ラップ、血統、時々私

ラップを軸に競馬を展望していくブログ。時には血統やデータを用いて競馬の深遠に近づけていけたら…なんて考えています!

コメント返信

コメント返信:トゥザグローリーについて


人気ブログランキングへ←励みになります!

とても良い質問内容のコメントを頂けたのでエントリーとして纏めてみたいと思います。


ナンバーさん
『宝塚、有馬記念は後5Fは12秒前後のラップが刻まれる底力のレースですね。

トゥザグローリー ハイラップで好走経験無しということですが、そのことについてお忙しいところ恐れ入りますが、ちょっと質問です。

12.5 - 11.0 - 10.8 - 10.8 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 11.8

去年の天皇賞秋のラップです。
前半5Fシルポートは56.5
このレースでトゥザグローリーは隊列の2列目にいておそらく自信が刻んだラップは58秒後半で1000mを通過しています。

そして勝ち馬とは0秒6差の掲示板5着。

馬券にはなりませんでしたが、ハイラップで十分好走したと言えると思うのですが・・・』

去年の天皇賞(秋)は確かにハイラップの消耗戦でした。しかも、今回1着トーセンジョーダンは故障、2・3着馬は登録すらなし、4着のブエナビスタ引退...と今回メンバーで最先着したトゥザグローリーが順番?という考え方もわかります。

まずは、私がよく使う『好走』というワード。これにはちゃんとした基準を設けて使ってます。

あまり長々と書くのが好きでないのと、時間の都合上『好走』と曖昧に使ってますが、正確には...
1)連対
2)2着馬と0.0秒差の3着
3)連対馬から離された3着
4)展開が向かなかったケースでの掲示板
5)展開嵌まっての掲示板
という順位付で判断しています。

さて、そこで今回の質問ですが...ポイントは
・レース質についての考察
・トゥザグローリーのパフォーマンスについての考察

まず、天皇賞(秋)についての考え方はラップ分析として問題ありません。

しかし、『勝ち馬と0.6秒差の掲示板5着=好走』の考察は『結果だけを見て内容を見ていない』とラップ分析としては言わざるを得ません。

それは何故か?『好走』していると『着順』からは言えますが、『どういったパフォーマンスで5着だったのか?』という考察をしていない。

ここで天皇賞(秋)の掲示板に載った5頭のパフォーマンスを見てみましょう。

トーセンジョーダン
(11-10-11)上がり:34.2(2位)
ダークシャドウ
(7-8-7)上がり:34.7(3位)
ペルーサ
(13-13-13)上がり:33.9(1位)
ブエナビスタ
(7-9-9)上がり:34.7(3位)
トゥザグローリー
(7-10-9)上がり:35.0(6位)

4角でほぼ同じ位置にいて、かつ直線詰まったブエナビスタに上がりで0.3秒差、自分よりも前にいたダークシャドウにも0.3秒差も上がりで『離されている』ことがわかります。

しかも、コメントにもある通りシルポートが『暴走』して作り出したラップで、先行馬総崩れだったレースです。

天皇賞(秋)ではないので詳しい考察はしませんが、天皇賞(秋)において勝ち馬の条件は基本的に『4角9番手以内』。ところが、去年はシルポートの逃げで4角で11番手だったトーセンジョーダンが差しきり勝ちする『後続待機馬に大きな展開利』があった異例の年。

その中で自分より前にいた馬や不利があった馬よりも上がり順位が遅いトゥザグローリーについては『展開嵌まっての掲示板』という評価が妥当と判断せざるを得ません。

以上から、トゥザグローリーはハイラップでの好走経験なしと結論づけています。

ナンバーさん、いかがでしょうか?疑問点についてかなり詳しく書きましたが納得していただけますか?

コメント返信

ロジャーさん

こんばんは!

中山金杯はアドマイヤコスモスが故障し、低評価の1-2フィニッシュと全くいいところがなく終わってしまいました。

せっかく読んでくださったのに申し訳ありません。


しっちぃ☆さん

記事の内容を褒めていただけてとても嬉しかったのですが、結果が...まだまだ研鑽がたりないようです。

お仕事中の閲覧は問題ありませんでしたか?(笑)


takuyaさん

エーシンジーラインはちょっと強引にペースを作り過ぎてしまいましたね。復習でも触れると思いますが、中盤47秒台での逃げはスタミナ自慢の逃げ馬でないと厳しい流れでした。

ただ、あくまで結果論であって、エーシンジーラインの好走を予見したtakuyaさんは流石です!

複勝トレ是非参加させて頂きます。今度は負けませんよ(笑)


Lalalalongさん

私は年末年始関係なく仕事でしたよ(涙)

ネヴァブションを私の評価で買い足させてしまって申し訳ありません。後方からいいところなく凡走...次走はAJCCだと思うのですが、あの内容だとなぁ…

週末の予想でもっとクオリティの高い分析ができるよう頑張ります!

コメント返信

ロジャーさん
おぉ~馬連的中おめでとうございます!馬連のオッズは美味しかったですよね。馬単が35倍とかリスクを考えたら絶対買えなかった。トゥザグローリーとの馬連もあまりオッズ変わらなかったのはちょっと驚きでしたが。

ルーラーッシップは本当に不器用ですねぇ...いっそ金鯱賞の時みたいに出遅れた方が好走できるのかもしれません。

パパキトさん
そんなショボ予想なんて仰らずに...競馬に絶対はありません。それは同様に絶対の予想がないことに繋がります。

今回はラスト5ハロンのラップ推移が読み通りだったからこその結果です。もっと言ってしまえば、頑張って走ってくれた馬のおかげなわけで...

当たるかどうかは正直わかりませんが(苦笑)競馬を楽しむ一つのエッセンスになれるよう頑張りたいと思います。

コメントへの返信

おはようございます。

仕事で忙しくてまだ昨日のレース映像を見れていません(涙)

しっちぃ☆さん
早速のコメントありがとうございます。阪神カップはグランプリボスとのワイドのみ的中でした。マルセリーナが3着なら3連複も当たっていたんですが…フラガラッハはこの面子じゃ手が回りませんねぇ

さて、レオアクティブですが、もし舞台が阪神1600や東京1600であればトップの評価をしていました。ただ、中山1600は位置取りが重要なので、過去のラップ履歴からはテンで置かれてしまう可能性が否定できず適性からは強く押せませんでした。さらに今回8枠15番ということでさらに割引評価。騎手がベストの騎乗をしてどこまで?かなぁ~というのが率直な評価です。

ローレルブレッドは去年のリベルタスと同じローテですし、激走をかなり期待しています。

オッズはねぇ(苦笑)誰か大量投票でもしたのか?と訝ってしまいました。恐らく、馬柱が唯一汚れていないのと、前走の上がりタイムが原因だと思うのですが、重賞未経験馬が前日1番人気って…ただ、4~10番人気までにオッズの開きがないのを見ると、競馬ファンがどの馬も「帯に短し、襷に長し」と評価していると考えられますね。

takuyaさん
いやぁ、やっと複勝指名した馬が走ってくれました(焦)あまりジンクスは信じていないのですが、takuyaさんと同じ指名馬が激走してくれて嬉しいです。とりあえず、takuyaさんとラファエロが指名しているんだし、買い目にはいれとこうと思ってもらえるようにはなりたいですね。

今後も読んでもらった時に「有意義な時間だった」と思っていただけるよう内容の濃いブログを目指していきます。ご意見、ご要望あれば仰ってください。よろしくお願いします。
プロフィール

kakedase3haron

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