2017年01月18日

新春の黄色い花。

image

近所のあちこちでロウバイの透き通った黄色い花が咲き始めていて、やっぱりこの季節に咲くこの花が好きだなあ、と思っていたのですが、その花のイメージでこんな絵を描いてみました。
image

ロウバイの魅力は花だけど花らしくない、というか。ある種のランの花とか、キノコにも通じるような・・和菓子のようでもありますね。
image

この額、だいぶ前に買ったものなのですが、画面のサイズが極小で、ようやくこれに入れられる絵がかけて嬉しい。

kaizuken1 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2017年01月01日

2017年年賀

とりづくし001
ニワトリを中心に色々な鳥を描いてみました。大体我孫子の自宅周辺で見られる身近な鳥です。
今年も宜しくお願いします。

kaizuken1 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年12月30日

ニワトリの絵「旅立ち」「こたつ」

年賀・旅立ち002年賀・こたつ003

秩父のポエトリーカフェ武甲書店さんに展示して頂いている絵を入れ替えました。来年の干支にちなんでニワトリの絵とポストカードも置いています。西武秩父駅から徒歩10分ほど・秩父鉄道御花畑駅すぐです。秩父神社の参道も近いですので、秩父方面お立ち寄りの際はぜひ。
それでは皆様良いお年を!

kaizuken1 at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年12月25日

ニャンタクロース

ニャンタクロース001

「ニャンタクロースは犬ぞりでやってくる!?」
島に住む知り合いの飼い犬・飼い猫をイメージして描きました。

kaizuken1 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年12月23日

「ツリーと天使」

ツリーと天使001

みなさまよいクリスマスを・・

kaizuken1 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年12月20日

ノルシュテイン・デジタルリマスター上映

ようやく渋谷のイメージフォーラムにて、ユーリ・ノルシュテイン作品のデジタル修復版上映を見てきました。ノルシュテインの作品にはこの世界の豊かさが表現されているので、見終わるといつも、自分の周囲をきちんと見なければと思います。
デジタル修復版でとくに印象的だったのは、初期作品の映像の奥行きや質感が驚くほど良く見えたこと。「ケルジェネツの戦い」の美術の繊細さにも目を見張ったし、「25日・最初の日」の独特の空間表現は、そのまま「話の話」まで繋がっていくんだなあ、と思いました。
でもやっぱり、なんといっても「話の話」の古い集合住宅の廊下の闇の深さ、旅人の歩いてゆく道の遥かさ、雪の白さや、水や街灯のひかりの煌めき、そんな記憶の断片がより鮮やかに表現されていたのに、こころをつかまれました。
ロシアの子守唄では子供を連れ去っていく魔物として歌われている灰色狼が、なぜか子供をあやしているあの強烈な場面のユーモアには、なんとも言いようのない世界の真実みたいなものが描かれている気がするなあ。

kaizuken1 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメーション 

2016年10月07日

11月展示「あびこ 手賀沼 鳥物語」

チラシ用イラスト002


11月に、春にも展示させていただいた我孫子のNORTH LAKE CAFE & BOOKS にて展示を予定しています。
今回は鳥にテーマをしぼり、我孫子市内や手賀沼で見られる身近な鳥の世界を描いてみたいと思います。

会場:NORTH LAKE CAFE & BOOKS 
我孫子市緑2−11−48 /tel.04−7199−3251
営業時間 [火〜金・日・祝] 11:30 〜 19:00 [土] 11:30 〜 20:00

定休日:月曜日、第三火曜日
*お問い合わせ、ご予約はメールにてお願いします。
メールアドレス:info@northlakecafeandbooks.com

<展覧会関連イベント>
「 Pippoの ポエトリーカフェ 〈鳥の詩〉」篇(**10/30申し込みが定員に達したため、キャンセル待ちとなります。申し訳ありません。)

