手塚社長のひとりごと

2002年に隅田川が眼下に見える事務所でスタート。その後2013年には新潟にも事務所をおいています。新潟市西蒲区でのお米作りは一旦休止中。 日々の様々を書きます。

何でもやってみないと気がすまない性格で、社会人になってから大学院に通い、法政大学大学院公共政策研究科博士後期課程を2017年3月で満了。新潟では田んぼを借りて、4年間お米作りをしました。全国の農家さんを紹介する、食べもの付情報誌「旅する食べる通信」の取材で全国に出没。(詳しくはこちら https://sites.google.com/view/tabisuru/

15年前からお取引させていただいている会社の社長さんが亡くなったと
担当の方から電話があった。
私より若いのに・・・

社長と担当者と私の月1回のミーティングは、10年位続いたと思う。
「手塚さんはいいよね、社員いないから」という社長の言葉も
「手塚さんが何を言いたいのかわかりません」というメールの返信も
お得意のブラックジュークと聞き流せた。

若くして突然会社を継ぐことになってからの苦労を、
ブラックジョークの間からなんとなく感じた。

10年前、私主催の生誕50年祭では、当時社長が個人的に経営していた銀座のお店を
貸切で提供してくれた。
来て欲しいとお願いしたけれど、予想通り断られた。

ちょっとひねくれていて(失礼1)
見かけによらず(失礼2)とっても気を使う繊細な人で、
目立つことを嫌がる社長だったからね。
コロナのこともあって、3年ちょっと会っていないまま、
さよならになってしまったことが悲しい。
また一緒に飲みたかったな、社長のゴチで(笑)

生誕祭当日、サプライズプレゼントで届いたアマンドのケーキ。
KIMG0709



   
ご冥福をお祈りいたします。






参議院選挙の公示があった昨日から
「N党って、元はNHKをぶっつぶせ、だっけ」なんて
政党名で盛り上がっている。

薬剤師の資格をもつ友人と車中での会話。
日本て国が借金しているけど、そのつけは今の若い人にふりかかるんだよね。
歳をとった政治家は名誉職に付いて、現場を離れればいいのにね。
現場を離れても、権力は持っていたいんだよね。
じゃ、同じかぁ〜
・・・・
医療費が結構日本の財政を圧迫しているんだよね。
本当に病気の人以外、病院に行かないようにすればいいのよ。
私この前お腹壊して、その時に「ビオスリー」を貰って飲んだら調子よかったから
今も1か月に一度貰いに行って飲み続けてるの。
病院で処方箋を書いてもらって、調剤薬局で処方してもらうと、それぞれに
事務的な費用が発生しているんだよ。
私の支払金額と市販薬の値段はそんなに変わらないけど?
ほら、だって病院では私たち3割負担でしょ、残りの7割を国(自治体)が払っているわけよ。
そうか、7割を医療費負担してもらっているんだね。
・・・・
私にできる小さなことだけど、国の負担減に貢献しようと
市販薬で似た成分のものを探し、Amazonで定期購入することにしました^^
81mSCXnD27S._AC_SX679_

IMG_9896

なんとなくどこかで見たことがあるような写真ではありませんか?
先日、宮崎県にある高千穂町に行ってきました。
高千穂神社から、公道を歩いて高千穂峡に行き、↑の写真を撮りました。

さて、そこから・・・・
遊歩道〜「自然観察道」に入ってしまい、とんでもなく大変でした。
どこまで行っても「のぼり」のみ!道が険しいわけではないけど、
ひたすら道と階段をのぼります。
そんなこととは露知らず、お財布と携帯しか持っていなかったので
吹き出す汗は流れっぱなし、のどが渇いても渇きっぱなし・・・
誰にも出会わず、すれ違わず、もしや熊でも出てくるのではないか
と不安が募るだけ。
マイナスイオンの効果など、感じる余裕はありませんでした。

無事に高千穂神社横に出てきたときは
「おー神様!」
と真剣に思いました。(こんなときばかり、フトドキ者)

ところで、高千穂町は、福岡空港からは175キロ、熊本空港から55キロ、大分県佐伯市からは200キロちょっと。自家用車かバスしか、交通手段はありません。
2005年9月6日の台風14号による増水で橋梁などが流され、約30億円とも言われた復旧費の工面ができず、高千穂鉄道(延岡〜高千穂までの約50キロ)が廃線となりました。

高千穂駅から高千穂橋梁(たかちほきょうりょう)を渡る約3キロを、トロッコ列車(高千穂あまてらす鉄道)が走っています。日本一高い所を走ります。
高千穂に行ったら、是非乗ってみてください♪
IMG_9905

最初のコロナ感染症による行動自粛から、2年ちょっと。
ワクチン接種には賛否両論あるけれど、取りあえず私は「打つ派」です。
どうやら、4回目の接種が始まるようですね。
60歳以上とか、基礎疾患がある59歳以下とか、条件があります。
私の疑問は『60歳以上』の60歳の起算日。
2022年4月1日現在とか、令和4年度(2023年3月31日)とか、何も表記がないのです。
日本国内の、適当に選んだ自治体の説明を見ても、いつの時点で60歳になる人が対象なのか明記されたところは見つかりませんでした。

なんでそんなに60歳に拘るのか?

私が今年9月に60歳になるからです!

