長野県外

2010年04月18日

今日は新丸ビルにあるフレンチのオー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェル・エール(Au goût du jour NOUVELLE ÈRE)にdînerで行きました。(正確にはドゥ・ジュールではなくデュ・ジュールと発音・表記すべきなのですが・・)

丸の内 ヌーヴェル・エール

初めて行くお店はまるべく一番安いコースがどんなものかを見ることにしています。お金出して美味しいというのは当たり前のことですから。今日は¥7500のMenu Dînerをお願いしました(carteのDînerのスペルは違ってます)。他に\9000,\13000,\18000のMenuがありました。

バターです。赤いのはハイビスカスと塩を混ぜた粉末だそうです。何故にハイビスカスなのかが意味不明です。
バター ハイビスカスと塩を混ぜた粉末

アミューズの前に出た「グリーンオリーブをのせた羊のチーズのフィナンシェ」
グリーンオリーブをのせた羊のチーズのフィナンシェ

アミューズ
Amuse bouche(これもcarteのboucheのスペル違ってました)
ベーコンとグリーンピースの入った新玉葱のクレームブリュレとグリーンピースのサブレ。
ベーコンとグリーンピースの入った新玉葱のクレームブリュレとグリーンピースのサブレ


続いて本日のオードブル Hors d'œurvre du jour

冷前菜
ノーザンルビーというお芋のペーストをしいて、パセリとにんにくのペーストをのせたホタテ。


温前菜
軽く温めたサーモンの軽い薫製、ゴマ風味、山葵の冷たいクリームソース
Marinée de saumon mi-fumé aux grains de sésame
軽く温めたサーモンの軽い薫製、ゴマ風味、山葵の冷たいクリームソース

本日のお魚料理
山口県萩産の真鯛、ハマグリのエキスからとったコンソメスープ仕立て、蓮根団子
Poisson du jour poêlée consommé de palourde.
山口県萩産の真鯛、ハマグリのエキスからとったコンソメスープ仕立て、蓮根だんご

本日のお肉料理 Viande du jour
仔牛フィレ肉を低温でゆっくりとローストしてハーブの香りのソースで
子牛フィレ 低温でゆっくりとローストしてハーブの香りのソースで
低温ローストだとお肉がとても柔らかくなりますね。ここで、隣の席のおばちゃんはシャトー・ラギオールのナイフの背で肉を切ろうとしてなかなか切れず、挙げ句の果てに「この肉、もうちょっと焼いてください」とお皿を返してたのがかなり笑えました。以前、イグレックでもおばちゃんがロースト・ビーフ見て「この肉生だ」と残してましたが、おばちゃん達って肉は十分火が通ってないと気がすまないらしいですねぇ。

最後にこのお店の白眉のデセール。
7種類の中からひとつ選びます。
タルト・フロマージュ 新しいテクスチャーとフォルム
Une nouvelle texture et forme pour la traditionnelle Tarte au fromage.
タルト・フロマージュ 新しいテクスチャーとフォルム

フレジエ ピスタチオの香るクリームとメレンゲのアクセント
Fraisier au pistache accompagné de la meringue.
フレジエ ピスタチオの香るクリームとメレンゲのアクセント

クランブル・サレ仕立てのマンゴーのキャラメリゼ、塩キャラメルとそのシブースト
Crumble salé à la pomme caramélisée et glace caramel au beurre salé.
クランブル・サレ仕立てのマンゴーのキャラメリゼ、塩キャラメルとそのシブースト
carteではリンゴになってましたが、マンゴーに変わっていたようです。

デセールは文句なく美味しくて、ミシュランガイド東京2010での★獲得の片鱗は感じましたが、他のお料理は普通だと思います(長野・松本・軽井沢のフレンチでもデセール以外は同程度かそれ以上のものが食べられるでしょう)。席は奥の席だったので夜景も楽しめませんでした。サービスの質は良かったのですが、いかんせん、お料理の出てくるタイミングが遅すぎましたね。帰りの新幹線の時間が気になってしまいました。ディナーの開始時間がもう30分早いと有り難いのですが。。
-----------------------------------------
「オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール 」
(Au goût du jour NOUVELLE ÈRE)
TEL:03-5224-8070
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
営業時間:11:00〜15:00(L.O.13:30)
18:00〜23:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)
予約可
カード可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
席数:24席

(22:11)

2008年08月16日

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュの朝食です。

自家製ジャム
自家製ジャム

地中海ヨーグルトとフルーツ
地中海ヨーグルトとフルーツ

トースト

サラダ。赤オクラやモロヘイヤも入っています。
赤オクラ、モロヘイヤ入りサラダ

トマトのスープ
トマトのスープ

自家製ハム・ベーコンと野菜の茎入りオムレツ
自家製ハム・ベーコンとオムレツ


(11:43)

