フレンチ(料理)

2011年05月08日

Starters

Iced poached oysters and two new preparations

Three different oyster preparations: oyster set over an oyster puree and served with seawater jelly; oysters served with vegetables in oyster vinaigrette; warm oysters served on a sweet onion Royale,
oyster bouillon and seaweed with sherry vinegar, crispy rice.
---

"Rolled" squid and green asparagus, thin "slices" of poutargue

Variety of "cooked and raw" green aspargus with risotto-style squid and asparagus puree, "slices" of poutargue (pouch of salted, dried fish eggs) and crisp asparagus.
---

Line-caught whiting with caviar, dublin bay prawn tartar and lemon jelly

Line-caught whiting fillets poached in lemon broth, accompanied by Dublin Bay prawn tartar, lemon jelly and caviar.
---
Main

Sauteed fillets of red mullet, "seeds" of citrus fruit and vegetables, marinated cuttlefish

Sauteed fillets of red mullet served over "seeds" of citrus fruit and vegetables, seasoned with olive oil. Crisp "Ciabatta" bread topped with "Lardo di Colonnata" pork lard and squid heads. Mullet liver jus.
---

Saddle of lamb stuffed with herbs, lamb chop with potato gratin, confit shoulder of lamb with crispy skin

An array of suckling lamb preparations: boulangere potato gratin with lamb stock and sweet onion stock arranged over sliced Brussels sprouts, cebett onions and raosted lamb chop; roasted saddle of lamb stuffed with fresh herb; boulangere potato puree drizzled with lamb stock with herbs.
For the second service, a confit shoulder of lamb served in lamb stock with cabbage leaves and cebette onion stalks, crispy Basmati rice.
---
Spring time veal

Veal Fillet mignon stuffed and rolled in steamed green asparagus and browned calf sweetbreads. Grilled veal breast on a julienne of green asparagus. Veal jus with "Sansho" pepper, sabayon and lemon zests. Crispy veal tongue and trotter.
---
Dessert

Strawberry textures

Different texture based on strawberries: plain strawberry jam, finely diced "Gariguette" strawberries, Strawberry sorbet and granite,crisp strawberries and strawberry juice.
---
Mille-feuille pastry with vanilla pod made to order

Three thin layers of flaky pastry with light cream with Tahiti vanilla pod in between.
---
Chocolate fondant with layered praline and chicory cream

Soft chocolate cake and crisp praline with chicory cream.
---
Guy Savoyでスタージュ

(21:15)

2010年10月07日

今日はイグレックのお弁当でした。夜ワインをお伴に食べないともったいないようなお弁当でございます。ってか一度に食べきるのは無理なので二度に分けます。
イグレックのお弁当


上左:松茸と牡蠣の洋風茶碗蒸し、大根とアンキモ・生キクラゲソテー

上中:舌平目と海老すり身・アメリケーヌソース

上右:田舎風パテ、生ハムとイチジク

下左:里芋とトリュフのピューレ、仔羊のグリエ・キャトルエピス、白菜のミートローフ、ささみチーズフライ

下中:チーズ・インゲン春巻き

下右:アジ香草パン粉焼き、カジカのフリッター、スズキのソテー

デセール:トウモロコシのプリン、ブドウマフィン

(15:56)

2010年07月12日

このところお弁当ばかりでしたが、久しぶりにイグレックのお店に行って食事しました。

持ち込みのシャンパーニュはシモン・セロス・グラン・クリュ・ブラン・ド・ブランです。こういう蒸し暑い時期にはブラン・ド・ブランが美味しいですね(エリーゼさんの頒布ワインです)。
シャンパーニュ・シモン・セロス

生ハムとナス、トマト
生ハムとナス、トマト

信州サーモン、ピクルス、コリアンダーとニンニクと鷹の爪。
信州サーモン ピクルス コリアンダーとニンニクと鷹の爪

舌平目、エビ、オゼイユ(スカンポ)
舌平目、エビ オゼイユ(スカンポ)

ウズラのロティ・アルガンオイル風味
ウズラのロティ・アルガンオイル風味

これがアルガンオイルだそうです。
アルガン・オイル

デセールはビワのクラフティとピスタチオのプリン。
どちらも美味しかったです。
ビワのクラフティ ピスタチオのプリン

今日も満足満足のお食事でした。

(20:10)

