ヨハネの黙示録9章
 
mp4_000005213

01.
第5の天使がラッパを吹くと、天から地上に落ちて来た1つの星を見ました。
その星には、底なし穴の柱へと続く鍵が与えられていました。
 
02. 
彼が底なし穴を開くと、巨大な炉から出るような煙が立ち上りました。
底なし穴からの煙によって、太陽も空も黒く汚れてしまいました。
 
03.
すると、煙の中からイナゴが地上へと飛び出しました。イナゴ達には、地球でいうサソリのような力が与えられていました。
 
04.
「地球の草木を害してはならない」とイナゴ達は命じられていました。「危害を加えて良いのは、額に神の印を持たない人間たちだけだ」と。
 
05.
人間を殺すことは禁じられていましたが、5ヶ月の間、苦しめることは許されました。その苦しみは、サソリに刺されたときの激痛に似ていました。
mp4_000011761
06.
その間、人々は苦しさのあまり死を求めますが、見つけられません。人々が死を切望しても、死が人々から逃げて行くのです。
 
07.
イナゴ達の外見は、闘いの装備万端の馬のようでした。頭には金の冠のようなものを被り、顔は人間にそっくりでした。
 
08.
髪は女性のようで、歯はライオンのそれと同じでした。
 
09.
また、鉄製の胸当てのようなものを付け、羽音は戦場に突入する馬や戦車の轟を彷彿とさせました。
 
10.
サソリのような尾を持ち、5ヶ月、人々に苦痛を与える力を備えていました。
 
11.
イナゴ達の中には、底なし穴の王がいました。ヘブライ語でアバドン、ギリシャ語でアポリュオン(破壊者の意)という名前でした。
 
12.
1つ目の災いは過ぎ去りましたが、あと2つ災いがまだやって来ていません。
 
13.
第6の天使がラッパを吹くと、神の御前にある黄金の祭壇の四隅から、声が聞こえてきました。
 
14.
その声が、トランペットを持つ第6の天使に命じました。「偉大なるユーフラテス川に繋がれている4人の使者達を解放せよ。」
 
15.
この使者達は、まさにこの年、この月、この日、この時のためにずっと準備されていたのです。彼らは人類の3分の1を殺すため、解き放たれました。
 
16.
彼らが率いる騎馬隊は、総勢2億だと聞きました。
 
17.
馬と騎手は私の目にはこう映りました。胸当ては炎のように赤く、深い青で、硫黄のような黄色。馬の頭はライオンのようであり、口から炎や煙、硫黄を噴き出していました。
 
18.
馬の口から出る炎、煙、硫黄。この3つの災いによって人類は殺されました。
 
19.
馬の力は、口と尾に秘められていました。尾は蛇の頭のようで、刺された人間は致命傷を負います。
 
20.
それでも尚、これらの災いに生き残った人々は悔い改めようとしませんでした。悪魔への崇拝や、目に見えず聞こえもせず歩きもしない金、銀、青銅、石、木で作られた偶像への崇拝をやめませんでした。
 
21.
殺人、魔術、不品行、盗み...それも悔い改めようとはしませんでした。

mp4_000031698

 
10月19日(月)発売ミニアルバム
XIA(キムジュンス)
「꼭 어제/コッオジェ/必ず(間違いなく)昨日」タイトル曲ティーザー

【歌詞】
 コッ オジェ ヨットン ゴッガッタ
꼭 어제였던 것 같다
間違いなく昨日だったようだ
 

 【ヨハネの黙示録9章 原文】
https://www.biblegateway.com/passage/?search=Revelation%209

【英文和訳+歌詞訳】
kaju0731