13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:24:43 ID:vyKCVQqr0 [1/21回(PC)]
雪歩「はぁ、はぁ…プロデューサー早く帰ってきて・・・」

ドアの向こう

P(いい感じで、媚薬が効いてきたな)ニヤニヤ

グッ

雪歩「んん/// ちょっと動いただけで、なんだかくすぐったいよ」///

とか?





17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:34:26 ID:vyKCVQqr0 [2/21回(PC)]
某日

P「雪歩ー!番組出演が決まったぞ」

雪歩「ほ、本当ですか!」

P「ああ、よかった、やっと雪歩もTVにでられる」ウルウル

雪歩「わわ、プロデューサー泣かないで下さい」

P「すまんすまん、感極まってな」

雪歩「ところで、どんな番組なんです?」

P「バライティのローション相撲だよ」

雪歩「ええぇ~~~~!!!」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:39:34 ID:vyKCVQqr0 [3/21回(PC)]
翌日

雪歩「プロデューサー、ホントにするんですか・・・」

P「うん、初めてのTVだからな、ローションにも馴れとかないと。雪歩やっぱり嫌か?」

雪歩「そ、そんなことないです。プロデューサーが一生懸命、取ってくれた番組出演ですから」

P「そうか、ありがとな雪歩」

P(ククク、実はTVなんて嘘っぱちで、手に入れた媚薬ローションを使いたいだけなんて、夢にも思ってないようだな)

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:44:06 ID:vyKCVQqr0 [4/21回(PC)]
P「じゃあ、雪歩こっちに来てくれるか」

雪歩「はい」

トテトテ

雪歩「プロデューサーこれは?」

部屋の真ん中に置いてあるタライに透明な液体が入っている

P「雪歩は始めて見るよな、コレがローションだ」

雪歩「へ~」

P「とりあえず、手でかき混ぜてくれ、そこからローションに馴れよう」

雪歩「はい」

ピチャピチャ

ぬるぬる

雪歩(ローションってぬるぬるして気持ちいいな、なんだか手がくすぐったいよ)

20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:48:46 ID:vyKCVQqr0 [5/21回(PC)]
P(クククク、媚薬入りとは知らず、無邪気に触ってる)

P「ほら雪歩、もっと手に刷り込むようにしてみてくれ」

雪歩「はい」

ぬるぬる、ぴちゃぴちゃ

雪歩「よいしょ、よいしょ」

P「どうだ、だいぶ馴れてきたか?」

雪歩「はい、思っていたより、気持ちいいです」

P「そうか、そうか」

P(ククククク、今からもっと気持ちいいことしてやるよ)

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:54:25 ID:vyKCVQqr0 [6/21回(PC)]
P「じゃあ雪歩、この椅子に座ってくれ」

雪歩「え?」

P「次は、足にローションを塗るぞ」

雪歩「ええ!」

P「ほら、早く座れ」

雪歩「は、はい」

P「俺が足に塗りこんでやるからな」

雪歩「そんな、プロデューサー恥ずかしいですぅ」///

P「雪歩・・・そんな事いってたら、バライティには出れないぞ」

雪歩「うぅぅ、分かりました。お願いしますぅ・・・」///


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 11:58:08 ID:vyKCVQqr0 [7/21回(PC)]
P「じゃあ、いくぞ」

雪歩「うぅぅ」///

ぬる

雪歩「んぅ」///

ぬるぬる

雪歩「ん、あっ」///

P「雪歩、痛くないか?」

雪歩「んん、はい、だ、だいじょうぶ、ん 、です」//////


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:04:32 ID:vyKCVQqr0 [8/21回(PC)]
P(雪歩かわええ)

P「大丈夫か雪歩?顔が真っ赤だぞ」

雪歩「ん…大丈夫で…す…はぁ」

P「じゃあ、雪歩。次は上からローションをかけるぞ」

雪歩「んぁ・・・・はい・・・・」

P(だいぶ媚薬が効いてきたな、思考が朦朧としてるみたいだ)

雪歩(なんだか体がポカポカしてて気持ちいい。プロデューサーに足を触られたからかな・・・)

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:11:08 ID:vyKCVQqr0 [9/21回(PC)]
P(そろそろ、仕上げだな)

P「じゃあ、そのまま雪歩は座ってろ、今からかけてやるから」

雪歩「・・・・・・はい」///

P「よいしょっと」

グッ

どろー

雪歩「んぁ・・・」///

P「大丈夫か雪歩?」

雪歩「・・・はい・・・平気ですぅ・・・」

雪歩(ローションが冷たくて気持ちがいい)

