Birth

福島県でビスクドールを作っていましたが、埼玉県に引っ越しました。 人形製作の様子をお伝えします

2014年11月

11月14日~16日は栃木市の秋祭りでした

私は、ちょうど栃木に行っていたので、お出かけ~

栃木市は江戸時代、豪商がたくさんいたらしく、
歌麿もそんな豪商の家に逗留していたことがあったそうです

そんな力のあった頃の栃木を偲ばせてくれる
豪華な山車の数々が大通りを巡行します

山車は、各町内でそれぞれ作られたようで、
それぞれの町の豊かさを表しているようです

私のお気に入りは「天照大神」
DSC_0393
こちらは萬町一丁目の山車
DSC_0395
豪華な上に、お顔も品があって素晴らしい
DSC_0449
後から見ても、豪華でしょ

そして巡行していた中で最も古い
静御前は嘉永元年の作
DSC_0400
こちらは、倭町3丁目の山車

DSC_0404
神武天皇 倭町2丁目の山車

DSC_0412
桃太郎 室町の山車

DSC_0432
日本武尊 萬町2丁目

DSC_0439
スサノオの尊(漢字変換できなかった) 萬町3丁目

DSC_0445
仁徳天皇 嘉右衛門町

DSC_0453
弁慶 大町
こちらは弁慶の前で笛を吹いている牛若丸役の子が可愛かった

DSC_0457
そして、夫の実家のある泉町の山車は
「諌鼓鶏(かんこどり)」

かんこどりって、閑散としたイメージの方も多いと思いますが、
本来の意味は、天下泰平の象徴です。
良い政治が行われ、訴えを聞く太鼓を叩く者が無く、
鳥が太鼓に巣を作ったという故事から来ています

ただし、豪華な山車の中にあって、かなり異彩を放っています(笑)

DSC_0408
倭町1丁目は山車ではなく獅子頭

DSC_0416
こんな可愛い子たちが山車の先導をしています

そしてお祭りは夜も
DSC_0458
こちらも、提灯の明かりに照らし出された山車が素敵

そしてお祭りの最後は
山車のお家に格納して
一本締めで、終わります
DSC_0476
いつもはあまり人がいないイメージなのですが、
お祭り中は、にぎやかでした~

このお祭り、毎年は大変なようで、
次の開催は、2年後になります
興味のある方は、憶えておいてね~






浅草橋の吉徳大光さんで
11月1日~9日まで開催されている
「うらら展」を見に行って来ました

吉徳大光さんということで、
和人形だけと思われるかもしれませんが、
創作人形も展示されています

お知り合いの作家さんの展示もあるし、
ちょうど市松さんを作って見たいと思っていたので、
これは良い機会だと、お出かけ♪

うらら展は店舗の3階で開催されています
ありがたいことに、入場無料

市松人形のコーナーは、写真撮影OKということだったので、
少し撮らせていただきました。

DSC_0375
和みます~♪
DSC_0376
表情がなんとも言えません
DSC_0377
ヘアスタイルに惹かれてパチリ
DSC_0378
市松人形と一言でくくってしまうのがためらわれるくらい
いろんな個性のお人形が展示されています

他にも、洋服を着た市松さんもいらっしゃいました

市松人形って、こうあるべきだと思っていた
私の思いこみを、木端微塵に吹き飛ばしてくれました

創作人形のコーナーは撮影禁止ということで、
撮りませんでしたが、こちらも個性的なお人形たちが
お迎えしてくれます

4階では、吉徳さんのコレクションも展示されていて、
こちらも入場無料で楽しめます

興味のある方は、ぜひお出かけください

私も、展示会を「見に行く」から、「参加する」に
変われるよう、頑張りたいな~と思った一日でした。




今朝、ゴミ出しに行こうと玄関を出たら、
眼の前に、綺麗なアーチの虹が・・・。

慌てて、カメラを取りに戻って、
撮った一枚がこちら・・・。
もちろん、手にはゴミ袋・・・(笑)。 image

ここのところ、何の理由もないけど、気分が落ち込むことが多く、
ブログの更新も滞り気味でしたが、
そんな気持ちをいっぺんに吹き飛ばしてくれた虹でした。

今日も、一日頑張るぞ!
皆さんもがんばって!

このページのトップヘ