2014年04月02日

午後2対策(ネタを仕込んで準備 経験って何ですか?) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)



こちらの本にも論文の書き方が書かれています。
だがしかし、この本は、事例集の部分だけを活用します。
参照するのは、事例だけね。



こっちの本で、論文の書き方を学びましょう。
本の内容をブログでなぞるのは意味がないように思います。
本を熟読して、理解してください。

この論述対策本は、モジュール化がキーワードです。
ようは、論述のネタをモジュール(どこにでも組み込めるように)を用意しておく。
問に対応するようにモジュールを当てはめて、論述するという方法です。

経験不足だから、モジュールが用意できないというあなた!
そんな、あなたのために、プロジェクトマネージャ合格論文の書き方・事例集 (情報処理技術者試験対策書)があるのです。
いくつかの気にいった事例から、いいとこ取りでモジュール作成してみましょう。

経験がないは言い訳になりませんよ。 
IPAのプロジェクトマネージャー試験、小中学生が合格  という事実があるのですから、、、、orz

気を取り直して、、、、

私が本の指示に従い用意したモジュールを晒します。

このモジュールで論述したものは、後程紹介します。
★題材モジュール+題材補強用モジュール★

1.題材
・客先A社の設備管理システムのシンクラインアント化プロジェクト

2.体制
・A社利用部門 設備管理部:参画なし レスポンス確認のみ
・A社情報システム部 2名
・B社はA社子会社
・B社の体制
 ・PMの私
 ・共通機能チーム
  リーダー + 2名 計3名 技術部メンバ
  シンクライアントサーバ移植のため業務知識が不要
  技術部の要員にOS移殖のノウハウ蓄積
 ・テストチーム
  設備管理システム保守チームから3名 
  リーダー ベテランSE C氏 、若手2名
 ・シンクライアントミドルウェアベンダー技術者 1名

3.期間
・6か月

4.規模
・30人月 共通 3人×6ヵ月=18人月 ケース設定 3人月 テスト 3人×3ヵ月=9
 ・共通基盤 18機能
  印刷共通、スキャナ共通、共通ログ出力 FD出力機能は廃止
 ・業務機能
  98機能 1機能廃止 EUC用データ抽出機能

5.背景・経緯、目標
・背景・経緯
 クライアント端末リースアップに伴い
 ハードウェアコスト&リリース運用コストの削減できる
 シンクライアント方式にシステム構成の変更
・目標
 ハードのコスト削減
  ・既存 PC 1000台×30万円=3000万円
  ・新システム サーバ 70万×5台 350万円
   + シンクライアントPC 1000台×15万円 1500万円 計1850万円
   1000万円以上のコストダウン
 リリースコストの削減
  ・1000台へリリースが5台でOKの実現
 納期厳守
  ・リース満了日が確定しているため

6.特徴
 ・短納期 既存PCのリース期間満了までに完了が必須
 ・A社情報システム部門主導のシステム構成変更
  現行業務機能に変更がなく、利用部門の参画なし。
 ・シンクライアント化に伴い、クライアントOSで稼働していたプログラムをサーバOS上で稼働するように移植作業を行う。
 ・97全機能を正常パターン、異常パターンでテストする テスト工数が多い。
 ・A社の他クライアントサーバシステム(計18システム)も順次シンクライアント化していく予定
 ・本プロジェクトは、パイロット的な位置づけ。
  B社の製造部門全体を支援する技術部に移殖ノウハウ蓄積をする計画。
  技術部門メンバをプロジェクトに参画させる。

★実施内容アピールモジュール★ <コミュニケーション関連>

▼デイリースクラムの採用
 ・アジャイル開発のメソッドのひとつ。
 ・毎朝、昨日の成果(必須)、本日の目標(必須)、課題(ある場合のみ)をメンバ全員が発表する。
 ・発表内容に対する質疑はこの場ではしない。状況の共有のみとする。これにより、短時間で完了し、時間を無駄にしない。
 ・質疑・検討が必要な場合は別で打ち合わせ等も設ける。
 通常は、週次の進捗会議で進捗を確認していたが、デイリースクラムにより進捗状況や懸念事項の把握がタイムリーに行えるようになった。
 ・メンバからの報告内容が、WBSベースのスケジュールと合致しているかを確認し、相違がある場合には個別に確認・フォローをおこなった。
また、発表された課題は、課題一覧に記載し、対策を個別のミーティングで検討した。
 ・課題とその解決方法をメンバ全員にメールし、共有した。これにより、類似事象で他メンバが時間を取られないようになることを狙った。

▼会話チェック表
 ・メンバとの会話チェック表を作り、もれなく週に一度は直接会話した。
 会話内容、メンバの表情、残業時間などをメモした。気になることがあれば、即時なんらかの対応をした。

★実施内容アピールモジュール★ <ユーザ部門関連>

▼利用部門の参画を要請。
 キーマンを見極め参画を要請。
 利用部門の意志統一や窓口の一本化によるコミュニケーションの効率化を狙った。

★実施内容アピールモジュール★ <利害調整をアピールする内容>

▼レスポンスの目標値
システム構成変更は、情報システム部門の要求であって、利用部門としては関与しない。とにかく、現行機能担保さえしてくれればよいというばかり。
現行担保とは何かを合意しなければ、要求を満たせないと説得し、プロジェクトへの関与を粘り強く要求した。

▼要求仕様の解釈で問題発生 
EUC用データ抽出機能は、廃止という要求仕様。
背景:EUC用データ抽出機能は、条件指定しその条件に合致するデータをFDへ出力する機能。
利用者各自がデータを自由に加工した場合に、誤った観点で集約・加工したデータをお客さまや対外的に提供してしまうことがリスクとなる。このために、EUC用データ抽出機能は廃止し、業務的に必要なものは業務帳票として出力するようにA社内のシステムポリシーが変更された。
EUC用データ抽出機能でしか使用していない共通機能である共通FD出力機能も廃止と判断した。
しかし、共通機能である共通FD出力機能も削除すると要求仕様となっていない。共通FD出力機能は、今後別機能で利用予定があることが発覚した。
運用開始一カ月前に本件が発覚したとして、、、
プロジェクト終盤の1か月は本番移行準備作業を進める必要があり、FD出力共通機能の新システム構成への対応工数を確保は困難。また、新システムの構成上、シンクライアントサーバから営業所のシンクライアント端末のFDへの書き込みをする必要があり、難易度が高い。
FD出力共通機能は、現時点では業務機能で利用していないので緊急性が低い。
FD出力共通機能については、本プロジェクト完了後に、別スケジュールで対応したい旨を申し入れた。
A社からは、リリースタイミングは、別でもよいがFD出力共通機能は、本プロジェクトのスコープであるため、追加費用はB社で負担することを条件に了承された。

★実施内容アピールモジュール★ <マネジメントプロセス関連>

▼スケジュール
 技術部に移殖ノウハウ蓄積をするための施策。
 ノウハウをドキュメント化するタスクをWBS化し、スケジュールに落とし込んだ。

▼リスク想定
 印刷性能の低下 計算センターのシンクライアントサーバで生成された印刷ファイルを営業所まで転送して印刷するため
 スキャナ性能の低下 営業所のLAN上にあるスキャナーで取り込んだ画像を計算センターのシンクライアントサーバで処理し、シンクライアント端末に転送し表示させるため
 クライアントOSとサーバOSの非互換
 対策:開発環境を早期に準備し、代表業務機能で事前確認。WBS化して確実実施。
 不具合発生時の検討要員として、シンクライアントミドルウェアベンダーの技術者への相談窓口を確保した。また、相談では解決しない場合を想定し、技術者派遣のコストをコンティンジェンシー予備費として部門長に許可を受け計上した。

▼リスクの回避
・システム構成変更対応 と 新規機能の追加 を同時にやらない。
 OS移殖の問題なのか新規機能の問題なのかの切り分けを明確化する。

▼スコープ 非機能要件
 利用部門の要求 レスポンスは、現行担保
 高負荷時なのか 平常時なのか
 そもそも 高負荷、平常時とは何を指すか?
 現行機能を調査して、数値化して合意するアプローチとした。


ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?) は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?) ← 今ここ
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月27日