P(雪歩にローションかけてると、めちゃめちゃ興奮するな。顔射してるみたいだ)

どろどろ

雪歩「・・・・・・ん」///

P(雪歩が色っぽい)///

雪歩「・・・プロデューサー、わたし・・・なんだか変なんです」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:17:10 ID:vyKCVQqr0 [10/21回(PC)]
P「なにがだ?」

雪歩「・・・体は濡れてるのに・・・からだが熱くて・・・ん」

P「そうか」ニヤニヤ

P(完全に効いてきたみたいだな、あとはもっと時間を掛けてやれば)

P「雪歩すまないが、ちょっと用事を思い出したから、このまま座って待っててくれるか」

雪歩「あ・・・ふぁい・・・・わかりました・・・・・」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:23:21 ID:vyKCVQqr0 [11/21回(PC)]
ガチャ

バタン

雪歩(プロデューサー、いっちゃったよぉ)

すっ

ぬる

雪歩「ん///」

雪歩(やだ、なんかエッチな声が出ちゃった)

雪歩(そういえば、さっきから頭がボーってして、プロデューサーの前なのにいっぱい変な声あげちゃったかも)


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:28:06 ID:vyKCVQqr0 [12/21回(PC)]
P「ふむ、だいぶ効いてきたみたいだけど、もっと時間を掛けた方がいいな」

P「雪歩のことだ、俺が何か言わない限り、この部屋からは出ないだろう」

P「喫茶店でも行って時間つぶすか・・・」

雪歩(プロデューサー遅いな・・・)


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:33:43 ID:vyKCVQqr0 [13/21回(PC)]
50分後

P「さて、戻ってきたけど、雪歩の様子はどうだろ?」

10分前

雪歩「ん・・・」

(ちょっと寒くなってきたよ服がローションでビショビショだもんね)

(・・・・体をこすったら、あったかくなのるかな)

スッ

ぬるぬる

雪歩「んあ」///

(・・・なに?今の感じ)

(体、こすっただけなのに・・・)

ぬる

雪歩「んんぁ」///


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:39:41 ID:vyKCVQqr0 [14/21回(PC)]
雪歩「はあはあ」///

(体が熱く・・・)

(うんん、それでいいんだよね、体を熱くするためだから・・・)

ぬる、ぬるぬる

雪歩「んあ!」

ぬるぬる

雪歩「ん、んん、あん」///

(き、気持ちいい・・・)


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:46:06 ID:vyKCVQqr0 [15/21回(PC)]
雪歩「あん、ん、んん」///

ぎゅ

くちゅくちゅ

ぬるぬる、ぬるぬる

(気持ちいい、気持ちいいよ・・・)

ドアの向こう

P「すごいな思ったより媚薬が効いたな」

P(最後の仕上げと行くか・・・)

雪歩「んあ、プ、プロデューサーー!」ビクン、ビクン

雪歩「はあ、はあ」

ガチャ

P「すまない雪歩遅くなったな」

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 12:54:56 ID:vyKCVQqr0 [16/21回(PC)]
雪歩「んあ、えへプロデューサーだ~」///

P(オ○ニーしてたくせに恥ずかしがらないなんて、媚薬で完全に頭が回ってないな)

雪歩「プロデューサー、私なんだかおかしくて」///

P「なにが、おかしいんだ?」ニヤニヤ

雪歩「私からだが濡れてるのに、体が熱くて、それに・・・」

P「それに?」

雪歩「なんだか、動くと体が・・・」

P「体がなんだ」スッ

雪歩「んあぁ」///

クニクニ

雪歩「ぷ、プロデューサー」///

P「なんだ耳を触ってるだけだろ」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:04:18 ID:vyKCVQqr0 [17/21回(PC)]
雪歩「だって、うぅぅ~」///

P(なんて可愛いんだろうか)

P「ほら、雪歩立てってくれ」グイ

雪歩「きゃ、んっ」ガクガク

P(足にも効いてるな)

雪歩「プロデューサー、私、わたし、もう・・・」うるうる

P「ふふ、今度は雪歩が泣いてるな」

雪歩「だって、だって」///

P「いいぞ」スッ

チュ

雪歩「ん~~」ビクビクビク


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:06:57 ID:vyKCVQqr0 [18/21回(PC)]
雪歩「ふにゃ~~」ガクガク

P「ほら、もう行くぞ」

雪歩「・・・行くってどこにですかぁ」///

P「ローションをもっと使える場所にだ」ニヤ





51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:08:36 ID:vyKCVQqr0 [19/21回(PC)]
お腹すいたんで、この辺で終りです

即興は初めてだけど、案外かけましたね

雪歩可愛いよ


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:10:41 ID:ku9s+u6K0 [4/9回(PC)]
のヮの<飯喰ったら書けよ

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:13:36 ID:vyKCVQqr0 [20/21回(PC)]
だって、落ち思いつかねーもん

どうやって終わらしたらいいのやら

それとも、雪歩をいじめてる所をだらだら書いたほうがいいのかね?


