2018年に見たいアニメはこれ!
スクリーンショット 2018-07-29 10.11.37





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9609009931954002"
data-ad-slot="3014875842"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">






先日のアニメオススメランキングのコメント欄にて、「さよならの朝に約束の花をかざろうの海外評価が高い」との情報を頂きましたので、記事にさせて頂きました。情報ありがとうございます。

Rottentomatoesでの評価は下記の通り高い状態(2018年7月現在)ですが、公式サイトによると映画館での上映はほぼ終わってしまっており、DVD等の発売は10/26予定のようです。




Rottentomatoes「さよならの朝に約束の花をかざろう」評価
スクリーンショット 2018-07-29 18.10.06
プロ(評論家)評価(TOMATOMETER)...100%
一般評価(AUDIENCE SCORE)...94%

https://www.rottentomatoes.com/m/maquia_when_the_promised_flower_blooms



動画:予告編



↓ 以下、プロ(評論家)の反応









* o...高評価(新鮮なトマト) x...低評価(腐ったトマト)
@1
o
美しく、そしてメランコリックなシナリオ。神話と現実、死、そして生きる意味とは何か。先天的に矛盾した存在によってそれらが描かれて行く。


@2
o
ロードオブザリングのような世界観にもかかわらず、物語のテーマの核心は、喪失、老化、そして母性であり、現実世界の感情に共感を訴える。


@3
o
我々はなかなか気付けないであろう。最後まで見ることによって、岡田がシナリオにいかに深い懐刀を忍ばせていたかを。そして涙と共に、僅かな苦みと甘みを感じるのだ。この少し奇妙で、やりきれない寓話の中から。


@4
o
奇妙で哀れな雰囲気を描くという特徴を持つ作家兼監督、岡田麿里のデビューは、"ファンタジー"、"歳を重ねること"、この2つの要素を上手く融合させた。


@5
o
約2時間だが、やや長く感じたのと、複数のエンディングに苦しんでいた印象。しかし、岡田は物語を観させる才能があるのは間違いない。


@6
o
美しい物語を尻目に、奇妙な物語が語られていることに容易に気付く。それらは全く違うものであった。
あなたがもしアニメファンじゃないとしても、この映画には挑戦してみてほしい。心をオープンにして、そして患者になってしまおう。


@7
o
「さよならの朝に約束の花をかざろう」は岡田麿里の監督デビュー作であるが、美しいストーリーの中に、母性、老化、そして喪失が混在している。


@8
o
カラフルで、創造性豊かな世界。飛翔するドラゴン、ぜんまい仕掛け、そしてお城。


@9
o
このビジュアルが、「さよならの朝に約束の花をかざろう」をより引き立たせてくれる。


@10
o
「ファンタジー」と言えば、トールキン風(*指輪物語作者)のドラゴン、エルフ、探検、そして、斧を持った大男、のようなものを描きがちだ。
しかし、日本の作家兼監督である岡田麿里は、非常に印象的かつ壮大な、新たな作品をこのジャンルにアニメーションで描き出した。


@11
o
感傷的で、心がこもっていて、時にセンチメンタル過ぎる「さよならの朝に約束の花をかざろう」は、素晴らしく管理されたアニメーションで描かれる。ほとんど全ての場面で、外れなく適切に描かれている。


@12
シナリオは、母性の追求というところに留まっているが、しかし、感情的な共感は、非常に強力な刺激を受けることだろう。


@13
o
壮大ではあるが心がこもっており、素晴らしいビジュアルと、感情を揺さぶられるドラマがラッシュのように起こるファンタジーである。そこでは愛と希望が暴力の中に描かれて行く。
しかし、非常に創造的で美しい世界であることも発見できるだろう。


@14
o
人間的な感情と壮大なファンタジーの間を行ったり来たりする様が見事。時々、驚くほど暴力的な部分もあるが、最も奥深いシーンの後は、涙を流さざるを得ないほどのクオリティとなっている。


@15
o
眩いほどのアニメーションである。暖かい日の金色の小麦の畑を、至福の状態で走り回る犬のように。


@16
o
母性の描き方として、やや神経を張り詰め過ぎであり、声も金切り声過ぎる。しかし、視覚的なスペクタクルが、それらを上手く誤魔化してくれる。


@17
o
トールキンの世界観を柔らかくしたような作品は、多彩なアニメ脚本を手掛けた岡田麿里の長編監督のデビュー作となる。非常に印象的なビジュアル、感情の奥深さ、センチメンタルな描き方は注目に値する。


@18
o
「さよならの朝に約束の花をかざろう」は、監督デビューとしては非常にまともな作品を作り上げている。親しみやすいメッセージがあり、おそらくそれによって、この多彩なアニメ脚本家の新たなファンが増えることは間違いないだろう。





以上








元ネタ

https://www.rottentomatoes.com/m/maquia_when_the_promised_flower_blooms