ゆるゆりSS速報

ゆるゆりSSをまとめていきます。

魔法少女まどか☆マギカSS

まどか「ぷん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/12 03:12:05 ID:uinosTSpO [1/22回(携帯)]
さやか「まどかー…機嫌なおしてよ~」

まどか「ぷん」プイ

さやか「ねぇねぇまどか~」

まどか「ぷん」プイ




まどか「スポーツの秋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/06 20:39:42 ID:aYhP7TVz0 [1/62回(PC)]
まどか「というわけで今日は見滝原中の体育祭です」

さやか「あれ? 文化祭じゃないの?」

まどか「何言ってるのさやかちゃん。今日は体育祭だよ」

さやか「時期的には文化祭だよね」

まどか「体育祭って言ってるよね」

さやか「でも」

まどか「体育祭なんだよ」





まどか「トイレに立つと視線を感じるの……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/03 00:12:08 ID:Nv71anQp0 [1/36回(PC)]
ほむら「そう……」

まどか「どうしようほむらちゃん……私、怖い」

ほむら「まどか……」

まどか「私の気のせいだよね……きっと、そうだよね……」

ほむら「ええ、気のせいよ……心配しないで私が保証するわ」

さやか「なんであんたが保証するんだ?」

ほむら「絶対にあなたを救ってみせる」




まどか「それはとっても意外だなって」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/11/01 20:47:11 ID:BVs2hLC7O [1/46回(携帯)]
さやか「ふわぁ…眠い」

さやか「けど寝てばっかりじゃダメなんだよね」

さやか「かと言って何かすることがあるわけでもないし……」

さやか「んー…暇っ!」

さやか「あたしもまどかの様に好き勝手できればなぁ」

さやか「そしたらパパやママ」

さやか「恭介や仁美…マミさんとほむら」

さやか「あとついでに杏子」

さやか「みんなに会いに行くんだけどね」





ほむら「普通の時間軸に来てしまったわ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:2012/10/27 21:07:11 ID:CzoBfcC60 [1/31回発言]
ほむら「鹿目まどか、そいつから離れなさい!」

まどか「でも… この子、ケガしてるんだよ」

ほむら「どうしても放さないというのなら…」

さやか「お~い、まどか! こんなとこにいたんだ」

さやか「ん、なに持ってんの? ねこ?」

まどか「そうみたい、なんだけど…」

ほむら「いいから早く放しなさい!」

さやか「そうだよ!」

ほむら「えっ」





ほむら「杏子、幼い子がするような遊びをしましょう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/10/21(日) 23:30:48.61 ID:oQOD3LxV0 [1/7]
杏子「なんでだよ……」

ほむら「あなたは幼い頃にまともに遊んだ記憶はある?」

杏子「ん?そりゃあモモと……ままごととか」

ほむら「でも妹さんを気遣って自分のしたいような遊びはしていないんじゃないかしら?」

杏子「ま、まぁそりゃあ貧乏だったし……」

ほむら「私も幼い頃に遊んでいないのよ」

杏子「ん?あぁ、病気か」

ほむら「えぇ、そこであなたと私で幼い子がするような遊びを経験してみましょう!」

杏子「何を思ってそうなったんだよ……」

ほむら「ごたごたが終わって見るとこうして体が自由に動かせることに感動して思いたったのよ」

杏子「なんであたしなんだよ……」

ほむら「暇でしょう?」

杏子(否定出来ない……)




まどか「ただいまどか」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/10/18(木) 20:18:16.51 ID:N3eie+EiO [1/51回発言]
まどか「………」ジィー

詢子「ほら、そんなに遠慮しないでさ。こっちにおいでよ」

ほむら「詢子さん…あの、本当にいいんですか?」

知久「もちろんだよ、それにここをほむらちゃんの家だと思っていいんだよ?」

ほむら「知久さん…」

タツヤ「ほむあ!ほむあ!」

ほむら「タッくん…うん、そうだね。ありがとう」

知久「ほら、ほむらちゃん」

ほむら「ただいま…!」

詢子「おかえり、ほむらちゃん」

ほむら「は、はい…!」

まどか「……おかえり…ほむらちゃん…」

ほむら「ふふっ」ニコッ




まどか「ごめん、ね……ほむらちゃん……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/09/30(日) 11:40:16.13 ID:RWNaQDuf0 [1/59回発言]
まどか「わ、たし……もう、ダメ、かも……」

ほむら「まどか……!しっかりして、まどかぁ!!」

さやか「あれ、まどかにほむら?何やってんの?」

ほむら「大変なの!まどかが、まどかが……!紙で指を……!」

さやか「ッ……!?う、うそでしょ!?」




まどか「QBが口を閉じて喋ってるのはおかしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/10/02(火) 22:59:14.02 ID:+QwHlYDv0 [1/13回発言]
―お昼休み―


QB「やあ!まどかにさやか!」

さやか「あ!マミさんにQB!」

マミ「偶然ね。あなた達二人だけなの?」

さやか「はい!良かったら一緒にお昼ごはんどうですか!?ね?まどか」

まどか「・・・」

さやか「まどか?」

まどか「え?ああうん。一緒に食べようよマミさん!」

マミ 「そう・・?」

QB「そうさせてもらおうよマミ!契約についてもたくさんが話がしたいしね!」

まどか「・・・・」






まどか「え?ほむらちゃんの羞恥をエネルギーにかえる技術?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/09/28(金) 00:17:10.04 ID:xulR2Juo0 [1/59回発言]
QB「そうだよ」

まどか「ど、どういうことなの……?」

QB「いやね、僕はどうあってもキミと契約したいんだけど、ほむらがそれだけはさせないと言うのはキミも知っているよね?」

まどか「う、うん」

QB「それでね、このままじゃ僕のこの星での立場も危ういから、妥協案をほむらに提案してみたんだ」

まどか「それが?」

QB「そう、羞恥をエネルギーに変える技術さ。相変わらず僕たちには感情がないから、その技術も開発したはいいけれど使い道が無くてね」

まどか「……ゴクリ」

QB「更にはその技術よりも、魔法少女システムの方が遥かにエネルギー効率がいいからお蔵入りになってしまっているんだよ」

まどか「そ、それを導入するとどうなるの?」

QB「具体的に聞きたいかい?」

まどか「教えてくれたらとっても嬉しいなって」




ランダムSSpick up
ランダムに記事が表示されます(F5押せば変わりますよ)









当ブログについて


当ブログについて

TOP絵募集中&TOP絵置き場




ツイッターにて更新情報を配信しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よければブックマークもお願い致します。


【お知らせ】

ついにまとめたゆるゆりSSが1000個突破!!

そろそろ開設1年だなぁ…。






【コメント欄について】

過度な煽り、批判コメントはおやめ下さい。場合によっては削除することもありますので。

8/5
コメントを承認制にしました。詳しくは当ブログについて




【ブラウザ】

Google Chrome推奨です。

【管理人の独り言】
































3/26
TOP絵頂きました!
相川りょう様ありがとうございます!
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    その他
    br_decobanner_20111029115016 TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
    FC2アクセスカウンター
    債務整理方針の見直し
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