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 13:17:09 ID:vyKCVQqr0 [21/21回(PC)]
まあ、だれか続きよろ

おれも楽しみにしてますわ




76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:02:10 ID:RvgAYJrZ0 [1/27回(PC)]
雪歩「うう、プロデューサーさん遅いなあ…」ドキドキ

ガチャッ

伊織「こんにち……うわ!?なによこの変な液体!!」ビクツ

雪歩「い、伊織ちゃん!?」

伊織「雪歩!あんた何してんのよその格好!?」

雪歩「伊織ちゃんこそ、どうしてここに…」

伊織「プロデューサーに呼ばれたのよ……にしても気持ち悪いわねこれ」ドロ…


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:11:27 ID:RvgAYJrZ0 [2/27回(PC)]
雪歩「これってローションって言うんだって」

伊織「ロー…ション?……き、きゃああああああ!!」

雪歩「伊織ちゃんどうしたの!?」

伊織「雪歩…プロデューサーの指示でこのローションかぶったの?」

雪歩「う、うん、そうだけど…」

伊織「あり得ないわよ!!アイドルにローション塗りたくる健全な番組なんて聞いたこと…」

雪歩「……伊織ちゃんは、このローションの使い方知ってるの?」

伊織「…え?」

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:20:55 ID:RvgAYJrZ0 [3/27回(PC)]
雪歩「なんだか知ってるような言い方だし…」

伊織「え!?あ、いや、ま、まさかこの伊織ちゃんがそんな卑猥な物を……」

雪歩「卑猥な物なの……?」

伊織(し、しまった!)

雪歩「どうなの…?」ウル

伊織「ま…まあそういう使い方も、あるっちゃあるわね…」ボソボソ

雪歩「伊織ちゃん……なんだか体が火照ってこない?」ス…

伊織「へ?そういえばなんとなく熱っぽいような……」

81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:30:29 ID:RvgAYJrZ0 [4/27回(PC)]
雪歩「このローションを体に塗るとね、すっごく気持ちいいんだよ」ヌル

伊織「ローションで体が……?ま、まさか媚薬でも混ぜてるの!?」カア

雪歩「体、温まってきたみたいだね…」クスッ

伊織「な、何よこれ……体が疼いて…」ドキドキ

雪歩「ほら、もっと擦り込んで…」ヌルヌル

伊織「ひゃあ!?ちょっと雪…いた!」ズルッドサッ

雪歩「伊織ちゃんも、きっと気に入るよ」

伊織(うう、どんどん熱くなって、こそばゆいような痒いような)

82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:39:20 ID:RvgAYJrZ0 [5/27回(PC)]
誰か見てる?


雪歩「なんだか我慢出来なくなってきたんじゃない?」ドキドキ

伊織「こ、こんな気持ち悪いもので……どうにかなるわけが…」ハアハア

雪歩「意地張っちゃって…、そうだ、その服も脱いじゃおう」プチプチ

伊織「ちょっと雪歩!!落ち着きなさいよ!」カアア

雪歩「そんなこと言って、もっと熱くなりたいんじゃないの?」スル…

伊織「ぬ、脱がさないでよ…」

雪歩「ほら……たっぷり塗ってあげるから」ヌルヌル

伊織「ひうっ」


86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:46:03 ID:RvgAYJrZ0 [6/27回(PC)]
伊織「あ……駄目……」フルフル

雪歩「体いっぱいに熱くなって、どうしようもない?」ドキドキ

伊織「そ、そうよ…!これ以上熱くなったら、おかしくなっちゃう!」

雪歩「こういう時はね、思い切って発散した方がいいと思うんだ…」

伊織「ふえ?発散って…」ドキドキ

雪歩「解かってるくせに…///」プチン…

伊織「ゆ、雪歩……そこは胸…」

雪歩「ん……」チュッ


88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 15:55:54 ID:RvgAYJrZ0 [7/27回(PC)]
伊織「あ!?ぁ……ふあ…」フル…

