Birth

福島県でビスクドールを作っていましたが、埼玉県に引っ越しました。 人形製作の様子をお伝えします

一年半ほど前、人形展の講評で、酷評され、
デッサンからやり直さないとダメだけど、
やり直すには年を取りすぎているので無理です!
なんて絶望的なお言葉をいただいて以来、
すっかりやる気をなくしていました。

そのうちやりたくなるかな~
なんて思っていたけど、一向にやる気がおきなくて、
やめるかな~
なんて思っていた時、
岩槻の人形展でご一緒した作家さまに
片桐裕司彫刻セミナーのことを教えていただきました。
ハリウッドで活躍されている片桐 裕司先生が
じきじきに教えてくださる、ありがた~い彫刻セミナーです。

才能がないうえに、年を取りすぎているんだと思い込んでいたので、
セミナーでも、「才能がないから帰った方が良い」と言われたらどうしようと
不安だらけでしたが、このままやめてしまうのも
なんだか悔しい気がして、
藁をもつかむ気持ちで、飛び込んでみました。

そこで学んだことは、本当に一部の特別な人を除いて、
才能なんて関係ないということでした。
知識を積み重ねて、それを積み上げて行けば、
誰でもできることなんだということ。
救われた気がして、涙があふれてしまいました。

以前酷評された人形を見ていただいて、
いろいろと直すところもあるけど、
人形の気持ちがちゃんと伝わってくるものになっているので、
一番大切なことができているのだから、
止めるなんてもったいないよと・・・。
またまた号泣(笑)

その人形と一緒に写真を撮っていただきました
片桐セミナー

もう、それからは粘土を触るのが楽しくて楽しくて!
といってもそんなにすぐにうまくつくれるわけではありません。

参加したのは、初心者向けの胸像を3日間でつくるコースです。
今、私は作りたいものを聞かれると即答で羽生くんなので(笑)
まずは課題のデザイン画です
羽生
久々に絵を描きました

まずは、30分で胸像を作る
当然(?)素人はこうなります(笑)
後ろの羽生くんの写真に申し訳ない
粘土

その後、頭骸骨の骨格や顔の筋肉のつき方や、
表情のつき方など先生のデモンストレーションを見て
作りこんでいきます
デモ

胸像
先生の手は、魔法の手!
あっという間にこのとおり!

そして、魔法の手を持っていない私の作品
近づいているけど、ちょっと違う羽生くんがこちら
粘土羽生
涼しげな目元が違うんだよな~

セミナーは終わったけどもう少し近づけるよう
触りたいと思っています

次は、全身を作るコースを受けたいと思っていますが、
キャンセル待ちなので、どうなることやら。

まあ、とにかくもの作りの楽しさを思い出して
粘土を触るのが楽しくて仕方がないという気持ちになれたことは
大収穫です!

片桐先生とスタッフの神吉さんに感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

セミナーのHPはこちら
http://chokokuseminar.com/

私のように行き詰まっている方もそうでない方も
彫刻に興味のある方ぜひ!
ただ、あまり宣伝するとますます混むので困る(笑)

そしてブログで私の作品を紹介して下さっています
HPのブログのコーナーから探してください
(リンクを張ったのですが、うまく飛ばないので)

最後に写真で見る先生はちょっと怖そうに見えますが(笑)、
とても親身になってくださる方なので安心して大丈夫です












本日 3月1日より 人形のまち岩槻で
創作人形公募展が開催されております
DSC_0464

私は
P2280734
ちょっとバージョンアップした彼岸花の子
タイトルもちょっと変えて「恋しくて・・・」

そして
P2280738
P2280740
「風を感じて」の2作品で参加しています

結果は彼岸花の子の入選でした。
作れない日々が続いていたので、とてもうれしかったです。

私の人形よりも素敵な人形が沢山あって、楽しめます。
また同時に岩槻のまちの雛巡りイベントも開催されています

お時間のある方はぜひいらしてください

会期 2018年3月1日~4日
時間 午前10時~午後5時(最終日は午後3時30分まで)
会場 岩槻駅東口コミュニティセンター
  「WATSU西館3階・4階」特設会場

そして、前回の投稿を読んでいただいている方にはわかってもらえるかな
羽生結弦選手の特集記事の載った本入手!
読んでまたきっと泣きますね(笑)
DSC_0465
さらにあと二冊届く予定です(笑)
どれだけ泣きたいのでしょうね~