2010年07月06日

今日はイグレックのお弁当。
今回は原点回帰のフレンチ(一部イタリアン)バージョンでした。

イグレックのお弁当
手前の白いのはAnguille à la brandade 鰻のブランダード風。

今回はパン(とルバーブのコンフィチュール)付き。デザートも2種(ガトーショコラとルバーブのマフィン)
パン、ガトーショコラ、ルバーブのマフィン

Carteは画像で(笑)。
(クリックすると幾分拡大して見られます)
イグレックのお弁当 Carte
お肉は4種、
Canard fumé 薫製鴨
Bœuf steak ビーフステーキ
Côtelette d'agneau 仔羊の骨付き背肉
Confit de pantade ホロホロ鳥のコンフィ

お魚は、
Shinsyu saumon à l'oseille 信州サーモンとスカンンポ




(14:13)

2010年06月24日

今日はイグレックのお弁当。
今回はハワイアンバージョンみたいです。

イグレックのお弁当

左上:フリフリチキン、小松菜と豚肉のラウラウ風、コーンクリームコロッケ。
上中央:鮹と帆立のポキ。
右上:牛肉ソテー・パイナップルソース。
左下:スパムむすび、ロコモコ。
下中央:マンゴーとチキンのサラダ。
右下:エビのスパイス炒め、オコゼのフリッター、エビ春巻き。

デザートのタピオカ入りマンゴープリン
タピオカ入りマンゴープリン


(15:46)

2010年05月29日

今日はイグレックに行きました。

シャンパーニュはミッシェル・ピトワ・ブリュット・ブランド・ノワール・プルミエクリュ。
ミッシェル・ピトワ・ブリュット・ブランド・ノワール・プルミエクリュ

グルヌイユのフリカッセ エスカルゴバターソース。おかわりしたくなるほど美味しかった。
カエルのフリカッセ  エスカルゴバターソース
グルヌイユ(grenouille)はカエル。
食用のカエルについてはこちら

平貝、リ・ド・ヴォ(仔牛の胸腺)、シャラン鴨のサラダ
平貝、リー・ド・ヴォー、シャラン鴨のサラダ

スズキと蛤のスープ仕立てバジルの香り
スズキと蛤のスープ仕立てバジルの香り

子羊肩肉ロースト 、行者ニンニクとニンニク、ラタトゥイユ
子羊肩肉ロースト  行者ニンニクとニンニクのロースト ラタトゥイユ

チェリーパイとバニラアイス。
パイは焼きたてが切らずにど〜んと出てきました。
チェリーパイ

チェリーパイ

最後にコーヒーを頂いて、今日も満足満足。
cafe

(22:56)

2010年05月16日

今日は穂高でフレンチです。

ラート・ドゥ・ラ・サヴール
ラート・ドゥ・ラ・サヴール

シャンパーニュはパイパーエドシックです。
パイパーエドシック

干し鱈のパートフィロ包み・ホワイトアスパラのソース。
干し鱈のパートフィロー包み揚げ

山菜(コゴミ、タラの芽、トトキ、ノビル)のプレス 自家製サラミを添えて、パースニップのクリーム・卵黄のソース。
016

山ウドの冷製スープ。
017

北海道産ホタテ貝とカダイフをまとった静岡産生桜エビ、オランデーズソース
ホタテと桜エビのカダイフ包み揚げ

昆布や若芽の海藻入りパン
019

信州牛ホホ肉の赤ワイン煮込みとリブロースのグリエ、葱坊主のフリット。
信州牛のステーキと赤ワイン煮込み

苺とバルサミコヴィネガーのソルベ
021

トンカ豆のブランマンジェ、キウィとバジルのソルベ、パッションフルーツのアクセント、マンゴーゼリーとピスタチオクリーム。
トンカ豆のブランマンジェ、キウィとバジルのソルベ、パッションフルーツのアクセント、マンゴーゼリーとピスタチオクリーム

パセリのマカロン、杏のジャム
パセリのマカロン、杏のジャム

ごちそうさまでした。美味しかった〜。
また行きますね。

http://www.art-saveur.com/hotaka/

正しい発音はラートじゃなくてラールですけど、ま、いいか(笑)

(22:47)

2010年05月03日

京都二日目のランチは趣向を変えてフレンチに行きました。B Légumes à tableというお店です。ランチは¥2000と¥4000の二種類で、¥2000のmenuにしました。