雪歩「んん…、あむ……」チュウ

伊織「雪、歩ぉ……駄目よ、こんなの……女、同士でしょ…」ドキドキ

雪歩「ちゅぷ……、いいんだよ、伊織ちゃんだって期待してたんでしょ」フフ

伊織「そ、そんな……んん!!」

雪歩「んむ、あむ、ちゅう……ん……」チュウウウ

伊織「はあっ…!いや、もうっ……!」フルッ

雪歩「ふう…」チュポッ


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:02:39 ID:RvgAYJrZ0 [8/27回(PC)]
伊織「ゆ、雪歩……?」ハア…ハア…

雪歩「伊織ちゃんが可哀相だから、やめてあげるね」

伊織「は、はあ!?」ドキドキ

雪歩「とりあえずローションを洗い流さないとね」ス…

伊織「ま、待って!!」ガシッ

雪歩「伊織ちゃん、手首掴まれちゃ動けないよ?」

伊織「だ…、だから……その……」ゴニョゴニョ

雪歩「なあに?伊織ちゃん」キョトン


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:11:48 ID:RvgAYJrZ0 [9/27回(PC)]
伊織「こ、ここまでしたんだから、責任取りなさいよ!」カアア

雪歩「クス…わかったよ、伊織ちゃん」ス…

伊織「は、早く……」ドキドキ

雪歩「伊織ちゃん、キス……したことある?」

伊織「へ!?」

雪歩「ファーストキスがまだなら、私我慢する。伊織ちゃんが嫌がる顔、見たくないから」

伊織「うう…」

雪歩「どうする?」


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:25:07 ID:RvgAYJrZ0 [10/27回(PC)]
伊織「わ、私は……」ボソ

雪歩「私は?」

伊織「は、初めてのキスは…ゆ、雪歩としたい!早くこの疼きを止めたい!」ドキドキ

雪歩「素直になってくれたね、伊織ちゃん…」ス…

伊織「ゆ、雪歩……」

雪歩「実は私、初めてなんだよ…///」カア

伊織「え!?そうなの…?」ドキドキ

雪歩「でも、初めては伊織ちゃんじゃなきゃ……ダメ///」


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:34:12 ID:RvgAYJrZ0 [11/27回(PC)]
伊織「雪歩…(何この子、可愛すぎ!)」ドキドキ

雪歩「伊織ちゃん…」ス…

伊織「ぁ…」

チュッ

伊織(これが…これが、キスなんだ…///)チュ…

雪歩(こんなに気持ち良くて…幸せな気分になるんだ///)チュプ…

伊織(この体の疼き、きっとローションのせいだけじゃない)ドキドキ

雪歩(キスだけで、こんなに繋がるんだね…)チュウ

伊織「っ……、はあっ……」プハ

100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:40:35 ID:RvgAYJrZ0 [12/27回(PC)]
伊織「雪歩…、顔、真っ赤よ///」

雪歩「伊織ちゃんこそ、夢中でキスしてたね」フフ

伊織「と、当然よ、こんなに、気持ちいいん……だから…///」ボソボソ

雪歩「そうだね…///」

伊織「でも……熱は、治まらないわね…」

雪歩「……最後まで、……する?///」

伊織「さ…最後まで!?///」ドキッ

雪歩「ダメ……かな?///」


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 16:50:03 ID:RvgAYJrZ0 [13/27回(PC)]
伊織(う…そんな上目遣いされたら、我慢できるはずないじゃない///)

伊織「そ……そうよね!元はといえばあの変態がローションを用意したのが悪いのよ!」

雪歩「そうだよ、こんなの体中に浴びたら我慢できないよね///」

伊織「…」

雪歩「…」

伊織(で、でも……女同士って、どうやるのかしら///)

雪歩(伊織ちゃんの期待に応えないと…、私がリードするべきなのかな///)ドキドキ

雪歩「伊織ちゃん」

103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:00:34 ID:RvgAYJrZ0 [14/27回(PC)]
伊織「ふえ!?な、何かしら…」ドキドキ

雪歩「ん……」チュッ

伊織(あ……またキス…///)

雪歩(少し、触ってみようか///)ゴソ…

伊織「ぷは!ゆ、雪歩!?///」

雪歩「やっぱり、適度に濡らした方がいいよね///」スス…

伊織「スカートめくって……まさか///」

雪歩(わ、黒だ……、伊織ちゃんこういうのも履くんだね)ドキドキ

104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:10:22 ID:RvgAYJrZ0 [15/27回(PC)]
雪歩「伊織ちゃん…指、入れるよ…」スス…

