11月残すところわずかとなりましたがまだ秋です。

あげぱんさんの新作が出るまでは秋なんです。




こっとん堂さんと寝夢猫さんは、今回漫画なのでスキップします。

10月、11月にも「これは…!」という作品が出てきて盛り上がってまいりました。



あの王子様系トップアイドルが催眠おじさんとどスケベレッスンします

鍋屋敷より


ついにオリジナルCG集へ参戦したサークルさん。

オリジナルとしては処女作ながらもまずまずの滑り出し。
ボテ腹とかアヘ顔とかいい趣味してるじゃあないか……!

ネトラレとかの背徳系ではないのだけど、楽しそうな催眠で良き。



根暗そうだけど巨乳で可愛い親友の年上彼女と内緒エッチしまくるお話

怪しいサイハイ音楽隊より


黒沼ほのかというひとつのジャンルを形成したことが凄すぎる黒沼ほのか本家。

たぶん、同人CG集で一番有名なキャラが黒沼ほのかだと思う。

そんな黒沼ほのかファンにとって待望のCG集! しかも今回はいつもよりボリューム少しマシマシ!
なにより今回は下から覗いたアングルと言うものを取り入れてきて、進化しています。いつもよりエロさを感じました。

人間関係クラッシャーなのは相変わらずw 次はどんな子を誘惑するんだろうか……。



ぷち蜜っ娘の秘密基地へようこそ 私たちがお兄さんにちゅるちゅるっとろとろのエッチを教えてあげるね

ぷち蜜っ娘の秘密基地へようこそ 私たちがお兄さんにちゅるちゅるっとろとろのエッチを教えてあげるね

ちゅるびっちちゅるちゅるより


ロリコンは買え~~~!!!

田辺先生の美麗すぎるロリ体型と塗り、これはもう買う以外ないでしょうか。

前作と同じような3人の娘とイチャイチャしているだけなのだが、
絵買いするだけの魅力は見ればお分かりだと思う。


レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

Small Dogより


プリキュアCG集の時から買っていたのだがここにきてオリジナルを!

そして絵が更に上手くなっててびっくり。これCG集界隈ではトップレベルの絵だよ。

キャラクターは明らかにグリッド●ンのあの子に似せているのだろうけど、
それにしても上手い。このクオリティで描ける人がオリジナルCG集に参戦したのが本当にうれしい。

しかし惜しむらくはボリュームか。
DMMのレビューでも散見されるように、あと一歩が欲しいと思ってしまう。絵が良いだけに。

基本22枚でも物足りなく感じてしまうのは、それだけ画のクオリティが高いことの裏返しなのだ。


絆のエンブレム

Pハーブより


今月トップクラスの出来だし、年間ランキングにも入るであろうファンタジーPハーブ。

今回はPハーブらしい片想い寝取られ……と思いきやこれ両想い寝取られなのではw

NTRをより濃く描写するための「紋章」。
この設定はどこぞの同人ゲームを思い出すけど、やっぱりいいね。”勝ち”だよ。

中でも注目すべきは新たに会得した「体位」であろう。
オナホのように腰をがっしりと掴んだバック。凄い。完全にモノ扱いだ。でも気持ちよさそうだ。

そしていつにも増して強調される「子宮キス」。
「ちゅ♥ちゅ♥ちゅ♥」という亀頭と子宮口の接触がエロすぎるぞ、Pハーブ。

総評して素晴らしい。Pハーブの最高傑作と言えるのではないだろうか。



凛とした金髪ツインテール少女が性玩具に成り果てるまで

くりーむがろんより


Pハーブは強かった。
しかし、やはりこれを最後に挙げざるを得ないだろう。
それほどに衝撃的だった本作。

基本55枚という狂気じみた枚数もそうだが、
作者の持てる全てを使ってこの金髪ツインテール少女を辱めてやろうという執念が凄まじい。

衝撃度でいったら今年暫定トップ。ガツンと頭を打たれるような興奮を久々に味わった。

竿のオッサン、とにかくきもいんです。
顔もそうだけど言動ややってること、いやもうとにかく全てがキモイ。

だからこそ、この凛とした金髪少女が犯される穢されっぷりが鮮明に際立つ。

とにかく金髪少女は嫌がるし、表情が凄い嫌そう。
くりーむがろんさん、表情上手いですよね。ここまで多彩な表情描くCG集作家初めて見たかもしれません。

なんていうか、性器や淫語以外の部分でもギャップによるエロさを演出しようと考えこまれていて、感心しました。
「あ、こういう方法があるんだ」と勉強になります。

そして、その積み重ねがあった上での、最後のアレですよ。

びっくりしたと同時にすげー興奮しちゃいましたね。僕、アナルセックスが良いと思ったのこれが初めてかもしれない。え、そんな告白いらないって?

でもね、ひとつの性癖が開けちゃったかもしれないんですよ、本作で。

DMMの携帯広告もまだ載っていないだろうに、それでも1か月で1万近い売り上げ叩き出すのも納得です。
それほどまでに衝撃的でした。拍手喝采。