2008年09月12日

ブラザーのプリンターDCP-155Cは詰め替えの至適機種でしょう!!

2年半位前からhpのプリンター(PSC1510とPhotosmart 2575)を使っていた。もちろんインクは詰め替えをしていたわけだが、これが結構よくつまる。...hpはインクカートリッジにプリンタヘッドがついているので、まあ、つまっても本体の修理は必要なく、カートリッジだけを交換すればいいわけだが、そのカートリッジが非常に高額。カラーのhp134なんかは4000円近くする。これじゃあ、安い新しいプリンタが買えてしまうではないか。


【レビュー3,800件超!】オリジナル microSDカード 2GB :上海問屋オリジナル マイクロSD 2GB (...

そーいうわけで、ヤフオクなんかで使用済みのカートリッジを落札して詰め替えて使っていたのだが、これも...特にカラーはすぐつまってしまい、ほとんど『モノクロプリンター』として使っていた。

そんなわけで、詰替用の顔料黒インクがなくなったのでプリンタを乗り換えようと考えていた。

hpはそんなわけで懲りていたので、あとはCanonか??Epsonか??



しかし、Canonは数年前までICチップが非搭載で詰め替え放題だったようだが、最近の機種はICチップが搭載されていろいろとそのリセットにめんどくさそうだ。

Epsonはもちろんかなり前からICチップ搭載しているし、それより何より悪名高いPX-V600を以前使っていたが、これがまたしょっちゅうつまって(純正インクをちゃんと使っていても)そーとー懲りていた。

そんなわけで、ネットでシコシコ『詰め替えに最適な機種』を探していてたどり着いたのが、ブラザーの『MyMio DCP-155C』だ。


プリンタで大切なのはを考えてみると...

写真画質なんかの綺麗さ→カートリッジのカラー数、dpiや何ピコリットルなんかのスペックはいくところまでいっておりどの機種も実用レベルで大差ない

印刷スピード→初期の写真画質プリンタ『MJ-700V2C』なんてA4一枚写真画質で印刷するのに1時間以上かかったが、今のプリンタはどれも実用レベルのスピード

そーするとやっぱり重要なのは


花畑牧場・生キャラメルセット(生キャラrメル4/チョコ1)花畑牧場 生キャラメル セット【 17...

ゝ佑畭悗┐簡単にできること

ICチップなどの余計なモノがついていないこと

5佑畭悗┐濃箸辰討皀悒奪匹つまらないこと

さ佑畭悗┐靴討皀ぅ鵐の残量確認ができること

これにつきると思います。


エプソンPMIC1C対応インクジェット詰め替えインク:THR-014E[エレコムわけありショップ]

その点でブラザーのLC10カートリッジを使用した機種は

ブラザーはLC10カートリッジは今どきICチップがついていないので、サードパーティーからいろいろな詰め替え用カートリッジが出ている。

私の選んだのは『ink77』のものだ。これはインクがたくさん入る(黒は50ml、カラーは32ml)のと、本体が透明なので、インクの量が外からもはっきりわかる。これは詰め替えインクを入れるときにその量を確認できて便利。そして、上のゴムキャップを開けて簡単にインクを入れることができる。


ブラザーLC10新型コンパチカートリジセット

『ink77』のはB、C、M、Yのセットで3465円とちょっと高めだが、詰替用ではなくて単に互換のカートリッジは1本390円(税込、送料込み)ともっと安い。


【レビューを書いて送料無料】:互換インク ブラザー LC10M (マゼンタ) [メ]

 さらにブラザーのスバラシイ所は、詰め替えても本体やPCから『インクの残量確認』ができてしまうのである←いろいろな掲示板によると機械が光学的にインク量を測定して確認表示しているようだ。

さらにhpの様にスポンジにインクをしみこませるタイプではなく、単純にタンクに注入したインクがチューブを介してヘッドに送り出される方式のようで、スポンジが劣化してインクがボタ落ちしたりインクがスポンジで滞ってしまうことが無い。


20ccユニバーサル詰換えインクC

 それと、ブラザーのこのプリンタは印刷しなくっても自動的に定期的にヘッドクリーニングしてくれる。掲示板なんかでは、一年で全く印刷しなくてもカートリッジのインクの半分程度この定期クリーニングで消費されてしまうそうで不評なようだが、『激安の詰め替えインク』を使っている者としては、定期的にクリーニングしてくれるのはむしろ好都合だ。


1cc5円超お買得のインクですBK200ccユニバーサル詰換えインクBK

 とくに、職場にプリンターを置いておくと、家庭と違ってそーとー乾燥しているので、この機能はありがたい。

 以前EpsonのPX-V600でヘッドのつまりに悩まされていたとき、同じ機種を家庭と職場で使っているのに、職場の方が圧倒的にヘッドのつまりが多かった。


50ccユニバーサル詰換えインクBK

 それから、ブラザーのプリンタは『サーマルインクジェット』ではなく『ピエゾ式』を採用しているのもポイント。

 hpやCanonは『サーマルインクジェット』といって、熱を加えることでインクを飛びだたせる方式で、hpではそのためにヘッドの焦げ付きが起こりそれが修復不可能(例えばお湯に浸けるなど)なヘッドのつまりになっていたようだ。