朝採り農園の恵みと3種のオードヴル取り合わせ
朝採り農園の恵みと3種のオードヴル取り合わせ

アントレは二種類から選択。
七穀米と安曇川のこごみを使ったリゾット 春の香り
七穀米と安曇川のこごみを使ったリゾット 春の香り

そらまめの冷たいスープ バニラ風味のアイス添え
そら豆の冷たいスープ バニラ風味のアイス添え

プラ・プランシパルは肉か魚から選択。
鮮魚のポワレ 長野県産グリーンアスパラのエチュベ
アサリと粒マスタードのソース。
鮮魚のポワレ 長野県産グリーンアスパラのエチュベ アサリと粒マスタードのソース

茶美豚フィレ肉のグリエ 新玉ねぎのコンフィ
青トマトのドレッシング
茶美豚フィレ肉のグリエ 新玉ねぎのコンフィ 青トマトのドレッシング

デセールは三種類から選択。
キャラメルのパヴェ
キャラメルのパヴェ

無農薬甘夏のプリン
無農薬甘夏のプリン

赤肉メロンのムースグラッセとヨーグルトのソルベ
赤肉メロンのムースグラッセとヨーグルトのソルベ

最後にお茶が出てお終いです。
ワインはプロセッコの泡をグラスでいただきました。

店を出るときにはお見送りまでしていただきました。
こちらのmonsieurのお陰で気持ちよくお食事させて
いただきました。手前に映っているのは京都市内を
乗り回した我々の折りたたみ自転車です。
ベ・レギューム・ア・ターブルの外観

野菜をふんだんに使った美味しいフレンチでした。
それにしても京都で2000円でこんなに満足な御料理
がいただけるとは驚きでした。素晴らしいコスト・
パフォーマンスです。京都に行ったときは是非また
利用したいと思います。因みに今回は前日に予約入れて
から行きました。案の定当日は満席でした。

------------------------------------------------
「ベ・レギューム・ア・ターブル」
(B Légumes à table)

住所:京都府京都市中京区四条通油小路上ル3軒目藤本町559-1
TEL:075-213-5563
営業時間:11:30〜14:30(L.O)、17:30〜21:30(L.O)
ホームページ
http://www.b-legumes-a-table.com/

(14:14)

2010年04月18日

今日は新丸ビルにあるフレンチのオー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェル・エール(Au goût du jour NOUVELLE ÈRE)にdînerで行きました。(正確にはドゥ・ジュールではなくデュ・ジュールと発音・表記すべきなのですが・・)

丸の内 ヌーヴェル・エール

初めて行くお店はまるべく一番安いコースがどんなものかを見ることにしています。お金出して美味しいというのは当たり前のことですから。今日は¥7500のMenu Dînerをお願いしました(carteのDînerのスペルは違ってます)。他に\9000,\13000,\18000のMenuがありました。

バターです。赤いのはハイビスカスと塩を混ぜた粉末だそうです。何故にハイビスカスなのかが意味不明です。
バター ハイビスカスと塩を混ぜた粉末

アミューズの前に出た「グリーンオリーブをのせた羊のチーズのフィナンシェ」
グリーンオリーブをのせた羊のチーズのフィナンシェ

アミューズ
Amuse bouche(これもcarteのboucheのスペル違ってました)
ベーコンとグリーンピースの入った新玉葱のクレームブリュレとグリーンピースのサブレ。
ベーコンとグリーンピースの入った新玉葱のクレームブリュレとグリーンピースのサブレ


続いて本日のオードブル Hors d'œurvre du jour

冷前菜
ノーザンルビーというお芋のペーストをしいて、パセリとにんにくのペーストをのせたホタテ。


温前菜
軽く温めたサーモンの軽い薫製、ゴマ風味、山葵の冷たいクリームソース
Marinée de saumon mi-fumé aux grains de sésame
軽く温めたサーモンの軽い薫製、ゴマ風味、山葵の冷たいクリームソース

本日のお魚料理
山口県萩産の真鯛、ハマグリのエキスからとったコンソメスープ仕立て、蓮根団子
Poisson du jour poêlée consommé de palourde.
山口県萩産の真鯛、ハマグリのエキスからとったコンソメスープ仕立て、蓮根だんご

本日のお肉料理 Viande du jour
仔牛フィレ肉を低温でゆっくりとローストしてハーブの香りのソースで
子牛フィレ 低温でゆっくりとローストしてハーブの香りのソースで
低温ローストだとお肉がとても柔らかくなりますね。ここで、隣の席のおばちゃんはシャトー・ラギオールのナイフの背で肉を切ろうとしてなかなか切れず、挙げ句の果てに「この肉、もうちょっと焼いてください」とお皿を返してたのがかなり笑えました。以前、イグレックでもおばちゃんがロースト・ビーフ見て「この肉生だ」と残してましたが、おばちゃん達って肉は十分火が通ってないと気がすまないらしいですねぇ。

最後にこのお店の白眉のデセール。
7種類の中からひとつ選びます。
タルト・フロマージュ 新しいテクスチャーとフォルム
Une nouvelle texture et forme pour la traditionnelle Tarte au fromage.
タルト・フロマージュ 新しいテクスチャーとフォルム

フレジエ ピスタチオの香るクリームとメレンゲのアクセント
Fraisier au pistache accompagné de la meringue.
フレジエ ピスタチオの香るクリームとメレンゲのアクセント

クランブル・サレ仕立てのマンゴーのキャラメリゼ、塩キャラメルとそのシブースト
Crumble salé à la pomme caramélisée et glace caramel au beurre salé.
クランブル・サレ仕立てのマンゴーのキャラメリゼ、塩キャラメルとそのシブースト
carteではリンゴになってましたが、マンゴーに変わっていたようです。

デセールは文句なく美味しくて、ミシュランガイド東京2010での★獲得の片鱗は感じましたが、他のお料理は普通だと思います(長野・松本・軽井沢のフレンチでもデセール以外は同程度かそれ以上のものが食べられるでしょう)。席は奥の席だったので夜景も楽しめませんでした。サービスの質は良かったのですが、いかんせん、お料理の出てくるタイミングが遅すぎましたね。帰りの新幹線の時間が気になってしまいました。ディナーの開始時間がもう30分早いと有り難いのですが。。
-----------------------------------------
「オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール 」
(Au goût du jour NOUVELLE ÈRE)
TEL:03-5224-8070
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
営業時間:11:00〜15:00(L.O.13:30)
18:00〜23:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)
予約可
カード可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
席数:24席

(22:11)

2010年04月10日

今日はイグレックに行きました。

エビのカダイフ包み揚げ
アミューズからこんなに美味しくてどうすんだって感じでした。
エビのカダイフ包み揚げ

新玉葱とフォアグラのフラン
新玉ねぎの甘さが爆発してました。
フォアグラが脇役に追いやられたお皿。
新玉葱とフォアグラのフラン

メバルとカサゴ蒸し。
下に菜の花の卵とじ。
菜の花のちょっとした苦みが春を感じさせてくれますね。
メバルとカサゴ蒸し

お肉の前に本日のサプライズ。
「ラビオリ食べますか?」って言われて、出てきたのはこれ。中華風ラビオリ=餃子でした(^^)/。何でも山崎シェフは高校の頃中華料理屋でバイトしてたことがあって中華料理も得意なんだそうです。しかもびっくりするほど美味しい餃子でした。次のブログタイトルは「イグレックでシノワ」に決定か?(笑)
ラビオリ

ハッシュドビーフ
ハシュドビーフ

イチゴのババロアとイチゴのジュレ
イチゴのババロア、 イチゴのジュレ

いつもそうだけど今日もお料理全部美味しかった!

(22:28)

2010年03月20日

ムニュ・ナチュレルのプチ・ポーションです。

かぼちゃのムース
かぼちゃのムース

野菜の盛り合わせ
(ホワイトアスパラ以外は地物野菜。
奥の赤いのはビーツ、お皿の周りに紫蘇の花)
野菜の盛り合わせ ホワイトアスパラ以外は地物、ビーツ、紫蘇の花

シャンパーニュはガティノワにしました。
グラン・クリュ「アイ村」のRM
ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%
シャンパーニュ ガティノワ

ニシンづくしの魚介のオードブル。数の子とニシンのマリネ、無農薬米のライスサラダ、イカスミで色づけした数の子
ニシンづくしの魚介のオードブル、数の子とニシンのマリネ、無農薬米のライスサラダ、イカスミで色づけした数の子

函館のメヌケ、函館のアサリの出汁に牛乳のソースで
函館のメヌケ、函館のアサリの出汁に牛乳のソースで


良く見たらカトラリーはクリストフルでした。
クリストフル

メインは3種類から。
フランス産鴨ムネ肉のロースト 季節のフルーツソースで
フランス産鴨ムネ肉のロースト 季節のフルーツソースで

牛ほほ 信州メルロー煮込み
牛ほほ 信州メルロー煮込み

仔羊のロースト プロヴァンス風
仔羊のロースト プロヴァンス風

デセールも3種類から。
タルト・タタン
タルト・タタン

チーズケーキ
チーズケーキ

こちらはミニャルディーズです。
ミニャルディーズ チョコレートのマカロン 蜂蜜のキャラメル

お料理はすべて美味しくて、プチポーションにしたお陰でお腹の具合も丁度良く大満足でした。草間シェフ&マダム&ソムリエ殿、ごちそうさまでした。またうかがいますね〜。続きを読む

