青い森のninja1000

2011年10月大型二輪免許取得。12月2012年モデルのninja1000 シルバー×ブラックをオーダー。 25年ぶりのリターンライダーのブログです。 加齢による身体能力低下に反しての大型二輪ワールドへチャレンジです。 主にツーリング、カスタム、グルメをメインにUPしていきます。 是非覗いて行ってくださいね。

ようこそ・・

ようこそ、我がブログにいらっしゃいましたm(__)m

半年近くは乗ることができない青森でninja1000くんと暮らしていましたが・・
2015年4月から東京都で暮らしています。
現在ninja1000は、貸ガレージに置いていて、ツーリングの際は青森まで新幹線、そしてニンジャへ乗り換えと言う荒業を駆使しながら、二輪生活を満喫しています。

カスタムパーツも豊富なのはイイのですが、あれもこれも試したくなっちゃいますね!
無駄遣いもしちゃいそうです。
カスタムはもとより、ツーリングが大好きです!

東北地方へツーリング!是非、いらしてくださいね!お待ちしています!

GWの津軽路

みなさん、GWは楽しく過ごせましたか?


今年もやっと始動です。


GWの一日を日帰りツーリングに出かけてきました。

青森市内の気温は20℃!ナイスな気温。

ninjaを車庫から引っ張り出し、セル一閃!
一発でエンジンは息を吹き返しました。

この冬の冬眠は、年末に新品のバッテリーに交換したこともあり、
バッテリーは取り付けたままの冬眠でした。
6ヵ月間一度もエンジンをかけることなく置いていた訳ですが、問題なかったですね。

さて、本日のコースは、桜まつりで賑わう弘前公園を掠め、岩木山越えで日本海。
鯵ケ沢から海岸線を南下して、風合瀬のいかやき村までのコース。

いつもの定番半日コースです。

お昼過ぎにスタートはしたものの、弘前に向かう国道7号線の青森市郊外で気温は急激に低下、
なんと12℃!
結構寒いかも~

弘前に近づきますが、岩木山は望めず、靄がかかっている様子。
これはもっと気温が低くなるな・・・

弘前公園の堀周りは既に葉桜。花筏も今一つ、季節が終わったことを感じさせますね。

岩木山へ向かい標高が上がって来るとヤマザクラが非常に綺麗に咲いてました。

20180501_134826

でも岩木山は至近距離なのですが、なんかはっきりしません。
20180501_135154
この画像の一番右端に、岩木山スカイライン入り口のゲートが見えていますね。

この後、鯵ケ沢町まで到達はしたのですが、あまりの寒さに撤退を決め、
すごすごと弘前に戻ることにしたのです・・
もちろん十分にワインディングは楽しみましたよ。

寒くなったら温泉?いやお昼はまだだったからラーメンでしょ!
ということで、弘前公園、禅林街に近い茂森町「田沢食堂」へ向かいました。
お昼から夕方まで通しで営業しているはずです。
https://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2002601/
食べログリンク

20180501_153456
やはり、癒やしの大衆食堂です。
お店に入ると昭和の雰囲気。

お昼のピーク時を過ぎてもお客さんは断続的にやってきます。

頼んだメニューはいつもの・・
20180501_154208
チャーシューメンです。
青森、弘前では最近煮干し系が全国に知られることになっておりますが、
こちらのラーメンは、煮干し量はごくごく控えめ、豚骨と鶏ガラ、シイタケで取ったスープ
そして、鶏の脂が多めで非常に食べ応え有ります。

20180501_154224
そしてまた、このバラ肉チャーシューが絶品で、チャーシューの豚の脂と鶏の出汁が見事。
柔らかいチャーシューで麺をくるんで口に運ぶともう最高!!

これで、550円。コスパ最高ラーメンです!
美味しく頂きました!ごちそうさま!

走ることより、単に弘前にラーメンを食べに出かけただけのツーレポでした!

20180501_163222
最後は、藤崎町の白鳥の越冬地 平川の河岸に来てみました。
本来であれば太陽の真下に綺麗に見える岩木山はまったく見えません。

上空に非常に強い寒気が入ってきていることを、後で知りました。

その後、リベンジしようと天候回復を待ちましたが、このGW後半は雨に祟られ、出動は一回だけでした。
うーん!走り足りないわ。

というおはなし。


なかなかの迫力!Z900RS

激しい雨の降り続く都内。

今日は東京モーターショーに出かけてみました。

ということで、入館後は一直線でKAWASAKIブースへ!

じゃじゃーん!初対面!
20171029_172933
なかなかの迫力!
20171029_173010
リアビュー
あああ・・やっぱり写真じゃだめだ・・
迫力が伝わらない・・
筋肉質な・・いやいや女性的な曲線だ・・

絶対実車、見た方が良いと思います!(断言!)

