<<   2005年06月26日   >>

ゴエモンDSのクリア後の感想など

ゴエモンDSのゴエモンくんクリアしたんで、簡単なゲームの紹介と感想。

ゲームの方はさくっと遊べるアクションかと思いきや、聖剣伝説やゼルダのような探索系アクションアドベンチャー風味。キャラはゴエモン、えびす丸、サスケ、ヤエの4人。ゲーム中にセレクトボタンを押すことでキャラの切り替えが可能。

それぞれのキャラの特性に合わせて切り替えながら攻略する必要もあったり(例えばゴエモンのパワーグローブでブロックを動かしたり、ヤエで人魚に変身して泳いだり)こういった部分は何処となくゼルダっぽいかな。

フィールドは町と町の間に敵キャラが出現するマップが挟まっているような感じで、先に進んでもまたはじめの町に戻ることも可能。町にいる飛脚だったかな? を利用すれば一瞬で過去に通ってきた一部の町に戻ることも出来たりする。

町ではたまにサブイベントが。各地にいる兄弟などを探してほしいといったもの等々。また町やフィールドの怪しい場所を触ると出現する隠しキャラ探しのようなお楽しみも。

墨絵調のグラフィックは細かい部分まで描き込まれていて綺麗。全体的に柔らかな色調。セーブは3箇所で、基本的に好きな時に好きな場所でセーブが出来る模様。(ただし例外もあり)

不満点はタッチパネルを使用した操作関係。タッチパネルを使ったイベントの判定がシビアで結構イライラする。後たまに横スクロール風のアクションステージでタッチパネルを使ったギミックがあるんだけど、面白いというよりも少し煩わしい。

ゲーム自体も面白くないことはないんだけれど、探索系アクションとしてみるとマップに広がりがないし、アクションとしてもやり応えのあるものでなし、と、全体的にちょっと中途半端な印象。個人的には2Dアクションメインのマッギネスタイプの方が良かったかな。


トラックバックURL

※ライブドア会員の方は会員専用ボタンでアドレスを投稿画面に取り込めます。

この記事へのトラックバック

1. がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻  [ ニンテンドーDSゲームソフトライブラリ ]   2007年07月24日 19:08
がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻 コナミデジタルエンタテインメント/発売中/公式サイト がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻の関連記事・   評価・YouTube動画を見る

ワンポイント画像赤ピクミンこの記事へのコメント

投稿者: ほらえもん   投稿日: 2005年06月27日 07:52
うーん、探索系アクションアドベンチャーかぁ〜
自分もSFCで出ていたベタなアクション系を想像してそれのようなものを期待してたんですが…ちと残念ですね。

あとひとつお聞きしたいのですが、SFCシリーズで一貫されていたドタバタ痛快コメディーなシナリオ、雰囲気は再現されていたのでしょうか?
発売前は公式サイト等でその点をプッシュしてたので実際のところ気になります。

それにしてもかけだしさんクリアが早いですね!
投稿者: かけだし管理人   投稿日: 2005年07月06日 00:26
こんばんわ〜。
ゆき姫、マッギネスあたりを期待すると
ちょっとガッカリするかもしれませんねー。今回のゴエモン。
何かゼルダっぽい感じでしたよ。
2Dアクションステージもあるんだけれど、数が少な〜い。

雰囲気はいかにもゴエモンって感じでそこは悪くないかな。
ただボリュームとかもあまりないし、
個人的には物足りない出来だったかなぁ。
この記事にコメントする。 ※名前と本文だけでも投稿できます。
名前:
URL: