2007年02月

2007年02月27日

長野市善光寺の門前にある藤屋御本陳(「御本陣」ではないようです)。昔からある旅館でしたが、昨年改装してイタリアンのレストランができたと聞いて行ってみました。なかなか良かったです。(しかし、店内が暗くて画像は綺麗に記録できなかったのが残念です。手ぶれ補正のLUMIXで撮っても手ぶれしてしまいました。)

入り口の幕です。(建物全景はこんな感じです)中にはいると大正ロマンをうまく生かした雰囲気です。


オープンキッチンのレストラン「THE MAIN DINING 」です。
落ち着いた中にも活気を感じます。



先ずはスプマンテで乾杯です。
 


メニューはコースが無くアラカルトになっています。
(8名以上で個室をリザーブするとコースはあるそうです)
まずは前菜「海の幸サラダ」


「和牛のカルパッチョ」



「フォアグラのリゾット添え」
 

「トリッパとちりめんキャベツ煮込み」



白はソムリエに任せてテッレ・ディ・ジネストラ。
これは以前何度か家で飲んだことがあります。



続いてパスタは「ウニとアサリのパスタ」
 

「カラスミと鮪のパスタ」



「ジャガイモのニョッキ・ゴルゴンゾーラソース」
 

「ホロホロ鳥のラグー・ガルガネッリ」



この辺でワインは赤に。
バディア・コルティブオーノ キャンティ・クラシコ・レゼルヴァ
1994年 美味しく熟成したキャンティでした。



続いてメインは「豚あばら肉の赤ワイン煮込み」
 

「仔牛のソテー・マルサラソース」



「カッチュッコ」初めはストウブに入って運ばれてきました。
なかなかなこだわりを見せてくれています。
 


最後は赤が足りなくなってブルゴーニュ赤をハーフで。
ヴォーヌ・ロマネ[2001]モンジャール・ミュヌレ
これは素晴らしかった。



食後のデザートとお茶は隠れ家のような別室で。
 


雰囲気、サービス、お料理、ワインとすべて満足のいく
お店でした。これからも何度か足を運びたいと思います。
名称は「御本"陣"」かと思ったら「御本"陳"」が正しいようです。
----------------------------------
藤屋御本陳(ふじやごほんじん 旧藤屋旅館)
「THE MAIN DINING 」
〒380-0841 長野市大門町80
電話:026-232-1261

ランチ 月〜金  11:30〜15:00(L.O.14:30)
ディナー 月〜金  18:00〜23:00(L.O.22:00)
土〜日  19:00〜23:00(L.O.22:00)

ホームページはこちら
地図はこちら
駐車場:近くの市営駐車場を利用(15台)(18:00〜25:00限定で無料)













(21:00)

2007年02月26日

今日はブルゴーニュ白を開けました。
Bourgogne Chardonnay Jean-Yves Devevey[2001]




ブルゴーニュAC
シャルドネ100%
ジャン・イヴ・ドゥヴヴェイは除草剤、殺虫剤等の化学薬品を一切使用しない自然派ドメーヌ。発酵には天然酵母を使用しテロワールを最大限に表現します。白はオート・コート・ド・ボーヌ、ブルゴーニュともに樽発酵で、そのうちの1〜3割は新樽を使用しています。

前回飲んだ[2004]↓とはエティケットデザインが少し違っていますね。




(19:12)

2007年02月25日

今日はボルドー赤を開けました。
Ch. Lynch-Moussas 1994



オー・メドック格付け5級
メドック地区ポイヤック村
ポイヤックAC
カベルネソーヴィニヨン70%、メルロー30%







(21:46)
今日もサイクリングのついでに撮影しました。
良く見ると屋根の下に武田の家紋が見えます。









(18:03)
今日も「ちゅら雲」さんでパンを買ってきました。

左:チーズアクア、右:さつまいも入りゴマパンナ、下:クランベリーチョコ


チーズアクアはリピート。その他は初めて買いました。
さつまいも入りゴマパンナは胡麻の風味とサツマイモの控えめな甘さで美味しいです。クランベリーとチョコも新鮮な組み合わせでした。クランベリーの酸味、チョコチップの甘みと苦み。









(12:37)

2007年02月24日

今日はブルゴーニュ白を開けました。
Bourgogne Les Femelottes Chardonnay


ピュリニー・モンラッシェ村内の平地部で、ムルソー村に程近い位置にある抜群のテロワールを持つACブルゴーニュ・ブラン。平均樹齢は40年でACムルソーやムルソー1er Cruがブレンドされているという白ワイン。







(19:26)

2007年02月23日

今日はマール・ド・シャンパーニュを開けました。

Marc de Champagne Moet & Chandon










(23:36)

2007年02月22日

今日はブルゴーニュ白を開けました。

Bourgogne Aligote Emmanuel Rouget


う〜ん、ルジェのアリゴテってこんなもんなんでしょうか。







(19:20)

2007年02月21日

今日はシャンパーニュを開けました。
箱も瓶も異様に豪華です(笑)。
Champagne Raoul Collet Cuvee du fondateur









(18:45)
昨年受けた仏検の合格証書が届きました。
5級ですが独学で目標達成できたので嬉しいです。


次は今年6月に4級に挑戦します。
50の手習いを楽しみながらやっていきます。







(16:21)

2007年02月20日

今日はブルゴーニュ白を開けました。

Clos du Chateau Bourgogne Chardonnay
Dom. du Chateau de Meursault









(18:29)

