続:今日もヤギネタ ~止水セメント使用

続き。


というわけで、このうこんさんの使い方の記事を読んでいたので、今回ヤギの足元を固めるのに再び止水セメントを使ってみることにしたんです


だって、

LRの穴にサラサラと止水セメント粉末を入れて、

ヤギ枝を刺したら水を垂らして数秒待って~

はい仮固定完了!ですからね♪


水中ボンドよりこっちのが作業も速いし楽チンだと思ったんです



で、さっそくやってみました。


水槽から出してたぶん3~4分くらい、6本固定の作業がもう終わったの図↓


根元止水セメント部アップ↓


止水セメントがLRに同化している感じでとても自然です♪



いやしかしホントに後から水でもちゃんと固まるもんですね
ヤギの固定くらいなら全然問題ない強度です。

しかも作業時間もスピーディー!
一カ所につき仮固定に数秒、1分もすればおよそしっかり固まりますからね~



あとはこの銘柄の止水セメントとサンゴとの相性がどうなのかと、
それから止水セメントが固まる際の発熱とアルカリのサンゴへのダメージがどうなったかが不安ではありますが、
それにしてもこれはホントに作業性抜群だし短時間で固まるし、非常に使いやすかったです!

前に失敗したトラウマは今日ですっかりなくなりましたよ


いやまあ前の時が下手くそすぎたんですけどね(笑)




水槽に戻したの図↓



これで明日どうなってるか
楽しみ半分不安も半分(笑)




最後に
素晴らしき開拓者、止水セメントマスター狩人さんとうこんさんに敬礼!(^-^)ゞ



今日もヤギネタ ~止水セメント使用

昨日チョキチョキ→ズボッと土台移植オペを施したカリブ産好日性ヤギ。


今日の様子はというと↓



ちびっこ枝がぐだくだ…


穴径大きかったからな~



こんな様子じゃ活着が危うい(汗)
ということで、枝を固定するために再び止水セメントに挑戦してみました。

実は前にミドリイシをポッキーした枝の固定に使ってみたことがあったんですが、使いこなせなくて作業に時間がかかりすぎ→ポッキー枝もセメントまみれに→3日後に没
という苦い思い出があります


でも今回の場合なら、作業的に水中ボンドより止水セメントのが良さそう!と思いましてね


止水セメントの使い方や注意点などは、発案者である狩人さんのブログ『Ocean Blue』で詳しく紹介されています。ぜひご覧になってみて下さい


ちなみに自分の買った止水セメントは、どこのホムセンでもよく見る袋700~800円くらいのやつです。(商品名忘れた)

100均のお茶っぱ容器に入れて保管してます↓




前に失敗しているにもかかわらず今回の作業に止水セメントを選んだのには理由がありまして、
それはうこんさん『玄関の小さな海』がブログで紹介されていた方法の成功例


本来の使い方ではあらかじめ止水セメントに水を差して練ってから使うんですが、これがびっくりするほど固まるのが速くって、水を差して練り始めて1分もしないうちにおよそ固まってしまうんです。

前回はこれに慣れなくて苦労しました


ところがうこんさん、粉末のままの止水セメントである程度形を作って、それに水を注げば普通に固まるという発見して実践されてるんですスゴイ!

もちろん正式な方法よりは多少なりとも強度は落ちるかと思いますが、軽いサンゴ片などを固定するには十分なんでしょうね



続く。



オペりました:カリブ産好日性ヤギ(カリビアンゴルゴニアン)

今日仕事復帰初日で足がカクカクしてるカクです。



…足がカクカクしてるカクです。(大事なところなので2回)


やっぱり3週間まともに歩いてないと鈍るもんなんですね~



さてさて
カクの海がまだ60cm規格水槽だった頃に、福島のアクアリスト『トシさん』から頂いたカリビアン好日性ゴルゴニアン。

(トシさんお元気ですかー!)


