「かきのみ保護者の会」について
 目的:
     ① 子どもが笑顔になる活動を行うこと
     ② 保護者同志の親睦を図ること
     ③ 園と保護者の連携を図ること
 活動の一つに6/1に行われた「かきのみフェスタ」があります。
保護者会3役を中心に、内容を検討し準備をすすめてくれました。
当日は、保護者ボランティアの方のご協力も頂きました。

 
当日、朝早くから畑にビニールテープで印をつけ、ひまわりの種まき準備をしたり、園庭ではテントを張り各遊びのコーナーの用意をしてくださいました。

IMG_0101


受付けではステキな笑顔で、かきのみフェスタにいらしたご家族の方を出迎えて頂きました。
DSCN8859


オープニングでは会長さんより開会のあいさつを頂き、盛大にかきのみフェスタがスタートしました。

DSCN8868


会終了後には、参加された皆さんで作ったてるてるぼうずを園舎に飾るため、糸を縫い付けたり、園内に飾ったりと保護者会役員の方々で力を合わせ行って頂きました。

IMG_0094

IMG_0096


IMG_0097

保護者会の役員の皆様、準備から会の運営、てるてるぼうずの展示、片付けまで、本当にありがとうございました。

 梅雨の晴れ間の園庭では・・・。

 
 1.どろんこ

 砂場では、もみじさん(3歳児)と、やまぶきさん(4歳児)が砂や水を使って
 ままごと遊びや、どろんこ遊びが始まりました。砂場には、自分たちで水を運びます。
 どろんこは、子ども達の心を自然に向け解放してくれます。その心は、友達や自然や、
 周りの世界を肯定し受け止めながら同意に自分自身を自ら受け入れていくことに繋がります。
 子ども達は、泥の中では、気持ちが解放されて、心身の免疫力も高まります。
 

 3.どろんこ

 やまぶきさんは、「かわをつくるよ!」「こっちにもつくろう!」
 と、川を作っていたのですが、いくつも川を作っているうちに・・・
 温泉に変わりました。
 「おんせんになったよ」「きもちいいなぁ」


 4.砂場 おだんご

 もみじさんは、おだんご作りを楽しんでいました。
 「なにつくっているの?」「おだんご!!」「おおきいのできたよ」
 
 
 きいちご

 きいちごさん(0歳児)も砂で遊んでいます。
 砂遊び楽しいね。
 

 DSCN9105

 園庭の南側の空き地には、草花が生え、テントウムシやダンゴムシなどの虫が
 たくさんいます。
 さざんかさん(5歳児)が、石を運んで来てお風呂を作っていました。
 「ろてんぶろだよ」「おとまりほいくのときにはいろうよ!」
 と、見たて遊びを楽しんでいます。
 

 5.南空き地 虫探し

 露天風呂づくりのお隣では、やまももさん(2歳児)ともみじさん(3歳児)が 
 虫探しをしていました。
 「てんとうむしいた!」「くろいねぇ」「なんていうなまえかな?」
 好奇心旺盛な子どもたち。
 保育室に戻り、草花や虫の名前を図鑑で調べています。
 「ななほしてんとうかな?」「なみてんとうっていうんだって」

6月1日に子育てセンターかきのみにて、保護者会主催の「かきのみフェスタ」を行いました。

DSCN8869

今年度は初夏の過ごしやすい時期に開催となり、気持ちのいい天気の下、行うことができました。

今回は「ひまわりプロジェクト」として、地域の方に畑を貸して頂き、参加者全員でひまわりの種を蒔きました。親子の会話からは「芽が出るの楽しみだね」「いつ咲くかね」とひまわりの発芽や開花を楽しみにしながら植えている様子が見られました。

今後、活動の中で散歩に行き、水やりや草取りなど畑の手入れをしながら、ひまわりの生長を子どもた
ちと観察していきます。

 
DSCN8885DSCN8880


園庭では、「ボーリングコーナー」「輪投げコーナー」「紙飛行機作りコーナー」「てるてる坊主作りコーナー」の4つの遊びのコーナーに分かれて遊びました。DSCN8892
DSCN8910

てるてる坊主は親子で一つのものを共同で作り、それぞれ家族にとって宝物の作品ができあがりました。素敵なてるてる坊主は園内に掲示し、園で過ごす子どもたちのことをいつも見守ってくれています。プール遊びがもう時期はじまりますが、てるてる坊主の力でこの夏はいい天気の下でたくさん遊べると良いです。
DSCN8919

 梅雨に入り、天気や気温が安定しない日が続き、室内で過ごす日が多くなりますね。
 子育てセンターかきのみ内にある「親子ひろば ねむのき」では、広々としたフロアで 
 身体を動かして遊んだり、畳のスペースでは、ハイハイや横になったり、ゆったりのん
 びりと過ごすことができます。
 月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~16:00 保育室・園庭の開放をしています。
 申し込みの連絡等はいりませんので、いつでもご自由に遊びに来てください。


 1.リズム

 「リズムあそび」(1・2歳児親子対象)
 毎週木曜日9時15分から、園の1・2歳児がリズムを行っています。
 園の子どもたちと一緒にリズムあそびを楽しんでみませんか?