写真を見ながら、こんな人形を作りたいと思ったり・・・。
早速良い効果が出ているかも(笑)。





恒例になってしまったご挨拶 

ご無沙汰しております。
すみません。

そして久しぶりの更新は平昌オリンピックのこと 

スポーツにそんなに興味もなくて、
今までこんなに一生懸命テレビを見たこともないのですが、
今回、なぜかはまっています。

年甲斐もなく、平野歩夢選手に胸キュンだったり、
羽生結弦選手に感動したり・・・。
特に、羽生選手の演技だけでなく、その後のコメントにも涙が止まらない(笑)。
年齢とともに涙もろくなっているのはたしかだけど、
どうしちゃったのだろう?
あまりのことに、自分でも不思議なので考えてみました。

そして気が付いたことは。
これは感動の涙だけではなくて、きっと悔し涙もふくまれているのだろうということ。
一日一日を無駄にしないで、自分にできることを精一杯やって輝いている選手たち・・・。
それに比べて、自分は毎日無駄に生きているな~という後悔・・・。

調べてみたら、中年のおば様が羽生選手にはまる心理として、
代理達成というものがあるらしい。
輝けなかった自分の人生の代わりに、輝いてくれる選手を応援するのだそう・・・。
そこに情熱が傾けられるならそれで良いと思うけど、
私はそこまで他人の人生に思い入れすることはできないので、
もう少し自分の人生を一生懸命生きないとな~と反省しています。

このまま、無駄に生きていると、死ぬとき後悔するよな~と思うので、
今更ですが、自分の人生にリベンジ!
今から何かを成し遂げることはできないですが、
せめて死ぬときに後悔しないように生きたいと思いました。

こんな当たり前のことに改めて気づかせてくれた羽生選手に感謝です。

こんな記事を投稿するのもどうかと思いましたが、
この気持ちを忘れないよう敢えて・・・。

少しずつですが、人形も作っています。
一年ぶりのビスクの人形制作は、細かいことを忘れてしまって、
失敗が多かった・・・
やらないとこうなるのね~と反省。

集中力が続かないので、なかなか進まないのですが、
ゆっくりと頑張りたいと思っています。


明日、10月7日から
第三回 人形のまち岩槻  創作人形フェスティバルが始まります
私は第一回から参加させていただいています

こちらの人形展は、岩槻の伝統的な人形を作る人形店さんにご協力をいただき、
お店に伝統的ではない創作人形を展示していただくということで、
伝統と創作の融合を楽しんでいただくイベントです。

一か所ではなく、街中の7件の人形店さんと
料亭さんに分散して展示されることで、
街歩きも同時に楽しんでいただこうという試みになっています
DSC_0277
DSC_0278
私は3番の人形の明玉さんに4作品展示していただいております
P2280670
雪の女王
P8010616
できるもん!
P4130715
 恋
CIMG2898
祈り
以前の作品ばかりですが
見ていただいていない作品もあると思います

お時間と興味のある方、ぜひ遊びにいらしてください

会期 10月7日~15日
時間 午前10時~午後4時
会場 岩槻駅東口周辺の協力人形店・協賛店


やっとの記事で久しぶりに作り始めた小さい人形
DSC_0194
何とか完成しました
DSC_0255
DSC_0257
DSC_0258
座っているので、高さ6センチ位です

この子は蓮池と組み合わせての展示になります
DSC_0264
DSC_0259
テーマは「親指姫」
ヒキガエルに誘拐された親指姫が、蝶々に助けられ
蓮の葉にのって川を流されて行く物語の一場面を表現しました
私のブログ通の方は何だか見たことのある蓮池かも・・・(笑)

こちらは狭山市博物館で現在開催されている
アンデルセン展の企画イベントで
DSC_0267
10月1日から開催される「第三回みんなのアンデルセン展」
で展示していただきます
(アンデルセン展は8月26日から開催されていますが、
作品が展示されるのは、10月1日からです)
こちらは、人形展ではなく、アンデルセンに関する作品なら何でもOK!
というイベントになります
私の作品も、人形か蓮池か蝶々か・・・何が主役かわからない作品ですが、
アンデルセン童話の一場面ということで、OKと思われます

こちらの作品展、見に来てくださった方の投票で賞が決まります!
ぜひよろしくお願いいたします

第3回みんなのアンデルセン展
 場所:狭山市立博物館
 住所:埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
     TEL:04-2955-3804
 展示期間:10月1日(日)~22日(日)
 (毎週月曜日は休館日になります)
 時間:9:00~17:00
西武池袋線 稲荷山公園駅下車 徒歩4分程です

アンデルセン展は150円入場料が必要ですが、
みんなのアンデルセン展を見るだけなら、無料です
アンデルセンに興味のある方、ぜひお出かけください

このページのトップヘ