(22:44)

2010年03月09日

今日はイグレックに行きました。

持ち込みはシャンパーニュ・J・ラサール。ピノ・ムニエ60%、シャルドネ25%、ピノ・ノワール15%なのでコクのあるシャンパーニュです。
シャンパーニュ・J・ラサール

シロガイ。半生な火入れ加減がたまりません。
シロガイ

ソフトシェルクラブ(脱皮したてのカニ) ・オランデーズソース 、生ハム ホワイトアスパラ(生)とグリーンアスパラ、カリブロ
ソフトシェルクラブ(脱皮したてのカニ) オランデーズソース 生ハム ホワイトアスパラ(生)とグリーンアスパラ、カリブロ

ソフトシェルクラブが絶品。
ソフトシェロルクラブ(脱皮したてのカニ)

カナガシラ(金頭) 、クレソンのソース
舌平目の海老しんじょ巻き、サフランのソース
チンゲン菜、クレソン、菜花
カナガシラ(金頭) クレソンのソース 舌平目のえびしんじょ巻きサフランのソース

舌平目の海老しんじょ巻き
舌平目のえびしんじょ巻き

イベリコ豚のグリエ ・プチポワフランセーズ(グリンピースとレタスとベーコン)・シェリー酒と赤ワインを煮詰めたソース
イベリコ豚のグリエ

イベリコ豚のスペアリブ。こりゃ美味い!
イベリコ豚のスペアリブ

マンゴープリンとタピオカ。
これも好きなデザートです。
マンゴープリン・タピオカ

(23:45)

2010年01月30日

今日はイグレックに行きました。
イグレックも知名度が上がってきたせいか、
テーブル、座敷、カウンターともほぼ満席でした。

シャンパーニュはラルマンディエ・ベルニエ・ブリュット・トラディション プルミエ・クリュ
シャルドネ80%、ピノノワール20%のRMです。
シャンパーニュ・ラルマンディエ・ベルニエ・ブリュット・トラディション プルミエ・クリュ

ぎばさ、イワシ、金目、ホタテ、トラウトと黒米
ギバサ、いわし、金目、ホタテ、トラウトと黒米

イノシシのフロマージュ・ド・テットとハム。
(fromage de tête:豚の頭肉のパテゼリー寄せ)
フロマージュと言ってもこの場合はチーズのことではなく、ゼリーで固めたという意味のようです。
両方ともとても美味しかったです。
イノシシ

エイヒレ。表面カリっと軟骨コリっと。この食材は
こちらで食べたことしかないですが、美味しいもんですね。
エイヒレ

メインはコルヴェール(青首鴨 col vert)。
コルヴェールは昨年2月にベルジェで食べて以来です。
青首鴨

ロースとヒレ
青首鴨

ハツとレバー
青首鴨

デセールはリンゴのパイ包み焼きと
メープルアイスクリーム。
リンゴのパイ包み焼き

リンゴのパイ包み焼き

最後に山崎シェフが次々とジビエを見せてくれました。
上からカルガモ、コガモ、山鳩、青首鴨、ヒヨドリ(だったかな)
羽をむしるのがさぞかし大変でしょうね。
ジビエたち

今回もチーズケーキのお土産頂いちゃいました。
山崎シェフ、毎度有り難うございます。

(22:38)

2010年01月23日

今日は松本にある「仏蘭西割烹わたすげ」に行きました。

和風の部屋に大きなテーブルがひとつ。
他に客はなく、今日は貸し切り状態でした。
仏蘭西割烹わたすげ テーブル

今日は¥5250のコースをお願いしました。
カニとえのきとほうれん草のキッシュ
カニとえのきとほうれん草のキッシュ

シャルドネの泡。本当はシャンパーニュのハーフボトル
にして、後はグラスで白赤と行きたかったのですが、
ハーフを切らしているということでこの見慣れない泡
をフルボトルで頼みました。
シャルドネ 泡