 2.パネルシアター1

 毎月第2木曜日は、園の看護師や栄養士による講座や、「パネルシアター」「つむぎ体操」
 を行っています。


 3.パネルシアター2

 今月は、「パネルシアター きれいなおまど」の上演を行いました。
 窓の中には、動物たちが隠れています。動物の鳴き声が聞こえると、パネルに駆け寄って
 きてくれました。


 4.つむぎ体操

 5.つむぎ体操2

 今月は「つむぎ体操」も行いました。
 つむぎ体操とは、楽しみながら、抵抗なく正しい筋肉や関節の動かし方を、大人が子ども
 に行う体操です。
 身体を動かす心地よさを感じながら、親子で一緒に楽しみませんか?



 
 もみじ

 【もみじ(3歳児)の教育・保育目標】
 ・基本的な生活の仕方が分かり、園生活の流れに沿って自分から取り組もうとする。  
 ・友達や異年齢児との関わりの中で、遊びや生活など色々な経験をする。
 ・散歩に出掛け、意欲的に歩いたり、様々な発見を楽しんだりする。



 

 園では、保護者や祖父母方のから、旬の野菜や果物、花や生き物など頂くことがよくあります。
 頂いたものの中には、こどもピーマンや晩白柚(ばんぺいゆ)など、初めてみる野菜や果物に
 子ども達も大興奮。
 頂いた野菜は、子ども達が皮をむいたり、すじを取ったりの下ごしらえをしさっそくその日のランチメニューに加えられます。珍しい野菜や果物をいただいた時は、おうちの方に話しを聞いたり、図鑑で調べたり、絵を描いたりと子供たちの興味、関心が深まります。
  当会が、大切にしている一人ひとりの人間形成の基礎となる「生きる力」を育むための特色ある
 7つの活動の、【食】【自然】に繋がります。ありがとうございます。


 すじとり

 「きぬさやえんどう」をいただきました。
 3~5歳の大きいお友達が、すじ取りをしました。
 「すじっていうんだね」「とちゅうできれないように、そっとね」
 どの子も真剣な表情でした。


 ごちそうさまでした

 キッチンの先生が茹でてくれて、その日のランチのメニューに追加されました。
 「あまくておいしいね」


 CIMG0497

 そら豆をいただいたので、子どもたちの大好きな「そらまめくんとメダカのこ」の
 絵本を見たあと、皮むきをしました。
 「おやゆびでぎゅっとすると、あくよ」
 「このそらまめも、そらまめくんのベッドみたいに、うかぶかな?」
 
 
 DSCN8682

 さっそく、園庭に行き、タライに水を入れ、そっとそら豆を浮かべてみました。
 「ういたよ!!」と、嬉しそうな子どもたち。
 すると・・・そらまめのベッドに、カエルが遊びに来てくれました。
 「わ~、かえるさん、あそびにきたの?」と、大喜びの子どもたちでした。
  そして、中身のそら豆も茹でて、ランチにいただきました。
 苦そうな顔の子や、「おいしい」と言っていくつも食べた子、いろいろな顔と声が見られました。
  
 

 DSCN8293

 メダカの卵と稚魚をいただきました。
 まんまるの目をキラキラさせて、小さなメダカと小さな卵を捜す子どもたち。
 「どこにいるのかな?」「いた、いた!!」「おおきくなぁれ」
 成長していく様子を、子どもたちと一緒に観察していきたいと思います。
 
 

 やまぶき名前なし

 【やまぶき(4歳児)の教育・保育目標】
  ・生活に必要な習慣を身につけ、自ら考えて行動し、自分の力で行動することに充実感を
   味わう。
  ・友だちや異年齢児との繋がりを深め、集団で活動することを楽しむ。
  ・散歩に出掛け、豊かな自然に触れて発見や感動を、友だちと一緒に喜ぶ。





 

 DSCN8306


こでまりは子育てセンターかきのみ内にある児童発達支援事業所です。かきのみブログには以前より
時々登場しているのでご存知の方もおられると思いますが、今年度はこでまりでの生活も紹介していきます。
 
 こでまりの活動の一つに運動あそびがあります。外部講師曽布川訓子さんをお招きして「からだ」「こころ」「あたま」を育む運動プログラムです。今月もサーキットではマットや平均台、ボールなどを使い子どもたちが自分でやりたいものを選んで楽しんでいました。

 DSCN8262

メインの活動です。
お花紙をビリビリ破いてちぎってたくさん集めてうちわであおぐと・・・

DSCN8273


「うわー!」子どもたちは大喜び。指先を一生懸命使ってお花紙をちぎり、すぐにでもうちわであおぎたいけれどみんなの準備ができるまでちょっと待ちます。そして、色とりどりのお花紙が舞い上がる様子をみんなで楽しみます。運動あそびは、活動の一つ一つが育つ力に繋がるようにプログラムが組まれています。来月はどんな活動が計画されているか、保護者の方も子どもたちとともに楽しみにしています。
 
 

 

 開園4年目を迎えました。
 新しいお友達が増えて、こでまりさん(発達支援事業所)と合わせて133名でのスタートです。
 園庭には、春の花が咲き、新緑の葉が青空に映え、気持ちのよい風が吹き、入園・進級をお祝い
 してくれているようです。
 

 園庭には、
たくさんの種類の花が咲いていますが、クラス名となっている花と実を紹介させて
 いただきます。

 DSCN8245

 あんず(1歳児)の実です。
 いくつもの実がなっていたのですが、興味津々の子どもたちに収穫されてしまいました。


 DSCN8263

 もみじ(3歳児)の花が咲きました。
 「もみじって、はながさくの?」「どれがはなかな?」


 DSCN8252

 ドレミの広場(中庭)には、やまぶき(4歳児)の花が咲いています。


 DSCN8254

 園舎北側の花壇では、こでまり(発達支援事業所)が咲き始めました。
 ”こでまり”は、小さな花がたくさんあつまり、ひとつの「てまり」のように咲く花
 です。
 一人ひとりの小さな力も、共に過ごす仲間たちの中で、より大きな生きる力として
 育まれるよう支援します。


  

【今年度保育テーマ】 「つながる」
 
地域・異年齢・保護者・他園・さまざまな人たちとのつながりの中で生まれる
 輪を大切にし、みんなで育ちを共有していく。


 やまもも

 【やまもも(2歳児)の教育・保育目標】
 ・保育者や友達に親しみ、一緒に遊びを楽しむ。
 ・自分でしようとする意欲を持ち、生活習慣を身につける。
 ・様々な自然に触れて、伸び伸び遊ぶ。


 さざんか

 【さざんか(5歳児)の教育・保育目標】
 ・基本的生活習慣や態度を身につける。
 ・様々な人との関わりを通して自信を持ち、意欲的に取り組む。
 ・様々な生活経験や自然の中で得た、体験や発見・感動を表現する。
 ・友だちや異年齢児との繋がりを深める。









 

 3月16日(土)中庭にて、「すだちのいっぽ」を執り行いました。
 園児21名、こでまり(発達支援事業所)4名、計25名の卒園です。
 当日は、雨の予報だったので心配していたのですが、うっすらと日が差し込み、子どもたちの
 卒園をお祝いしてくれているようでした。

 
 DSCN7808

 卒園児入場。
 緊張気味の子どもたち。
 保護者のみなさま、在園児、来賓のみなさま、職員、フルートの音色に迎えられ、
 1年間の思い出の写真が飾られた中庭を一周して着席します。
 

 DSCN7821

 卒園証書授与。フルートの音色が会場を優しく包みます。
 園長先生から卒園証書を受け取り、将来の夢をみんなに聞いてもらいました。

 
 DSCN7825

 来賓のみなさまから、お祝いの言葉をいただきました。
 さざんかさん(5歳児)はもちろん、在園児代表のやまぶきさん(4歳児)も、
 真剣な顔で聞いていました。

 
 DSCN7832

 やまぶきさん(4歳児)からの送る歌 「みんなともだち」
 卒園の歌 「夢わかば」
 職員からの送る歌 「最後のプレゼント」
 そして、卒園児退場。
 温かい拍手と、軽やかなフルートの音色に送られ、堂々と胸を張っての退場です。

 
 DSCN7853

 一度、控室に戻り第2部のチケットをもらいます。
 場所を保育室に移して、第2部の始まりです。
 
 毎年2部は、保育テーマに基づき計画します。
 
 音あてゲーム「だれのこえ?なんのおと?」
 職員の声や、普段の生活で使っている物の音を聞き当てます。
 かきのみオーケストラといっしょにたのしもう!
 「たのしいね」「さんぽ」「かきのみのきか」を職員の合奏に合わせて、さざんかさん
 保護者の方に、歌で参加をしてもらい、楽しい時間を過ごしました。

 
 DSCN7901

 保護者の方から、名前に込められた想いを書いた手紙を読んでもらい、保護者会長さん
 から、記念品をいただきました。(自分で書いた名前を印鑑にしました。)
 手紙を読んでもらっている時の、恥ずかしそうな嬉しそうな顔に心が温かくなりました。
 そして、どの子の名前にも、おうちの方の気持ちが込められていて感動しました。
 
 さざんかさん、卒園おめでとうございます!!
 いつでも、遊びに来てください。待っています。
 
 
 
 


 
 
 

 森林公園で、「おたのしみデー」を楽しんでいる子どもたち。
 〈なかまあつめゲーム〉で作るおともだちの輪がだんだんと大きくなって・・

 7.仲間あつめゲーム-3

 最後は、「てをつなごう」の曲に合わせて、みんなの気持ちがひとつになったような
 大きなひとつの「輪」になりました。


 8.かきのみ歌合戦-登場

 9.かきのみ歌合戦

 続いて、〈歌合戦〉
 ステージ裏でスタンバイしていた子どもたち。
 扉が開いて、いざステージへ!! 恥ずかしそうに、嬉しそうに登場した子どもたちの
 顔が印象的でした。
 あんずさん(1歳児)とやまももさんが一緒に(2歳児)「きゃべつのなかから」を、
 もみじさん(3歳児)・やまぶきさん(4歳児)・さざんかさん(5歳児)は、異年齢
 グループになって「にんげんっていいな」「ハッピーチルドレン」を披露しました。


 10.みんなでおどろう

 最後は〈みんなでおどろう〉
 3月に入ってから、朝の体操のあとに毎日踊ってきた「かきのみのきか」
 歌も踊りもしっかり覚えています。みんな、楽しそうに歌って踊っていました。


 11.カレー

 12.カレーおかわり

 楽しく遊んだあとは、ランチタイム。
 あんずさん(1歳児)は、おうちのかたが作ってくれた「おにぎり弁当」を、
 やまももさん(2歳児)~さざんかさん(5歳児)は、「かきのみ特製カレー」
 をみんなで、楽しく、おいしくいただきました。
 
 おかわりもして、お腹がいっぱいになったさざんかさんは、2時間半かけて園まで
 元気に歩いて帰ってきました。
 園外保育や、日々の保育の中で歩く力をつけてきました。これからも自信をもって
 歩んで行ってほしいと思います。
 
 さざんかさん(5歳児)との最後の行事をみんなで楽しく過ごすことができ
 またひとつ素敵な思い出ができました。
 この一年、かきのみのリーダーとして頑張ってくれたさざんかさん、ありがとう!!
 

 
 


 

 

 3月8日(金)さざんかさん(5歳児)の卒園をお祝いして、1歳児~5歳児で
 森林公園にでかけました。

 【ねらい】
 ・1年間一緒に過ごしてきた異年齢グループの友だちや、クラスの友だち、こでまりの友だち
  先生たちみんなで「きこえる」をテーマに集団遊びや歌合戦などして楽しむ。

  
 ・もうすぐ卒園するさざんかさん(5歳児)との最後の行事を楽しみ、思い出づくりをする。


 1.バス

 初めて乗るバスに興味津々のあんずさん(1歳児)
 「ばす、おおきいね」


 2.歩く1歳児

 バスを降りて、会場となる「イベント広場」まで、山道を歩きます。


 3.歩く3歳児

 途中、森林公園の地図がありました。真剣なまなざしで地図を見るもみじさん(3歳児)
 「いま、どこかな?」「いべんとひろばはどこかな?」


 4.到着後の自由時間-舞台裏

 「イベント広場」に着きました。
 「おたのしみデー」開催までの自由散策の時間。
 ステージの裏に小窓をみつけたもみじさん(3歳児)
 「なにがみえるの?」「ひろばだ!みんなもみえるよ」
 
 自由散策の時間のあとは、待ちに待った「おたのしみデー」の始まりです!
 