 Epsonやブラザーの『ピエゾ式』は半導体で機械的にインクを飛びだたせる方式で一般的にはこちらの方がヘッドのつまりが少ないようだ。

 『ピエゾ式』はヘッドの大きさが大きくなってしまうようで、Epsonのようにインクカートリッジがヘッドと一緒に動くタイプだと大きいヘッドとインクカートリッジで本体の高さが高くなってしまうようだ。


どのプリンタにも簡単に詰め替えできる瓶入りY100ccユニバーサル詰換えインクY

 ...この点ブラザーのプリンタはインクカートリッジからチューブを介してヘッドにインクが送られる方式なので、『MyMio DCP-155C』も『サーマルインクジェット』のhpのPSC 1510とほとんど同じサイズで非常にコンパクトだ。

 しかも、インクカートリッジがヘッドと一緒に動かず本体に固定されているので、80ccものインクが入る、「ほとんど連続体といってもいいほど」の巨大なカートリッジなんてのも発売されている。←今回私もコレを検討したが、いかんせんカートリッジが本体からせり出しているので『いかにも詰め替えやってます』みたいで職場で使うのが抵抗があり見送りました。


お得!brotherブラザー用インクカートリッジ4色セットbrotherブラザー用プリンタ詰め替え対応未...

 さらに、さらに...。hpではホームページなんかを印刷するとき縮小してA4に治めたりすることができないのでfine printなどのソフトを使って縮小する必要があったが、ブラザーのプリンタドライバには『ホームページ印刷』っていう機能があり、ホームページのサイズを読み込んで自動的にA4まで縮小してプリントしてくれる。

 hp以外ではコレは当たり前の機能なのかもしれないが、これはそーとー便利だ。

 ...といろいろ書いたが、そんなわけで、『詰め替え』を前提としたプリンタとしてはこの『MyMio DCP-155C』は至適のプリンターといえるのではないかと考えています。


小型4ポートバスパワー専用USB2.0HUB:U2H-MN4BSV[エレコムわけありショップ]

こんなに安い『MyMio DCP-155C』ですが、『詰め替え』以外にも多彩な機能があります。

 一つは『スキャンtoメディア』。これは、PCを介さず、プリンターに接続したUSBメモリーやSDカードなんかにスキャンした画像をJPEGやPDFなんかのファイルとして保存できる機能です。ちゃんと「Brother」というフォルダが作成され、そこに日付入りのファイル名で画像は保存されます。


キャノンBCI-7e(7)G対応詰め替えインク:THC-7G1[エレコムわけありショップ]

 これが、おまけ程度の機能というにはもったいないほど使えます。私は「ちょっと重要だと思った書類」を『スキャンtoメディア』でキーホルダーに付けたUSBメモリーにファイルとして保存しておいて、出張の時に書類自体を忘れてもUSBメモリーから確認できるようにしています。

 しかも、本体のカードリーダーはSDHCやxDピクチャーカードにも対応しているので、何かとUSB接続の機器が増えている中、『MyMio DCP-155C』で1つのUSB端子から「プリンター」「スキャナー」そして「USBカードリーダー」と3つの機能を担わせることができ、USBポートを節約できちゃいます。


4ポートUSB2.0ハブ:U2H-H4BBS[エレコムわけありショップ]

「SDHC対応マルチカードリーダー」単体でも最安で498円はしますから、その辺も考慮すると6304円の、『MyMio DCP-155C』がいかにオトクかわかると思います。


[送料\210〜]安いのに高速転送マルチカード対応 メモリカードリーダーライター:Donyaダイレク...

 しかも、さらに驚きなのはAmazonで6304円(税込、送料込み)というこの手の複合機としても最安の価格帯で手に入ってしまうということだ。無線LANを搭載した『MyMio DCP-750CN』なんてのも10933円(税込、送料込み、10%ポイント還元)で買える。


 
 また、10月下旬に『DCP-165C』なんていう『DCP-155C』の後継機種も発売されるようだが、肝心のインクカートリッジがここで紹介した『LC10』ではなく『LC11』になってしまっている。

 詳細は不明だが、一番心配なのは、ここにきてICチップなどの『詰め替え防止策』がなされていないかということだ。いずれにしてもまだサードパーティーから『LC-11』対応の詰め替えカートリッジが出てきていないので、現在の所は『DCP-165C』を購入するのはまだちょっと早い気がする。



 ...そんなわけで私はhpから乗り換えて『DCP-155C』を職場用と家庭用に2台購入して、これからじゃんじゃん印刷していく予定です。

kakurenisedora at 13:22│Comments(1)TrackBack(0)PC関連 | 生活コスト削減ワザ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by fudoh   2008年12月10日 22:48
羂c罘腮с障
緇篏睡с鐚筝桁膈障鐚

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