Rock & Spa

岩とか温泉とか自転車とかスキーとか

2010年04月

2010/04/25 昭和の湯

昭和の湯
今まで行った温泉215 昭和温泉 昭和の湯 ★

天神平、玉原と二回連続で ゆにーくで温泉に入り、昭和ICへ向かうたびに「←昭和の湯」の看板を見て「あ、そうだった次行こう」と思ってまして、今回は忘れずに昭和の湯へ行きました。

昭和村の役場や体育館が並ぶ一角にあり、「総合福祉センター 昭和の湯」なのだそうです。

内風呂と露天があり、内風呂はジャグジー、サウナ、水風呂と一通り揃っています。
泉質はアルカリ性単純泉で循環・消毒ありで、ちょっと塩素臭かったのが残念。

地元の人たちが一風呂あびてカラオケ歌ってという感じで利用しているようです。


より大きな地図で 今まで行った温泉 を表示

2010/04/25 玉原

2010/04/25 玉原
今週も玉原。
前日群馬CSCで行われたサイクルロードレースを見て、そのまま水上で宿泊。
夕食に出た行者ニンニクの天ぷらうまかった。

水上から玉原って近そうで意外と距離がありますね。
一時間ちょいかかったようです。

玉原はまだまだ雪もたっぷりあります。
先週はかなりライナー系だったキッカーは少し雪を盛って高さが出るようになっていました。

ゲレンデ脇の長いラインコブは二列目ができて、新しい方のラインはまだ浅めなので体に優しいです。
ま、長いので下まで通すとパンパンになりますけどね。

正統な(?)コブ斜面の方はスキーヤーズレフトの二本が深め、スキーヤーズライトの二本が浅めでしたが下地が出ているところがあり、一度石を踏んでしまいました。

先週のラーメンも大はずれでしたが、今週のミートソーススパゲッティもはずれでした。
飯がうまくないのが玉原最大の欠点ですかね?

2010/04/24 東日本実業団サイクルロードレース

おれ8
群馬CSCにJツアーレースを見に行きました。
TRのスタートに合わせて水上に到着すると、雪が降っていました。

ダウンジャケットにスキー用のアウターの完全防寒で会場入り。
自動販売機でお茶を買っていると、真後ろでアップに行こうとしたブリッツェン中村の前輪が「パーン!」とパンク、銃で撃たれたかと思いました。

TRスタートの頃には雪は止んで晴天になったのですが、最後まで時折風に流されて雲がやってくるとチラホラ雪が舞ってました。

レースは序盤から逃げた先行グループが逃げ切り、シマノレーシングの畑中勇介がブリジストンアンカー飯島誠を振り切って新旧八王子対決を制しました。

レースそのものも楽しかったのですが、Twitterの自転車ファンの皆様とお会いできて、とても楽しいひとときを過ごせました。

2010/04/18 玉原

玉原に行ってきました。
かなり混雑していてリフト待ち5〜10分って感じでした。
コブ斜面はプライズテストをやっていたので邪魔しないように遠慮しておきましたが、リフト脇に延々続くラインができていて、ひたすらそこ滑っていました。
斜度は無いので簡単でしたが、なんせ長くて一本通すと足パツンパツン。

キッカーもちょっと入ってみましたが、かなりライナー系でした。

2010/04/11 天神平

天神
久しぶりにゲレンデスキー。
たっぷりコブ斜面を堪能しました。
ちょっと小雨っぽかっったり、ホワイトアウトしたりでしたが、春スキーって感じでした。

2010/04/04 三ッ山

B10
先週、一人で三ッ山探検したらB10がぜひ行きたいと言うので、今週も三ッ山です。

一本目は杉の沢から見て右の谷(仮称:一の沢)を滑りました。
先週より雪が締まっていて多少は滑りやすかったです。
0の沢(仮称)を渡れるところを探していたら、先週自分でトレースを付けたスノーブリッジを見つけました。
一の沢より北側を滑ると、このブリッジが徒渉ポイントになるようです。

登り返して二本目は杉の沢から見て左の谷(仮称:二の沢)を滑りました。
ちょっと勘違いして杉の原側へ寄り過ぎて三の沢(仮称)のトップに出てしまったのですが、さすがに南向きすぎて雪が少なかったので間違いに気づいて二の沢へ戻った次第です。

水芭蕉
二の沢まで行くと、スノーブリッジには戻れないのですが、先週見つけておいた丸太橋ポイントで0の沢(仮称)が渡れます。
0の沢(仮称)へ行く途中の温泉は先週は雪の下に埋もれていた水芭蕉が咲いていました。
本当に少し暖かいのかもしれません。

白樺
三ッ山の下部はこんな感じの白樺の林を歩きます。
我々のシュプール以外にもスノーシューやツボ足のトレースがあったので、この辺の別荘に住んでいる人たちが散策しているようです。

昼食後に再度登り返して三本目。
一の沢と二の沢の中間尾根を滑りましたが、沢沿いと違い木の間隔が密で難易度は三割アップって感じでした。
ピッチが細かい上に樹からの落雪で斜面が階段状になっていて、ジャンプターンでなんとか繋いでいくのが精一杯、先週の雪の重さだったらどうにもならなかったかもしれません。

オープンバーンをすっ飛ばす滑りはできませんが、この辺にしてはかなりの急斜面を(割りと)効率よく滑れるので、来年のパウダーシーズンが楽しみです。
雪が少ないと薮が深そうなのが難点ですが...
天気予報

-天気予報コム-
Twitter
JO1PHL
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

kakao1080

いらっしゃいませ
track feed
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