それで、新潟市の窓口に電話で問い合わせしました。
回答は「60歳の誕生日を迎えた人で、3回目の接種から5カ月経過した人に、4回目の接種券を発送しています」とのこと。
私の場合だと
・7月に3回目の接種から5カ月を迎える
・誕生日が9月(22日)なので、4回目の接種券はそれ以降に発送
・今のところ、ワクチン接種は9月末で終了予定
・終了はあくまで予定で延長されるかもしれない

つまり、誕生日を迎えて接種券が届いても、接種終了の可能性があるといことのようです。
幸い、基礎疾患も持病もないので、どうしても接種が必要なわけではないので、
それはそれで構いません。

それにしても、60歳からは高齢者と呼ばれるわけですが
60歳も100歳もひとくくりに「高齢者」ですか?
もう少し区分を分けてもよいように思います。

th_R4.6.1-87

2022年4月、新年度がスタートしましたね。
私は昨日4月3日から、ホームセンターの植物売り場で水やりのバイトを始めました。
1日4時間、週数日、2カ月間のバイトです。
初仕事では4時間、簡単な売り場清掃と水やり。3時間以上水やりしていました。
単純作業ではありますが、
水のかけ方にもコツがあるので水量の調整したり
どこまで水をかけたか覚えていないとけないので
神経を使いました。

初日で一番大変だったのは、ホースの扱いですね。
4か所に分かれて置いてある2〜30mもあるホースをあちこち引っ張って、
最後はクルクル巻き取ります。

やってよかったなーと思ったのは、
植物を見ている人(お客さん)がみんな幸せそうなこと。
声を荒げて会話する人もなく、
穏やか〜に、和やか〜に話す声を聴きながら、
水やりに没頭しました。

さすがに4時間立ちっぱなしは疲れたけど、まぁそのうちに慣れるでしょう。
逆に、じっと机に向かって4時間座りっぱなしは無理です(笑)

写真は我が家の寄せ植えです^^
IMG_9264

人生は、いつどこで何が起きるかわかりません。
20歳の頃、なりたかったのは「アナウンサー」。およそ40年かかりましたがラジオの新しいコンテンツとして番組を持つことができました。
FM新潟で今日から月2回更新予定で「シネマトーク•ぐーぽんカフェ」スタートしました。
AmazonプライムやNetflixなどの動画配信サービスで観られる映画の中から、おすすめのもの約5分間、声だけで紹介しています。

いつでも、どなたでも、リンクからこのまま聴けます^^

シネマトーク・ぐーぽんカフェ LOTS-ON-チャンネル登録(1200×400)

#fmniigata
#lotson
#シネマ
#シネマトーク
#ラジオ
#イーグルジャンプ
#旅する食べる通信
#amazon
#netflix
#amazonprimevideo

「やりたいこと」と「やったほうがよいこと」は
似ているようで違う。
ここに「やらなきゃいけないこと」が加わり3つの比較になると
全く異なる。

もう随分前のことだけど、雑誌の編集をしている人にこんなことを聞いた。
「仕事の場合、ある程度依頼者に合わせて書かないといけないじゃないですか。
自分の考えとか文体とは違うものを要求されることもありますよね。
それっていやじゃないんですか?」。

返事は簡単明瞭。
「仕事だから書けるよ。要求されたものを書くのがプロだからね。
自分の好きなようにしか書けないのはプロじゃない」だった。
「やらなきゃいけないこと」をやるのがプロというわけだ。
納得。

今思うのは
「やりたいこと」「やったほうがよいこと」「やらなきゃいけないこと」を
やるかやらないか自分で選ぶことができる場合はどうするか。

私の場合「やりたいこと」を選択するから、
気持ち的にはいつも幸せだし
他にもやりたいことがどんどん出てくる。
最近、「やったほうがよいこと」もやったら、
「やりたいこと」のひとつひとつがもっと深く、幅広くできるようにんなるなるんじゃないか
そしたらもっと楽しいのでは?
と考え始めた。

今年60歳を迎える今、こんな狎弔き瓩海噺世辰討觴分に驚きつつ、可笑しい。

おいしいもの食べて「やったほうがよいこと」に着手しよう(笑)
IMG_9051
大好きな『越後姫』

決して運動神経がよいとは言えない私。
でもスポーツは見るのもやるのも好き!
以前から、折角新潟に引っ越してきたのだから、
スキーをやってみよう♪とは思っていたけれど
なんせ、ボーゲンがやっとのレベルで、しかも最後のスキーは30年前(笑)
いきなりスキー場に行ったって、滑れるわけがない。
そんなとき、新聞広告で見つけた「平日開催シニアスキースクール」のチラシ。
これに行くしかないでしょう。と申込、参加した。

新発田市にある二ノックススキーパークは、車で約1時間半。スキー場まで雪道を走るのも最小限で済むし、平日だから道もゲレンデも空いているのが嬉しい。

IMG_9048

レンタルしたスキー板が、昔より全然短くなっていることに驚き
リフトの乗り方を忘れていたり
ボーゲンさえおっかなびっくりでスタートしたけど
週一×3回の1クールスクールのおかげで
すっかり楽しくなって
2クール目も申し込んでしまった。

FullSizeRender



ゴロゴロしていたら、あっという間にもう新年3日になってしまいました。
元旦の新聞全面広告に
「挑戦より冒険」とありました。なんだかいいなぁと感じた一言でした。
2日の夕方、
珍しく27日に書き上げた年賀状のうち数枚を投函し忘れていたことに気がつき(笑)
3日の今朝は、
冷蔵庫の中の浄水ポットの水が凍り続ける理由を考えました。

今年も毎日を楽しく過ごしたいと思います♪
IMG_8904