2007年02月19日

フランス車占いというのがあったので、やってみたら見事?カングーと出ました。

でも、占い結果に書かれている説明「ルノー カングーに買い替えるべきあなたは、素直な平和主義者です。明るくさっぱりとした性格で、誰からも好まれるタイプです。人を惹きつける笑顔と、すんなりと相手のふところに飛び込んでいく素直さがあるので、初対面でもまるで旧知の仲のように話せます。見かけで選り好みをしないため、友人の年齢層や職業も幅が広く、生涯を通して非常に多くの友人を持ちます。」は全然当たっていない(むしろ正反対)のが不思議ですけど(笑)。







(17:18)

2007年02月17日

今日も神尾のたまごを買ったついでに「ちゅら雲」さんでパンを買いました。



右:ソフトライ・山ブドウ、くるみレーズン
左:アマンド・マカデミア、フィセル

フランスではパンの価格や材料、形と名前、生地の重さ、長さ、クープ(パンの上にある切り込み)の数などの規格が統一されており、フィセルは、生地重量150g、焼上重量120g、長さ35〜40僉∪擇蟾み(クープ)5本と規定されているそうです。

昼過ぎには「KIWAパン」さんにも行ったのですがお休みでした。







(19:46)
今日はシャンパーニュです。

Bernard Girardin Cuvee Vibrato Blanc de Blanc


父ジラルダンの創立したワイナリーを娘のサンドリーヌが
1995年から引き継いだレコルタン・マニピュラン。







(17:36)

2007年02月16日

今日はボルドー右岸の赤です。
Ch. Mouton 2002 Jean-Philippe Janoueix


ボルドー・スュペリュールAC
メルロ70%、カベルネ・フラン25%、プティ・ヴェルド5%
AOCフロンサックの隣にある右岸シャトーです。
意外に美味しいですがちょっと雑味もあり、翌日は久しぶりに頭痛がしました。







(21:27)

2007年02月15日

今日はブルゴーニュの白を開けました。
Bourgogne Chardonnay Michel Bouzereau et Fils
[2004]










(19:55)

2007年02月13日

今夜は長野灯明まつりに善光寺に行きました。
善光寺を五輪の色に因んだ五色の光で演出しています。
照明デザイナー「石井幹子氏」の企画です。
灯明とは神仏に供える灯のことです。
2月10日(土)〜2月18日(日)

善光寺本堂は正面を赤色、右側面を紫色、左側面を青色でライトアップされています。



仁王門は橙色でライトアップ。




大勧進は碧色に。




ちょっと脇に入ったところに世尊院釈迦堂。




中に入ると釈迦涅槃像が拝めます。




善光寺白蓮坊前の「むじな地蔵」



-----------------------------------
長野灯明まつりのホームページはこちら
石井幹子氏のホームページはこちら 

(22:50)

2007年02月12日

今日はカリフォルニア赤を開けました。
Old Vine Zinfandel Seghesio



ジンファンデル100%
樹齢はすべて60年以上で平均樹齢は90年。
2003年は天候にもめぐまれ、糖度も26.1度と完熟度満点です。







(18:33)
今日は川中島にあるパン屋さん「okona cobo kiwa」(KIWAパン)に行きました。添加物・合成保存料はもちろん卵・牛乳・白砂糖を使用せず、天然酵母、国内産小麦粉、自然塩で作るパンだそうです。住宅街の中にあって普通の民家でやっていますので、一般のパン屋さんのような店舗を想像して探すと見つけにくいです。民家の庭先から靴を脱いで上がる感じなので初めてだと面食らいますね(^^)。

シナモンパン(上)、オレンジピールとカレントのパン(左)、アールグレイ入りメロンパン(右下)。



どれも柔らかでふわっとしていて、それでいて食べるとしっとりモチモチしていて小麦の味も感じられます。砂糖は甜菜糖を使用しているそうです。体に優しいものを食べていると実感できるパンですね。



------------------------------------
ホームページはこちら
場所はこの辺
【住所】長野市川中島町原789-9
【TEL】026-299-5003
【営業】10:00〜18:00(売り切れ終了)
【休み】第1・3月曜、日曜
【P】4台


民家を改装した天然酵母パンとセレクト雑貨の小さなお店。栄養士、紅茶コーディネーターの資格をもつ店主の平林希和さんが愛情込めて作るパンは、国産無農薬の小麦粉と自然塩を使う安心・安全なもの。プレーン、長芋、いちごジャムパン等モチモチした食感と素材本来の味が楽しめる。







(14:41)
サイクリングのついでに典厩寺に寄りました。

1561年(永禄4)、川中島の合戦で戦死した武田信玄の弟、典厩信繁[てんきゅうのぶしげ]と両軍の戦死者を弔った曹洞宗寺院です。

「閻魔堂」
頭部が木造、身体が漆喰造り。高さ5mの巨大な閻魔大王像。



「武田信繁の墓」
大永5年(1525年)武田信虎の次男として生まれる。幼少より文武に秀でていたため、父・信虎から溺愛された。その溺愛ぶりは嫡男である信玄を廃して信繁に家督を譲ろうと画策するほどであったが、父の思惑とは別に兄弟仲は良く、天文10年(1541年)に信玄が信虎を駿河国に追放すると信玄を補佐して家中をよく取りまとめた。




------------------------------------------------
住所:長野市篠ノ井杵渕1000


(12:03)