2008年07月17日

効率よりも創造性重視の「知的仕事術」セミナーに参加した。

2008/7/15にアシストというパッケージ・ソフトウェアの販売をしている会社の主催する勉強会のセミナーに参加してきました。

効率よりも創造性重視の「知的仕事術」 というテーマで小山龍介さんのセミナーがあり、セミナー後に交流会(立食パーティー)というメニューでした。

■効率よりも創造性重視の「知的仕事術」

小山さんといえば

といった hacksシリーズの著者で有名な方です。

今回のセミナーはワークをしつつ、解説といったスタイルで進められた。

■ワークその1

持っているもの

あなたが今,持っているものをできるだけたくさんあげてください。

■収束と拡大

・分析的パラダイム → 収束
過去のデータを分析して,ひとつの答えを求める。
これが従来の手法であるが,こういう時代ではない。

・創造的パラダイム → 拡散
将来の可能性への仮説から,複数の答え(シナリオ)を得る。

ワークその1の途中で「資格とか目に見えないものでいいですよ」というコメントがありました。多くの可能性を引き出すには、「多視点を持つこと」がキーということか。
■ワークその2

ものを言い換える

さきほどあげていただいたものを、できるだけたくさん、言い換えてください。

■水も砂漠では、、、

ワークその2の前に、「今、ここでは単なる水でも、砂漠に行けば違う意味を持ちますよね。」といった言葉がありました。

思い出したのが 日本車初のミッドシップエンジン車であるトヨタMR2の初期のCM「背中には2人をよわすハートがある」(たぶんこんな感じ)。
2人乗り & ミッドシップ を見事に言い換えたものですな。

ものを言い換えるのは、やっぱり「多視点を持つこと」=「コンテキスト」を多く持つことなのね。



2通りのママの例示されているが、他にも ありのままの「まま」とかもあるよね。

■ワークその3

もっていないもの

あなたが今、もっていないものをできるだけたくさんあげてください。

■やっぱり

「多視点を持つこと」=「コンテキスト」を多く持つべし。



「多視点」という言葉で強引にまとめてしまいましたが、、、
本当は、もっと深いんだろうなぁ、、、

つづく、、、
効率よりも創造性重視の「知的仕事術」セミナーに参加した。その2

★関連エントリー★

EQによる自己認識セミナーに参加してきた その1
問題解決視点養成セミナーに参加してきた その1
問題解決マインド養成セミナーに参加してきた その1



kakobon at 23:11│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Ko's Style   2008年07月20日 12:08
小山さんのセミナー、名古屋だったんですか?
勉強熱心ですね!
シェアしていただいて感謝です!
2. Posted by kakobon   2008年07月22日 22:43
名古屋以外でのセミナーは移動の時間と費用もかかるので、ちょっとハードルが高くなってしまってます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字