eスポには染まらない
スクリーンショット 2018-07-15 17.15.17




ソウルキャリバー6の大久保Pが海外インタビューに答えたようです。
内容まとめは下記。





ソウルキャリバー6大久保Pインタビュー

・鉄拳は格闘ゲームの主流派だと思う。それに対しソウルキャリバーは、武器を用いたユニークなゲーム。

・バランスは取れると思っている。その為のバトルシステムの調整に多くの時間を費やした。

・ゲーム作りの優先度は、プレイヤーが楽しめるものを作ること。しっかりしたゲームを作りたい。

・eスポーツシーン、とりわけ格闘ゲームは、コミュニティが中心であると感じる。今でも、大きな大会はコミュニティを中心に開催されている。我々が素晴らしいゲームを作れば、コミュニティの方から、「このゲームを競技ゲームとして使いたい」という声が出てくると思う。その時が、我々がシーンをサポートすることについて考えるきっかけになるだろうと思う。

・まだ未定だが、ストーリーの要素をより作りたいと考えている。

・キャラクタークリエイトについて、既に100以上のパーツを作った。

・今後の開発方針については、ファンとの対話と、彼らが何を望むかで決めていきたい。



ソース
https://www.vg247.com/2018/07/06/soulcalibur-6-interview-development-feedback-post-launch/amp/




↓ 以下、海外の反応

おすすめゲームアプリランキング


@1
ソウルキャリバー6の開発
「我々はeスポーツに焦点を当ててない。それよりも、まともで良いゲームを作ることに集中している」


@2
デジャヴ。


@3
>>2
DBFZのテクがパクられた。


@4
以前もどこかでこんな発言なかったっけ?


@5
おっぱい。


@6
良いね、これこそが良いEスポーツタイトルになるのだ。まずは良いゲームを作ることであって、次のステップに進むかどうかは、コミュニティが決めれば良いのだ。


@7
>>6
最高の競技ゲームは、糞eスポーツマインドで作られるものではないからね。


@8
>>7
「最高の競技ゲーム」とは何だ?
先に言っておくが、オーバーウォッチやフォートナイトは全く偉大でも何でも無いからな。巨大な金は生んだかもしれないが。


@9
>>8
フォートナイトはよく知らないが、オーバークソッチは明らかにeスポーツマインドで作られている。


@10
ヴォルドとアスタロスを出してくれ。それが俺の望みの全てだ。何千時間もこのゲームに費やすつもりだぞ。


@11
素晴らしいことだが、ネットコードはまともにしてくれよ。


@12
Eスポーツはもうゲームに付いて回るものだ。もう引き離すことなんて出来ないさ。


@13
全ての格闘ゲームはこのようになるべき。


@14
>>13
スマブラはこんな感じだね。


@15
>>14
その通り。スマブラはここでは嫌われがちで、まあそれは良いことなんだが、任天堂の開発は、まずは良いゲームを作るというのがあって、人々がプレイして競争するというのは、その次なんだよね。
彼らは良いゲームを作るが、プレイヤーに賞金なんて渡さないからね。


@16
では、ネットコードは糞になってしまうのか?


@17
>>16
いやいや、SC4のネットコードは良く出来てたし、SC5はほとんど完璧だった。


@18
スト5以来、格闘ゲームにワクワクしなくなった。これも失望しないことを祈るよ。


@19
ここ最近のバムコは大好きだね。鉄拳7、DBFZ、そして今度はSCVIがやってくる。SJW共(*ソーシャルジャスティスウォリアー)やEスポーツのことなんて、全く考えなくて良いのだ。


@20
チームNinjaのDOA6チームはこれを読むべき。


@21
>>20
DOAの売りは、まともな格闘ゲームであることなんかじゃないからね。


@22
ゲームの見た目は良さそうなんだが、スローモーション / シネマティック演出は少し心配かな。


@23
>>22
この馬鹿は鉄拳7を見たことがないのかな?


@24
>>23
スローになるのは鉄拳みたいに最後の一撃だけなのか?


@25
>>24
そうしてほしいね。当たる時だけにしてさ。







以上








元ネタ

Soul Caliber 6 devs: “Our focus isn’t on ESports, it’s making a good, solid game.” | r/Kappa