September 21, 2019

オープン会議の議事録

2019年9月12日に行われたオープン会議の議事録でございます。
参加してくださったみなさん、および意見を寄せてくださったみなさんありがとうございました。以後もかくれんぼ同窓会の発展のためにご協力くださると幸いです。

ネットリテラシーについて
約2年前にも同じことが話し合われたがまずは議事録を読みそのおさらいをしたいと思う。主にツイッター関連で話が進められていた。
【サブではなくツイッター上で行われる集まり等について】
・問題点
ツイッター募集が主流となりサブがあまり立たなくなるのではないか。
ツイッターで集まるのはどのサークルでも見られることであり同じ事をするのはかくれんぼの独自性に関わる。
ツイッター募集は誘われなかった人に負の感情を与えかねないのではないか。

・対策
元老院がツイッターの集まり対策用アカウントを作り、事前に決めた基準に則ってカクレンジャーに適宜注意を行う。

・暫定基準案
1.ツイッター上だけでサブに近い集まり/飲み会/食事相手を募ることは禁止とし、該当ツイートは注意の対象とする。
→ツイッター上での呼び掛けは不特定多数を対象としており、同じく不特定多数を対象とするサブの役割(意義)と重なる。ツイッターでサブ立てと同じことができてしまえばサブ立ての価値が薄まるから。

2.サブが立っている時間帯にツイッターで同時間帯にある別な集まりの画像等をあげることも禁止。
→サブをやっている裏で大っぴらに集まるのはサブ被りになるのではないかという意見より。

3.サブ被りでない時間に画像あげたりするのはひとまず規制しない。
→サブ被りでないから好きにしてよいという意見やサブの存続によくないので規制すべきとの意見など賛否両論であったため、後日無記名投票で規制するか否かを決める。

4.掲示板では間に合わない突発的な募集にはメーリスを活用してほしい。こういう場合はメーリスのみでもサブ扱いにする。

5.ひとたびサブになればツイッターで写真上げようが何しようが自由。

※※例外※※
OB同士で完結している場合は注意しないものとする。
しかし、在会生がツイッターでそれに関わりだしたら注意することとする。

・暫定案に対する意見/問題点
ご飯相手までサブやメーリスで募集は敷居が高い
敷居が高いのでこれから募集したい時に書き込む「今日のご飯スレ」ができたが、形式的すぎて意味がない、ツイッターで募集するための言い逃れのように見える
かくれんぼ関係ない集まりにカクレンジャーもいるとき、カクレンジャーと非カクレンジャーが入り交じった時もツイッターにあげさせないかどうか
スワームのチェックインは自由でいいのかどうか

以上のようにまだ問題点や練り上げるべき点が多いので、近日中にオープン会議を開き意見を取り入れる。

・以下、私見。(文責:三つ巴
現状サブを立てる行為は掲示板が活用されており、たとえツイッターでやりたいことが話し合われていたとしても皆がきちんとスレッドを立ててくれていることは喜ばしいことである。掲示板はURLさえ知っていれば誰もが見て書き込むことができるツールであり、今後も使い続けてほしいものである。(SNSのアカウントは友達登録という煩雑な手続きが必要であるため)一方でメーリスのようにいつそのサービスが終了するか分からないものであり、また世代の流れに従い不便と感ずる者が増えているならば代替手段の模索も必要であると考える。
基準については、現在多くの者が共有しているのは2,3,4,5であると認識している。(スワームに代表される位置情報共有もこれに沿うものと決定している。)1は結局形骸化してしまっているが、ネット上の交流を考えるとそれを止めることは難しいため、せめてサブの日時を確認し日時が明らかに被る場合は個人間でのやり取りに切り替えたるなどの配慮を願いたい。注意するとしている部分については次で話す。

対策の項については、現在かくれんぼinfoは機能していないが、私はこんなたいしたことないことで上からの誡めとなる注意を行う行為は当サークルの形を考えたときに似つかわしくないと考えている。あくまで個々人がこのルールを念頭に置き、一定の年齢に達した者としてセルフコントロールを行うことを期待する。
以上。
上記はあくまで私の脳内でのことであり、例えばこのルールのこの部分はこう直されているという指摘があった場合私も考えを改める次第である。また、上のルールで現状にそぐわないという意見が多い場合、未来を担う者たちが過ごしやすい形で変更を加えてほしい。



オフィシャルについて
オフィシャルについては大きく分けて2点ある。
1点目は元老院のみが作成するのではなく、作りたいものがある者が集まって作る月があってもよいのではないかということ。2点目は表彰などについての話である。
初めに前者であるが、これは案の公募ではなく実際にオフィシャルを作成してもらうということである。現在オフィシャルは3期に分かれているが年2回ほどその機会を設けるのが良いと考える。作成者は志願制とし、多すぎる場合は公平な抽選とする。そこには元老院が2名ほどバランス調整や進行、詰まった際の突破口役として会議に参加する。もし希望者が現れない場合は今まで通りとする(ここでなんですけど毎回の反省生かして昔のリメイクとかもいいと思う。)
2点目は表彰及び現在のポイント制度についてである。DPで総合以外にも何か作れはしないだろうか。表彰される項目が増えればそこ目当てで来る人が増えるかもしれない。例えば学年内での賞や肉体、頭脳賞などである。DPを振り分けるのではなく、順位で点数をつけていくようにすればわかりやすいと考えている。またオフィシャル内での特定の行動(きのこたけのこ戦争で言うと箱潰し)を多く行えた者にポイントを上げていくような方式でもいいかもしれない。
以上。あとオフィシャル飲みについてなんですけど毎回飲みじゃなくてどっかでピクニックとかっていう形式も時にはよくない?

どらやきドリーム
わらび餅ではない素材に変更して実行。
わらび餅は来年の学祭で売るか、みんなで食べる。

他の素材としては、ゼラチンかアガーが案として上がった。
常温で固まるため、アガーは理想的。触感を確かめたいので、早いうちに少量で一度実験をする。

作る方法は、お風呂or給湯器でゼラチンが溶ける温度のお湯を沸かし、外気温で冷やし固める。

この手法でゼリーの制作が困難、或いはどらさんの希望に沿えない見込みが高い場合、ドリームを低コストでできる他の案に変更する。

必要な資金
ゼラチン(アガー)2kg 8000円
レンタルスペース 〜20000円

11月末頃にエアビーなどのレンタルスペースで実行。
資金は特別MIKの発行およびエアビー宿泊費を参加者から徴収することから賄う。
午後2:06

メーリス
現在弊会で連絡網として使用しているfreemlのメーリングリストが年内にサービスを終了するとのことで、今後はグーグルグループを使用することとなりました。使用開始時期に関してはまたおって連絡します。


kakurembow at 14:00│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カク◎ログへようこそ

メールはこちら
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: