2017年06月12日

またまた古本市。

かたつむりとかえる001
かたつむり「かえるくん、何の本読んでるんだい?」

週末のブックカーニバルinカマクラは、天気にも恵まれここちよい海風も吹くなかでの、素敵な古本イベントでした。日曜日の読書空間みかもの古本市は、初めての参加者もいらっしゃいましたが、アットホームな雰囲気で、思いがけず久しぶりの知人も訪ねて来てくれたりして。

さて、実は次の土曜日も本のイベントに参加します。

6/17(土)「本との土曜日」
11:00〜
BETTARA STAND 日本橋(東京都日本橋本町3-10-1)

「東京ローカル」というテーマで、個性的なプロの本屋さんや個人・小規模の出版社、またアマチュアの本好きさんらが選書した本を販売します。

・・・・・・・・・・・・

また、次の週は山梨県の富士山世界遺産センターで開催されるマルシェに参加。
6/24(土)第1回 富士山の麓でマルシェ 10:00〜16:00 富士山世界遺産センター中庭(雨天の場合館内に変更の予定)山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1

かたつむりとかえる002
かえる「かたつむりくん、そんなにこの本が気になるかい?」

kaizuken1 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月08日

週末の古本市情報。

がくあじさい001

アジサイが奇麗な季節になりました。
すっかりこちらでお知らせしそびれてしまいましたが、先週末の6/3(土)は我孫子市香取神社での「香取さまで会いましょう・青空古本市」に、6/4(日)は「佐倉城下町一箱古本市」に参加していました。

次の週末も、連続で古本市に参加します。
6/10(土)ブックカーニバルカマクラ・10:00~16:00 由比ケ浜公会堂(鎌倉市由比ガ浜2-7-12)ほか。
6/11(日)読書空間みかも古本市・11:00~17:00 世田谷区奥沢2-33-2

ご来場お待ちしています。

kaizuken1 at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月27日

大福屋古本市(長野)

牛にひかれて古本市001

5/28(日)は、長野県善光寺ちかくにある大福屋さんでの古本市に参加します。

kaizuken1 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

川口ブックマーケット

image

本のなる木で読書に励むナマケモノ・・

第5回川口ブックマーケットに参加します。
5/20(土)11:00〜17:00
川口神社 埼玉県川口市金山町6-15
JR川口駅東口より徒歩約10分
dlvr.it/P8yQbq

kaizuken1 at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月29日

不忍一箱古本市

明日4/30は、不忍ブックストリート一箱古本市ですね。僕も最近はあちこちの一箱古本市に参加してきてますが、こちらは久しぶりに2回目の参加です。
今回も、本の内容をイメージして描いた自作表紙や、ポストカードを持って行きます。
11:00〜16:30です。
http://sbs.yanesen.org/?page_id=4619

image


image


image


kaizuken1 at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

野うさぎ

IMGP5012


IMGP5013

先日、家の近くの割とよく行く場所で野うさぎに出会いました。雪が積もると特徴的な足跡が見られるし、殆ど木の繊維で出来たような堅くて丸い糞も時々見かけるので、居るのは分かるのですが姿を見るのは初めてでした。
自分の行こうとしていた路上に居たので、うさぎが逃げない場所から証拠写真的にデジカメで写真を撮ってから、そのまま近づいて行ったのですが、二匹のウサギが時間差で別々な方向に逃げて行ったので、これが夫婦だとしたら、棲家をさとられないための工夫かな?と思いました。

kaizuken1 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)身近な自然 

2017年04月21日

こんどの土曜日は「本との土曜日」

こんどの土曜日、4/22は日本橋・小伝馬町で開催される古本市「本との土曜日」に参加します。http://hontonodoyobi.com/hondoyo03/
image
image


kaizuken1 at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

「シー くらげとAKARI」

海の本001

練馬区中村橋にあるカフェ、kuutamoさんにて開催されている古本の企画、「シー くらげとAKARI」に参加しています。
「シー」をテーマによく一箱古本市に出店されている店主さんたちが本を選んで並べているのですが、僕は海をテーマに選んで、自作の表紙や海のイメージのポストカードも並べています。
image

image


kaizuken1 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

三番瀬とワレカラ

image

この日は旧暦の三月三日で「浜下り」の日だったので、なんとなく潮が引く時間を見計らって船橋の三番瀬へ。天気も朝から快晴で、潮干狩りの人でけっこう賑わっていました。
image

干潟をけっこう沖の方まで歩いて行き、所々に転がっている石の下などを覗いていたら、見つけたのがこの「ワレカラ」という生き物。カニやエビなどと同じ甲殻類です。
image

↑この写真だと、下に触覚のある頭が写っていて、細長い体の途中にカマキリのような腕があり、上の方(身体の後方)に小さな六本の脚がついています。エビやカニのような腹部は退化しているのだとか。この身体の後方に付いた脚で、海藻などにつかまり、鎌のような腕などで餌を捕らえてるようです。

image


image

↑脚で海藻につかまっている様子

image

↑背中側を上に向けて泳いでいる様子。

image

この写真では、中央辺りに海藻にまぎれて写っています。

image

この写真の中にも10匹以上のワレカラが隠れています。実際はユラユラ動いたりするので分かるのですが・・

図鑑などで不思議な形の生き物だなあ、と知っていたワレカラでしたが、初めて観察できたので嬉しかったです。海藻の多い海には普通にいる生き物のようですが。

image

三番瀬の後は、谷津干潟に足をのばしました。湾岸を走る道路に海から分断されているような干潟ですが、水路は繋がっていて潮の干満があります。鴨やシギ、チドリなどの水鳥も多く見られます。ここの自然観察センターに立ち寄ると、図書スペースの壁に貼ってある絵地図に見入ってしまいます。まだ埋め立てが進む前の、広大だった干潟の様子が聞き書きによって描かれているようです。
image


潮がみちてくると、タツノオトシゴが波間にプカプカ浮かんで来た・・とかそんな風景が日常に広がっていたのですね。

image

ここの干潟に面して、小学校があるのですが、そこに通う子供がちょっと羨ましくなりますね(笑)







kaizuken1 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)身近な自然 

2017年03月28日

4/1は縁側一箱古本市

image

縁側と古本とうたたね・・

今週まだ少し寒いですが、桜も咲いてきましたね。
今週末、4/1は第二回・縁側一箱古本市です。
西武新宿線、鷺ノ宮駅から徒歩15分くらいのところにある、築90年の古民家を会場に行なわれる古本市、第一回も昨夏参加したのですが、すごく賑わっていました。
散歩がてら、おたちよりください!
http://engawa1hako.wixsite.com/engawa1hako

kaizuken1 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)