 5.仲間あつめゲーム-1

 6.仲間あつめゲーム-2

 〈なかまあつめゲーム〉
 ピアノの音を聞いて、クラスごとに保育者の所に集まったり、音の数と同じ人数のグル
 ープを作ったりして遊びました。
 「やまももさん(2歳児)、カエルになって先生のところにあつまれ~」
 「せんせい、ど~こだ」「こっち、こっち」
 作ったおともだちの輪で「ひらいた ひらいた」のわらべ歌遊びを楽しみました。
 




 


 3月1日(金)、春をたくさんみつけてくれた子どもたちに、はおりを脱いだおひなさま
 からお礼の手紙が届いて、待ちに待った「春をむかえる会」のスタートです。
 


 はなし

 朝の集会で、おひなさまからのお礼の手紙と、コーナー遊びの説明を聞きます。
 

 パネルシアター

 〈パネルシアターコーナー〉
 ひな祭りの由来を知りました。


 ひなあられ

 〈ひなあられコーナー〉
 中庭で、園長がさざんかさんが作ってくれた「あられ」を揚げて「ひなあられ」を作りました。
 ジュワジュワ、パチパチの音とともにあられの良い匂いが中庭に広がると、子
 どもたちが集まってきました。
 「いいにおい!」「ちょっとあまいね!」
 「おひなさまもたべるかな?」と言って、おひなさまにも届けました。
 

 笛

 〈五人ばやしの笛・太鼓コーナー〉
 牛乳パックで作った笛(カズー)と、ミルク缶太鼓・小太鼓・大太鼓で、
 「うれしいひなまつり」を演奏しました。
 「これ、ふえなの?」「ふしぎなおとがするね」「おもしろい!」


 ゲーム

 〈ゲーム:ひなあられをおひなさまに届けようコーナー〉
 大きな扇子に「ひなあられ(ボール)」を乗せて、おひなさまのところまで
 届けます。
 「そっとそっとね」「やった~」
 
 
 コーナー遊びを楽しんだあとは、ひな祭りメニューのランチです。
 ちらし寿司・鰆の西京焼き・春キャベツの昆布和え・花麩のすまし汁・いちご
 午後のおやつには、「ひし餅ババロア」をいただきました。
 五感をたくさん使って、楽しく過ごせた「春をむかえる会」でした。
 



 

 2月18日(月)さざんかさん(5歳児)が、園の「ひな人形」を飾って
 くれました。すると翌日、おひなさまから手紙が届きました。
 それから、春さがしにでかけたり、ひなあられを作る準備をしたり・・・
 と、「春をむかえる会」を楽しみにしてきた子どもたち。

 
 【ねらい】
 ・春さがしにでかけ、春の自然物に触れて、春の訪れを感じる。
 ・ひな祭りの由来を知ったり、ひな飾りにちなんだコーナー遊びを楽しむ。


 ひな人形

 
さざんかさん(5歳児)が、本を見たり、保育者に聞いたり、友だちと協力
 しながら、「ひな人形」を飾ってくれました。
 「これは、なに?」「ちゃどうぐ?」「どこにおくのかな?」
 
 次の朝登園してみると・・
 「おひなさま、こーときてる!」おひなさま達がはおり  を着ていました。
 よく見ると、おひなさまの横に手紙が置いてありました。
 「おひなさま、さむくてがぬげないんだって!」
 「はるをみつけてほしいんだって!」「さがしにいこうよ」
 と、さっそく「春さがし散歩」に出かけました。


 春さがし

 つくし、たんぽぽ、ほとけのざ、ふきのとう・・
 毎日少しずつおひなさまのところに「春」が届きます。
 「おひなさま、あったかくなったかな?」「はおり、ぬげるかな?」
 と、心配する心優しい子どもたち。

 
 ひしもち買い

 さざんかさん(5歳児)は、「春をむかえる会」のおやつで食べる「ひなあられ」
 の準備に取りかかります。
 まずは、22日(金)近隣のスーパーに「ひし餅」を買いに行きます。


 ひしもち切り

 ひしもち乾燥

 25日(月)買ってきた「ひし餅」を切って、網に入れて乾燥させます。
 「どんなにおいがするのかな?」「おもちってかたいね」


 羽織ぬぐ

 「あ、はおりきてないよ!」
 子どもたちが春を見つけてきてくれたので、ひな人形がはおりを脱ぎ始めました。
 「おひなさまは、まださむいのかな?」「もっと、さがしてくるね」
 おひなさまが、みんなはおりを脱げるのも、もうすぐのようです。



 

 



 
 

↑このページのトップヘ