2010年07月

2010年07月18日

Du Champagne Veuve Cliquot 1780 trouvé au fond de la mer Baltique!
バルチックの海の底から発見された1780年ヴーヴ・クリコ。

(19:54)

2010年07月17日

続いて受動態の半過去。
これは仏検3級。
Nous avon été trompé.

(21:19)
続いて直説法単純未来の否定形。
これも仏検4級レベル。
Je n'oublierai jamais cette affaire.

(11:46)
たまにはélégantに(笑)フラ語ねた。
代名動詞の命令法ってわけで、
仏検4級レベルかな。

Méfiez-vous de ce type.
C'est un escroc.
って例のレンタル店のことねw。

(08:53)

2010年07月12日

このところお弁当ばかりでしたが、久しぶりにイグレックのお店に行って食事しました。

持ち込みのシャンパーニュはシモン・セロス・グラン・クリュ・ブラン・ド・ブランです。こういう蒸し暑い時期にはブラン・ド・ブランが美味しいですね(エリーゼさんの頒布ワインです)。
シャンパーニュ・シモン・セロス

生ハムとナス、トマト
生ハムとナス、トマト

信州サーモン、ピクルス、コリアンダーとニンニクと鷹の爪。
信州サーモン ピクルス コリアンダーとニンニクと鷹の爪

舌平目、エビ、オゼイユ(スカンポ)
舌平目、エビ オゼイユ(スカンポ)

ウズラのロティ・アルガンオイル風味
ウズラのロティ・アルガンオイル風味

これがアルガンオイルだそうです。
アルガン・オイル

デセールはビワのクラフティとピスタチオのプリン。
どちらも美味しかったです。
ビワのクラフティ ピスタチオのプリン

今日も満足満足のお食事でした。

(20:10)

2010年07月06日

今日はイグレックのお弁当。
今回は原点回帰のフレンチ(一部イタリアン)バージョンでした。

イグレックのお弁当
手前の白いのはAnguille à la brandade 鰻のブランダード風。

今回はパン(とルバーブのコンフィチュール)付き。デザートも2種(ガトーショコラとルバーブのマフィン)
パン、ガトーショコラ、ルバーブのマフィン

Carteは画像で(笑)。
(クリックすると幾分拡大して見られます)
イグレックのお弁当 Carte
お肉は4種、
Canard fumé 薫製鴨
Bœuf steak ビーフステーキ
Côtelette d'agneau 仔羊の骨付き背肉
Confit de pantade ホロホロ鳥のコンフィ

お魚は、
Shinsyu saumon à l'oseille 信州サーモンとスカンンポ




(14:13)

2010年07月04日

今日は安曇野にある「茶懐石 昇月」に行きました。

静かで趣のあるとても良いお部屋です。
1798

最初に出てきた沖縄の野草茶。
1799

胡麻豆腐
胡麻豆腐

ジュンサイ、いか飯、筍、ズッキーニ 生姜味噌を挟んで、ヤマモモ、いかなごの釘煮
じゅんさい いかめし 筍 ズッキーニ 生姜みそを挟んで 山桃 いかなごのぐき煮

鯛の汁物。お出汁が美味しい。
鯛

鯛のお造り。
鯛のお造り

鮎の塩焼き きゃらぶき 木の芽酢。
鮎は中骨が抜いてあります。
鮎 きゃらぶき 木の芽酢

グラスでワインをお願いしたら、こんな感じで出てきました。器はしっかり冷やしてありました。
グラスワイン白

角煮、新玉葱と穂高インゲン
器の絵柄は建仁寺の風神雷神図 ですね。
角煮、新玉葱と穂高インゲン

キャベツのお味噌汁
キャベツのお味噌汁

うすいえんどうの御飯
うすいえんどうの御飯

こんなお釜で出てきました。おこげの部分も美味しくいただきました。
うすいえんどうの御飯

わらび餅。黒蜜、自家製黄粉と小豆を使って。

わらび餅

〆はお抹茶。
お抹茶

静かで落ち着けて、お料理も、女将さんのおもてなしも素晴らしいお店でした。安曇野のお店は「どうしてこんなところに、こんなすごいお店があるの?」と驚かされることが多いですね。大体初めて行くお店ではすんなりたどり着くことができないような分かりにくいところに点在していますが、また行きたい和食のお店が増えました。お店で使っている野菜はほどんど自家製のものなのだそうです。
--------------------------------
「茶懐石 昇月 (しょうげつ)」
TEL:0263-83-5405
長野県安曇野市穂高有明矢村8884-9
営業時間 11:30〜14:30、17:30〜21:30
不定休

(21:52)