Rock & Spa

岩とか温泉とか自転車とかスキーとか

2018年02月

2018/02/25 天神平

IMG_1364

久しぶりの天神平。
昔は、初詣にてっぺんの弁財天に行ってたくらいなのですが、最近はまったくご無沙汰でした。

そんな、天神平になんで行ったかですって????
ええ、シニア券買えることに気づいてしまったのです。
てへっ

土曜日の夜は降っている予報を信じてロープウェーに乗ると、
「昨日山頂まで行ったけどカリカリだった」とか
「昨日と違って今日は最高」
ってな会話が聞こえて来ました。

午前中は足慣らしでゲレンデを一回りして、11時くらいに天神尾根を登り始めました。
シール付けて登りましたが、スキーくくりつけてツボ足の方が早かったかも???

登山、ボード、スキーとかなりの大人気でしたが、避難小屋まで足を伸ばすのは少数派みたいですね。
避難小屋は完全に雪の下で、それこそ熊穴ってかんじになってました。

山頂から下りて来たオジさんが先行して行くのを見送り、我々も滑走の準備。
オジさんの前に一人降っているみたいなので、我々は3番手、4番手って感じでした。

ロープウェーで、「昨日はカリカリ」って話を思い出して、積雪状態をチェック。
昨日のカリカリの上に新雪が30cm~40cmくらい乗っている感じ。
念のためハンドチェックしてみたら、新雪部分がごそっと動きました(^^;
思っていたよりは不安程な感じ。
先行のオジさんが無事下って行ったようなので、大丈夫ではありそうですが、一応B10に間隔開けろとか、沢底には入らないようにと注意して滑走開始。

幸せを噛み締めながら、合流地点まで。
山頂からまっすぐ下りて来たシュプールが4本ばかりありましたが、トラバースかけていたところで、見事に雪崩れていました。
どうも日射の当たっていた南向きの斜面が不安定だったようです。

そのほかにも、ボードの幅で切れているのが何本が見受けられました。

下部はゲレンデより踏まれてんじゃないの?ってな感じで下山コースと合流。
再度ロープウェーで上がってからお昼ご飯。
午後はゲレンデで不整地練習。

14:30に下山開始。

で、みなかみの三峯の湯で温泉、温泉。
露天風呂で、どっかでみたような顔の人を見かけたものの、誰だったか思い出せず(^^;
上がってから駐車場で大宮ナンバーのワゴン車を見て
「あ、KJだ!」って思い出して、休憩所で寝てたKJを叩き起こして挨拶。
叩き起こすだけ起こして、本当に挨拶だけして退散。
(KJ起こしてごめんね。)

で、楽しい一日だったのですが、風呂上がったあたりから左ひざが......
避難小屋手前の下りで、クライムモードのまま滑ってコケたときにどうもやっちゃていたようです。

接骨院いってみたら、「左膝の内側側副靭帯ですね、ちょっと切れてるみたいなので安静に」ってことでした。
後ろに倒れたのですが、ザックの重さ分勢いよく倒れちゃったのがイカンかったようです。
さらに、その後2時間半楽しんじゃったのも......(^^;

しばらくおとなしくしてないとダメみたいです。

2018/02/18 池の平

IMG_1351

2日めは池の平です。
昨日、かなり出し切ったので、もうマッタリでいいやって思っていたのですが、なんのなんの。
これまたパウダーですよ(^^)
ちょっと重いのと、結構踏まれてガチャガチャでしたが、場所を選ぶと踏み残しが結構残ってました。

午前中だけちょっと.....
ってつもりだったのですが、右のアソコでパッフパフ。
真ん中のアソコでまさかの面ツル!!!

いやいや、今年はどこも楽しいですねぇ。

なんて、あっという間に12時半になったので、Hさんと合流してマタギにイン!

