梶井伸弘一級建築士事務所ブログ

山形県山形市で一級建築士事務所を開設している梶井伸弘です。 これから家を建てる方、建築に興味がある方、同業建築士の方に役立つ情報発信が出来る様に ブログを書いています。

【第1439回】ドイツの住宅事情 その1

先日、ドイツの住宅事業に詳しい方の

講演会に参加してきました。

講演内容は「断熱とリフォーム、ドイツの現状」

 

ドイツといえば断熱先進国。

このドイツの現状を見れば

今後、日本の進むべき道が見えてくると思い

参加してきました。

 

詳しい話は明日から数回に分けて

書こうと思いますが、

住宅に関する考え方が、これほどまで

日本とドイツでは違うとは・・。

というのが率直な感想。

 

このブログで何度も書いている通り

やはり、ドイツに行き自分の目で

ドイツの住宅事情を見たい!という

想いが一層強くなりました。

 

行くと言っても長期ではなく

1週間~10日間かなと。日々の仕事がありますから。

では明日からドイツの住宅事情について

書いていきます。

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック

【第1438回】断熱と省エネの基準値

ある工務店の方からの質問。

「現行の断熱と省エネの公的基準値には

 どの様なものがあるのですか?」

と私に相談がありました。

 

その方いわく、

「近年は、年ごとに様々な新しい用語や

 基準値が変わっていて、頭の中の整理がつかない・・」

という本音も言って頂きました。

 

完結明瞭に答えを言いますと、木造住宅の場合は

 

断熱=UA値計算

省エネ=一次エネルギー消費量計算

 

が最新の基準値として使用できるものとなっています。

この2つの基準値はいずれも

国立研究開発法人 建築研究所のホームページにて

公表されています。

http://www.kenken.go.jp/becc/index.html#4

上記のURLより確認をして下さい。

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック

【第1437回】建築概要書はどこまで保管されている?

増築の設計を行う場合、既存建物の調査は欠かせません。

行政に出向き、建築概要書等で確認を行うこととなります。

 

この建築概要書。行政で何年分のものを保管しているのか。

調べて見ました。

 

山形市=昭和45年後半以降

大阪府=昭和46年以降

横浜市=昭和46年以降

東京都=平成10年以降

 

この様に東京都以外はおおよそ昭和46年

というのが保管されている目安となります。

 

東京都の場合、物件数が多いのが理由なのかは定かでは

ありませんが、平成10年とは・・。

極端に短いですね。

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック