Birth

福島県でビスクドールを作っていましたが、埼玉県に引っ越しました。 人形製作の様子をお伝えします

昨日、10月13日栃木市の例幣士街道で歌麿道中
というイベントがありました。
昔の栃木市は、巴波川を交通手段として 、
江戸の町との商売も盛んで、
豪商といわれる人もいて、賑やかだったとか。
そんな、景気のよい時代に、歌麿さんも
栃木の豪商の家で、絵を描いていた時代があったらしい。
そんなご縁もあって、栃木市では歌麿推しのようです。
DSC_0781

DSC_0788

花魁さん、美しい~❗️
DSC_0808

歌麿さん役の方

途中からは、人力車で
DSC_0825

DSC_0829

DSC_0844

久しぶりに羽生くん以外の投稿でした(笑)

なかなか更新できなくてすみません
忙しくて、気の休まらない日々が続いています

そんな中、一番の楽しみだった
羽生選手の2018-2019シーズンの初戦
オータムクラシックが開催されました

カナダのオークヴィルで開催されたオータムクラシックは、
ISUチャレンジャーシリーズ
私はあまり詳しくないのですが、
グランプリシリーズの前哨戦という感じなのではないかと思います

男子ショートプログラムは日本時間9月22日の午前2時頃から
羽生選手は大体午前4時頃登場の予定だったので、
見る予定はなかったのですが、目覚ましもかけないのに、目が覚めた!
ライブストリーミングの配信があったので、
オンタイムで見てしまいました。

オリンピック2連覇を果たして、
これからは勝負に拘りすぎないで、
自分の為に滑りたいと言っていた羽生選手
そうだよね~。
じぶんのすべりたいように滑ってくださいと思ってはいたけど、
なぜか物足りなさを感じてしまった。
スマホの小さい画面で見たからだよね~と思っていました。

今期のSPは「秋に寄せて(Otonal)」
羽生選手がまだスケートを始めたころからの
憧れのスケーターであった、
ジョニー・ウイアーさんがフリーで使っていた曲
IMG_20180924_222026
こちらの衣装素敵ですが、私的には前の丈が短すぎてちょっと違和感・・・。
後姿の方が素敵だと思いました
IMG_20180922_064219
SPは首位発進でしたが、まさかのスピンが0点で得点は伸びず
スピンにも定評があったので、意外でした。
しかし、オリンピックで二連覇した後のシーズン初戦、
十分よね~と思っていました・・・。

そして翌日も、4時少し前から起きだして、
フリーのライストの準備、
楽しみでワクワクですが、はっきり言って、寝不足です!
しかし、見ないではいられないファン心理・・・辛い

そして始まったフリーの演技
こちらも羽生選手が尊敬するプルシェンコさんがフリーに使っていた曲
「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジしたもの。
プログラム名は「Origin(オリジン)」
自分のスケート人生の起源や原点回帰を意識して
羽生選手自らが名付けたそうです
こちらの振り付けは、SEIMEIと同じシェイリーン・ボーンさん
何と、日本の古事記からインスパイアされた振り付けなのだそう。
日本人でもめったに読まない古事記を読むなんて、
作品作りに対する真摯な姿勢に驚かされました。
IMG_20180924_221145
衣装がエロい・・・。
す・・すみません。
つい本音が・・・(笑)
それが言いたかったのではなく、
この衣装、プルシェンコさんのイメージで、黒地に透け感をもたせた
ものだと思っていたら、ちゃんと羽生くん風味がたっぷり入っていた
IMG_20180927_094906
何と、全部羽の形の生地でできているではありませんか
これはエロい・・・いやいや
これは人形にするとき大変だ!
こんな衣装再現できません!
衣装作るだけで、死んでしまいそう
20180922-00000177-spnannex-000-10-view
こちらはフィニッシュポーズ

フリーの演技も初戦なのでこんな感じかなという感想
ジャンプの転倒があったり、
前人未到の4T(4回転トーループ)+3A(三回転アクセル)が
入らなかったり、やっぱりスピンで取りこぼしがあったり、
羽生選手といえば、音はめが素晴らしいのだけど、
音に追いつくのが精一杯という感じだったりと、
作品としての完成はこれからかなという感じでしたが、
二連覇後のシーズン、
勝負に拘らないのだもの、
楽しんでくれればそれで良いと思っていたけど・・・。

演技直後、羽生選手自ら、楽しむはずのシーズンを
「勝たないと意味がない」シーズンに変更してしまったようです
IMG_20180925_140700
この直前、多分「ちくしょー」と吠えたような・・・・
演技内容が、よほど悔しかったようで、
楽しむシーズンは早々に終わってしましました・・・。