午後2対策(こんなアプローチ) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■こんなアプローチ

私が、結構マメにチェックしている日経ビジネスオンラインの記事です。

仕事ができる人は詭弁が上手 日本人が知らない我田引水の公式
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20130918/253596/
※無料ユーザ登録が必要なサイトです。

要約すると、、、
英検1級2次スピーチ試験にパスする秘法

試験内容は、「大学教育は誰にとっても必要なものか、否か」といった問題が出され、その場でこの問いに関してスピーチをするものです。

どんな設問が出ても、自分が予め用意し暗記した英文を口にする作戦です。

用意する英文は、「古切手を集めて、まとまったら、慈善団体に送ります。そこではこれを換金して役立てています。ぼくには多額の寄付ができるほどの財産はないし、世の中に素晴らしい提言をすることもできません。それでも人のために役に立ちたい気持ちはあります。自分ができることをコツコツやっていくつもりです。」といったもの。

「大学なんて大事じゃない。人生は人のために何かをしようという気持ちになることのほうが大事だ」という前フリから、用意した古切手トークへつなげます。

問題が「政府は税金を賢く使っているか」だったら、「税金がちゃんと使われているかどうか、我々庶民には分からない。しかし我々が皆、人々のことを思って生きていけば、その意思がいつかは政治に反映される。政治を批判したり監視したりすることが大事なのではなくて、今自分が何をするかが大事だ」という前フリから古切手ネタへなだれ込めばいい。

このアプローチ 情報処理試験の午後2の論述にも応用できそうな気がしませんか?

このアプローチと同じ考えのプロジェクトマネージャー試験の論述対策本があります。



この本です。

本書では、モジュール化がキーワードです。
ようは、論述のネタをモジュール(どこにでも組み込めるように)を用意しておく。
問に対応するようにモジュールを当てはめて、論述するという方法です。

実は、私はプロジェクトマネージャー試験4回目の受験で、合格したのです。
毎回、論述式がB判定で涙を飲んでました。

論述の準備方法を変えなくては!!と思い書店で見つけたのがこの本です。

はっきり言います。この本に出会わなければ、合格できなかったと思ってます。
それぐらい、私にとっての 「スゴ本」 なのです。

こんなアプローチ は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ ← 今ここ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?) 
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(論述式じゃない実は記述式) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■論述式じゃない実は記述式

章立して書くべきというのが、事例集を確認して、わかっています。
どのように章立すべきなのかを説明します。

WS000039


平成24年度の問1の設問です。

これを章立すると

1. 開発プロジェクトの特徴と情報セキュリティ上のリスク
1.1 開発プロジェクトの特徴
1.2 情報セキリティ上のリスクが特定された開発業務及び特定されたリスク

2. 想定リスクに対する運営面の予防策、周知方法
2.1 想定リスクに対する運営面の予防策
2.2 予防策の周知方法

3. 予防策遵守のモニタリングの仕組み、発見された課題とその対処
3.1 予防策遵守のモニタリングの仕組み
3.2 発見された課題とその対処

例えば、こんな感じになります。
章立することで、論述という塊が、章立した章毎に回答していけばよい記述式になりました。
※ちょっと言い過ぎ。。。

章立は、見やすいだけではありません。
設問の要求にもれなく応えることができる というメリットもあるのです。

論述式じゃない実は記述式 は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式 ← 今ここ
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?) 
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月25日

午後2対策(採点者目線を意識) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■採点者目線を意識

たぶん、採点者は沢山の論述を採点します。
なので、採点者のストレスを減らす配慮をしてあげれば、好印象!ちょっとは採点が甘くなるかも?
なんてことは、ないかもしれませんが、読みやすいを意識した方がいいでしょうね。

・きれいな答案用紙

 消しゴムかすがこびりついてままにしないとか、、、常識?

 実際の答案用紙は、両面に記載します。下敷きの持ち込みは禁止されています。
 記載済みの裏面に書き込むときには、机の面を下敷きになるように使います。
 これ、やらないとカーボン紙のように、写ってしまい読みにくいものになってしまいます。
 ※これ重要!

・読みやすい字

 綺麗な字である必要はありません。
 濃く、大き目に、丁寧な字を書きましょう。
 後半、時間が足らないという焦りから、字が雑にならないようにね。

・ローカルな用語を使わない

 自社でしか通用しないような用語はNG
 たとえば「業選」ってわかりますか?
 私の勤務する会社だと常識として、「業選」=業務を選択させるメニュー画面と認知されています。
 わからんでもないけど、一般的な言葉ではありません。
 業務選択画面だったら、誰でも理解できます。こういった汎用性を意識した用語で書く事が必要です。

・章立

 これも、読みやすさにつながるはずです。
 必ず、章立しましょう。

採点者目線を意識は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ ← 今ここ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(ツールにこだわる) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■ツールにこだわる





筆圧で芯が回って、尖り続ける つまり 書き続けられるシャープペンシル
角が一杯あって、消しやすい消しゴム

この2点セット お勧めします。

ツールにこだわるは、ここまで、続く

■準備編
■事例を読む
■書いてみる
■ツールにこだわれ ← 今ここ
■採点者目線を意識
■論述式じゃない実は記述式
■こんなアプローチ
■ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(書いてみる) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■書いてみる

論述は、問に対し 以下の文字数書くことが求められます。

設問ア 800字以内
設問イ 800字以上1600字以内
設問ウ 600字以上1200字以内

設問アに600字書くと想定すると、、、
600+800+600=2000文字
実際には、プラスα書かないといけないので、計2200文字ぐらいを
2時間で書ききらないといけません。

字数に達していないと採点すらされないのです。



この中で、内容的にしっくりくる事例を探します。
その事例を、そのまま書き写してみましょう。
手書きで2000文字以上を書くということに慣れないと
合格にはたどりつけません。

※かならず、何分かかったかを計測しましょう。

■たぶん、すごく時間がかかる

私は、100分くらいはかかったと思います。

書き写すだけで、100分!
試験当日は、0から書くのに時間が絶対足らない!

逆に言うと、ネタを仕込んでおかないと時間内には書き切れない
ってことが言えるのです。

ネタの仕込みについては、後で説明します。

書いてみる は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる ← 今ここ
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(事例を読む) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■事例を読む



こういう感じで書けばいいのねを体感するところからスタートです。

事例を読みましょう。

読みながら、気づいたことをメモします。

例)
・必ず章立てされている
・英字は1マスに2文字書いていいのね
・「である」調で統一されている
・「思う」は、未来についての言及だけだな

他に、気づいたことはありますか?
それらが、論述式のポイントになるはずです。

事例を読むは、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む ← 今ここ
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(準備編) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

■準備編

まず、この2冊を購入してください。





過去問の確認

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html#haiten
IPAのサイトの過去問 至近3年分くらいを印刷しとこう。

練習用の原稿用紙

エクセルで作ってみましたよ → ここをクリック
※印刷して使ってね。

準備編は、ここまで、続く

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編 ← 今ここ
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2

kakobon at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

午後2対策(目次) 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきことをお伝えします。

合格もしていない人間からの情報なんて、あてにできないよね?

平成25年情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格 証拠の品です。

PM結果


■試験の構成

午後2 論述式

2問から1問を選択して回答
※平成26年春から、3問から2問になりました。

各問には、ア、イ、ウの設問があります。

設問ア 800字以内
設問イ 800字以上1600字以内
設問ウ 600字以上1200字以内

規定文字数を論述します。

■午後2 対策

以下の順番で説明していきますよ。

午前対策
午後1対策

目次 午後2対策
準備編
事例を読む
書いてみる
ツールにこだわれ
採点者目線を意識
論述式じゃない実は記述式
こんなアプローチ
ネタを仕込んで準備(経験って何ですか?)
■書いてみたよ その1
■書いてみたよ その2


kakobon at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月09日

午後1対策 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきことをお伝えします。

合格もしていない人間からの情報なんて、あてにできないよね?

平成25年情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格 証拠の品です。

PM結果


■試験の構成

午後1 記述式

4問から2問を選択して回答

■午後1 記述式 合格に向け用意するもの

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html#haiten
IPAのサイトから、過去問をたくさん印刷すべし。

■午後1 対策

試験時間は、90分。
この時間で、4問からどの2問をやるかを決める。
残りで、2問答える必要があります。
1問にかけれる時間は、40分?ぐらいですよね。
40分で1問回答できるように準備すればいいってことです。

■どの2問を選ぶかの対策

平成25年の4問の内容を見てみましょう。

問1 クラウドによる文書管理システムの開発
問2 経営モニタリングシステムの構築
問3 企業合併によるシステム統合
問4 顧客向けSNSサービスの開発

こんなテーマというか分野です。
試験時間内に、4問のテーマを確認して、自分はクラウドの開発経験もなし、経営管理なんて知らないし、合併プロジェクトにも参画したことなし、SNSは使ってるけど作ったことないし、、、
なんて悩むとしたら、時間の無駄です。
だって、実プロジェクトを模擬した設問なので、たまたま そのテーマ を選んでるだけなんです。
言い換えれば、臨場感を持たせるための演出ですね。
PMBOKの知識エリア

プロジェクト統合マネジメント
プロジェクト・スコープ・マネジメント
プロジェクト・タイム・マネジメント
プロジェクト・コスト・マネジメント
プロジェクト品質マネジメント
プロジェクト人的資源マネジメント
プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
プロジェクト・リスクマネジメント
プロジェクト調達マネジメント
プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント

のどれかに特化したような設問になっているか?
という視点で見ても、そういうわけでもないです。
一般的な視点で、設問が作られてる気がします。

つまり、どれをやってもいいじゃんってことですね。
どの設問を選ぶかに時間をかけずに、最初から 1 と 4 をやるとか決めておいてください。

★追記
平成26年春の試験から、3問の設問から2問選ぶように変わりましたよ!

■問の構成

問は、以下のように構成されます。

・冒頭に外観
・プロジェクトのある断面の状況 × N個

まず、全文を構成を示しながら引用します。

外観
WS000017

WS000018

WS000030

プロジェクトのある断面1 <プロジェクト計画>
WS000029
WS000020
WS000021

プロジェクトのある断面2 <クラウドサービス利用の検討>WS000022
WS000023

プロジェクトのある断面3 <スケジュール検討>WS000024

プロジェクトのある断面4 <各社のクラウドサービスの評価>WS000032
WS000033

設問1WS000026

設問2WS000027

設問3WS000028


■問題文をどう読むべきか?

もう一度、問の構成を確認します。

・外観
・プロジェクトのある断面1<プロジェクト計画>
・プロジェクトのある断面2<クラウドサービス利用の検討>
・プロジェクトのある断面3<スケジュール検討>
・プロジェクトのある断面4<各社のクラウドサービスの評価>
・設問1
・設問2
・設問3

でした。

1問には、40分しかかけれません。
効率よく回答する工夫が必要です。
実際に、回答する場合に あなたは、どこから読みますか??

私の答えは、「設問1をまず読む」です。
外観から読み始めるのは効率悪いです!
なぜならば、このプロジェクトについて精通するのは目的ではなく、設問に回答するのが目的だからです。
設問を意識して問題文を読むことで、設問の回答を得易くなります。

まず、設問を読んで、その回答に必要な箇所を探して、読めばOKです。
全部読む必要はありません。むしろ読むな!

■実際に回答してみながら、どこを読むべきかを検証。

設問1WS000026

(1)は、サービス問題ですね。
クリティカルパスだから が、答です。
この回答を得るのに、外観部分を全て読む必要は全くないです。
設問を読み、関連する箇所として、図3の作業工程図を確認するだけで回答できます。
先にも書いたように、設問を読んで、その回答に必要な箇所を探し、そこだけ読めばOKなのです。

(2)は、ちょっとわかりにくいですね。
付け加えた条件は何か?を聞いています。
えっ何それ?って思ってしまうのですが、、、
WS000034
問題文のこの部分を言っています。
2.の要望を見ればいいわけです。
WS000035

ここに記載されている追加したい条件となりうるものは、2つあります。
a.データセンタと現場を1対1でつなぐような構成は、現場に専門家いないから無理よ!
b.グローバルに拠点がある安全なネットワークであること
ということで、既に記述式でなく2択の問題になってますね。

a.の条件は、クラウドサービスと利用するということでクリアされます。
必然的に、b.が答えになるのです。

追加したい条件は何かを聞いているので、もともとの条件があるはずです。
それは、何かを考えます。
表2の各社クラウドサービスの比較表以外は見当たりません。
この表に、b.グローバルに拠点がある安全なネットワークであること がないことが確認できます。
これで、回答は確定です。
冷静になれば、答えは書かれているのが見えてくるのです。いいね!