▶日時:11/26(土) 10:00〜13:00
ポエトリーカフェ &ランチ ( +手賀沼散策(ご希望者のみ、無料オプション) 13:00〜

▶ 内容:「鳥の詩」テキスト配布/ご参加の方々による詩の朗読、意見交換/茶話会
 Pippoが適宜、詩人紹介・解説などはさみます

▶定員16名  参加費:2500円 (要ご予約/ランチ付) /別途:1ドリンクオーダー(ポエカフェ時)
※ご予約申込は、ポエカフェ申し込み用フォーム、または North lake cafe&booksさん店頭やメール(info[at]northlakecafeandbooks.com)でも、受付いたします。


kaizuken1 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)展示 

2016年08月22日

8/21(日)読書空間みかも古本市

8/21(日)は世田谷区奥沢の「読書空間みかも」での一箱古本市に参加しました。
自作表紙001

今回は「ものがたりと動物の本」という感じでまとめてみたのですが、自分の興味のど真ん中のテーマなので、絵にも気合いが入りました。

自作表紙002


自作表紙003


このテーマはすこし引き続いて取り組んでみたいと思います。

ちなみにこの秋の一箱古本市出店予定は今のところ・・・
9/10(土)雑司ヶ谷のんびり市
9/24(土)ひこねウモレボン市(彦根)
10/10(月)Book! Book! AIZU(会津)
10/23(日)本まっち柏
10/30(日)佐倉城下町一箱古本市
11/5(土)沖映通りえきまえ一箱古本市(那覇)

という感じです。それぞれの古本市で「自作表紙」をご披露する予定です。

ちなみに11月には、春に展覧会をさせて頂いたNORTH LAKE CAFE & BOOKSでもふたたび展示をする予定です!


kaizuken1 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年08月06日

8月の一箱古本市出店

image明日8/7(日)は、つくば市の友朋堂書店一箱古本市に参加します。今年2月に閉店した書店を活用してのはじめての古本市だそうです。「自作表紙本」も新たに描きました。お近くの方、是非お立ち寄りください!
◎開催日時:8 月7 日(日) 10:00 〜15:00 
◎於:友朋堂書店吾妻店(つくば市吾妻3‐8‐7)店内

この本はどうしてこんな絵に?などお気軽に聞いてくださいね。

image

8/6が広島の原爆の日なので、原爆に関する本や・・

image

夏らしい雰囲気の物語りや怪談なども選んでみました。

今後の出店情報ですが、8/21(日)に、世田谷区奥沢(自由が丘駅から徒歩15分くらい)の「読書空間みかも」の古本市に参加予定です。こちらでは、動物の本や民話の本などを特集してみようかと考えています・・・

kaizuken1 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月26日

石巻一箱古本市に参加。

7/23(土)に、宮城県の石巻市で行われた、石巻一箱古本市に参加して来ました。
一箱古本市とは、古本のフリーマッケットのようなもので、一般の人が本を段ボール箱などに入れて持ち寄り、自由に販売するイベントで、今では全国各地で行われています。
僕も数年前に沖縄で初めて出店して以来、時々参加して来たのですが、今年はちょっとした企画を思いついて、春頃からわりと精力的に、各地の「一箱古本市」に参加しています。

image

image


それは本の内容からイメージした絵を描いて自分で表紙をつくり、それをコピーしてブックカバーとして本につけて売るというもの。
そのまま並べてもなかなか手に取ってもらえなさそうな本に目を向けてもらえるかなと思い、始めたものでしたが、自分でもこれまで余り読んだことのなかった本に触れるきっかけにもなったり、絵の世界を拡げることにもなるかな、と思ってしばらく続けて行こうと思っています。

image

古本市の前には、以前(2012、3年頃?)も訪れた日和山を再訪。

image

古本市の出店風景はこんな感じです。東京の方から来た、古本市で知り合った方々とか、地元の方との交流もあり、楽しかったです。
東日本の震災以来、時々訪れていた東北ですが、今回はこのように自分の表現活動と多少なりとも関わる形で訪れることができ、嬉しかったです。

翌日は、たまたま手にしたパンフレットに惹かれて、牡鹿半島の鮎川港行きのバスに乗りました。もう十数年前になるのですが、半島の先に浮かび、野生化した鹿が多く住む金華山島へ、鹿の生態調査に参加させてもらって訪れたことがありました。(近くには「猫の島」として知られる田代島などもあります。)その頃の港の周りには、土産物屋などもあり、なんとなく港町の風景をしていたと思うのですが、震災後に初めて訪れてみて、ここもまた土台を残して建物が消え去った土地が広がっており、あらためて風景の変わりようと、この5年程でまだまだ変わらない部分を目の当たりにしました。

image

image




kaizuken1 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他の作品