魚介のクリュ。サーモンとマダイ、中にホタテと野菜
魚介を使ったクリュ サーモンとマダイ、中にホタテと野菜

ヤツガシラのクリームスープ
ヤツガシラのクリームスープ

メダイのパン粉焼き エビ包み・しめじと椎茸包み
メダイのパン粉焼き エビ包みとしめじと椎茸包み

白ワインのシャーベット
白ワインのシャーベット

ヒレ肉のロースト 黒胡椒と赤ワインのソース
ヒレ肉のロースト 黒胡椒と赤ワインのソース

コーヒー風味のクレームブリュレ・フランボワーズと
グアバのシャーベット・フルーツタルト
コーヒー風味のクレームブリュレ フランボワーズとグアバのシャーベット フルーツタルト

コーヒー
コーヒー

和風の雰囲気の中で箸で頂くフレンチです。優しい味付けで素材の味が引き立てられたお料理でした。凝った和食器も楽しめました。
-------------------------------------
「仏蘭西割烹わたすげ」
長野県松本市大字笹賀3027-10
電話番号 0263-57-8873
ホームページ http://www.go.tvm.ne.jp/~watasuge/

(20:42)

2010年01月20日

ヴェルジェに行きました。

いつものシャンパーニュ・モンマルト
シャンパーニュ・モンマルト

オニオン・グラタン・スープ
オニオン・グラタン・スープ

白はエティエンヌ・ソゼのシャサーニュ・モンラッシェ[2002]
閉じ気味でした。
エティエンヌ・ソゼ シャサーニュ・モンラッシェ

自家製スモークサーモン
自家製スモークサーモン

マトウダイのポアレ
マトウダイのポアレ

赤はパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー
パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー

メインのジビエは山鳩とフォアグラのパイ包み
山鳩とフォアグラのパイ包み

山鳩とフォアグラのパイ包み

デセールは田舎風シュークリーム
田舎風シュークリーム

仕上げにカルヴァドス。
カルヴァドス

ヴェルジェもすっかり人気店になって、昔のように
隠れ家的な雰囲気ではなくなってしまいましたね。

(17:22)

2009年12月23日

今日は軽井沢のシェ草間でムニュ・ノエルを
いただきました。

Menu Noël
クリスマスディナー

シャンパーニュはタルラン・ブリュト・ゼロにしました。ワインリストを見せて貰いましたが、シャンパーニュも充実していました。
シャンパーニュ・タルラン・ブリュト・ゼロ

アミューズ
Amuse-Bouche pour Noël
タラバガニのジュレ・玉ねぎのムース・
ブロッコリーのクリーム
タラバガニのジュレ・玉ねぎのムース・ブロッコリーのクリーム

アシェット・グルマンディーズ
L'Assiette de Gourmandise
〜フォアグラとポロ葱のプレッセ〜
Le Foie Gras sur le Poireau Pressé
〜オマール海老と海草のゼリー寄せ〜
Le Homard sur la Gelée d'Argue
アシェット・グルマンディーズ

北海道函館からの真鱈のロースト、温製サラダ仕立て
パルミジャーノ風味 胡桃のヴィネグレットソース
Le Cabillaud Rôti en Salade, Parfumée au Parmesan et au Noix
真鱈のロースト、温製サラダ仕立て

メインは3種類から。
私は鹿にしました。
信州大鹿村赤鹿のロースト、
マルメロ(かりん)風味ソース
Le Chevreuil de Pays, à la Sauce au Coing
信州赤鹿のロースト、マルメロ風味ソース

信州牛のヒレ肉のロースト・
信州産メルロー赤ワインソース
Le Filet de Bœuf de Pays, à la Sauce Vin de Pays
信州牛のヒレ肉のロースト・信州産メルロー赤ワインソース

函館からのホタテ貝のロースト・カレー風味・
カプチーノ仕立て
La St-Jacques de HAKODATE, Parfumée au Curry en Capuccino
ホタテ貝のロースト・カレー風味・カプチーノ仕立て

ガトー・マルジョレーヌ
Le Gâteau Marjolaine
洋梨のコンポートと黒コショウ風味の
アイスクリーム添え
Accompagnée de Compote Poire et la Glace au Poivre Noire
ガトー・マルジョレーヌ
お皿にはJoyeux Noëlとチョコで書かれています。

エスプレッソとミニャルディーズ
Le Café et les Mignardises
エスプレッソとミニャルディーズ

いつもフレンチだとメインのお肉になるまでにお腹が一杯になってお肉は無理して食べることが多いのですが、シェ草間さんのポーションは私(たち家族)には丁度良い感じです。通常のムニュでもプチポーションが用意されています。来年のクリスマスディナーもここに来たいな〜。続きを読む