2008年08月15日

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュに4度目の訪問。

シェフ手書きのCarteです。今日はイラスト入りで気合い入ってました。
Carteとシェフ

ワインを用意するマダム。
ワインを用意するMadame

アミューズ「ナスと能生の真アジの冷製」
茄子の上に真アジがのっています。鯵も美味しかったけれど茄子も美味しかったです。白くて細長い茄子と地元の茄子を使ってました。
アミューズ「ナスと能生の真アジの冷製」

泡を頂いた後はオーストリア白。
エスタハージー・ワイングート ESTORAS 2007
エスタハージー・ワイングート ESTORAS 2007

「能生のバイ貝のプロヴァンス風」
バイ貝の身・肝と茄子が入っていました。バイ貝の肝はチョコレートみたいに美味しいですね。
「能生のバイ貝のプロヴァンス風」

「大沢コシヒカリ五分炊きのお粥に能生の太刀魚を添えて(ムニエール・ソース)」
「大沢コシヒカリ五分炊きのお粥に能生の太刀魚を添えて」

白の2杯目もオーストリア。フランツ・ヒルツベルガー グリューナー・フェルトリナー・ローテス・トール 2005
このグリューナー・フェルトリナーという葡萄がなかなか美味しいんです。
フランツ ヒルツベルガー・グリューナー・フェルトリナー・ローテス・トール 2005 

ガスパッチョ(トマト、キュウリ、ニンニク、タマネギ)
ガスパッチョ

お馴染みアンドラの名物料理、「フォアグラのサンドイッチ」
フォアグラと大根って合うんですねー。
フォアグラのサンドイッチ

ここで赤に。レッヒャーフェストワイン キュベ 2005
これもオーストリアのワイン。昨年5月に来たときはツバイゲルト2005を飲みました
レッヒャーフェストワイン キュベ 2005

牛もも肉のカスレ。白インゲンの代わりに黒豆、小豆が入ってます。その他人参とベーコン。
カスレ

フルーツのパンプディング 花豆のコンポートのせ
フルーツのパンプディング花豆のコンポートのせ

最後にお茶が出てお終いです。
私はカモミール・ティを頂きました。

(22:54)

2007年10月20日

上京の折にもつ焼き屋「こん平」に行きました。

評判のもつ刺し盛り合わせ(¥1050)です。
上段左から、こぶくろ・たん・レバー、
下段左から、ガツ・ハツ・ホーデンです。



ナンコツ、コブクロ、トマト焼きです。



カシラです。



しろ(タレ)です。




もつ焼きがこんなに美味しいとはこの年(半世紀)になるまで
知りませんでした。長野市内でおいしいもつ焼きの食べれられ
るところはないでしょうか? ご存じの方いらっしゃったら
教えて下さい。
----------------------------------
店名 こん平(コンペイ)
TEL 03-3638-7219
住所 江東区大島2−38−9


(22:32)

2007年05月05日

オーベルジュ・アンドラモンターニュ2日目の朝食です。
リーデルグラスで供されるキャロット・ジュースと水。
奥はサクランボのジャムと自家製苺ジャムです。


地中海ヨーグルトと苺
ヨーグルトも自家製です。



グリーンサラダ
ほうれん草、レタス、サニーレタスのシンプルなサラダですが塩が使われているお塩が美味しさを引き立てています。



ミネストローネ(トマトのスープ)
トマトの酸味が引き立っています。



自家製ハム・ベーコンと菜の花入りオムレツ










(20:15)

2007年05月04日

今日は新潟のオーベルジュに行きました。

「能生の本マスとヒラメを生で 能生の海水で造った塩味で」
緑は菜の花でした。


「広島牡蠣をブレゼとコゴミ入りグラチネで」



「能生のスズキのムニエル 大沢のコシヒカリのお粥添え」
バター風味のソースがかかっています。



パンです。



「秋山さんのゴボウで作るポタージュ」



「牡蠣とフキノトウのキッシュ& 根室エゾ鹿のリエット」
奥はウドのピクルスです。



グラスで飲んだオーストリアワインです。
左からブリュンドルマイヤー・ブリュット 2004
Domaine Freie Weingartner Wachau Gruner Veltliner 2005
グリューナー・フェルトリナー・ローテス・トーア フランツ・ヒルツベルガー
レッヒャーフェストワイン ツヴァイゲルト 2005



「名物のフォアグラ・サンド」



「フランス産マグレ鴨のロティ 筍入りジャガイモ添え」
赤い色の塩がかかっています。



鴨に振られた"Fleur de Merlot"という塩



食後酒を並べてもらって



結局飲んだのはマール・ド・ブルゴーニュ。




こちらがキュイジーヌ。



-----------
【オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ】
新潟県南魚沼郡塩沢町大字宮野下1191-1
TEL 025-783-3237
ホームページはこちら








(20:02)