梶井伸弘一級建築士事務所ブログ

山形県山形市で一級建築士事務所を開設している梶井伸弘です。 これから家を建てる方、建築に興味がある方、同業建築士の方に役立つ情報発信が出来る様に ブログを書いています。

【第1292回】アマゾンプライムの活用法

今日は少しラフな話。

建築士の皆さん、建築の専門用具はどこで買っていますか?

・地域の専門店

・都市部の大型専門店

・インターネットショップ

様々な選択肢ありますよね。

 

私は基本的に地元山形が景気よく元気な街に

なって欲しいので地元の小売店で極力買い物をしています。

ところが専門用具となると地元の小売店では陳列が無く

取り寄せで1週間程度、納品を待つという事があります。

 

先日も十字型スタッフ(標尺)を現場監理用に

購入しようと思ったのですが、地元では無い・・。

そんな時、便利なのが「アマゾンプライム」

通常、アマゾンで買い物をすると商品の到着まで

1週間程度かかる場合があります。

 

ところがこのアマゾンプライムに入会すると

1~3日で商品が届きます。

また年会費は3900円かかりますが

プライムに入会すれば送料が原則無料となります!

 

商品を探すために地元を車で移動する時間とガソリン代等々も

考えれば1~2回の買い物で年会費分は簡単に元が取れます。

興味のある方はぜひアマゾンプライムのHPを

ご覧になって下さい。

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック

【第1291回】歩道は幅員を含む?

建築確認申請において

道路幅員を把握することは非常に重要です。

容積率に影響したり、延焼ラインに影響したり等々。

 

歩道(歩行者専用道路)は道路幅員に含めるのかどうか?

ケースバイケースなのですがひとつの目安として

以下の様な扱いとなると覚えておくと便利です。

 

車道+歩道の場合:含む

歩道単独の場合 :接道要件を満たす道路として認められない

 

なぜか。上記に書いた「接道要件を満たす道路」とは何か。

様々な条件があるのですが、そのひとつの条件として

「緊急車両が通れるかどうか」

というのがあります。

 

歩行者専用道路なのですから

緊急車両は通れませんよね。

よって歩道単独の場合は接道要件を満たす

道路として認められないとなる場合が多くなります。

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック

【第1290回】専門家としての助言 その2

嬉しいことに私のもとには様々な方から

相談のメールや電話がかかってきます。

その際に私が心掛けていること。それは

 

質問した方に「なるほど」と言って頂くことです。

 

分かりやすい例を出しましょう。

「断熱材の相談なんですけと。

グラスウールと発砲系ではどちらがいいのでしょうか」

この質問があったとします。

 

まずダメな例から

「グラスウールは安価にもかかわらず、

充分な性能を有しているのでお薦めです」

 

次に良い例

「グラスウールと発砲系、それぞれの長所と短所を説明しますね。

 (中略)。今回の構造と壁下地の状況から判断すると

 ○○の方がお薦めと言えます」

 

いかがですか。

人は、自分が知らない有益な情報を得た時に価値を感じます。

 

どちらかで迷っているという事は、

それぞれの詳しい特徴を知りたがっている訳ですから

「長所と短所」という情報を伝えることが適切と言えます。

 

また相手が「○○と△△を比べて」と言わなくても

自分から「○○と△△を比べた場合は・・」と比較しながら

説明をすると、聞き手の方にとって分かりやすい内容となります。

 

皆さんはどの様に助言をしていますか?

 

一級建築士 梶井伸弘

ホームページもご覧になって下さい

http://kajiiarch.com/

ここをクリック