Rock & Spa

岩とか温泉とか自転車とかスキーとか

2005年02月

ビーコン2

050228_212951.jpg
PIEPS DSP
インターネットでチョロチョロと検索したところ、現在最強と思われるので1台はこれにしました。
本体が半透明なので中身が透けて見えるのですが、アンテナが確かに3本入っております。
まだ、使ってないので性能とか全然わかりません。
ちょっと困るのは457は電池が単3二本でDPSは単4三本ということで、予備電池の互換性が...

で、このピープスDSPですが、デジタル式と呼ばれる方式です。
アナログ式と何が違うかと言うとアンテナを複数持ち、受信した信号の強さだけでなく方向と距離をLCDディスプレイに表示してくれます。どっちかというと「デジタル表示」式って所ですね。
ま、このDSPはその名の通りDSPで信号処理しているので、本当の意味でもデジタル式と言っても良いかもしれません。

お値段がかなり高いのが最大の弱点ですが、お金で命が買えるならしょうがないところでしょう。
いや、だからといってビーコン買えば死なないワケじゃないですよ。

練習しなきゃ(^^;

ビーコン1

050228_213105.jpg
PiEPS 457 OPTI4

バックカントリーへの必需品アバランチビーコンです。
何に使うかと言うと雪崩に埋まった人を探す/探される道具です。
電源を入れると457KHzで電波を発信します。
これは国際的に共通な周波数で、市販されているビーコンは全て互換性があります(多分)。

で、誰かが雪崩に埋まった時に無事だった人は、ビーコンを受信モードに切り替えます。
埋まっている人のビーコンは送信しっぱなしのハズなので、その信号を探すワケです。

で、このピープス457はアナログ式というヤツで、受信した信号を音の強さとLED4つで表示してくれます。この音とLEDをたよりに発信源を探します。

2005今年行った温泉11

b975d3f6.jpg2/27 猿ケ京温泉 民宿はしば★★

猿ケ京の信号を曲がってすぐ(ってか交差点)にある土産屋兼民宿。
今まで、猿ケ京は通り過ぎてばっかりいたのですが、今回試しに信号を曲がってみたら温泉の看板があったので、そのまま駐車場に入ったという感じでした。

駐車場の裏に足湯があったので、ちょっと入ってみたらすごく熱かった。
「あち!あちち!」
とか言っていたら、お土産やのばあちゃんが出て来て、なんだかんだ話をしているうちにお風呂代500円を払って、風呂に入る事になった。割引券らしき物をもらったので、次回は250円でいいそうな。

ここ、土産屋、風呂、宿の建物がコの字に並んで建っていて、コの字の間が駐車場になっている。風呂はコの字の縦棒にあたる部分の建物にある。
3時前だったので、またしても一番風呂貸し切り状態。
お湯はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉でほとんど無色、飲んでみるとあまり味は無いが、ちょっぴりトロ味を感じました。足湯ほど熱くなくてちょうどよかったので一安心。
当たり前のように、源泉掛け流しでジョバジョバ垂れ流しておりました。

風呂上がりに土産物を味ていたら、ばあちゃんがお茶いれたからこっち来て座れという。
お茶を飲んでいると、イヨカンをくれた。イヨカンを食っていると家でつけたたくあんをくれた。
どっちが客なんだか全然わからなかった。

猿ケ京ってでっかいホテルがいくつもあったので敬遠していたのだが、なんだいい所じゃないか。

2/27 赤沢スキー場

202b7f51.jpg今週は金・土曜と16勤のため日曜日帰り+体調いまいちということで脱力系スキーを目論み、新治村営赤沢スキー場に行ってきました。
え?知らない(^^;
R17で三国峠を新潟に向かうと谷を挟んだ向こう側にあるじゃないですか、立派な急斜面のスキー場が。
いつか行こうと思い続けていたのですがなかなか行く機会が無く、やっと行けたって感じでした。

1日券2300円 やすっ!
ま、シングルリフト2本とJバー1本ですからね、こんなモンでしょう。
下から見上げると、上部の上級者コースはほとんど踏まれていません、さっそくリフトを乗り継いで最上部へ行きました。
リフト降り口から迂回コースまでは圧雪してありましたが、そこから先はパウダー。
とりあえず踏んでいない所を選んで1本滑ります。だいたい膝下くらいの深さでその下は結構固そうな雪、思いがけず大当たりって感じでした。
斜度もけっこうあって、30°前後じゃないでしょうか?パッフパッフでかなり楽しかった。