回答例
WS000036


設問2WS000027


(1)は、足し算・引き算の問題ですね。ふふふ

この問題も、図3の作業工程図を確認するだけで回答できますね。
図3を見ると、3つのパス(ルート)があります。
A→D→H→I→J
A→B→C→G→H→I→J
E→F→G→H→I→J

X社採用の場合は、Bが不要となる。
つまり 
A 2か月+C 2か月+G 2か月+H 2か月+I 1か月+J 1か月 = 10か月
が答えです。

Y社採用の場合は、Bが不要で、C、Dが半減する。
つまり
A 2か月+C 1か月+G 2か月+H 2か月+I 1か月+J 1か月 = 9か月
が答えです。

Z社採用の場合は、Bが不要で、C、D、G、Hが半減する。
でも、Eは、2倍になる。
条件の変更により
E→F→G→H→I→J がクリティカルパスになります。
E 2か月+F 2か月+G 1か月+H 1か月+I 1か月+J 1か月 = 8か月
が答えです。

記述問題に見せかけて、クリティカルパスの基本的な計算方法を確認されているだけなのです。

(2) Eの作業のリスクは何?

まず、Eの作業が何かを確認します。
表1 作業項目の一覧表 を見ればわかります。
外部設計ですね。

外部設計のリスクとはなんでしょう??
関連する箇所を探します。
WS000037

つまり、既存の仕様書を使う前提で外部設計の工数が少な目に想定していることがわかります。

この想定の裏返しが、リスクになります。
つまり、「外部設計に想定以上に工数がかかってしまう」です。

Z社はsaas(Software as a Service)なので、新規にソフトウェアを開発するのでなく、Z社の用意するソフトウェアを使うことが前提となる。このため、既存の仕様書がそのまま使えず、Z社のソフトウェアの仕様との整合確認など見直しの工数が追加発生することが想定されるわけです。

私なら答えとして、こう書きます。
業務ニーズをZ社のsaas機能で実現させる検討に時間がかかる
30文字

回答例
WS000002


設問3WS000028
(1)X社は開発期間に問題がある なんで?

開発期間に言及してる箇所を探しましょう。
WS000003
ここですね。
4月に開始して、翌年1月には使いたい。つまり、開発期間は9か月です。
X社を採用した場合の開発期間は10か月を想定してるので、ダメじゃんってことです。

答えは、 翌年1月の利用開始に間に合わない です。

(2)Y社、Z社にサーバ運用に関する確認すべきことって何?

なんでX社には確認しなくていいのか気になりませんか?
表2の各社クラウドサービスの比較表 を確認するとサーバ管理がX社の場合は、K社になっています。
自分でやることなら、コントロールできるから確認しなくていいんだなとわかります。

サーバ運用に関して言及してる箇所を探します。
WS000004
定期的な管理レポートを顧客の要求する形式で出す必要があると書かれています。
監査についても、書かれていますが、これは 表2の各社クラウドサービスの比較表 に網羅されているので、改めて確認する必要はないですね。

答えは、 定期的な管理レポートを顧客の要求する形式で出せるか になります。

(3)Z社が顧客要求に不適合な部分は何?

(2)と同じ箇所に言及されています。
サーバ管理を外部委託する場合は、監査を受け入れることが顧客要求として記載されています。
表2の各社クラウドサービスの比較表では、Z社は「不可」となっています。

答えは、 サーバ管理の外部監査ができない です。

回答例
WS000005


■まとめ

まず設問から読むべし。

記述式だけど、実は記述式じゃない。答えに言及している部分を選択する。選択式と思って、気軽にやるべし。

■勉強方法

40分以内に1問を解くというのを繰り返しやりましょう。
3年分もやれば、合格レベルの実力がつくはずです。

ちなみに、100点取る必要はありません。
60点でOKなのです。
本番試験の時には、わからない設問は飛ばして、わかる設問の解答を優先しましょう。

※たぶん、午後2の対策に続く

kakobon at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月16日

午前1,2対策 情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきこと

情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格のためにやるべきことをお伝えします。

合格もしていない人間からの情報なんて、あてにできないよね?

平成25年情報処理技術者試験プロジェクトマネージャ合格 証拠の品です。

PM結果


■試験の構成

午前1、2 多肢選択式

 午前1 30問

 午後2 25問

■多肢選択式 合格に向け用意するもの

プロジェクトマネージャ 午前 試験問題集 (合格精選500題)



http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html#haiten
IPAのサイトから、過去問を平成23年以降のもの全て

■午前1、午前2対策

何を求められるのか?
知識があるか? でなく 準備したか? なのです。

なぜそう言えるの?

出題のほとんどが過去問そのまま、または類似問題だからなのです。
もちろん、新しい問題も出ますけどね。
でも、目的は合格ラインの60%以上の得点をあげることであって、100点を取ることじゃないのです。
だから、過去問を中心に準備をすれば、いいのです。
つまり、知識を問われているようでいて、準備したかを問われているってことなのです。

H23年、H24年、H25年の問題で類似度を具体的に確認してみましょう。

■午前1

平成25年春午前1 問4

平成25年春午前1-問4


平成24年春午前1 問4

平成24年春午前1-問4


聞き方は違いますが、同じことを聞いてますよね?
しかも同じ問4です。過去問ベースに今回の問題を決めてるのでは?www


平成25年春午前1 問18

平成25年春午前1-問18


平成23年春午前1 問19

平成23年春午前1-問19


これも、パレート図って何?を聞いてるだけで、同じですね。


平成25年春午前1 問20

平成25年春午前1-問20


平成23年春午前1 問20

平成23年春午前1-問20


これも、SLAを違う聞き方をしてるだけで、本質は一緒です。
やっぱり、同じ問20だし!


■午前2


平成25年春午前2-問3

平成25年春午前2-問3


平成24年春午前2-問1

平成24年春午前2-問1


同じプロジェクトライフサイクルについて聞いています。


平成25年春午前2-問4

平成25年春午前2-問4


平成23年春午前2-問2

平成23年春午前2-問2


プロジェクト憲章の基本をおさえておけば大丈夫!


平成25年春午前2-問12

平成25年春午前2-問12


平成23年春午前2-問7

平成23年春午前2-問7


デジャブーでなく、まったく同じです!!


■なぜこの本がいいのか?

上の例でもわかるように、過去問をきちんとやればいいのです。
なぜこの本がいいのか? だって、過去問の集大成の本だからです。



それに、表ページに問題、その裏ページに解説が掲載されています。
通勤時間での学習が非常にやりやすいです。

使い方


この本、そのままだど非常に厚い(412ページも!)ので、
分冊化してしまいましょう。
私は、午前1、午前2で分冊してました。
手できれいに、切り裂けますよ。ビリリと どうぞ!

分冊


■ちょっと問題が、、、

しかし、この本は、発行が平成22年秋です。
つまり、平成22年春の試験までの過去問となっています。
そこをフォローするために、平成23年以降の過去問を全てやってください。
必須です。

本で覚えたのと、同じような問題が多いなというのが体感できるはずです。

■まとめ



この500問を覚えきること!
でも、冒頭にも書きましたが、100点取る必用はなく60点とればいいのです。
完璧を求めすぎなくてもいいですよ。

実力確認として、IPAのサイト
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html#haiten
から過去問をダウンロード&印刷して、多くやってみてください。

午後の試験対策に続きます。

kakobon at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月06日

公開 PMP更新全手順

PMPの更新(3年に一度)を実施しました。
手順を記録しましたので、公開します。
迷ったときの参考になれば、幸いです。
画像をクリックすると大きく表示されますよ。

■まず、ログイン

1login

■myPMIを表示し、renewを押下

PMP更新1

■現在の有効期間を確認し、Begin the renew を押下

PMP更新2


■同意にチェックし、Nextを押下

PMP更新3


■住所を確認/入力し、Nextを押下

PMP更新4


■カンパニーコードなしを選択し、Nextを押下

PMP更新5


■オンライン支払を選択し、Nextを押下

PMP更新6


■カード情報を登録し、Nextを押下

PMP更新7


■支払い内容を確認し、Submit paymentを押下

PMP更新8


■支払い確定情報の表示を確認し、Return to overview を押下

PMP更新9


■有効期限が更新された!

