SENDAI柔術アカデミーBLOG

ヒクソン・グレイシー柔術日本支部であるAXIS柔術アカデミー公認トレーニングセンター「SENDAI柔術アカデミー」代表ブログ アカデミー内の雰囲気など中心に日々の出来事などご紹介致します。

2014年10月

おばんです

今日はAXIS柔術アカデミー西東京支部であるストロングスピリット柔術アカデミーの体験入門に行って来ました

まずは保谷駅から道場までのアクセスについてですが

保谷駅から改札を出て左の南口階段を降ります

階段を降りたら右側を道沿いに歩き

ファミマを通り過ぎると

信号があるので渡って右に歩きます

モスバーガーが入ってるビルの2階に
ストロングスピリット柔術アカデミーがあります

看板もあるのですぐ分かります

階段を上がって頂ければ…

和田先生が暖かく迎えてくれます


なんと駅からここまでおよそ1分でした
忙しいビジネスマンの方などには
アクセスが良く利用もしやすいですね

レッスン内容も本部で指導をされてた
和田先生なので、とても分かりやすく
実践で使える内容ばかりでした

早速明日から練習で試そうっと


見学は無料ですので、
興味ある方はお気軽に
行ってみて下さい


お問い合わせは、
042-425-5717
または、ssjjaxis@yahoo.co.jp 
お名前を添えてご連絡下さい。 
詳しくはこちら ↓


イイ練習が出来ました


おまけ



おばんです

さてタイトルにもありますが、AXIS柔術アカデミー西東京支部が開校致します!

Strog Spirit柔術アカデミー
名前もカッコイイですね

HPはまだ作成中とのことでしたので
以下FBページから引用↓

⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑
Strong Spirit 柔術 Academyの指針

柔術は弱き者の為にあります。

そして面白いものです。

非力でも、力のある者や大きな者に立ち向かい、自分を守れる技術 と戦略を、年齢、性別、運動能力 を問わず、個々のペースで習得し ていけるよう、クラスを進めます

護身、スポーツ、自身の向上、運 動不足解消、新たな趣味として… 。目的は人それぞれ、自由に設定 して下さい。

柔術を身につけ、自身が変化して いく事を楽しんで下さい。

2014年10月28日、西武池 袋線「保谷」駅前にOPEN

お問い合わせは、
042-425-5717
または、ssjjaxis@yahoo.co.jp
お名前を添えてご連絡下さい。
⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑
西武池袋線沿いで柔術に興味ある方はぜひ行ってみて下さい
詳しくはこちら ↓

代表インストラクター
和田 寛志(Hiroshi Wada)
AXIS柔術アカデミー 黒帯 

優しくて教え方も丁寧な先生です
     
今日は道場お披露目会もあり本部の渡辺先生、ジョンカルロス先生、各支部の代表や本部の皆さんがお祝いに来てました
       皆さんに愛されてる和田先生  


                  私と和田先生


AXIS柔術の魂を引継いだ
素敵な道場になることを
陰ながら祈っております


さて次は仙台にAXIS柔術の種を
私が撒きますよ

おばんです

今日も充実したイイ練習が出来ました
やっぱり柔術はサイコーですね
練習終わりの爽快感がたまりません

さて今日練習中にハギオさんから、「角田くん、GONGに名前載ってたよ!」と言われて、買っちゃいましたGONG!!


実は過去2007年柔術世界選手権ムンジアル準決勝でルークロックホールド選手(ストライクフォースミドル級世界チャンピオン、UFC参戦中)と戦いました。結果はポイントでルーク選手に敗れました。
(左から2番目)ルーク選手 (右端)私
※ルーク選手が優勝で、私は3位でした。

そのルークロックホールド選手がUFCで連戦連勝らしくGONGの中で7ページくらい特集されてました


そんな記事の中で、2007年柔術世界選手権ムンジアルの準決勝で日本の柔道家の角田憲之と対戦したことは覚えてると
ありました


こんな激強の選手に覚えてて
貰えてたのは光栄です

ぜひルークロックホールド選手には
UFCでチャンピオンになってもらいたいです

そしていつかまた機会あれば、柔術で戦いですね

さて明日も練習頑張ろっと

おばんです

最近ブログサボってました
これからはちゃんと書きますので、よろしくお願いします

今日は東京商工会議所さんで創業についてのセミナー受けて来ました!


難しい内容と練習の疲れで何回か落ちそう になりましたが、3時間みっちり勉強して来ました

仙台柔術道場オープンへ向けて、着々と地道ではありますが進めております

さてそんな中で、デザイナーのGaku氏に
AXIS柔術仙台支部のイメージキャラクターをデザインしてもらっちゃいました


ヤバイカッコイイ
まだラフとの事なので、これから出来上がるのが楽しみです
このブログでまた発表しますね



続きを読む

おばんです
先日練習後にぶっ倒れてしまった私です

ご飯も水もあまり摂らず3時間ほど柔術の練習&トレーニングをしてしまいました。。

その結果、練習終わって着替えてたら頭がフラフラするわ、手足が冷たくなり顔面蒼白になってしまい横になったまま動けずタクシーで帰るという失態をさらしてしまいました

大学生ぐらいの時は、これで全然イケてたんですけどね。。まぁーある意味逝けましたが。。。笑
アラサーのおっさんには無理は禁物ですね

と言うわけで、今日は練習と疲労について調べたので書きますね

まず疲労の意味ですが、これは「激しい運動によって身体が疲弊し、競技パフォーマンスが低下した状態」ですね

練習やトレーニングによって身体を疲労させ、その後の十分な休養,栄養をとることによって競技パフォーマンスは回復し、以前より高いレベルに進化します

しかし、練習の強度や頻度,時間が過剰に多くなってくると、疲労が蓄積され競技パフォーマンスは低下していきます

疲労をいかに取るか、蓄積させないかが競技パフォーマンスを保つために重要にまります


では疲労の原因は何でしょうか


いくつかの理由が考えられますが、疲労とは、三要素である練習・休養・栄養がバランスを崩すことによって引き起こされます。


どの要素がバランスを崩したかによっても疲労の種類が異なってきます。


練習量が多すぎて栄養や休養をいくら積極的にとっても、バランスが保てなくて疲労してしまう場合、これは純粋にオーバートレーニングです。


休養が不足している場合に引き起こされる疲労は、トレーニング量は適切であっても疲労物質の蓄積によって発生します。


栄養の不足した状態では、活動を行うエネルギーが十分でないために、運動を続けることに疲労を感じてしまいます。


そして水分不足を忘れてはいけません。水分は体温を調節するという重要な役割を担っていますので、十分に注意するようにしましょう。


また週に2回は休養日を設定しないと怪我も増えるそうです


やはり大切なのは、練習•栄養•休養のバランスを考えてトレーニングする事ですね  




↑このページのトップヘ