2017年11月09日

「いきもにあ」に参加。

「ロッキングチェアに座るカメ」(クサガメ)
「秋の公園で読書。」(ヤマカガシ)
ミニ額001


個展「読書する動物(ひと)」、我孫子のNorth Lake Cafe & Books にて開催中ですが、今週末の11/11(土)は京都のみやこめっせで開催される、生き物がテーマのフリーマッケットイベント、いきもにあに参加します。
image


2017年11月11日(土)11:00〜17:00
●会場 京都市勧業館『みやこめっせ』 地下1階/第1展示場

 (※イベントは12(日)もありますが、僕は11(土)のみの参加です。)

今回のために新たに描きおろした「読書する動物」シリーズの絵や、個展展示作品のポストカードなどを販売します。一日だけですが、良かったら遊びに来て下さい。

ミニ額002
読書する小さな動物たち。

image
 ポストカード各種

kaizuken1 at 19:20|PermalinkComments(0)

2017年10月25日

「読書する動物(ひと)」絵画展・始まりました。

旅の空002
「旅の空」(オナガガモ・オス)

本日、10/25(水)〜12/3(日)まで、我孫子のNorth Lake Cafe & Books さんにて、絵画展「読書する動物(ひと)」始まりました。

image



人間のように読書する動物の姿を想像して描いてみました。

人々の「読書離れ」ということが言われて久しいけれど、本を読む、ということは人類の歴史の中でそんなに古いことなのだろうか?
また、読書する時間が人の生活の中で持つ価値を考えるときに、そのような時間を、例えば電柱の上に留まり通りを眺めるカラスや、犬小屋で雨に濡れる地面の匂いをかぐ犬など・・他の動物は持っていないのだろうか?
そんなことを考えてしまいます。
読書する動物たちの姿を通じて、読書の価値を見直してみてもらえたら、と思います。


<海津研・プロフィール>
1977年生まれ 我孫子市在住 
東京芸術大学在学中に、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」勝ち抜きアートバトル・グランドチャンピオン(第7代)となる。
主な作品は宮沢賢治の「よだかの星」を元にしたアニメーション『よたか』や、ひめゆり平和祈年資料館製作の映像作品『アニメひめゆり』(シナリオ原案、原画制作)など。
最近はイラストの製作のかたわら、「よたか堂」の屋号で各地の一箱古本市に参加している。



kaizuken1 at 11:10|PermalinkComments(0)

2017年10月10日

「読書する動物(ひと)」絵の展示のごあんない

チラシ001


海津研個展「読書する動物(ひと)」
会場:NORTH LAKE CAFE & BOOKS
我孫子市緑2−11−48
定休日:月・火
open 11:30 close 水〜金18:00/土19:00/日・祝18:00
tel:04-7199-3251
northlakecafeandbooks.com

 読書の秋ですが、皆さんは本が好きですか?「紙の本離れ」とか、「本が売れない」と言われてもう久しい気がしますが、本を読む事は良いこと、すてきなことである、という価値観は、疑いようもないものなのでしょうか。
 現在、本を読むことは、テレビやインターネットなどのメディアに比べて、ゆったりと物事が伝えられてゆく時間を、人々に提供してくれるもののように思われていると思います。だから、読書というのはずっと昔からある行為のように思われがちだと思うのですが、果たしてそうでしょうか?
 人々の暮らしの中に、紙の本が持ち込まれたのは、そんなに古いことなのでしょうか。
 「本」という概念を、巻物から板や石版に書かれた文字列まで含めると、その歴史はそれこそ文明誕生までさかのぼるのでしょうが、現在のように片側が閉じられた紙の束を手で開きながら読んで行く本が現れ、多くの人の手に取られることになったのは、そんなに昔のことでもないような気がします。