次の1本は大回りで攻めてやろうとしたら、ゲレンデの真ん中辺はクラストの上にちょびっと深雪が乗っているだけだった。さっきは吹きだまりの一番深い所を滑っていたらしい。
で、左ターンはガリガリ。右ターンはパッフパッフという非常に難しい状態にはまり込んでしまい、板外して大暴走。登り返そうにもクラスト踏み抜きでえらい難儀しました。

その後、森の中にも入ってみましたが、木の間隔が短すぎてまともに滑れずあきらめることに。
午後には一部コブも出来上がってきましたが、それでもまだ、食い残しが残る状態。
ホワイトバレーより穴場だな。

昼ご飯はモツ煮ライス650円 やすっ!

ドカ雪が降った後に手軽にパウダー味わうには良いスキー場だな。
こんなスキー場がまだあったとは、群馬県おそるべし。

トップで押さえる感覚

昨日のマウントジーンズのコブでトップで押さえる感覚が少しわかったような気がした。
去年タケが赤倉でプロペラをやっていたのを思い出し、コブの中でプロペラをやってみたら不思議とスピードコントロールが効くじゃないですか。
今までは吸収を意識しすぎていて、吸収しているつもりで実は後傾していたのではなかろうか。
コブの中でプロペラをすることで、早めにトップを下げることになり上体が前に出て正しいポジションに乗れるようになったのではないかと解釈してみました。

今年行った温泉10

2/21 やしお温泉★★★
塩原のメインストリートからこちょこちょ入った森の中のオートキャンプ場にある温泉です。
ちょっと茶色で味はほんのり甘い感じがしました。成分に炭酸が含まれているようでちょっとショワショワ感がありました。

若干アルカリ性のようで浸かっていると肌がヌルヌルしてきます。いわゆる美人の湯ですね。

露天風呂が3つに仕切られていて気温に合わせて丁度良い温度の浴槽を選ぶ事ができます。
ここに入る時っていつも明るい時間帯に入っているので、露天風呂から青空を見上げることができます。
星空も良いのですが、青空を見ながら入る露天風呂っていいですね。鳥が飛んでいたり飛行機が飛んで行ったり...

月曜日ということもあり貸し切り状態で入れたのもゴキゲンでした。
一緒に行った事のある人にはわかると思いますが、人に教えたくない温泉ですよね。
最近の日帰り温泉施設ってなんとなく資本主義ってきがしませんか?
泉質主義ってわけでもないけど、やっぱりこういう温泉がいいなぁ(^^)

2/21 マウント・ジーンズ

95c10279.jpg今週は月曜が休みだったので、一人でスキーです。
一人と言う事で、遠出をしたくなかったので久しぶりにマウント・ジーンズに行ってきました。
ボードやってたころは毎週通っていたのですが、スキーに乗り換えてからは全然行かなくなったので、3年ぶりくらいでしょうか?

平日と言う事で、通勤渋滞にはまってしまい往路は結構苦労しました(^^;
とりあえずゴンドラにのって上から下まで2本ほどウォーミングアップ。
ブナヴィスタに行ってみたらポールがあったので3本ほど流しましたが、プロテクターなしでSLセットだと腕が痛くていたくて、さっさと止めてパークに向かうことに。
雪質はどこもかしこもアイシー。今シーズンは上越の柔らかい雪ばっかりだったので、この堅さは足に来ます。

クワッドに乗って上がるとリフト降り口がコブになっていたので、本日のルーティーンは
コブ→BOX→塩ビパイプ→ハーフパイプ→キッカー に決定。
どれも、小振りで練習にはちょうど良いサイズなのですが、いかんせんカリカリでツライ。
パイプは日陰側がひたすら堅くてまともにグラブ入れる事は最後までできませんでした(T_T)
キッカーは4本目のジャパン180のランディングでふっ飛び左の腰、肺、頭と強打して息はできないは青タンできるわで本日のスイッチランディングは封印。
ひたすらストレートとSW180をやってました。
BOXはだんだん通せるようになり、最終的にはスイッチアウトができるようになった。
が、これはレールだとこんな風にはいかないんだよなぁ...

ということで、延々繰り返していたら2時くらいには足が売り切れてしまい、なんとかだましだまし3時まで滑って終了にしました。

しばらく前はパークはボード専用だったのでジーンズ用無しと思っていましたが、今回行ってみて結構いい感じでした。
上級者だと物足りないかもしれませんが、僕のレベルだとどれもちょうど良かったです。
半○マよりリーズナブルなのとパイプ入るのにリフト使って回せるのがGood。

やしお温泉

050221_170222.jpg久しぶりに来たけど
良い湯だわ

ばあちゃんも元気だったよ

どうなの2

050221_134644.jpg栃木もか(T_T)

どうなの?

050221_134631.jpgおいでナス
って(^^;

ジーンズ

050221_131006.jpgちょー久しぶりにマウントジーンズに来ました

BB交換

すっっっっっっっっかり忘れていたが今日、アンカーのBBを交換した。
シマノのスクエアテーパーだと現行はティアグラ(ディオーレ)クラスになっちゃうのだけれど、まだ旧型XTのBBが手に入るので、今回はXTにした。
以前はXTだと左ワンはアルミだったのだけれども、経費削減のためか今回手に入れた左ワンはプラスティックだった。
このプラの左ワンてすぐに割れちゃいません??ま、いいや。
交換中に雨が降り始めたため、乗っていないので回転がどうのこうのはわかりません。
とりあえず重さは明らかにXTの方が軽かったです。

GPSトラック

813ad771.jpg2/13にハイクアップしたときのGPSトラックデータを3D化してみました。
本当はこれに地図画像が重ねられるのですが、なぜか測地系が一致せず、何をやっても標高データと地図画像がズレてしまうので、今回はあきらめました。

GPSyでGPSからトラックデータをダウンロードして、数値地図ビューアで3D化しました。

2/13 かなめのトップにハイキング

e10e1bb8.jpg晴れた!見事な晴天です。風もありません。
ねーさんのリュックサックにカンジキとお茶を入れて出発。
今日も混んでいる池の平のクワッド降り場に着いたのが11時。
一応保険のためにGPSで位置を確認したら1460mでした。
”昨日買った秘密兵器”カンジキを履きスキーを担いでハイクアップ。
先行パーティーのトレースがしっかり付いているのでサクサク進めます。とても良い天気で暖かくフリースを脱ぐか、ジャケットを脱ぎたいところではあるが、外道な僕は空身のため服を脱ぐと言うことは必然的にねーさんの荷物が増えるということになるので、フリースとジャケットのジッパー全開で我慢する。
さらにゴーグルとヘルメットが蒸れ蒸れになるが、そこも我慢我慢。ハイクするときはサングラスが必要ですね(他にも色々必要だけどね)。

20分ほどハイクするとかなめのリフトの終点です。一息入れて景色を眺めると四阿山の裏から浅間山の噴煙が見えました。浅間山自体は四阿山に隠れて見えなかったのですが、とても奇麗でした。人間あまりに見とれると写真撮るの忘れるんですよね(^^;

そこからさらに10分くらい登ると林道に合流します。で、林道に駆け上がる最後の最後がちょっと急で、トラバース気味に登るのですが、ここでカンジキはトラバースに弱いという弱点が発覚。しょうがないので、トレースを外してキックステップ気味にカニさん歩きでなんとかトラバースをこなしました。
林道が標高1610mだったので高度差にすると150m、気楽なモンだ。

ここで、先行していたテレマークの人達が休憩していました。
ガイド役らしき人がうさん臭そうにこちらを見ています。そりゃ彼等から見たら許せないくらいナメた格好で登って来ましたからね、なんつったって空身だもん(^^;

で、なんか言われる前に
「こんにちは、とっても良いハイキング日和ですね。」と先制しておきました。
はい、わかっています。ここが「雪山」というフィールドであるならば、僕の装備はあまりにも酷いです(っつか装備無いし)。でも、こんな「いい天気」に「ちょっとそこまで」なら許される範囲だと思います。というか許して下さい。

