2007年12月19日

買っちゃった。

ニンテンドーDS with もっと英語漬け(ソフト) を衝動買いしてから
今日でちょうど二週間。

「英語が苦手な大人のためのDSトレーニング」という
うたい文句に惹かれて毎日続けていたわけですが、現時点で
英語力判定はB(あいさつ程度なら交わせるレベル)。
ちなみに、スタートはE(アルファベットが読めるレベル)。

ニューヨークに8年住んでたT氏がA〜AAA〜Sクラスの間を
変動していることを思えば、なかなかの上達ぶりじゃあないでしょうか。
とは言え、このソフト自体が簡単な日常会話レベルのみをフォローしているものなんですが…

わずか二週間でレベル急上昇の理由は、もちろん毎日みっちり積み重ねてトレーニングやってたおかげだけど、何て言うか、こんなにものめり込んだのは、実は他にやること考えることがいっぱいあったからせいかもしれない。

つまり、逃避行動としてトレーニングにはまっていたと。

面倒なこと・深刻なことから逃げるパワーというのは凄いもので、並大抵では逆らえるものではない。
いつもはそれが古い漫画を読みあさったり、ぼんやりネットしたり、惰眠を貪ったりとまったく何も生み出さないことに向かっていたのだけど
今回はそのパワーを余すことなく有効利用できたと言えよう。

今後はこのことを教訓にしよう。

いつも、DSやるような気分で物事に取り組めば能率いいのかもしれない。
風呂上がりに机にきちんと向き合うより、駅の待ち時間のベンチや、満員電車の中こそが創造と成長に向いていると思った。

まあ、多分わたしだけ。


kajikajitomomo
posted at 22:50

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