2009年08月05日

軍総司令部のお膝元でメタボ解消するリマっ子

どの国でも軍の施設というのは近寄りがたい。ましてや国防総省の軍総司令部とくればならなおさらだ。

しかしリマの人々は、なぜかこのお堅い場所に集まってくる。周辺にショッピングセンターやレストランがある訳でもないのに、いったいどうして?

その目的は、スポーツ。住民がより安全に無料でスポーツを楽しめるよう、毎週日曜日の午前中、総司令部の周囲が通行止めになるのだ。

看板

「Vamos!」 さあ、ここからスタートだ。






交通量が多い上に運転マナーがお世辞にもいいとは言えないリマ。歩行者優先という言葉はないに等しく、公道でのジョギングはある意味命がけ。

しかしこの歩行者天国のおかげで排ガスもなく、無謀運転の車に引き殺される可能性もゼロ。その上建物付近は銃を持った軍人や警察官が警備しているのだから、こんな安全な場所はない。

敷地周囲は約4km、ジョギングにはちょうどいい距離だ。
他にレンタサイクルサービス、バレーボールや卓球、エアロビエリアもある。最近設置された青空ジムも好評で、テレビドラマのロケ地としても使われた。自治体や各種団体によるマラソン大会なども頻繁に行われ、週末ごとに様々なイベントが開催される。日頃運動不足になりがちなビジネスマンだけでなく、家族や友人との憩いの場にもなっており、中には運動そっちのけで知りあいとのおしゃべりに興じるセニョーラも多い。

青空ジム

解放感いっぱいの青空ジム。
いくら滅多に雨が降らないとはいえ、錆びないか心配だ。



ダンスダンスダンス!

エアロビは少し苦手なリマっ子も、
曲がサルサになると急に生き生きと踊りだす。




ドリンク

スポーツドリンクが無料で配られることも。




アメリカのペンタゴンを真似て「ペンタゴニート(ペンタゴンちゃん)」の愛称で呼ばれるこの施設は、「国防の要」としてだけでなく、「無料の健康広場」としてリマっ子に親しまれている。

監視する軍人さん

見張りの兵士も、あまりの穏やかさに思わず居眠り。







[海外書き人クラブ・原田慶子・健康]



kakibitoserai at 00:56健康管理法 | ペルー 


この記事は
WEBプラチナサライ」にも
掲載されています。
livedoor プロフィール

kakibitoserai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