調子良かった頃はこんなに綺麗だったんです♪


ポリプもモジャモジャで、枝分かれして成長することすること



ところが…



ここのところはずっとこんな感じ
ポリプは出てもこんだけ



まあ原因はおよそ見当がついていて、そのひとつは水流。

だんだん成長するに伴って水槽での置き場所がなくなり、置ける場所に適当に配置していた次第で。

そこは好みの水流じゃなかったんでしょうね


そしてもうひとつがコチラ↓


土台の石灰藻がヤギ本体まで侵食してきていたこと

ヤギの根元からダメになってきているのが見て取れます。



思い立って本日オペを行いました。

って、本当は骨折療養中にもやりたかったんですが、電ドリもコンクリドリルビットも職場にあったため、取りに行くのがめんどくさくて今日まで延び延びに



オペ後↓


元気な枝をチョキチョキ切って、穴を空けたLR片にスボッと


全部で6本移植しました


全部が無事に活着して、また元気が戻ることを激しく祈ります



P.S.
足がね、カクカクしてる私カクなんですよ。


しつこいって?w



明日から仕事復帰

24日ぶりに明日から仕事復帰します

もう有給すっからかん



まだ有給があるならね~

お医者さんの言いつけ守って今月いっぱい休みたいところなんですけどねぇ

でももお客様にも職場のみんなにもだいぶ迷惑かけてしまったし給料のこともあるしで、これ以上はそうそう休んじゃいられません。



しかしそうとう休みボケしたこの体と心…

明日ちゃんと仕事になるのかしら




P.S.
文字だけじゃあれなので適当に写真をば。


写真の日付を見ると2007年の6月7日。

初めて水槽(60規格)立ち上げて3ヶ月経つかくらいの頃の様子ですね



なんか懐かしいやら恥ずかしいやら



水質測定となにやらヒトデ

明日の換水の前に水質測ってみました

pH →7.8
NO3→2.5
PO4→0.08
KH →8~10



とりあえずpH低い

照明点いててこれだから、夜間なんかは7.6以下にもなってるんじゃないかしら

まあ原因はね、たぶんあれですよ


自分ずっと部屋にいて呼吸してるから(爆)


ま、まあ…それはもうすぐ仕事に出るからよしとして、
今使ってるこのpH計が安定が遅くてイマイチ使いにくいので、そのうち買い替えようと思ってます。
新電元のは使いやすかったんだけどもう製造中止とか聞くので電極手に入らないのも困るし、AP-20欲しいけど高いし…

どれにしようかヤフオクでにらめっこ中。



リン酸塩が0.1を切ったのはうちの水槽じゃ素晴らしいこと
(せっかくめでたいのに写真取り忘れた)

OF排水シャワーに追加した分の鉄釘が効いたかな?
やっぱりたくさん空気に触れさせることが大事なんだろうと思います。

おかげでサビによるウールマットの汚れ方がハンパないんですけど、めでたいから目をつぶっときます


ミドリイシの根元骨化も止まったみたい♪
共肉と骨格の境目に白い成長点みたいなのが出来たらもうひと安心です



今日の全景


チヂミトサカとコエダナガレが調子悪し…
好日ゴルゴニアンもなかなか調子戻らない…




P.S.
昨日こんなヒトデをハケーンしました
今の全長2cmちょい。



いつから居たんだろう?

なんて種類かわかりませんが、なんとなくこの形…
アカヒトデとかアオヒトデとかに似ているから、けっこうデカくなる種類のような



パナクゴイスオイニー

本日めでたくギプス外れてリハビリ段階に突入しました~



骨折箇所はポッコリしてるココ(写真中央)↓
変に茶ばんでる感じ


無事にギプスは外れたものの、骨折箇所とギプスの形状を気にして歩いてたせいか、他の部分が数ヶ所痛い

しばらくリハビリ頑張ります



さて本題のパナイオイニー

ギプスに隠れていた薬指と小指のふやけてるこの部分↓


今日お医者さんに行く前にちょっと洗おうと思って指を突っ込んだらヌルッと…

反射的に指のオイニーを嗅いでみたところ、


ぐは~~~~~~!!
すげえ破壊力だ((((;*Д*)/


嗅ぐんじゃなかった

手ぇ洗ってもなかなか臭いおちないんすけど…





教訓:
3週間ギプスをした足の小指のふやけた隙間の部分は、オケツ(黄門様)をマックスレベルにしたオイニーがする。

“機内持ち込み禁止”



遅ればせながらガンダム

小学生の頃に大好きでよく作っていたガンプラ

あの当時はたしか1/144だったかスケールのガンプラで300円くらいだったと思います。



ガンダム、ザク、シャアザク、グフ、ズゴックとかが好きだったなあ


人気なかったのはジムとかガンキャノンとか、あとボール(笑)
これらのプラモ持ってた日にゃあゲラゲラとバカにされる対象でしたね~

まあたいがいジムやボールは、自分で買うんじゃなくて両親やばあちゃんが良かれと思って買ってきたプレゼントでもたらされるんですが




さて、ノスタルジックなガンプラの話は置いといて。

考えてみると自分…
ガンプラはよく作ったのに、ガンダムアニメをまともに見たことがない

小学生の頃はあのストーリーがまったく理解出来ずにつまらないからってほとんど見てなかったんですよね

好きだったのはガンダムのアニメじゃなくてモビルスーツのほう(爆)

百式大好き




そんな私も毛がボーボーのオトナになり、
骨折療養中でヒマなこともあり、
ふと思い立って初代『機動戦士ガンダム』第一巻を借りてきました




んで第一巻に収録されている三話分を見終わったところなんですが、

いや面白い!これ面白い!
ガンダム面白いじゃないですか!!


今見てあらためて思いますけど、これはホント大人が唸るストーリーですね。


メカニカルな部分も、よくあの当時でこれだけのものが作れたなと感心してしまいます。
その想像力(創造力)がすごい


逆にそういう意味では、
アトムやヤマトや999やこのガンダムなど、当時の巨匠達の漫画で描かれている近未来の世界にモロに影響を受けた形で、それを参考にして現代の文化や生活やテクノロジーがあるのかとも感じます。


そう考えるとワクワクですね~

近い将来
変身ベルトとか魔法のコンパクトとか実用化されるかも


…何書いてるかわかんなくなってきた(笑)


さあ、張り切ってガンダム二巻目借りてこよ~



たぶんガンダム見終わったらマクロスも見たくなる。きっと



タマ交換

さて、水槽の重合接着部分の怪しい白化はさておき。

昨日メタハラの球交換を行いました


今回からまたコーラルグロウ250W(UVカット)球に

やっぱ新品は明るいし見た目の色温度も違いますね
コーラルグロウ球でも結構白っぽく見えます♪


自分はどちらかと言えば白っぽい光のほうが好きなのでこれくらいがちょうどいいです


ちなみにこちらが交換前のアストロビーム球、2年半使用もの。


たぶん新品時はもっと本来の青紫な感じなんでしょうね。

でもこれくらい使い古した色の感じ(白っぽい青)のほうが好みですね


こちらは前のメタハラNDX-2500時に使ってたヤフオクノンブランド20,000K球。



こうして見比べると、白紫なのに加えてだいぶぼんやりした光ですね~



まあ見た目の好みはどうあれ、値段が安いのが一番と、前のコーラルグロウ球の時と比べてもミドリイシも特に大きな問題はなく維持出来ていましたので、コストパフォーマンス的には良いと思います


なので次の球交換の時にコーラルグロウ球買えかったら、今度はヤフオクノンブランド14,000K買ってみようかと思ってます



地デジデビュー

オクで落札した26型液晶テレビが今日届き、我が家もようやく地デジデビューしました



まあ我が家といっても、茶の間と自室にテレビがあるうち、とりあえず自分の部屋のだけですけどね(笑)



足を悪化させないようにまずは慎重にテレビ移設作業。
自分の部屋でこれまで使ってた21型ブラウン管を茶の間に置き、茶の間で使ってた20年ものの14型ブラウン管は物置行きに。

(最近は家電を棄てるにもお金がかかるのがネックですよねぇ)



そして自室の新しい(?)液晶テレビ(中古)の設定をして、スイッチオ~~ン!


うほっラッキー
アンテナそのままに地デジ映ったー


どうやらうちの地域はチューナーさえあればそのまま地デジに移行出来るようですね♪

もともとアナログ放送でもVHF/UHF混合アンテナでしたし、ご近所さんの屋根を見ても新しく付け替えた様子はないですし

しかもチャンネルそれぞれ感度もMAX
夜じゃなくてもビンビンです



しっかしホント映りが綺麗ですね地デジは

地デジ以外にも、レンタルしていたDVD『アバター』も見ましたけど、いややっぱワイド画面だと迫力と臨場感がありますわ♪




よーし!
これで今夜からエロビデオも臨場感たっぷりで見…

ゲフン!ゲフフン!


もとい。


よーし!
これで今夜から21型ブラウン管じゃ文字が潰れて読めなかった『信長の野望 天道』出来るぞー



つのる不安…水槽破裂への序章?

骨折療養のため有給休暇の日々。

ヒマを持て余す毎日だと必然的に水槽をまじまじと眺める時間も多くなるわけです。



で、昨日たまたま発見してしまったんです。



水槽の異常を。。



場所は水槽の左前、
重合接着の縦ラインの内部。





よく瞬間接着剤で接着した時になるような白化(というのかな?)が見受けられます。
あるいは…剥離なのか?(汗)



これ、一番の問題として強度的に大丈夫なんだろうか…

近い将来ここからバックリ逝ってしまうんだろうか(汗)



トワさんの水槽破裂事故や狩人さんの記事も読んでいたので、急に不安になってきた自分。。


もしアクリル重合接着に詳しい方がこれを読んでおられましたら、よろしければどうかご教授お願いします




P.S.
水槽は760×360×400(H)、10mm厚国産キャスト板使用の重合接着アクリル水槽。
重合の種類はわかりません。

この水槽、購入時にちょっとトラブルがあって、
2008年5月(およそ2年半前)にヤフオクにて“大型水槽を作った際の端材を使用しました”ということで、800×360×400のサイズで国産キャスト板重合接着という内容で3万円で出品されており、ウヒョっ♪と飛びついてそれを落札。

ヤマトさんで配送されてきたものの、角が粉々に破損していたという運送事故があり、その後保証にてちょっとサイズを縮めて作り直して頂いた経緯があります。


再作製を急がせてしまったためか、重合接着面にはところどころ気泡が入っていたりします。
フランジの大半は溶剤接着のようで、マダラな気泡がだんだんと目立ってきました。



このサイズの水槽にしてはかなり板厚なので重合のちょっとした気泡は別に気にはしていないんですが、充填部分の白化は非常に気になります(汗)



むむぅ…
念のため自分も水槽買い替えの積み立て始めとこうか



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