Rock & Spa

岩とか温泉とか自転車とかスキーとか

2017年11月

2017/11/12 霞ヶ浦 ワカサギ

Tドックです。

明るいうちから桟橋に場所取れました。
風が強く、けっこう水面が波打っていて、時たま水しぶきが上がるような状態だったので、さすがの桟橋も人が少なかったようです。

明るいうちも、ポツリポツリと釣れ続け20匹くらいは行ったと思います。

暗くなってからは、B10が絶好調で、入れ食い状態。
こちらは相変わらずポツリポツリですが、なんとか食いさがっっている感じでした。

連発し始めたら、ハリスは短めがいいのかなぁ......

サシは面倒でも半分にした方が、寄りがいいです。
今回、私のハリはワカサギF1と赤ワカサギファインのミックスでしたが、それほど違いは感じませんでした。普通の秋田狐よりはバラしが少ないように感じます。

途中、竿2本にした時はダイワの市販仕掛けを使いましたが、針先の鋭さはダイワが上ですね。
サシを刺すのが楽でした(^^;
もう一本の餌つけ直している時にかかったワカサギのおかげでオマツリしてしまいダメになっちゃったのがちょっと残念。

で、夜の部はB10圧勝だったのですが、帰ってからカウントしたら75対81でギリギリ勝利でした(^^)v
明るいうちの釣果で逃げ切ったようです。

2017/11/12 霞ヶ浦 ワカサギ

都合により、16時くらいから19時までの早上がりでした。

Tドックの桟橋で明るいうちは、別のお魚ばかりで、本命は1匹だけ(^^;

暗くなってからは、B10が調子良く釣れ出して、これはヤバいかもと思いましたよ。
で、2本目の竿を出して見ました。
2本目は浮きフカセなセットです。
ウキフカセ

下のオモリで底を取り、上のガン玉でウキを立たせることで、仕掛けをちょっと弛ませるというか流れに漂わせる感じです。

風下側に流れ切ったら、聞きアワセついでに風上に戻してやることで、自然に誘いを入れられる作戦。

右手でミャク釣りやりながら、左手で2本目もってウキを眺める感じですね。

右手が5本針、左手が6本針なのでトータル11本!
これで結構追い上げました(^^)v

フカセているので、一番下が底に着いているらしく、オマケでテナガエビ2匹釣れました。
ウキはハエウキ使っているので、かなり高感度でアタリが取れるようです。
シモリでも良いかも。
研究の余地がありますね。

2本出していると、誘ったり餌変えたりが忙しいので、釣れる時間帯では効率悪いような気がしますが、今日みたいな微妙に釣れるような釣れないような時間帯には有効かな?

ってなことで、19時に終了しましたが、20対27で僕の勝ちとなりました。

2017/11/04,05 霞ヶ浦 ワカサギ

IMG_1284

11/4は夕方行ったものの、雨降って来て逃げ帰りました。
夕立の中、一瞬連発したものの、あんまり釣れなくて二人で22匹でした。

11/5は今シーズン初の本格的夜釣り。
Tドックで明るいうちから、まあまあ釣れていたのですが、そのまま暗くなってからも同じようなペースで釣ることができました。

今シーズンは、ワカサギの成長が良いのか、良いサイズが多いです。
あわせた瞬間、これは別の魚かけちゃったな......と思うくらいの引きが楽しめます。
ま、これは竿を変えて、若干柔らかくなったせいもあるかもしれません。

と、今のところはサシを半分に切らないと、ちょっと食いが悪いようです。

昨日までは市販の仕掛けを使用しておりましたが、本日は自作です。
赤ワカサギファインの2号でエダスがホンテロン0.3号、幹糸にフロロ0.6号の5本針。
幹糸は去年もフロロ0.6号で変わってないのですが、エダスをホンテロンに変えたせいか、アタリが取りやすくなったように感じます。

下針付けてオモリは底を切るのも試して見ましたが、ベタ底からさらにフカセた方が今回はよかったです。
オモリを底に付けてから、スナップの重さでさらに仕掛けを沈めて行く感じです。

さらに、ダイワのワカサギ用シンカー3gを使ってみたところ、今までのナス型0.8号よりアタリがはっきり出るのを発見しました。
ベタ底にしてるので、オモリなんて関係ないと思うのですが、アワセを入れた直後の動きがナス型よりはっきりしているように感じました。
細くて長い形がなにかしら影響しているようです。

15時から20時までで、64(2匹は隣の親子にもらいました)対41で。私の勝利。
今シーズン初の束超えとなりました。

まだ、水温が高いせいか別なお魚さんたちも釣れますが、本格的にシーズンインって感じです。

2017/11/03 霞ヶ浦 ワカサギ

午後からTドックへ。

外側の石積みは先客がいたので、手前側の石積みに。

4.5の竿に市販の7本針仕掛け。
最初はワカサギ以外のお魚さんが連発。
クチボソ、ヌマチチブ、ギル、オオタナゴってな感じ。

そのうち、船溜りの出口付近の深いところで誘えばでて来る感じでポツポツ釣れて、明るいうちは10匹くらい。

暗くなったら帰るつもりで照明は持ってこなかったのですが、消化不良なのと、念のため持って来たヘッドランプで夜の部へ突入(^^;

桟橋へ場所を移して、竿も8尺に交換。
1匹釣ったところで、オマツリしてしまい、7本針のうち3本なくして4本針に。
それ自体はまあよかったのですが、仕掛けが短くなったせいで、桟橋の先端だと底まで届かない。

根元側の浅めなところをウロウロしながら、ぽっつりぽっつりっ、釣れないような釣れるような微妙なペース。

それでも、東側で船溜りの入り口よりちょっと沖側がすこしマウンド状に浅くなっているポイントで、最後に少しだけ稼げました。

釣果は二人で33匹とイマイチですが、今年は良いサイズが結構釣れます。
去年だと12月末にならないと釣れなかったようなのが釣れるので、なかなか楽しめます。

オモリは底を切る感じでもそれなりでしたが、一度フカセてからテンション入れるところで食って来るパターンと、フカセてフォールで食うパターンもあって、絞りきれませんでした。

アタリがわかりやすいのは、オモリを浮かせてラインにテンション入れているときですが、疲れるんですよね(^^;
特に、釣れない時間が長いと(^^;;;;

と、ニッシンの4.5mは軽くて楽チン。
今までのより、ちょっとだけ胴調子で、しなりがちょっと大きいですが、片手で扱える軽さがとても嬉しいです。

8尺の方はあんまり違いはないかなぁ......
それでも軽くなっているので、疲れないことは疲れないかも。
天気予報

-天気予報コム-
Twitter
JO1PHL
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

kakao1080

いらっしゃいませ
track feed
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