(23:34)

2009年11月03日

シャンパーニュはいつものモンマルト。
シャンパーニュ・モンマルト

南瓜と栗のスープ
南瓜と栗のスープ

オマール海老のテリーヌ、りんごとパイナップルのソルベ
オマール海老のテリーヌ、りんごとパイナップルのソルベ

ワインリストを眺めたらギュファン・エナンがあったので白は迷わずこれにしました。さすがワインビストロです。マコン・ピエールクロ
プルミエ・ジュ・ド・シャヴィーニュ
マコン・ピエールクロ プルミエ・ジュ・ド・シャヴィーニュ ギュファン・エナン

高知のオトメダイのポアレ、サフランソース
高知のオトメダイのポアレ、サフランソース

クロズ・エルミタージュ タルデュ・ローラン 1997
クロズ・エルミタージュ タルデュ・ローラン 1997

タヌキの肉のソーセージと信州牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
ジビエをお願いしたら、今日は狸でした。
タヌキのソーセージと信州牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

デセール1、ガトーショコラ
ガトーショコラ

デセール2,マスカルポーネのロールケーキ
マスカルポーネのロールケーキ

デセール3
野辺山産ジャージー乳の自家製生チーズ
野辺山産ジャージー乳の自家製生チーズ

デザートワインはモンバジャック
Monbazillac

わがまま言わせてもらうともう少しポーション小さくして頂かないと完食できませ〜ん(笑)。

(21:26)

2009年11月01日

今日は松本にあるレストラン「キュイエール・ダルジャン」に行ってきました。

Cuillére d'argentとは「銀のスプーン」っていう意味ですね。
キュイエール・ダルジャン

アンキモのテリーヌ、ポークのコンフィ、スモークサーモン
アンキモのテリーヌ、ポークのコンフィ、スモークサーモン

南瓜のポタージュ(画像なし)

海老とホタテのアメリケーヌソース
海老とホタテのアメリケーヌソース

牛ヒレの赤ワイン煮込み
牛ヒレの赤ワイン煮込み

デセール
デセール

(21:19)

2009年10月13日

シャンパーニュはルイ・ロデレール
ルイ・ロデレール

サーモン・海老と柿、アジ・アボガドと蟹、
クレソンと柿のソース
サーモン・海老と柿、アジ・アボガドと蟹、クレソンと柿のソース

伊勢エビのラビオリ、アーティチョーク、
ウイキョウ、レモングラス
伊勢エビのラビオリ、アーティチョーク、ウイキョウ、レモングラス

白はアルベール・グリヴォーの
ムルソー・クロ・デ・ペリエール 1999
ムルソー・クロ・デ・ペリエール 1999

フォアグラ・アミタケ・ジコボ・シロシメジの
コンソメスープ、パルマ産生ハムロール
フォアグラ・アミタケ・ジコボ・シロシメジのコンソメスープ、パルマ産生ハムロール

甘鯛のポワレ、イタリアポルチーニ
甘鯛のポワレ、イタリアポルチーニ

ポルチーニ茸とフランス産ビゴノ (bigorneau)
ポルチーニ茸 フランス産ビゴノ (bigorneau)

赤はジャン・グリヴォーの
シャンボール・ミュジニィ 1997
シャンボール・ミュジニィ 1997

シャラン鴨、コリアンダーと蜂蜜のソース
シャラン鴨、コリアンダーと蜂蜜のソース

グレープフルーツのテリーヌ、
アールグレイのシャーベット
グレープフルーツのテリーヌ、アールグレイのシャーベット



(22:15)

2009年10月04日

今月は私の誕生月でもあるので、軽井沢でフレンチ・ディナーを堪能してきました。以前から一度行ってみたいと思っていたエルミタージュ・ドゥ・タムラです。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 看板

本日お願いしたのは@8400円のムニュです。
La carte
一部解読できませんが、
↓フランス語表記部分はこんな感じ。
Makomodake frit , tartare.
Terrine de Samma.
Salade du riz en Arlequin.
Chausson de champignon...
Flan de foie-gras en Nameko
Poisson du jour.
Canard tête , sauce gingembre.
Dessert.
Café et mignardise.