 ただ、もう一方で、「読書している時間」とは、人々の中でどのような意味を持っているのでしょうか。
 書店で、インターネット等で、欲しい本を探すとき、人は何を探してると言えるのでしょうか。それは、生活や遊びの計画に直接必要な情報かも知れないし、何となく楽しそうなものや、いずれ役に立ちそうなもの、また、これまでの自分の生活からは全く連想できないような、新たな出会いかもしれません。本を探すことを切っ掛けに,忘れていた自分の想いを思いだすことだってあると思います。
 そうやって、本に関わる時間を思うとき、それは「本」がなくても出来ることかもしれないけれども、ずっと人間がしてきたことの延長にあるような気がして来ます。そして、もしかしたら人間以外の動物も、そのような時間を持つのかも知れないなあ、と。そんな事を考えながら、読書の価値を、見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 最近、古本市などの本のイベントに参加して、本が好きな様々な人と知り合う中で,ふとそんな事を考えました。
 今回の展示では、これまで描いて来た「本を読む動物たち」の絵に新作を加えて見て頂きたいと思います。


kaizuken1 at 17:47|PermalinkComments(0)

2017年09月07日

9・10月の古本市など参加予定

「古本の夏」が過ぎて,いよいよ「読書の秋」到来ですね。
秋(9〜10月)の古本市など参加情報を、決まっているものからまとめてみました。
image
(自作表紙『注文の多い料理店』宮沢賢治)
image
(本の内容をイメージした絵を描いて、このようにブックカバーにして古本市に出品しています。)

9/16(土)
『饗宴ロウドクシャ5・怪談探書宴』
場所:旧田中家住宅(埼玉県川口市末広1−7−2)
13:00〜16:30
WEBページ


9/24(日)
『はっちの一箱古本市』
場所:八戸ポータルミュージアム はっち(〒031−0032 青森県八戸市三日町11−1)
11:00〜16:00
WEBページ

10/21(土)佐倉城下町一箱古本市
場所:おもてなしラボ(千葉県佐倉市新町168)
10:00〜16:00
WEBページ

10/22(日)
『第3回縁側一箱古本市』
場所:cominka若宮荘(東京都中野区若宮3−53−8若宮荘1号館)
11:00〜16:00

WEBページ


10/29(土)
8/20(日)みかもの一箱古本市
於:読書空間みかも(世田谷区奥沢2-33-2 )11時〜17時

(※10/28に予定していた「沖映通りえきまえ一箱古本市」への参加は、都合によりキャンセルしました)


image
(写真・8/26「けるーむぽるんDE一箱古本市」)

kaizuken1 at 20:44|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

8月の古本市参加予定。

image
写真:7/29(土)夏のゲストハウスで一箱古本市/於:鎌倉

8月もいくつか古本市、イベントへの参加予定があります。

◎開催中〜8/26(土)まで会期延長!
『お座敷ブックマルシェ〜本と手ぬぐい』
於:甘夏書店:東京都墨田区向島3−6−5 一軒家カフェikkA 2階
営業時間:12〜18時。※定休日:火曜日・第一水曜日。

デザインされた手ぬぐいと、手ぬぐいからイメージされた本が、様々な作家さん、一箱古本店主さんらによって並んでいます。
一階は紅茶にこだわりのあるcafeikkAさん。

◎8/12(土)ジュンク堂一箱古本市
於:ジュンク堂池袋本店(豊島区南池袋2-15-5)
11 時〜 16 時

池袋のジュンク堂書店で初めて開催される一箱古本市だそうで、8/11(金)〜13(日)の3日間連続で開催されます。「よたか堂」は12(土)の参加です。

◎8/20(日)みかもの一箱古本市
於:読書空間みかも(世田谷区奥沢2-33-2 )11時〜17時
古本市終了後、南陀楼綾繁氏のブックトーク「著者と一緒に読もう!『町を歩いて本のなかへ』」が開催されます。

◎8/20(日)〜9/3(日)『B・B・B & G』
中村橋のカフェ「kuutamo」さんにて、ビーチグラス作家さんの展示にあわせて、「B」がテーマの本を参加者が選書して販売します。

