こんにちは。

コミュニケーションスタイリストの
梶村操(かじむらみさお)です。

はじめましての方は、
こちらもお読みいただけると嬉しいです
↓↓↓
梶村操ってこんな人


私はかなり小柄です。

身長143cm、体重は40㎏ありません。

36歳からさらに一回転重ねている
年女の年齢ですが、
小学四年生くらの体形です。



ここ最近立て続けに2つの
Sサイズファッションブランドが終了しました。

RiQ(リキュー)とru(アールユー)です。

※正確に言いますと、RiQは昨年末に全面終了、
ruは2月末にネット販売終了・3月末店舗終了。


もーねー、ショックで寝込む。



15年前くらいからネット販売の
Sサイズ専門店がちらほらと出始めて。

そのとき初めて、
「洋服を選ぶ」楽しみをくれたのが
NanoStyle(ナノスタイル)というブランドでした。

画期的だったんです、
本物のSサイズ展開って。



世に出回っているSサイズの洋服は
「平均身長で細身の人」が対象でした。

肩幅、身幅、ウエストが小さく設定されているだけで
袖丈やパンツ丈は長いまま。

だからワンピースならウエストの位置が合わないし、
Sサイズで購入したものを
丈詰めでお直しに出す。
というのが私の常でした。



それがNanoStyleでは。

「身長147㎝がベストバランスで着られる」
という形に設定されていて
もう、ほんとに、夢のよう!!

何十着も買いましたが、
いちばん最初に買った洋服を
はっきり覚えています。

超絶かわいくてカッコいいカリスマ店長が
展開するオリジナルの洋服たちが
それはそれは素敵で。

狂ったように買ったなー
お給料のすべてを洋服につぎこんだなー

だって何十年も、洋服を
「選ぶ」ってしたことなかったんだもの。



そんなNanoStyleは
今から7~8年前にブランド終了。

悲しすぎましたが、
その後Sサイズ専門ブランドは徐々に増え、
今はほとんど困らなくなっています。



そんな中で、
久々に味わう2ブランドの終了。

両者に共通していたのは
「安すぎる」という点だったと思います。

ワンピースが3,000円代なんて、
その価格設定で続けるのは
難しいにきまってる。

もーーーーーーー
声を大にして言いたい!言う!



コアな希望を叶えてくれているのだから、

かかっているコストを考えて、

あるべき価格設定にしてほしかった。

そして長くブランドを続けてほしかった。



本当に欲しいと感じた物
(セミナーやイベントも含め)は、
必ず血肉となるじゃないですか。

うっ…たけえ…

と一瞬ひるむことがあっても、
やっぱり購入してよかったなと思える。

必要とする人に届けば、
それは高すぎるお買い物ではないんですよね。



ということで、

私は価値を感じるものには
しっかりお支払いさせてほしいです。
そして長く商売を続けてほしいです。

というグチみたいなお話でした。

22229244_m


今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

■もしよろしければ、下の
『拍手する』をポチッとしていただけますと
とてもとても励みになります♪


■30分で解決コミュニケーションスキル
お手軽ブラッシュアップ!

>>> 詳細はこちらから

今日も明日も、よい一日になりますように。