モツうどん+串カツに寒ズリトッピング。
あ〜幸せ。

2018/02/17 ロッテリゾートアライ

IMG_1344

Tチームがやって来るというので、今週末は妙高へ。
今年こそ、Hさんは滑るのか????
と思いましたが、結局滑るのはS10さんのみ。

土曜も日曜もイマイチな天気なので、どうしようか協議をしましたが、アライに決定。

駐車場に到着すると、今日もガラガラ。
そして、駐車場の誘導がやっぱりイマイチ。
もうちょっとオペレーション頑張りましょうね(^^;

前回同様に、しょっぱなは小毛無からのマムシ。
視界がかなり悪いのを除くと、パウダー具合としては最高。
しかも、他に滑っている人がほぼいないので、パウダー独占!!
このままマムシ、子マムシ回しているだけでも全然OKな感じでしたが、せっかくなので上まで上がると、なんと膳棚沢がオープンしてる!
視界が全く効かない状態だったので、船石沢との境にそってトラバースする感じで、下までは落とさなかったのですが、かなり広いオープンバーンな感じだったので、条件よければかなり面白そうですね。
(ちょっと林道を歩くのがかったるいですが。「You havu to 歩く」ってホワイトボードに書いてありました。)

もう一度滑りたかったのですが、リフト乗って上がってきたらすでにクローズになってました。
ま、この天気じゃしょうがないですね。

その後、舟石沢を何回か回して膳棚ステーションで遅い昼飯。
メニューは下と同じでした。
人が少ないせいもあるのかもしれませんが、こっちの方が広くてくつろげるように思いました。

今回は、カレーうどんセット1000円を注文。
ちょっとご飯がパサパサしてましたが、カツ丼に2000円出すよりは納得できるかな(^^;

飯食ってからも天候は変わらずで、ほとんどホワイトアウト状態。
フォールラインにそって滑る分には問題ないのですが、トラバース気味に片斜面に入ると空間失調(バーティゴー)に入ります。本気でどっちが上か下かわからなくなります。

ハッピーブレイズ、ベンザク沢も滑って、だいたいスキー場全体まわったので、時間も時間なのでもう一回子マムシ滑って帰りましょう。
と、思ったら小毛無リフトが終了していたので、子マムシは無しとなりました。

山麓リフトまで降りたところで、ディスカバリーが空いていたので、せっかくだから行きますか。
なんて標高低いからあんまり期待していなかったのですが、これまたバッフバッフ♡。
チョー最高!!!もう一本行きましょう!!!!
ってなことになり、リフトに乗っているとKGもオープンしているのを確認。
「行きますか?」
「行きましょう!」
ってことで、KGへ。
ここもバッフバフで楽しく滑っていると、竹竿が一本だけ立ってます。
両脇にはコース末端を示す竹竿があるので、コース内のハズなんですが、これは一体なんじゃろか???
なんて思っていたら、いきなり足元が無くなりました。
思いっきりクラック入ってました。
一発めはなんとか飛んでこなしましたが、続けてもう一発に撃沈。
かなりジタバタしてなんとか立ち上がって、「クラック〜〜〜」と叫んだものの後の祭りで、すでにB10は撃沈。S10さんはなんとか停止したものの足元が崩れてやっぱり撃沈。
さらに、後ろを付いてきたパーティーに「危ない危ない!」と怒鳴って、彼らは無事でした。

油断大敵ですね。
怪我なくて何よりでした。

これで、終わりにしようかと思いましたが、最後にもう一回ディスカバリー(^^;
こっちも、さっきと違うラインに入ると竹ポールがXXXと立っていて、今度はちゃんと迂回しましたよ。
やっぱXXXって立ててもらわないとちょっと分かりづらいですよね。

ってな感じで、結局16時くらいまで満喫してしまいました。
テヘッ。

ちなみに、レンタルでファットスキーあるので、行ってみて良さげだったらレンタルしてみるのも良いかもしれません。
スキー単品で6500円だそうです。
サロモンのQST116が借りられるようでした。

にしても、楽しい一日だったのですが、やっぱりこれで大丈夫なんでしょうか?
リフト待ち無かったのは、天気が悪かったせいだと思うのですが、
帰りがけ、ホテルの部屋で明かりが点いていたのが3部屋だけだったんですけど......

