2010年01月09日

個人事業主の確定申告はどうしたらいい?

個人事業主の方も確定申告の時期が来ました。
脱サラで個人事業主となった方も多いのではないでしょうか。

解雇が激しかった2009年ですが、
ネット事業に入った方も多いでしょう。
昨年会社を辞めて個人事業主に転向した方は
2か所からの所得を申告します。
節税の点からも自分にあった確定申告で
2010年を迎えてください。

確定申告で利益と控除を申告しましょう。
開廃業届出書をしてあれば申告書は税務署から送付されます。

個人事業主の申告には「青色申告」と
「白色申告」があります。
事業登録をした際に、青色申告と白色申告の別を選択します。

青色申告と白色申告の差を挙げておきましょう。

青色申告
正規の簿記帳簿が必要。65万円の控除。赤字繰越ができる。
損益通算できる。原価償却できる。家族への給与が経費となる。

白色申告
正規の簿記記帳は不要なので利益が小さい場合
(年間300万以下)は経理上の手間が少ない。
家族やスタッフへの給与は一部だけ経費となる。


確定申告時に必要な決算書類は
青色申告:貸借対照表、損益計算書
白色申告:収支内訳書


個人事業主でいこうのサイトより
 個人事業主の確定申告や税金対策



フランチャイズも各店舗は個人事業主になります。
利益そのものが自己収入となるのが個人事業主の特徴です。
しかし、安定した会社を辞めてまで
個人事業に転向するのは約1割程度だそうです。

自分にしかできない才能や、
ビジネスコネクションが多いなら
個人事業は魅力的でしょう。
服装自由、時間自由、会社員ではあり得ない点が
多くあります。
その反対に、リスクも自分で負うので
十分な考慮を入れてから選択するべきかもしれませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


kakuteinabi at 10:29コメント(0)トラックバック(0)個人事業主の確定申告  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自宅のパソコンで確定申告
接触型ICカードに対応し、自宅のパソコンで確定申告ができるICカードリーダライターです。
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