そんで、カスタム
20171029_173041
灯火類は完全にノスタルジック・・すれ違ったらまったく新型とは気づかれない・・
20171029_173055
泣ける四本出し!
実は私のninjaも四本出しでZをリスペクトしてるんです。

20171029_172951
このカスタムは現代的・・
高いパーツてんこ盛りですが、カラーはセンスはGood!

20171029_173206
おまけで、ninja1000・・・二枚目だな~

20171029_173701
おとなりのホンダブース・・・
ホンダらしくないワイルドな出で立ちだね。

という、本日の話でした・・・ぜったい見た方がいい!Z9RS

幻のもずくを求めて。遥かなる龍飛崎へ

海藻好きの自分は、一般的な昆布はもちろん、もずくも大好きなのです。
一般的にもずくと言えば、沖縄産がメジャーです。
柔らかい歯ごたえ、喉ごしは万人に支持されていますね。
一方、石川県能登半島のもずくは見た目は黒々としており、パリパリした歯ごたえで通が唸る逸品です。

さて、今回向かったのは、津軽半島最先端、竜飛岬のもずくを求めてのワンディツーリングなのです。
この幻とも言えるもずくを手に入れることは出来たのか?

今日の天気は一日中快晴の予報、気温は23℃前後とツーリングには最高のコンディションです。
では、行って参りますか。
[画像:b9547f74-s.jpg]
青森市の車庫に置いてあるninja1000
北海道ツーリングのあと、洗車してから乗っていませんでした。

ひさしぶりに火を入れます。
セル一発で目覚め、コンディションは問題ない。

青森市から津軽半島を縦断、蟹田から日本海方面に向かって行きます。

十三湖に突き当たり、さらに北上!
小泊の手前です。

この辺の民家には特徴があります。
家の周りの板塀です。
[画像:7d135fcc-s.jpg]

[画像:2c2787f4-s.jpg]

[画像:aa769d8f-s.jpg]

これは、もともとこの地は砂地であり、また、遮る物もない吹きさらしの土地。冬の吹雪に加えて雪の季節以外でも相当な砂嵐の場所でもあるのです。
生け垣だと成長せず、金属だと錆びることから、このように板塀になったということです。

この地の言い伝えに「夏でも雪囲い」や「雨でもわらじ履き」と言った砂地と共に暮らす人々を表す物もあるのです。

さて、小泊の西に伸びる権現崎をみて小泊の市街地を抜けて行きます。
[画像:430fab2a-s.jpg]
日本海から津軽海峡に入り苫小牧に入港するフェリーが遠くに見えました。
[画像:ac742ac4-s.jpg]
[画像:0210955a-s.jpg]
[画像:0865ccdf-s.jpg]
イカ干し小屋ですね。
[画像:7eff8f14-s.jpg]
物凄い数の族車と牽制中のP
[画像:e57d46a9-s.jpg]
龍飛崎まであと一息です。
[画像:fecfcb7e-s.jpg]
此処からは一気に高度を上げていきます❗
遥かに見える山頂が鳥瞰台となるのです。
[画像:72d2aa74-s.jpg]
[画像:13a636cb-s.jpg]
言わずと知れた竜泊ラインです。
素晴らしいワインディングステージ。
タイヤの両端しっかり使いきり、高度を上げて行くことができました❗
[画像:c2109591-s.jpg]
綺麗に北海道が見えました。
[画像:8d2942cd-s.jpg]
さあ、龍飛崎は近い。
[画像:71516fe7-s.jpg]
[画像:ff36097c-s.jpg]
到着した龍飛崎灯台。
[画像:195826fa-s.jpg]
今回のもずくを求めてのツーリングの目的地です。
駐車場の左端のお店。
塩しているので洗い流す事と、お湯などかけずに三杯酢でそのままでどうぞとのこと。
[画像:06479ff1-s.jpg]
帰りは青函トンネル入り口広場に立ち寄ったり…

[画像:72efc713-s.jpg]
村の駅よもっとで塩ラーメン。
お新香とライスはラーメン注文で無料
チャーシューは柔らかでスープも美味しく、大満足。
[画像:a9b3660f-s.jpg]
この村の駅よもっとは、地元の漁師さんの産直ものが買い求めることが出来、青森市内からも沢山のお客さんが訪れておりました。
[画像:f1d3cafc-s.jpg]
[画像:cdfd54d9-s.jpg]
[画像:de351642-s.jpg]
帰りは、稲刈り直前の金色の稲穂の中で。

さて、早速もずくをいただきますか♪
[画像:6b146bb2-s.jpg]
パリパリとした歯ごたえ、磯の香り。
今日駆け抜けた海の匂いそのままに、無事に感謝しての乾杯でした。

おしまい。
プロフィール

KOU

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