2018/02/12 赤面山

IMG_1335
久しぶりに赤面山

マウントジーンズを過ぎる頃にはすっかり吹雪モード。
修行モードには違いないが、ガリガリではなさそうな予感。

9:30くらいに登り始めます。
先行2名のラッセル跡をありがたく使わせていただき、順調に高度を稼ぎました。
1本めのリフトまでのゲレンデ跡は植林されているみたいで、カラマツ林な感じになってました。
上のゲレンデはオープンバーンのままで、ここは楽しそう。
旧スキー場トップへは11時着、ほぼ予定通りでした。
ここからブナ林〜ヤブヤブなのですが、先行トレースが的確に藪の薄い所を通っていて、かなり楽できました。
なんかかなり慣れている人みたいですね。
なんて、トレースをずっとたどっていたら偽ピークに登ってしまい、若干時間をロス。
あまり他人任せなのもイカンですね。

頂上直下で、先行二人とすれ違ったので、
「ラッセルありがとうございました。」と挨拶して山頂に到着。
12時ちょっと過ぎに到着したので、まあ予定通り。
いつになく風が弱くてよかったなぁ.....なんて思っていたのもつかの間、いつもの爆風モードに。
シールつけたまま、風を避けられるハイマツの陰まで移動し、ツエルト張ってお昼ご飯。

IMG_1340


ポカリスエットが凍るくらいの寒さに、プロパンミックスのバーナーも頼りない火力。
なかなか湧かないお湯にハラハラしましたが、なんとか沸いてくれたので、定番チリトマトヌードル。

ここで食うチリトマはやっぱサイコーですね。

シール剥がして滑走開始。
上部は底付き感ありましたが、まあこんなもんですよね。
スキー場に戻って、上の斜面は吹雪を我慢した甲斐があってパフパフ。

下部もワイドオープンってわけには行きませんが、そんなに藪も気にならず、まあまあ楽しく滑れました。

赤面山楽しむなら吹雪の日がいいかもしれません(^^;
(旧ゲレンデ限定ですけどね)

2018/02/11 関東UHFコンテスト

梅林下の四季の道から参加しました。

オール埼玉で使った場所で、まあまあいい感じだったので今回も使って見ました。

430MHzは3エレの八木、1200MHzはアローラインで両方4.5mのポールにあげたのですが、BNC-SMAのアダプタを一個しか持って来てなくて、1200MHzはBNCコネクタ付きのマグネットベースで車の屋根に付け直したのですが、足りないのはBNC-SMAなので意味がなかったという(^^;1200MHzから始めて10局稼いで430MHzへ。
トラックからの混信少なくていいなぁと思いつつも、CQ出している局も少ないなぁ......
やはり3連休の中日だから、コンテスト参加してる局が少ないのかなぁ......
なんて思いながら呼び回っていたのですが......
気が付きました、アンテナが1200MHz用のアローラインのままだった(^^;

つなぎ直してみたら、それなりに出てるじゃないですか(^^;

でも、なんか聞こえて来るのが断続的で接触不良なのかな???????
とか、リグが壊れたのかと心配したのですが、どうも近くで運用してる局の抑圧だったようです。

3周ほど呼んでから1200MHzに上がって見ましたが、新局はきこえて来ず。

430MHzもだいたい呼び切ってしまったようで、ダラダラやっていたら30分くらい寝落ちしてしまいました(^^;;

14時すぎて、気合を入れ直すためにCQ出してみました。
上の方でCQ出しても呼ばれなかったので、ラスト40分を下の方へ移ってCQ。
こっちではそこそこ呼ばれてスコアを伸ばしましたが、最後の10分は空振りで終わりました。

コンテストでCQ出すことほとんどなかったのですが、やっぱりマルチ稼ぐためにもCQ出さんとイカンですね。
天気予報

-天気予報コム-
Twitter
JO1PHL
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

kakao1080

いらっしゃいませ
track feed
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