PMP更新10


---

もちろんPDUが60貯まってないと更新できません。
画像の例(更新費用)は、PMI会員の価格になっています。

プロジェクトマネージャー お勧め本







kakobon at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月12日

PMI更新 全手順 公開

PMI(Project Management Institute)を更新しました。
英語サイトなので、リアル日本人の私には、なんとなくハードルの高い手続きでした。
手順をまとめましたので、公開します。

■ログイン

1login

■ログイン完了 → PMI更新の画面へ

2login後

■更新内容の確認

3更新内容確認

■支払登録 カード情報

4カード情報入力

■注文確定

5注文確定

■注文結果確認 これで完了です。

6注文受付結果表示

---

■お勧めのプロジェクトマネジメント書籍



小説スタイルで、ITプロジェクトのマネジメントが疑似体験できます。
とういうもののストーリーが海外っぽい(例えば、突然 納期が大幅に短縮されるとか)ですが、示唆の多い内容です。

kakobon at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月11日

PMBOK5 日本語版 ダウンロード全手順 公開

PMI(Project Management Institute)会員向け PMBOK(A Guide to the Project Management Body of Knowledge)Rガイド 第5版 日本語版ダウンロード・サービス開始されました。

会員向けサービスなので、PMI会員でないとダウンロードできません。

実際にダウンロードしました。手順を以下に公開します。
※といっても、そんなに難しいわけじゃないですけどね。

■PMIへアクセス

http://www.pmi.org/

■ログイン

1login

■ライブラリーを選択

02ライブラリーを選べ

■言語を選択

03japanを選べ

■パスワードを入れて、ダウンロード開始

04パスワードを入れてダウンロードだ!

ダウンロードしたPDFは、開くときには パスワードを毎回求められます。

■おすすめのプロジェクトマネージャー向け書籍



なには、なくとも通称「黒本」を



世界一かどうかは?ですが、わかりやすいです



ITのプロジェクトを小説スタイルで疑似体験できます。



kakobon at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月09日

iPhone4S液晶割れたけど保険で17,700円ゲットした話

液晶割れたけど、たまたま加入していた医療保険に付帯されていた携行品保障の対象だったので、17,700円保険で支払われました。

こういった携行品保障は、クレジットカードにも付帯されてる場合もあるようです。

液晶割れても、泣かずに、携行品保障に うっかり加入してないか確認しましょう!

----

■2013年の夏 iPhoneの液晶割れた orz

割れてます


割れたままでも、意外に使えるのだ。
画面をタッチすると液晶の細かいガラス片が指に刺さる
なので、100円ショップで、液晶保護シートを購入し、貼りつけて使っていた。

■よくかわされた会話。

「うっわ 液晶バリバリじゃないですか!?」
「あっ これ割れてるんじゃなくて 覗き見防止だよ。」
「えっ? 嘘ですよね」
「もちろん 嘘です。」

少なくとも10回は、こんな会話したなぁ〜

■だがしかし

2013年末に、片づけをしていて 加入している保険の説明書にこんなことが!!書かれているのを発見。

携行品保障


なんと、スマホの破損も保障対象ですと〜

■さっそく手続き

修理した場合の見積書が必要ってことで、アップルストアで見積してもらいました。
auショップでは、見積できませんと言われので、アップルストアに行ったのだな。

アップルストアの見積


修理でなく20,700円で本体交換だそうです。

必要書類を記載して、修理見積書、破損の証拠写真を保険屋さんに送付。

■そして

本日2014/1/9に、17,700円振り込まれているのを確認しました。
ものすごく得した気分だ〜

17,700円 = 修理見積額 20,700円 − 免責額 3000円 です。

支払い明細

■教訓というものをいかす人生を歩まなくては、、、

こんな目に合わないために、新しいiPhone買いかえたら、こういうのを絶対買う。




kakobon at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)