ウメヌキ新時代へ
28
 

48


格ゲー5神の一人。ウメハラの終生のライバルと言われ、カプコンのオフィシャル大会では最年少優勝記録を持つ、格闘ゲームの天才。ウメハラが「闘劇に新作の格ゲーが出たら一緒に組みたい」というのがヌキである。
 




2016.3.13、YouTubeにUPされたウメハラ(リュウ)vsヌキ(春麗)の動画が海外でも話題を呼んでいます。ウメハラ氏はリュウ、ヌキ氏は春麗というそれぞれを象徴するキャラを使用した対戦は、往年の動画勢もニッコリする内容。これを待ってた人も多いのではないでしょうか。

かつては、「カプゲーの大会はウメヌキのどちらかが勝つ」とまで言われたライバル関係を持つ2人ですが、果たしてスト5ではどのようになっていくのでしょうか。乞うご期待です。







動画を見る前に
スト5のシステムの簡単なおさらいを書きました。今更な内容ですが、動画を見る上ではポイントとなる部分であり、知識があった方が動画も楽しくなります。では。



今更おさらいするスト5のシステム
57

削りKOは無し

スト5は、最後の1ドットは絶対に
削れないようになっています。
故に、最後の1ドット勝負に
なったら飛び道具持ちが絶対有利、
というわけでもなくなりました。

追記.ただしCAは除く。
CA(超必殺技)だけは削りKO可能です。
 
10

29


ガードキャンセルはVゲージを使う

このゲームのガードキャンセル攻撃は、
Vゲージ(赤いゲージ)を使います。
EX技やスパコンは下の青いゲージですが、
なぜかガードキャンセルだけVゲージです。

そして、名称もガードキャンセルではなく、
Vリバーサルというよくわからない名前に
なってます。 







動画:Nuki ( Chun Li ) Vs MCZ Daigo Umehara ( Ryu ) SF5 1080p - 60fps ★





※削りKOについて追記しました。
コメントでご指摘ありがとうございます。






↓ 以下、海外の反応










@1
アメイジングだが、締め付けられるようなマッチだ。


@2
"チュンリー、ウィン"がミュージックのように聴こえた。 :D


@3
>>2
同じく。


@4
>>2
アーメン、いつだって、チュンリー > リュウなのだ。


@5
この緊張感こそリアルだ。


@6
2人のレジェンドが登っていく。
"1段飛ばし"でね。


@7
このゲームの春麗はsooビューティフルだね。


@8
このゲームをどう遊ぶべきなのかということにめちゃくちゃ近づいてる。グレート・ゲームだ。


@9
おそらく、俺がSFVチャンネル見てきた中でのベスト・ゲーム。


@10
人々はSFVをスローだと言う・・・・。そして、退屈だとも言う・・・。


@11
>>10
Yes、退屈だ。スーパースト2でのヌキvsダイゴのマッチを見れば理解するだろうよ。"本当の"格闘ゲームってやつをな。

(↓ 動画:Daigo Umehara(梅原大吾) vs Ohnuki(大貫晉也) - EVO2K3)



@12
>>11
お前は、好きでもないゲームのコメント欄でぶらぶら時間を潰すのか。


@13
美女 vs ビーストだね。


@14
今まででベスト・マッチ!!!!!!!


@15
Vトリガー発動中のリュウのファイアボールが、"ダイゴ"って聞こえる。


@16
>>15
彼らはよっぽどSFVでダイゴにリュウをプレイしてほしかったんだろう(笑)。
しかし、Yeah、確かに"ライコウ"は響きが似てるね。


@17
>>16
笑。


@18
>>15
人々は"R"の発音を認識してないと。


@19
>>18
日本語の"R"はソフトな"D"や"L"と似てるからね。


@20
Wow..熾烈な試合だな。


@21
すごい緊張感だね。緊迫に緊迫したマッチだ。


@22
なんてグレートなゲームなの。両者のプレイヤーのおかげだね。


@23
ホーリーシット、なんて試合だ。


@24
パーフェクト・チュンリー。 XD


@25
ゴッドライク・マッチだ。


@26
このマッチが示している。Hypeへの方法をね。


@27
Go チュンリー! :)


@28
なんて驚きで、なんて緊張感なの。


@29
もしダイゴがT.ホークでプレイしてたら、こんなことにはならなかっただろう。


@30
VT中の波動拳は、常に彼の名前を叫んでいるようだが、ダイゴはそこをどう感じているのか。


@31
ヌキは信じられないほどグッドだね。


@32
1:08 なんてダメージだよ。


@33
ガッ デム。


@34
なんでダイゴのユーザーネームはこんな愚かでファッキングなことになってんの?


@35
>>34
おそらく彼の友人のアカウント。


@36
ファッキング・グレート・マッチ。


@37
スリープ・ファイターだ。


@38
古典だねこれは。


@39
リュウのしゃがみのアニメーションはクソなのが多いね。


@40
jooooo なんてクレイジーなゲームなのか。よくやった。


@41
神に誓う。ダイゴはたぶんそのうち、俺に心臓発作を与える。


@42
うおお・・・立ち中Kでのラストは、スーパーKOだね。

(↓)



@43
春麗はリュウに勝つのだ、いつでも。


@44
ジャンプ大 > 大 > 大ドラゴンパンチ > スーパーで60%も減っちゃうの?う〜ん。


@45
>>44
大抵50%は減る。春麗が体力低い方だと言う事実を忘れるなよ。確か950だ。


@46
>>44
Yeah、リュウの攻撃はモンスタートラックのようなのだよ。

(↓)



@47
偉大な試合だ。
ファイアボールは、リュウにとって安全な行動というわけでもないようだ。


@48
こんな緊張感のあるマッチをアップロードしてくれてありがとう。


@49
マンガのヌキ vs ダイゴのような雰囲気があるね。


@50
>>49
ガードキャンセルはVリバーサルだからね。
このマッチでは同じように使われたようだ、では、"ゼロカウンター"は?