しかし、これこそが私が物足りなかった原因なのかも・・・。
やはり、羽生選手と言えば、優しい外見とはかけ離れた
勝負に対して闘志メラメラの激しさがないと・・・。

この瞬間、羽生結弦がやっと戻ってきた~と
私も興奮してしまいました。

結果は、フリーは韓国のジュンファン選手に次ぐ2位ながら
合計得点で首位を護り、優勝でした。
おめでとうございます!
361075-1537680832-30750
良かった~

しかし、羽生選手、なぜか、カナダの選手扱い
360426-1537666150-32384
名前の横の国旗がカナダ国旗ですね。
しかも、会場アナウンスまで
「ユヅル ハニュ~ フロム カナダ」だったらしい。
確かに会場からわずか30分のカナダのトロントから来てますが・・・(笑)。
羽生選手は日本の宝ですぞ!
そんなに簡単に差し上げられません。

そして真偽の程は分かりませんが、
オータムクラシックのメダルはメープルの香りがするとかで、
メダルをクンクンしまくる羽生選手
396764-1538192790-15074
ホントかな~。

というわけで、次の試合が楽しみです。
次は、グランプリシリーズ第三戦フィンランド大会
ヘルシンキで開催されます
羽生選手の登場は11月3日だったかな?
テレビで応援します。

写真はお借りしました。
ありがとうございます。



少しご無沙汰してしまいました
家庭の事情で、忙しくなっておりますので、
当分、スローペースになってしまいまそうです。

前回の投稿で、横浜の羽生結弦展に行ってきたことを書きましたが
その際、超人気で入手困難になってしまっている
羽生くんのコスチュームキューピーの抽選に申し込んできました。
そうしたら、一昨日何やら気になる封筒が届きました
BlogPaint
こ、これはもしかして・・・
DSC_0766
当たった~!

こちらは当選通知のみで、これからお支払いをして届けていただきます。
実物の画像がこちら
Dad6aNRVMAAM4oB
羽生くんのコスチュームを身に着けたキューピーちゃんのセットです

チゴイネちゃん、ファントムくん、SEIMEIさま、クレイジーくん
可愛い!

ちょっと気持ちが落ち込むことがあって、
沈んでいる気持ちを癒していただきました

私、考えたら、羽生選手に励まされてばかりだ。
何もやる気が起きない病になっていた時、
平昌オリンピックの羽生選手の演技を見て、目が覚めて、
アイスショーのチケットが当たって、生羽生くんを見て立ち直り、
今回、落ち込んでいたら、キューピーちゃんが・・・。
何だか本当に神様みたいだ~。
ありがとう!羽生様!
前向きに頑張ります!

これから、通販でも買えるようなので、
希少価値はなくなると思うけど、
やはり、タイミングがうれしすぎて、
かけがえのない贈り物になりました。

そして、少し前の話題ですが、
8月30日、カナダのトロントで羽生選手の練習が公開されました。
今シーズンのプログラムは
ショートプログラムが「秋に寄せて」
こちらは小さい頃の羽生選手があこがれていた
ジョニー・ウイアーさんがフリーで使っていた曲
そしてフリープログラムが「オリジン」
こちらも、あこがれのプルシェンコさんの伝説のプログラム
「ニジンスキーに捧ぐ」で使っていた曲です。


オリンピックで二連覇を果たした羽生選手が、
今期は自分の為に滑っても良いかなということで、
自分の起源となる二つのプログラムを選んだようです。

公開練習の様子こちらから見られます
BSフジのフィギュアスケートTVより

https://www.youtube.com/watch?v=ok_TH5npX_E

練習なのに、すでに心を揺さぶられる!
きっと彼の最高傑作になると思います

最後の決めポーズも素敵
オリジン261399-1535862129-10126

羽生選手の初戦、
9月22日のオータムクラッシックでその全貌が明かされます
ワクワクドキドキが止まらない!

私は難しそうですが、
ライブストリーミングで見られます
https://www.dailymotion.com/skatecanada

ここから登録をして、
スケートカナダをフォローして
配信のご案内が来るようにしておけば
オンタイムで見られると思います。


人形の話題はもう少し先になると思います。
もはや、人形ブログではなく羽生選手ブログにした方が良いかも・・・。

昨日、横浜高島屋で開催されている
羽生結弦展を友人と二人で見に行ってきました。
DSC_0752
思えば4月に日本橋の高島屋で開催されたときは凄かった。
2回行ったけど、行列とグッズの品切れ札のオンパレードで、
羽生くん人気の凄さを実感しました。
あれから4か月、大阪、京都、新潟、仙台、名古屋と回って
いよいよ最終地の横浜です
DSC_0733
横浜では、とうとう来場者数の累計で
50万人を超えたようで、相変わらずの羽生くん人気を実感します。
ただ、平日ということもあり、以前日本橋を体験していた私は
若干拍子抜け、行列に並ぶこともなく、
展示も、グッズもゆっくり堪能できました。

