Birth

福島県でビスクドールを作っていましたが、埼玉県に引っ越しました。 人形製作の様子をお伝えします

タグ:花

ブログの更新が滞っている間に、春がやってきましたね~♪
というわけでお花見~

北区にある飛鳥山公園の桜を見てきました
DSC_1232
JR王子駅から徒歩3分ほどかな
私は都バスで飛鳥山下車

午前中・・・、人出はそれほどでもなく、
満開に近い桜をのんびり散策できました
DSC_1222
DSC_1228

王子駅からなら無料のモノレールが5分おきに出ているようです
DSC_1233
DSC_1234

桜って、本当にいいですね~

前回
睡蓮の花の形まで作ったので、
今回は、細かい表情を付けます

花粉を作ります
片栗粉に山吹色の絵具を入れ、良く混ぜます
DSC_1150
良く混ぜて完成
DSC_1151
花のめしべと花びらの根元にボンドを塗って
作った花粉を振りかけます
DSC_1152
花びらに絵具で表情を付けます
DSC_1162
裏の外側の花びら3枚に緑で色を付ける
花びらの先と中央に少し濃いめのピンクで表情を付ける

本には油絵具を使うと書いてありましたが、
私は、水彩絵の具を使いました

DSC_1163
つぼみもこんな感じに

葉っぱはプレスして粘土を伸ばしたら
葉型に押し付けて、葉脈を移す
DSC_1159
こちらは、ゼラニュームの葉型
DSC_1161
葉脈がこんな感じに移せます
DSC_1160
色付けした状態

睡蓮の花、つぼみ、葉が出来上がりました
DSC_1164


最後に、蓮と睡蓮が違うというのはご存知でしょうか?
大きな違いは、葉っぱ
睡蓮は切れ目がありますが、蓮は切れ目がなくて、丸いです
そして、花が水面から大きく立ち上がっているのが、蓮で、
水面に近い場所で咲いているのが、睡蓮
そして、つぼみが緑色なのが睡蓮、花びらの色が見えているのが蓮

なので、今回作ったつぼみは蓮に近いのですが、
緑につくったらまったくかわいくなくて、花っぽくないので、
ちょっとアレンジしてしまいました

粘土で作る花、意外と簡単なので、ぜひ挑戦してみてください



前回
睡蓮のめしべとおしべまで作ったので、
今回はその周りに、花びらを付けていきます
DSC_1132
花びらは大6枚、中6枚、小6枚作りますが、
まずは大、中、小の球を作ります
DSC_1124
球を涙型にしてそれをプレスして花びらの形に伸ばします
DSC_1125
こちらがプレスする板
下にマットを引いてプレスするのですが、くっつく場合は
軽くハンドクリームを塗っておくとはがしやすくなります
DSC_1126
花びらのふちを棒で転がすと軽くフリルが付きます
DSC_1128
丸め棒を使って花びらに丸みを付けます
DSC_1154
丸め棒
DSC_1137
小舟のような形に作ります
DSC_1135
花びら小を貼り付けます
まず3枚をバランスを考えて、木工ボンドで貼ります
その間に来るように残りの3枚も貼り付けます
DSC_1136
同様に花びら中も貼り付けます
DSC_1138
花びら大6枚も貼り付けたら、アルミホイルの上にティッシュ、ラップをのせ、
形を整えて乾かします

形作りはここまで、次回は花粉作りと色付けをします

樹脂粘土で睡蓮を作ります
DSC_1153

参考にさせていただいたのは、川口紀子先生著の
「粘土でつくる 里山の小さな花と生きもの」という本です

まず樹脂粘土ですが、乾燥させて硬化させるタイプの粘土

近くの手芸屋さんに置いてあったのは、この2種類の粘土でした
DSC_1139
「フリーリ」と「モデナ」
どちらも1,000円弱で購入

どちらも半透明で白い粘土なので、色付けします
DSC_1130
粘土に色をのせて、練りこんでいきます
DSC_1131
色が均一になるまで練りこみますが、
乾燥すると固くなるので、手早く練るのが大切です
色は乾燥すると少し濃くなるので、実際の色より薄目で調整します。

まずめしべを作ります
DSC_1140
こんな形に成形したら
DSC_1141
茎の先にボンドを塗り
DSC_1143
差し込みます
DSC_1145
刃先の細いはさみでチョキチョキ
DSC_1147
こんな感じにカットし、乾かします

次はおしべ
DSC_1149
黄色のバラペップの真ん中にボンドを塗りなじませる
DSC_1148
半分にカットして、めしべの周りに貼っていく
DSC_1134
乾かし
DSC_1133
乾いたら、おしべをめしべの方に向ける

今回はここまで、次回は花びらを作ります

前回の記事で、どんな人形を作りたいのかイメージできないと書きました。
そして、そんな迷路を抜け出すために図書館で美術とか芸術などの本を見ていると・・・。

見つけたのが、「粘土でつくる 里山の小さな花と生きもの」という本
DSC_1155
川口紀子先生著で、NHK出版から発行されています

まったく、人形の資料ではないですね~

作りたいものが見つからないなら、人形にこだわらないで、作りたいものを作ろう
・・・と、
もう、やけっぱちに近いですが、お花を作っています
DSC_1153
睡蓮の花  

お花を作っていたら、人形のイメージも湧いてきました。
この花とコラボする人形になる予定

次回の記事はこの花の作り方を解説します
人形は出てきませんので、あしからず

このページのトップヘ