(↓ ウメハラ漫画:ガードキャンセル)
5





@51
頭をぶん殴られたような衝撃だね。


@52
>>51
ラウンド2の最後は、頭を3回ぶっ叩かれた気分だよ。

(↓) 




@53
>>51
完全にね。俺もぶっ叩かれた。


@54
ダイゴの胆力はまるでスチール(鋼)なのだ。驚くことではない。


@55
グッド・ゲーム。


@56
このゲームは緊張感があるようだね・・・。
自分の思い通りの進められない全てのラウンドは、少量の体力での争いになるだろう。
少しずつワイヤーの上に降りていくような。


@57 
ダイゴには殺意の波動が必要だ。彼の性能では良くないだろう。


@58
ダイゴのランクは既に14位だ。人々はいまだに、彼はこのゲームではイマイチだと言っているようだが。


@59
>>58 
笑。
それに、ダイゴのスタートは他の連中より遅かったのにな。


@60
なぜダイゴは負けたのか。


@61 
>>60 
ヌキより先に、ゲージが尽きたからじゃないかな。

戦略的に見てみよう。彼は25秒の時点でEXファイアボールを打ち、ゲージが"尽きた"。それでも、ヌキのガードを崩そうと、ノーマルのファイアボールを打ち続けた。その後も、スーパーを溜めるために、弱のファイアボールを打ち続けるという選択をした。スーパーが溜まるまでヌキがガードを続けられたかどうかは、わからないけどね。

(↓)



@62
>>61 
君に同意する。


@63
>>61 
ヌキは2ラウンド目にダイゴを瀕死まで追い詰めた。もっとも、ダイゴであり、そしてリュウなので、こういう場面でもブロッキング出来ちゃうかもしれないんだけど、それでも、EXファイアボールを使っておくのが安全な行為だったと思うね。

それと、リュウのブロッキングは、ブロッキング取った時の硬直はないんだよね?気功拳はブロックしていたけど、CAは取れていなかったよね。


@64
>>63 
ブロッキングは必要ない。Vリバーサルで良いんだよ。それで完全にスーパー(コンボ)を受け流せる。


@65
>>64 
瀕死状態じゃ無理だよ。ダイゴは体力ない状態(それかマジックピクセル)だった。だから、Vリバーサルじゃ対応不可能。
もちろん、それはヌキがCAに頼るっていう前提だけど。
※マジックピクセル・・・体力1ドット


@66
>>61
いやいや、、ヌキはVリバーサルをするためのVゲージは充分あったんだよ、たとえCAをされてもね。その時点でCAは何の意味もなくなる。
だから、EXファイアボールを使用し、ノーマルのファイアボールにも頼った。ガンガン攻められる状況の春麗に対抗するために。


@67
>>60
ヌキを知らんのか?この春麗のプレイヤーはだな、常にダイゴのライバルとして存在し、3rd strikeからやってきたのだ。
ダイゴがなぜ負けたか、だったな。うん、確かに負けたが、次は勝つだろう、なぜならもう、"ダウンロード"しただろうからね。このゲームでは、春麗の方がリュウより地上戦は強い。といっても、リュウも他のキャストよりは地上戦は強い。どちらの負けラウンドも、運が悪かったようだ。



@68
"memememe"だって?ダイゴやめてくれよそんな名前。SEREBROの曲みたい。

(↓ 動画:Serebro - Mi Mi Mi (official video))



@69
信じられない程のグッドなストリートファイターだねこれは。


@70
うむ、ダイゴはこの短期間でプラチナレベルにまでなってるようだな。
なんてゴッドライクなスキルなんだ。
でも、なんでユーザーネームを"memememe"にしたのか凄い不思議。これの背景には何かあるの?


@71
>>70
友人のアカウント。


@72
こういうプレイがEVOやCapCupで見れるんだねえ。待ちきれないよ。


@73
2ラウンド目は思わず息を止めて見てた。
ヌキはビーストで、5ゴッドの1人なんだよね。


@74
両者のプレイヤーはお互いとても尊敬し合ってるように見えた。それと同時に、ビースト・モードやテクニックを隠しているように感じる。なぜなら、お互いに、コンボやスーパーで殺せる場面は何度かあった。にもかかわらず、より安全行動を取っていた・・・。
しかし、ダイゴは急速にランクを駆け上がってるね、もう14位だ。それに動きもどんどん改善されてるし。


@75
ダイゴ・"メメ"ハラ。


@76
これのダイゴについて気づいたことがある。ラウンドの終盤、タイトな状況になると、彼はポジションを簡単に下げていくのだ。
これはなぜか?
思うに、彼はルアーを垂らしていたのではないか。トラップに引っ掛けるためのね。


@77
オンラインではトレーニングステージを選ぶのがベストだね。背景にアニメーションも動くものもないから、ラグが発生しない。


@78
ハイレベル・プレイが見れて嬉しいし、ヌキのカムバックも喜ばしいね。


@79
ヘイダイゴ、今のリュウはブロッキングを持ってるんだぜ、次の時はそれを思い出してね・・・。


@80
Wow・・・2ラウンド目は息するの忘れてた。


@81
ダイゴは、VTのパワー・波動拳がヒットした瞬間にゲームを終わらせることが出来たよね。CAに繋ぐことが出来る距離を知らないのかな。


@82
リュウはあまりにも弱キャラ過ぎる。