レースゲームはここまで来た
r2
 
r1








レースゲームの雨の表現がここまで来たと話題に。
ドライブクラブ(DRIVECLUB)というゲームです。
VR版もある模様。








Photo-realistic windshield rain physics




動画:DRIVECLUB™ Heavy Rain Cockpit No HUD





↓ 以下、海外の反応



@1
ドライブクラブのフロントガラスの雨表現は、次の次元にいるね。


@2
リアリズムを追加する為には、異なるワイパーのスピードを入れる必要がある。しかし、「正しいスピード」は入れてはいけないんだよ。常に速過ぎるか、遅過ぎるようにしておくわけ。


@3
>>2
オーマイガ。俺の古い車には、4段階での切り替えボタンがあった。望む全ての間隔があったと言って良い。新しく買った派手な車は、Bluetooth、バックカメラ、プッシュ型のエンジンスイッチがある癖に、ワイパーのスピードは、「3段階」だ。


@4
>>3
新しい車ほど、ワイパーのオプションは少ないみたいだね。俺の最も古い車は10段階有るし、その次が8段階。新しい奴は、おそらく6~8段階(全部同じブランドね)


@5
>>4
途中までは段階的に早くなるんだけど、最後はワープレベルになるね。俺は車速に合わせて調節してるよ...2012年の車ね。俺の1989年製フォードは、もはや見えないレベルの速度設定がある。雨が降っても視界はクリアに保てるよ。


@6
運転中の雨を見るので忙しくなってしまうね。


@7
>>6
そして事故ると。


@8
>>7
俺もだ、間違いないね。雨が降ると散漫になってしまうんだよね。


@9
>>8
同じく。ゲームがリアルになり過ぎると、現実との区別が付かなくなって自分を殺しかねないね。


@10
ワイパーによって鳥のフンに汚される描写も必要だな。


@11
>>10
それか、茎だけを残す枯れ葉とか。


@12
>>11
来年はそのバージョンだな。


@13
>>12
枯れ葉DLCはたったの4.99ドル(約700円)


@14
でも見てて奇妙だね。


@15
>>14
現実のように、フロントガラスのワイパーが劣化しない限り俺は満足しないね。更に数回のラウンドの後、フロントガラスに枯れ葉の茎が挟まると。


@16
>>15
なおかつ、その茎は必ずドライバー側に来ている。


@17
>>16
いつもそうだ、ファック。


@18
>>17
一度、ドライバーの視界のど真ん中に枯れ葉の茎が来たことがあったね。ちょうど真ん中だったから、どうすることも出来なかった。


@19
>>18
それをどけようとすると、やかましい音が出るよね。


@20
>>19
お前はワイパーを変えた方が良い。


@21
雨の演算処理としては素晴らしい、トップクラスだ。ユーザーの操作に対し、フロントガラスのワイパーが反応する、本当に凄いレースゲームを作ったね。
Evolution Studioに賞賛を。


@22
>>21
ユーザーの操作に対し、ドライバーとワイパーが反応するところは本当に感銘を受けるね。


@23
>>22
ドライビングに対してリアルなワイパーの挙動をすると?
本当に感動するね。


@24
>>23
例えば、車がコーナーに差し掛かると、雨はフロントガラスの後ろに行くようになっている、本当に次の次元にいるよこれは。

(↓)
r3

r4



@25
ドライブクラブは特別な存在だったかもしれないが、残念ながら色々と問題を抱えていたんだよね。ソニーが別のゲームにもこのエンジンを使ってくれることを祈るよ、このように素晴らしいからね。


@26
>>25
どのような問題があったのか?


@27
>>26
初期の段階で問題があったんだよ、なぜか上手く行かなくてさ。今では全体的に完成したよ。ドライバーのグラフィックはやたら丸みがあるけど。


@28
>>27
「どのような問題があったか詳しく説明できますか?」
「初期に問題がありました」

良い仕事をしたと。


@29
そして、リア・ビューのミラーでは、まるで雨なんか降ってないように何もかもを描写してる。
しかし、それでも素晴らしいエフェクトなのは間違いないけどね。

(↓)
r5



@30
>>29
人生を振り返ると、何もかも明るく見えるものだよ、そうだろ?


@31
>>30
....ガッデム。


@32
>>29
ミラーのレンダリングには費用が掛かるんだよ。


@33
ドライビングの物理演算が、雨の物理演算くらい良ければなあ....


@34
>>33
リアリティのあるドライビングの物理演算が、プレイヤーの90%程に対して、実際は楽しいものではなかったんだよね。数多のユーザーがレーシングゲームの開発から学んでる、リアリズムの追求ではなく、リアルでは無い方が、実際には楽しいんだってことをね。


@35
>>34
リアリスティックなドライビングゲームを楽しみたかったら、レーシングホイール(コントローラー)無しではありえない。レーシングホイールとは、一般的に手頃なものではないんだよ(G27の良いものだったら300ドル※約34,000円)
そう、だから人々は手軽に、コントローラーで選べるものを選択するのだ。

(↓)



@36
>>35
そしてG27は、最新の家庭用では大概使えない。


@37
>>36
そうなんだ、PCでプレイするから知らなかったなあ。G29とG920は同じくらいコストが掛かるかな。しかし、これらはシフターが付いてないんだよね。フル・パッケージにするともっと高いよ。

(↓)


(↓)



@38
これは本当に素晴らしいし、俺も大好きだよ。しかし、現実的では全く無いね。60km/hの時点で、普通なら「泡」にはならないんだよ(そして、ここでは時速200km/hだ)
サイドの水の動きも強過ぎるね。

(↓)
r6



@39
>>38
それが実際に現実的かどうかは問題ではない。
問題は、多くの人に対して現実的に見えるかどうかということ。


@40
>>38
このような指摘をしてくれて嬉しいね。フロントガラスで水がこんな動きをするところなんて見たことない。なんとなく正しい動きをしているかのように見えるけど、現実的とは全く違うね。


@41
>>40
良い指摘だと思うよ、でも、お前は100km/hでコーナーを曲がったことがあるのか?


@42
>>41
100km/hも出ていれば、雨はフロントガラスによってすぐに垂直方向に弾き飛ばされるよ、コーナーのGが有ろうとなかろうとね。
ただ、ゲームのビジュアルを良くするという意味から言えば、クールだと思うよ。


@43
実際ちょっと違和感があるね。水は曲がる時は水平方向に行くべきではないし、動きも滑らか過ぎるというか。
しかし、この技術が驚異的なのは真実だね。


@44
ハアアアアアアアアアン?「3年前」にようこそ。
(※ドライブクラブは2014年発売)


@45
>>44
イェア、このgifも古い。


@46
確かにクールに見えるかもしれないよ。しかし、フロントガラスの雨にもっと影響を与えるのは風の存在であり、フロントガラスの雨はこのように左右に動いたりしない。
毎月、これを表紙に書いとかないといけないな。現実的とは何かということを。








以上









元ネタ

Driveclub's windshield rain physics is next level | r/gaming