2007年10月29日

帰り道

今の住居に越してから、かれこれもう7年か8年。
都市部からは遠く、駅から遠い。帰り道も長い。
今まで何度、この長い帰り道を帰ったか。
家までの遠さは、出かける時はさほど気にならない。
気持ちが向かう先に向いているからだろう。

だからなのか、行き帰りの道のりを思うとき
いつも記憶にあるのは帰り道だ。
春も夏も秋も冬も、同じ道を通って帰ってきた。朝だったり、昼だったり。夜遅くだったり、満月だったり大雨だったりする。
桜、新緑、セミの声。落ち葉、木枯らし。雪みぞれ。
一人で歩く、誰かと歩く。

その日の記憶を辿るように、帰り道を歩く。
同じ道筋をなぞり、出てきたところへと戻る。
道は変わらず、季節と自分の気持ちや状況だけが変わっていく。

上手く言えないが、この不便な帰り道を私は愛していて
毎日ここを旅しているから、どこにも遠くに行く必要がないように思う。



kajikajitomomo
posted at 00:20

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