSCN0879_R
うしろから。
膝アーマーが排気フィルターみたいな配置になってるのが巧い。

おしりのとこにジェットエンジンみたいなモールドがあるのは
ヘケヘケ版のオマージュでしょうか。

DSCN0880_R
天井のピンにタイタンマスターを立たせられます。
車に飛び乗るジャッキーみたいだ。


DSCN0881_R
運転席をあけてライドオン。
DXトライドロンを思い出す構図だ・・・


DSCN0882_R
付属の武器はタイヤのサイドに取り付けできます。
カーレースアニメでよくある、運転席のスイッチを押すと出てくる妨害装置みたいだ。


DSCN0883_R
連結状態ではエンジン部分に取り付け可能。
ターゲットマスターを意識した配置になります。

DSCN0884_R
さらに恒例の武器への搭乗ギミックも。
絶対邪魔!


DSCN0885_R
直近のリメイクとなるユナイテッド版のロディマスプライムと。
思えばもうこれ10年前の型なのか・・・!!

実車をモチーフに落としこんだユナイテッド版はビークルが程よくリアルでかっこいい。


DSCN0886_R
ユナイテッド版はターゲットマスターギミックが追加されていることも有名。
ファイヤーボルトがもともとエンジン風のデザインなのでそれっぽく仕上がってます。
何気にサイドの5ミリピンも同じ位置だったりする。

DSCN0887_R
トランスフォーム!!


DSCN0889_R
腰と背面パネルの両方を回転軸でひっくりかえします。
一見従来と同じストレートな変形かと。

DSCN0890_R
ギガゴゴ。


DSCN0892_R
へっぽん!

DSCN0893_R
イカレ暴走族にして次代の主人公!
サイバトロン騎士、ホットロディマス!


DSCN0894_R
ロボットモード
全体のバランスとして腕が大きめでちょっとゴリラですが
今風にかっこよくアレンジされたロディマス。

赤とオレンジを中心としたカラーリングはあまりG1に似てませんが
炎をイメージさせるカラーリングであり
こっちのほうがヒーローらしくてカッコいいと思います。

・・・というか個人的にG1ロディマスのデザインは好きじゃないです。

拳などオレンジが目立つカラーリングで
個人的ベストロディマスである
スーパーリンクロディマスコンボイを彷彿とさせてくれます。



さんざん「どこが騎士?」って突っ込まれてきた彼ですが
もしかして騎士っていっても日本で言う侍的な意味合いなんだろうか?
そもそも海外だと普通に戦士らしいしなあ。

DSCN0895_R
うしろから。
エグゾーストパイプの向きが逆だったらもっとかっこよかったのに。

ちなみにかかとが長めなので安定性も悪くないです。


DSCN0896
バストアップ。
オレンジにフチなしの黄色なのでファイヤーパターンがあまり目立ちません。

頭部はアゴがしゃくれ気味ですが
G1のキャプテンファルコンみたいな顔ではなく
普通のロボットフェイスになっています。

個人的にはこれで正解。
たまには普通にイケメンなロディマスが見たい・・・それこそ津島先生風の。

DSCN0974_R
額が赤1色だから、ロディマスというよりアイアンハイドに見える。

DSCN0904_R
日本版はフロントが形状変更されて
こんな感じになるらしい。
腰のくびれが目立ちませんが、そこまで悪いわけではないかな。
実際に手に取ってみるとまた印象変わりそうです。


DSCN0897_R
足の変形を戻すと外装のように見えるので
大きい腕とのバランスもとれているんじゃないかと。

DSCN0963_R
ついでに膝が180度曲がります。ふくらはぎスッカスカだけども。

DSCN0898_R
腕にはロディマスの象徴たるエグゾーストパイプ。
今回ももちろん腕に配置されています。

手首をクイッとできるのがポイント。

DSCN0899_R
武器はフォトンエリミネーター的なもの。
ロディマスの武器ってこっちよりパイプのほうが印象強くて・・・


DSCN0900_R
二挺拳銃の若者っていうとこういうポーズ取らせたくなりますよね。

ちなみに腰裏の3ミリ穴は完備。
何気に最近のはビークルとロボで共用できる位置にあるのが職人芸です。
DSCN0901_R
二挺を連結すればターゲットマスター風のツインライフルに。
縦持ちでもそれはそれで高威力っぽくていい!

DSCN0902_R
キスプレからカンフーのイメージも入ったように思います。
逆手に持たせてトンファー風に。


DSCN0903_R
可動範囲も平均以上といったところ。
腰が回転できるのがうれしい。

DSCN0905_R
ユナイテッド版と。
今回は最初から拳が5ミリなので武器もちもスマート。

ユナイテッド版も独自アレンジが効いてて悪くないんですが
さすがにそろそろ型が古い。あと可動がアレ。

DSCN0906_R
ユナイテッド版を受けついで一足早くターゲットマスターだ!






DSCN0964_R
5ミリジョイントの恩恵。
どうやら最後の騎士王版も発売されそうですし
新旧ロディマスの並びたちが見られる日も近いかな?

DSCN0917_R
以上、TRホットロッドでした。
フロントの一部を折り込むことでくびれのあるボディに仕上げてあるなど
細かい工夫が光る一品です。
気になる点が腕のゴリラ感くらいしかないっていう。
(顔に癖があるのは個性として受け取るかな。)

日本版は日本版で遊び方が変わりそう。
予習のために買ったものですが、日本版も楽しみです。



DSCN0970
ついでにおまけでロディマスプライムも紹介!



DSCN0907
ロディマスプライム
海外トイザらス限定セット商品「カオス・オン・ヴェロシトロン」の内容物。
胴体がダイキャストとなっておりズシっと来ます。
床に立たせたとき「コン!」というくらいの重さがあります。
遊んでるときに自重で落っこちることがあるのが難点。



DSCN0908
うしろから。
しっかり塗装された顔面がまあ目立つ。

DSCN0909
ファイヤードライブと比較。
こっちはロディマス本人のイメージで塗装されてるようです。

DSCN0910
ちなみにモノはプテロ(日本未発売。スワープをモチーフとしたキャラ)のリデコ。
ダイキャスト製の胴体と背面フェイスが新規になっています。

DSCN0967_R
ロディマスにヘッドオン!!
顔が老けてロディマスコンボイに!

ここにきてようやく「フェイス交換」という遊びを発揮してくれました。
特にロディマスはコンボイになっても大してデザインが変わらないのが功を奏した感じ。

DSCN0969
頭部アップ。
実はこの頭部の造形が非常によくできており
渋いおじさんって感じでやたらかっこいいです。



DSCN0971
光源をかえてもう一枚。
シワの造形がわかるでしょうか。

DSCN0973
タイタンマスターの手足を動かして、より頭部を際立たせる形に。
ロディマスコンボイの顔を今風のバランスで造形してるんですね。

アニメ再現のマスターピースとは違った解釈です。

DSCN0916_R
アニメイテッド版のロディマスは弓を持ってたなーっていう。


DSCN0975_R
ちなみに、アルファトライオンのボディに合体させると似合う。

ソヴリンから奪い返したアルファトリンのボディを
新司令官として受け継いだ姿だ!とかだったら胸が熱くなる。

レグルスプライムとでも呼ぼうか。






DSCN0915_R
宇宙を一つに!!

何が凄いって、これ全部レジェンズで再現できちゃうことだよ!!

 



web拍手
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