こんにちは。

コミュニケーションスタイリストの
梶村操(かじむらみさお)です。

はじめましての方は、
こちらもお読みいただけると嬉しいです
↓↓↓
梶村操ってこんな人


先日お客様から、びっくりな話をお聞きしました。



その方は、懇親会で思った以上に
酔いがまわってしまったんだそう。

お店では大丈夫だったものの
家に帰って吐いちゃったりなんかして、
翌日も頭ガンガンで
ひどい目にあってしまったとのこと。


それを同僚に話したところ、


「そんなことを正直に
 なんでもかんでも話すもんじゃないよ」

「そういう話には
 尾ひれがついていくんだから」

「自分で自分の評価を下げるようなことを
 しないほうがいい」


と言わてしまったそうで。



そっかぁ、評価を下げるようなことを
私はしてしまったのか…と
ちょっと落ち込んでしまって。

とおっしゃって、

えええええええええええええええええええええ

ですよ私は。



酒に酔って家で吐いただけで
評価が下がるわけあるかい!!

ちょっと来い、そこの同僚。



親切心からだったんでしょうね。

きっとこの同僚の方自身が、
嫌な目に遭ったことがあるのでしょう。

自分の何かを人に話したときに、
思ったのと違う解釈をされたり
そうではない話として広まってしまったり。

だから親切心で、
「気を付けたほうがいいよ」と
伝えてくださったのだと思います。

でもねぇ。

酔って吐いた話が広まって、
困ることってどの程度ありますかね。

「ちょっと聞いたよ。
 懇親会のあと吐いたらしいじゃん」

「いやそうなんですよ、まいったまいった」

あっはっはて笑っておしまい。
じゃないの??



酔って吐いてしまったこと、
眉毛を描かずに出勤してしまったこと、
残ったカレーが腐敗して鍋ごと捨てたこと、
玄関の靴を片付けなさすぎてハイヒールにクモの巣がはったこと、

あ、全部わたしなんですけど。

こんな話をさせてくれる人が
私は好きですし、
ゲラゲラ笑ってくれる人と
一緒にいたいです。



正直に話す人には、
正直に話す人が集まります。

隠す人には、
隠したい人が集まるでしょう。



「東京大学文学部社会心理学科卒です」
て言われたら、単純に

「おおおおおおおおおお」
「すげええええええええ」
「かしこーーーーーーい」

ってなりますよね。

「大学は東京でした、別に、普通の」
て言われたら、

「東大かな」
「なんか自慢ぽい言い方だったし」
「いやでもわかんないよ」
「医者の家系じゃなかったっけ」
「出身は確か岡山だったよね」

とかいろいろ勘ぐる人が出てくるの
わかる気がしませんか。

隠すから尾ひれがつくんです。



人はそんなに簡単に
評価を下げたりしないですよ。

同じ会社にいるならなおのこと、
評価の基準は
日々の仕事ぶりや立ち居振る舞いでしょう。



ということで、そこの同僚の方。

あなたこそがもう少しゆるい心を持って、
自分のことを正直に話し
相手の話を楽しく受け止めるスキルを
身に着けてみてもいいかもしれないね。

とご提案しておきましょう。

きっとそのほうが人生楽しいんじゃないかなー。

0012_original
※コキア畑の中で何かを見つけた私
 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

■もしよろしければ、下の
『拍手する』をポチッとしていただけますと
とてもとても励みになります♪


■30分で解決コミュニケーションスキル
お手軽ブラッシュアップ!

>>> 詳細はこちらから

今日も明日も、よい一日になりますように。