テーブル@エルミタージュ・ドゥ・タムラ

海塩、パセリとニラのマヨネーズ、タプナード。
パンに付けて食べます。
海塩、パセリとニラのマヨネーズ、タプナード

米粉パンとフォカッチャです。
どちらもモチモチしています。
この後、もうひとつ”小さなフランスパン”
というのも出てきます。
米粉パン、フォカッチャ

乾杯用のシャンパーニュはローラン・ペリエのハーフボトルをお願いしました。
ローラン・ペリエ ブリュット L・P 375ml(箱なし) 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_九州】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】

マコモダケのパートフィロ包み揚げ、
ピータンのタルタル、オクラの花。
花オクラじゃなくて普通のオクラの花を
料理に使っちゃうところがサプライズでした。
マコモダケのパートフィロ包み揚げ、ピータンのタルタル、オクラの花

大根で巻いた秋刀魚のテリーヌ、
ルッコラと菊の花の酢漬け、バルサミコソース。
秋刀魚のテリーヌにバルサミコですからね、
続けてびっくりさせていただきました。しかも美味しい。
大根で巻いた秋刀魚のテリーヌ

新米のサラダとサーモンと白身魚のアルルカン仕立て。
野菜系は胡瓜、蓮、ルッコラ、アボガド、パプリカ、二十日大根などいろいろなものが少しずつ使われています。しかし、蓮(の茎?)も食べられるとはまた驚きでした。
新米のサラダとサーモンと白身魚のアルルカン仕立て

このあたりでグラスで白ワイン。
ピュリニー・モンラッシェ[2004](作り手失念)
このお店はグラスワインの量も2種類から選べるところが面白いですね。もう一種類用意されていたグラス用の白はアルザスのリースリング(トリンバック)でした。

秋のキノコ類のパイ包み(ショーソン仕立て)
(chaussonとは小さい円形のパイ生地の中にいろいろなものを詰めて半分にたたんで焼き上げた半円形のパイのこと)ソースは何でしたっけか?
秋のキノコ類のパイ包み(ショーソン仕立て)

フォアグラのフラン、なめこのコンソメ。
お店のspécialité(名物料理)だそうです。
美味しかったのですが、私はこのあたりでそろそろお腹が一杯に。。
フォアグラの茶碗蒸し仕立て

ヒラスズキのポワレ、白いかのソテー、ネギソース。
火の入り具合が丁度宜しくお腹一杯でも食べられちゃいました。ヒラスズキの下はズッキーニでしたが、これがまた美味。
ヒラスズキのポワレ、白いかのソテー、ネギソース

ここでグラスワイン赤。
ブルゴーニュ・マルサネAC(作り手失念)
もう一種類の赤は確かシャトー・グリュオ・ラローズだったように思います。

フランス産窒息鴨の野沢菜巻き、生姜ソース。
とにかくお腹が一杯で味わう余裕なし(笑)。そのせいか野沢菜の苦みが感じられて鴨とは合わないような気がしましたが、相方は美味しかったと言ってました。
フランス産窒息鴨の野沢菜巻き、生姜ソース

この後チーズなど勧められましたが、
ご遠慮申し上げました。

最後はデセール。これは別腹か?(笑)
5種類の中から1つを選びます。
誕生祝いとお店に伝えてあったので、
ライトダウンして蝋燭点けてくれました。
他にもお客さんいたので照れくさかったけど、
祝福されて嬉しくないことはありません。

抹茶味の水ようかんだったかな、名前が長くてメモ
しきれませんでしたが、京都のお菓子を頂いている
ような感じでした。
抹茶味の水ようかん

デセールその2、リンゴのスープ。
リンゴのスープ

中にはリンゴのジュレも入っています。
リンゴのスープ

デセールその3、タルト・タタン
タルト・タタン

フルーツ(イチジク、柿、ブドウ)
フルーツ(イチジク、柿、ブドウ)

ミニャルディーズは桃のパート・ド・フリュイ
(pâtes de fruits)
プティフール

野菜をふんだんに使ったcuisine naturelle francaiseで、斬新で、美味しくて、申し分のないお料理ですが、ダイエットで胃の小さくなった中年にはこのコースでも完食は厳しかったです。できればmenu légèreでも用意していただけるとまたディナーに行きたい気になります。とまれ、大満足な日でありました。次は野菜のフルコースか軽めのランチが選択肢。
---------------------------------
エルミタージュ ドゥ タムラ (Hermitage de Tamura)
長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-98
TEL :0267-44-1611
営業時間 :12:00〜13:00(L.O),18:00〜20:00(L.O)
定休日:月曜・火曜(完全予約制)
カード :不可
駐車場 :有
ホームページ :http://www.ryoubi.jp/



(22:11)