国道41号の清水駅西の交差点を東に行って木曽街道を北に入ったところに佇む麺類食堂、岩野屋。

IMG_2817_1

店の前を通ったことはあるが、入ったことはない。ネットで検索しても実食情報はみつからなかった。 麺類食堂なので、きしめんはあるだろうし煮込うどんの貼り紙があるので、中華そばがなくても大丈夫。

その後、予想だにしない展開に。

店内の壁に掛けられたメニューの、右から4つ目が、

IMG_2818_1
 
なんと中華そば。
迷うことなく中華そばを注文。

IMG_2822_1

IMG_2824_1

予想をはるかに超えたおいしそうなビジュアルの中華そばだ。まずスープを飲むと、節の旨味が口の中に拡がる。うまいわあ。
オールド・タイプの麺だが、茹で加減がほどよく、スープとの相性がいい。具は、朱色の名古屋かまぼこ、ハム、チャーシュー、メンマ、ホウレン草。これで花麩がのっていたら、逝っちゃうところだった。

中華そばはないと思って入った麺類食堂のメニューに中華そばがあり、注文したらおいしかったという幸運。この日は、1日いい気分で過ごすことができた。 

常連さんと女将さんの話によると、店主は出掛けていて、娘さんと思われる女性が手伝っていた。この店は古いんですか、と訊ねると、女将さんは50年近く前私がここに来たとき(おそらく嫁いだときの意味)もうあったから何年になるんでしょうね。今100歳になるおばあさんが、先代の女将さんとのこと。
鶴舞や堀田の北にある岩野屋とは関係ないそうだ。

いや~いい店をみつけたなあ。他の麺や丼ものも食べてみたい。