そして、日本橋では見られなかった、パレードの写真や
パレードの車についていたエンブレムの展示もあり、
何度見ても、感動です!
前回は一人だったので、衣装の細いね~足長いね~
は心の中で噛みしめましたが、
今回は思う存分細いねを連発してきました(笑)。
あ~満足

一緒に行った友人は初めてだったのですが、
見る前は、一回みれば十分だとか言っていたのに、
見た後は、近くだったら毎日でも行きたいと態度も急変。
ほんと、無料でこの感動を体験できるのだから、
行ける方は見ないと損ですよ~

そしてお昼はトースティーズさんで、
フレンチトーストを友人とシェアして頂きました。
名前は忘れてしまったのですが、
アイスとバナナブリュレのついたものと、
ベーコンとチーズを挟んだものに杏ジャムがかかったもの。
DSC_0735
こちらのお店は、葉山の日影茶屋さんの系列のお店ということもあり、
どれもお味は本格的!
美味しく頂きました。

お昼を食べて、もう一度展示を見て再び感動!
そして、7階で、羽生選手が仙台のパレードの時プレゼントされた
オルゴールが飾ってあるというので、
そちらも拝見
DSC_0736
親切に音も聞かせていただきました。
優しいバラード一番が流れました。
ただ、お値段も凄いので、とても手が出ませんが、
3か月待ちらしいです。

展示の仕方も、少しづつ違う
日本橋ではショーウインドウに展示してあった写真が
一回の柱部分に
DSC_0737
DSC_0739
DSC_0741
そして、国民栄誉賞の時のお写真も
DSC_0742

この日は、日本橋で品切れで買えなかったグッズを中心に購入
DSC_0758
ただ残念ながら、ホープ&レガシーのキーホルダーだけは
品切れしていて、買えなかった・・・。
欲しかったのに~。

その後、はしごして
日本橋高島屋のNHK杯銀盤の軌跡展へ移動
DSC_0743
こちらは写真も撮っても良かったのでうれしかったのですが、
衣装を着せてあるトルソーが体形に合ってなくて残念
DSC_0744
荒川静香さんの衣装は肩が入らなかったのか切れているし
DSC_0746
羽生くんの衣装もバッツンパッツンで、
イメージ壊れてます

羽生結弦展を見た直後なので、余計に気になった

ただ、こちらでは過去のHNK杯の様子を
8K画像で流していて、思った以上に8Kが凄くて引き込まれました。
2次元なのですが、立体で浮かび上がってくるような錯覚に陥りました。
4回見ちゃった
8K凄いです。

DSC_0749
一緒に写真を撮りましょうコーナーです。
今年の全日本では、またこのお二人の演技が同時に見られるのでしょうか?
楽しみです。

そしてこちらでもグッズを販売しています。
私は羽生くん愛用のアイスリンク仙台の手袋を購入しました。
DSC_0760
今年の冬が来るのが楽しみだ!

そして、今日は夫と再び羽生結弦展へ!
50万分の4です。
私は何度でも見たいので、
ぜひ夫にも羽生くんを好きになってもらいたいと思っているのですが、
今のところ計画は失敗のよう・・・。
とりあえず、計画継続します!(笑)。





ねえねえ、羽生くん❗️
自分では完璧に人間になりきっていると思っているだろうけど、
時々ボロが出ているよ❗️
気をつけて❗️
ほら❗️背中の羽が収納しきれていない😨
IMG_20180812_132324

写真に照明が当たった時にも、
羽が浮かび上がってしまっているね~❗️
IMG_20180812_132356

気をつけて❗️

そして、凄く素敵なお名前だけど、どう見ても天使だってバレバレだよね😌

私も、そうじゃないかと思っていたんだ~😓
だって、人間離れしたあのジャンプ❗️
助走もしないで軽く跳んでいるようにしか見えないのに、高さも飛距離も半端ない❗️❗️
羽を持っていないと無理だもの❗️

今まで、バレないようにジャンプも抑えていたのかな?
だったら、4Aなら跳んでも大丈夫そうだよ~✨
今や、4Aを最初に跳ぶのは羽生結弦しかいない
と言われているからね。

誰ですか?
とうとう頭がおかしくなったと言っているのは(笑)
砂漠期を乗り切る為に、
このくらいの妄想はお許しください。
というか、本当に羽生くんは天使😇じゃないかと
思っています。

私を含め、多くの人を救い、幸せを与える😆🍀って、
神か、天使か教祖位しかいない❗️
その中でこんな無垢な瞳を持っているのは
IMG_20180723_214552

やっぱり、天使だ❗️

画像は、ありがたくお借りしました。

このページのトップヘ