2017青少年のための科学の祭典 in 山形
 

2017年8月5日(土)
a
b

 ビルグランドオープンの2001年から続く科学振興を目的としたビル内最大級のイベントです。
 
 子供たちや県民に科学の不思議やモノづくりの面白さを体験する内容で、アトリウムの他、今年も産業科学館、大会議室を使い29ものブースを設けて体感してもらいました。
 
 アトリウム等3つの会場では「芳香剤をつくろう」「金メッキをしよう」、「イモリやハムスター、ザリガニ、おとなしいゴキブリにふれよう」、「欲張ると入れたジュースが空に!」等、興味をそそるブースが目白押しのイベントととなり、来館者延人数は8,196名に上りました。(昨年比約1,900名増)。
 
 又、産業科学館4階の常設アイテムを使って「ペアで反射神経競技大会」も行われ、得点に応じて金(大)から金(普通)、銀、銅メダルが進呈されました。


主催:'17青少年のための科学の祭典山形実行員会
    山形県工業戦略技術振興課
共催:山形県産業科学館、山形県中小企業団体中央会
協賛:霞城セントラル管理組合