2017年12月17日

今も入院中です。

本家の日記は、ブログではなくてホームページです。
ですから、よく日時の記述を間違っています。
今回は、

  12月15日 入院 キイトルーダ点滴
  12月16日 午前中36.8度 午後36.8度
  12月17日 午前中36.8度 午後36.8度

前回キイトルーダの点滴を受けたときの体温は控えていないのでわかりません。
ただ、私の平熱は35.5〜36.2度なので気になります。
もちろん、今も食べられないのが、気になるトップワンですが、なんていうと、
病気そのものが気になるベストワンです。 


まずは、弱々しいながらも、残量電池の確認ということで、



  おやすみなさい。



kakekomiopen at 20:29コメント(1) 

2017年11月12日

私はいま「強い食欲不振」ですが、その原因を考えると、
1。肺がんの進行による悪質液によるもの
2。薬の副作用
3。精神的なもの
があります。

「3。精神的なもの」とは、CHOPの回数が増えていくと、食事を運ぶ台車の音が聞こえただけで吐き気がしたり、町で、化学療法を担当してもらった医師に出会っただけで嘔吐したという実話があるほどです。

「強い食欲不振」というのは、女性なら「妊娠時のつわり」を思い出していただくといいかもしれません。
そのときに、食欲不振だけでなく「身の置き所のない状態、しんどさ」を感じられた人もおられるでしょうが、布団の中で寝つけない状態が一時間も続けば、似たようなしんどさに教われます。

食欲不振が、今飲んでいる唯一の薬である咳止めの副作用である可能性を考えて、意識的に外してみました。
すると、この2日間強い不眠に悩まされています。
さて、睡眠導入剤の最大許容量はいかほどか、
布団の中にいて、寝付けない時間が一時間も続くとしんどくなってきます。

ちなみに、これまでよく眠れていたのは、咳止めの副作用だったのでしょう。


11日に、発痰の量が、いつもの数分の1にまで減った。
喜んだら12日は、いつもよりも少ないかなという程度まで戻り、13日の今日は更に減った。
悪いことではないと思うが、どうなることやら。





kakekomiopen at 18:34コメント(0) 

2017年11月08日

「残量電池有り」の報告をしておきます。

このベッドの側に、二階から持っておりたデスクトップパソコンを起きました。
パソコンを机の上に置いて、私は椅子に座るんじゃないとダメですね。でも、ここでそれはできません。

それよりも、食欲不振がひどすぎます。
無理矢理でも食べられればいいのですが、唇から中に入らないのです。
それを無理矢理入れれば、もう嘔吐するだけでしょう。

病気の進行による悪質液かなあ、
体重も、51キロをきったようです。





kakekomiopen at 23:46コメント(2) 

2017年11月03日

今日は酸素マスクをして外に出ました。

布団を環境なんとかに廃棄しにいって、
才の神の藤に、紅葉を見に行きました。

 残念ですが、外れでした。

楽しみにしていたんですけどね。
「その季節に行くまでは」
と、強く思ってきましたが。





kakekomiopen at 21:00コメント(0) 

2017年11月01日

11月1日(水) 12時過ぎに宅配のヤマトさんから電話があって、
       その数分後に血中酸素濃度計が届きました。

       分子標的薬全般に言えることですが、ニボルマブやキイトルーダの副作用に
       間質性肺炎を含む肺炎があります。
       それが病院で疑われれば、まずレントゲンですが、家庭にレントゲンはありません。
       肺がんは肺疾患ですから、病気の進行でも血中の酸素濃度は低下します。
       微熱が出たから肺炎だとはいえませんが、肺炎になれば微熱が出ます。
       体温には個人差もありますし、発汗による誤差もありますから、
       毎日一定の時間に、口中で測って記録しておくのがいいでしょう。
       どうにでもなれという気持ちが強かったのですが、道具も揃いましたから、一日に一度、
       体重、血圧、血中酸素濃度、体温を記録しておきます。




kakekomiopen at 17:29コメント(0)