伊織「う、うん……」ゴク

ピチャ…

伊織「んん……!!」ビク

雪歩(もう濡れ始めてる……、伊織ちゃん、私で興奮してくれたのかな///)

雪歩「伊織ちゃん、ここ…一人でいじったことある?」クチュ

伊織「な、なんてこと聞くのよ!///」カア

雪歩「気になっちゃって」ドキドキ

伊織「…………ちょ、ちょっと……こする位なら」ボソ

105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:18:33 ID:RvgAYJrZ0 [16/27回(PC)]
雪歩「伊織ちゃんでもやっぱりするんだね……オナニー///」

伊織「さらっと恥ずかしいこと言わないの!」カアア

雪歩「ゆっくりほぐしてあげるね…」クチュ…ヌチ…

伊織「っ……う…ふぅ……」

雪歩(今更だけど、けっこう凄い事してるよね…私///)ドキドキ

伊織「ゆ、きほぉ……」ハア

雪歩(同じ女の子の大事なところをこねくり回して…)ドキドキ

伊織「っふ……はっ……」


107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:27:14 ID:RvgAYJrZ0 [17/27回(PC)]
雪歩(私、女の子が……伊織ちゃんが好きなんだ///)ヌチ…ヌチャ…クチャ

伊織「ゆ、雪歩!はげ、しい……!!」ビクッビクッ

雪歩「伊織ちゃん…!」ヌッチャヌッチャ

伊織「雪歩…!キス…しながら……!」

雪歩「うん…!」チュ

伊織「んんん!ん……ちゅ…」チュ…チュブ…

雪歩(伊織ちゃん…伊織ちゃん……!)クチュックチュッピチュッ

伊織(雪歩…雪歩ぉ…!)チュウウ

108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:37:00 ID:RvgAYJrZ0 [18/27回(PC)]
誰か見てることを願って


雪歩(あ……すっかり忘れてた…)ピタ…

伊織「はあっ……雪歩……?(何で止めるのよ…!もう少しでイクところで…!)」ハア

雪歩「最後までするんだから……一緒に気持ち良くならないとね///」

伊織「ど、どうやって……?」ハア…ハア…

雪歩「私のここも……すごいことになっちゃってるから」スル…

伊織(うわ…まじまじと見るのは初めてだけど、すごく濡れてる)ドキドキ

伊織「ローションじゃ…ないわよね、それ///」

雪歩「違うよぉ///伊織ちゃんがすごく可愛いからこうなったの///」


110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:46:06 ID:RvgAYJrZ0 [19/27回(PC)]
伊織「素直に喜んでいいのかしら…」ドキドキ

雪歩「いいんだよ……、ほら、私…仰向けになるから」トサ

伊織「ゆ、雪歩!そんなに脚を開いて……!」カアア

雪歩「一緒に気持ち良くなるために必要なんだよ///」

伊織「ど……どうするの?」ドキドキ

雪歩「伊織ちゃんが上になって、私のここと……伊織ちゃんのここをくっつけるんだよ///」

伊織「え、えええ!?///」ドキドキ

雪歩「私と……気持ちよくなりたくない?」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 17:58:36 ID:RvgAYJrZ0 [20/27回(PC)]
伊織「わ、わ、私……、雪歩とひとつに……なりたい…///」カアア

雪歩「うん………来て……」ドキドキ

伊織(い、いよいよ………私、雪歩とすごくイケナイ事しちゃうんだ…///)ス…

雪歩(伊織ちゃん……すごく綺麗…)ドキドキ

伊織「う、上手く……くっつくかしら///」グッ

雪歩「えっと……ここ、お豆さんみたいに膨らんでるでしょ?ここ同士で擦り合わせて…///」

伊織「すごく敏感な所よね…、どうなっちゃうのかしら///」

雪歩「溶けちゃう位凄いみたいだよ……だから早く……」ドキドキ


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:05:24 ID:RvgAYJrZ0 [21/27回(PC)]
伊織「い、いくわよ……///」グ…

クチュ…

伊織「はぅ…!!」

雪歩「ふあっ…!!」

伊織「今…すごくビリっと来た……」ハア

雪歩「私もぉ……すごいよお」ドキドキ

伊織「こ、ここからどうすれば良いの?」ハアハア

雪歩「私の体と擦り合うみたいに、腰を……振って……?///」

伊織「わ、わかった…」ピト…


116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:14:41 ID:RvgAYJrZ0 [22/27回(PC)]
雪歩(あ……私と伊織ちゃんの乳首がくっついて…///)