ここから先は全然行く気は無いのだけれど、今後のために林道の先を偵察する。
地図上では林道で南地獄谷にいけることになっているが、ここからの斜面はとてもじゃないがヤバ過ぎ、上から雪崩に襲われたらさようならです。前山に抜けるのはそう簡単じゃないようでした。
ちなみに「この先に行くならうちで保険に入ってからにしてくれ」って言われました。
やっぱりガイドさんなんですね。すんません、お客さんの前でとんでもないカッコで現れて商売の邪魔してしまいました。

一通り景色を堪能したので、僕らは降りる準備に取りかかった。といってもスキー履くだけなんですけど...
するとあちらのパーティーがシールを剥がしはじめたじゃありませんか。
あれ?これから上に行くんじゃないんですか?ここから降りるんですか?と疑問に思うが、彼等はまだお茶を入れている人もいるし、今さらお先にどうぞって言うわけにも行かず...
ごめんなさい、ここから下るとわかっていたら先に行ってもらいました(多分)。

で、あり得ない軽装でラッセル泥棒した挙げ句にパウダー先に食っちまった外道野郎というレッテルを張られた我々でした。いやスイマセン本当にごめんなさい(^^;
悪気はなかったんです。

そんなこんなでやっと滑り出した訳ですが、ほんの30分ハイクしただけですが、雪質も軽く木の間隔も適当に開いていてとっても楽しかったです。
距離にすると500m位なんで滑り自体はあっという間にクワッド降り場まで来てしまいました。
もう一回行こうと思ったのですが、時間と体力に余裕がなかったので本日は終了。

カンジキ一つで楽しみがこんなに広がるもんですねぇ。
ま、楽しみと一緒にリスクも付いてくるので手放しに喜んでばかりはいられないのでしょうが、一つ一つ経験を積んで長く楽しめたらいいな。

今年行った温泉5,6,7,8

1/30 豊野温泉リンゴの湯
2/05 池の平温泉かんぽの宿
2/06 ランドマーク妙高
2/07 関温泉泉山旅館

今年行った温泉9

2/13 裾花峡温泉 うるおい館★★

長野県庁の裏手すぐ近所にあったのだが、紹介雑誌の地図が大雑把すぎて道に迷った。
やっとたどり着くと3連休の最終日ということもあり、たいへんな混雑だった。
源泉かけ流しの日帰り施設で混み混み、露天風呂からの景色もいまいちなので、第一印象はリンゴの湯の勝ちかなぁって感じでした。

ところが、ここは源泉が裾花峡温泉と保玉・湯の花温泉の二つありまして、かけ流ししているのは裾花温泉で茶色の温泉です。一方の湯の花温泉は透明な冷鉱泉を沸かしています。
裾花温泉も良い温泉だと思いますが、湯の花温泉の方がすごくヌルヌルになる結構なアルカリ性のお湯で、かなり気に入りました。

ということで、パッと見は星一つ半でしたが、湯の花温泉に免じて星二つにしました。

裾花温泉

050213_163707.jpg長野県庁からすぐそこです
源泉が裾花温泉と保玉湯乃花温泉の二種類あってお買い得です

2/12 パーク白樺

e922b985.dat今年の池の平は普通の土日でも駐車場が満車になるくらいだったので、この3連休はとても駐車場に入れないだろうと行く前からあきらめておりました。
ついでに明日のための秘密兵器を買いに行くため朝からお出かけです。
買い物から帰ってくるとスキー場から続く車の列がバンビの森入口までつながっている。
やっぱりこれじゃスキー場に行けないよ。

ってことで、ヒュッテ白樺の前にキッカーを作って遊ぶことにしました。
キッカー作ってスタート台盛って跳んで跳んでランディング直してと3時間程で体力の限界。
その後漬け物部屋を発掘して本日の雪遊びは終了。
モルツの散歩で池の平を歩いてみると、スキー帰りの車でランドマークを中心に大渋滞。
やっぱりこんな日は庭で遊ぶに限るね。

今週のRAV4

050212_101412.jpg最深記録

ラッセル

050212_073145.jpg今年は本当によく降るなぁ
天気予報

-天気予報コム-
Twitter
JO1PHL
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

kakao1080

いらっしゃいませ
track feed
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