練馬区中村北3-20-6
営業時間:火曜〜木曜11時〜20時 金曜11時〜22時 
土曜7時30分〜20時 日曜7時30分〜11時30分
定休日  月曜日

◎8/26(土)「第1回 けるーむぽるんDE 古本市」

13時〜18時(18時以降延長あり)※雨天開催

場所:不思議なgarageけるーむぽるん
(京成線 志津駅 南口徒歩3分。インド料理サティーさんの横の坂をくだったところ。)

佐倉城下町一箱古本市のスタッフもされている、「みかん箱文庫」さんの企画です。


image
写真:7/22(土)石巻一箱古本市


kaizuken1 at 22:05|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

鎌倉・夏のゲストハウスで一箱古本市

「夏の鎌倉で海水浴に来た、鳩とよたか。」
鎌倉の鳩とよたか001

先日のブックカーニバルカマクラに続き、7月も鎌倉での古本市に参加します。
夏のゲストハウスで一箱古本市

2017年7月29日(土)12:00〜17:00頃終了予定

会場 多様性ゲストハウス 彩(いろどり)鎌倉

(鎌倉市由比ヶ浜2‐4‐23)

古本市で知り合った「雨の実」さん主催のもと、賑やかな古本市になると思います。夏の鎌倉にぜひお出かけ下さい。

image


・・その前の週の7/22(土)には、今年も石巻一箱古本市に参加します。

kaizuken1 at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月12日

またまた古本市。

かたつむりとかえる001
かたつむり「かえるくん、何の本読んでるんだい?」

週末のブックカーニバルinカマクラは、天気にも恵まれここちよい海風も吹くなかでの、素敵な古本イベントでした。日曜日の読書空間みかもの古本市は、初めての参加者もいらっしゃいましたが、アットホームな雰囲気で、思いがけず久しぶりの知人も訪ねて来てくれたりして。

さて、実は次の土曜日も本のイベントに参加します。

6/17(土)「本との土曜日」
11:00〜
BETTARA STAND 日本橋(東京都日本橋本町3-10-1)

「東京ローカル」というテーマで、個性的なプロの本屋さんや個人・小規模の出版社、またアマチュアの本好きさんらが選書した本を販売します。

・・・・・・・・・・・・

また、次の週は山梨県の富士山世界遺産センターで開催されるマルシェに参加。
6/24(土)第1回 富士山の麓でマルシェ 10:00〜16:00 富士山世界遺産センター中庭(雨天の場合館内に変更の予定)山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1

かたつむりとかえる002
かえる「かたつむりくん、そんなにこの本が気になるかい?」

kaizuken1 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月08日

週末の古本市情報。

がくあじさい001

アジサイが奇麗な季節になりました。
すっかりこちらでお知らせしそびれてしまいましたが、先週末の6/3(土)は我孫子市香取神社での「香取さまで会いましょう・青空古本市」に、6/4(日)は「佐倉城下町一箱古本市」に参加していました。

次の週末も、連続で古本市に参加します。
6/10(土)ブックカーニバルカマクラ・10:00~16:00 由比ケ浜公会堂(鎌倉市由比ガ浜2-7-12)ほか。
6/11(日)読書空間みかも古本市・11:00~17:00 世田谷区奥沢2-33-2

ご来場お待ちしています。

kaizuken1 at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月27日

大福屋古本市(長野)

牛にひかれて古本市001

5/28(日)は、長野県善光寺ちかくにある大福屋さんでの古本市に参加します。

kaizuken1 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

川口ブックマーケット

image

本のなる木で読書に励むナマケモノ・・

第5回川口ブックマーケットに参加します。
5/20(土)11:00〜17:00
川口神社 埼玉県川口市金山町6-15
JR川口駅東口より徒歩約10分
dlvr.it/P8yQbq

kaizuken1 at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)