伊織「う、動くわね…!」クチャッヌチャッ

雪歩「ふわあっ…!何これ……!」ビクッ

伊織「気持ち……よすぎて………ああっ!」ピチュックチュッ

雪歩「伊織ちゃん…!凄いよぉ…!///」ガクガク

伊織(雪歩の胸……すごくいやらしく揺れてる///)ヌチッヌチュッ

伊織「はあっ……はっ……あむ!」チュウ

雪歩「伊織、ちゃん……!む、胸はぁ…」ビクン


119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:23:18 ID:RvgAYJrZ0 [23/27回(PC)]
伊織「ちゅ…ちゅぅ……んちゅっ…!」チュプッチュウウ

雪歩(伊織ちゃん…あんなに夢中に吸いついて…///、んんっ!)ビク

伊織(私…もうどうなってもいい、雪歩とこんなに気持ち良くなれるなら)クチュクチュ

雪歩「ふああ!ん…んん……はあ!」ビクンビクン

伊織「んあっ!ああっふわぁ!」クチュヌチュヌチ

雪歩「伊織……ちゃん!私……!///」ハアハア

伊織「雪歩…!///」ハアハア

雪歩「キスしながら……イキたい!」


123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:30:11 ID:RvgAYJrZ0 [24/27回(PC)]
伊織「…雪歩!!」チュウウ

雪歩(あっ!舌…絡んで……!)ヌチャ

伊織(雪歩…雪歩…雪歩ぉ…!)クチャズチュズチュ

雪歩「んんん…んっ…ふっ……///」チュッチュウ

伊織「んむぅ…んん…ん!」グチュグチュグチュ

雪歩「はあ…伊織ちゃん、もぅ……!!」ハアハア

伊織「ん、いい……わよ!い、一緒にぃ…!!」ヌチヌチヌチ

雪歩「あ、ああ……来ちゃう、来ちゃううううううううう!!」


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:37:12 ID:RvgAYJrZ0 [25/27回(PC)]
伊織「あ、ああああああ!!」ビクン

雪歩「伊織ちゃあああん!!」ビクン

クタ…

伊織「っあ………はあ、はあ……」

雪歩「ふあ……、はあ……」

伊織「とんでもなく……気持ちよかったわね……///」ハア

雪歩「うん…///それと……すごく、嬉しかった」

伊織「嬉しい…?」

雪歩「だって、こんなにも幸せな気分になったんだもん///」ニコ


128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:46:38 ID:RvgAYJrZ0 [26/27回(PC)]
雪歩「私達、これで恋人同士になったんだよね?///」

伊織「え!?ま、まあ……そういうことに…なるのかしら///」ドキ

雪歩「嬉しい!」ダキッ

伊織「ゆ、雪歩///舞い上がるのは分かるけど、そろそろ体を洗いたいんだけど///」カアア

雪歩「あ、そうだよね……///、でも、もう少しこのままでいい?」

伊織「いいわよ…好きなだけ///」




P「しばらく様子を見ていたが……、なんだここは…天国か」ハアハア

P「しかし、ドアの前でつい興奮して抜いてしまったけど……どうしよう」

P「伊織に見つかったら袋叩きだな…」


終わり


132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:51:41 ID:RvgAYJrZ0 [27/27回(PC)]
気付いたら書き始めて4時間近く経ってた…
書き終わってどっと疲れが出た やっぱり無理しないほうがいいな


134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:52:01 ID:9fu4nort0 [3/3回(PC)]
おつん

135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/13 18:56:48 ID:Xauia2UIT [3/3回(お試し●)]
ちゃんと見てたぞ
おつおつ




おすすめ pickup





SS読むなら

SSまとめアンテナSSまとめ倉庫SSアンテナ

amazon

ゆるゆり♪♪みゅ~じっく05 杉浦綾乃キャラクターソング
ゆるゆり♪♪みゅ~じっく06 池田千歳キャラクターソング
ゆるゆり♪♪ みゅ~じっく 07 大室櫻子キャラクターソング
ゆるゆり♪♪ みゅ~じっく 08 古谷向日葵キャラクターソング
ゆるゆり (8)巻 限定版 [コミック]
ゆるゆり (9)巻 限定版 [コミック]

ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

pickup2


ゆるゆりSSランダムpick up





pickup3

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

月間人気記事ランキング


全ランキングをみる