僕と真剣勝負してください!!

総合格闘技とプロレスについて思ったことなど書いています。

オカダカズチカ 2013プロレス大賞MVP受賞!

超不定期ブログにようこそ・・・

オカダが2年連続でMVP受賞。
まぁ〜今年の活躍からすれば当然でしょう。
KENTAも頑張ったと思いますが、これはもう団体の勢いの差もあったりで、オカダで納得。

avi_000050383

新日本はタレントが多数揃っており、それぞれのキャラもイイ。
そんな新日本プロレスですが、知ってましたかねぇ〜こんな事実を・・・

2011年1月4日 棚橋が小島からIWGPヘビーを奪取
最多連続防衛回数記録11回を達成

2012年2月12日 オカダが棚橋からIWGPヘビーを奪取
2012年6月16日 棚橋がオカダからIWGPヘビーを奪取
2013年4月7日   オカダが棚橋からIWGPヘビーを奪取

2014年1月4日 オカダvs内藤のIWGPヘビー戦

そーなんです、この3年間でIWGPヘビーのベルトを巻いたのは棚橋とオカダのみ。
タレント揃いの新日本ですが、この結果からするとこの2人は会社側から絶大な信頼を得ていると言えるでしょう。

真壁は2010年5月に巻いてますが、その1回のみ。
中邑は最年少戴冠記録の23歳8ヶ月で巻いてからこれまで3回獲得。
後藤は・・・えっ?まさかの?0回です。(G1やNJPCは優勝してますけど)

で、来年初っ端の内藤ですが・・・
どうなんでしょうねぇ〜
棚橋⇔オカダでいつまでも繰り返すってこともないでしょうけどねぇ〜
ちなみに2013年はこのカード、4回組まれました。(そのうち3回は両国)

すご〜く単純に考えると・・・
1月4日のオカダvs内藤の勝者と中邑vs棚橋の勝者が対戦。
そうなると、オカダvs中邑?なんて考えてみたり・・・

※個人的願望としてはワンポイント的でもいいので永田さんに巻いてもらいたいんですけど。

ケガから復帰後、G1優勝で上昇気流に乗るかと思われた内藤ですが、現状はなかなか厳しいようで・・・
しかし、オカダがIWGPを初めて奪取したときの状況と比べると、内藤の方がまだイイかと。
あのときは、なぜオカダ??ってムードが充満してましたからねぇ。

2014年の流れを決めるオカダvs内藤の一戦はもうすぐゴングです!

そんな訳で、次回は2012年3月4日 後楽園ホールで行われた
オカダvs内藤のIWGPヘビー級選手権試合を振り返ってみたいと思います。

プロレス最新情報はこちらで・・・

w-1旗揚げ戦 第八試合

第八試合

武藤、ボブサップvsゾディアック、レネデュプリ

日本人絡みだろうなぁ〜と予想してましたが、見事に外れました。
まぁ〜サップは予想もされてましたけど。
サップが最後に登場。
でも…サップが旗揚げのメインの目玉ってのはもうムリあり過ぎでしょ。

このカードはX扱いにして大正解ですな(笑)
解説に神無月登場。
書き忘れてましたが、第一試合の前に神無月が武藤のモノマネでリングインしてました。
実況アナが神無月に武藤、馳のモノマネをフってます(笑)

コンディション的にはイマイチな感じもあった武藤ですが、低空ドロップキックからのシャイニングウィザード、そして…

ここ一番でしか見せないムーンサルトプレスで武藤がデュプリに勝利。

所属選手を呼び込む武藤。
ジャージが間に合わなかった?浜、論外と間違われる真田(笑)
このリング、W-1はやはり武藤のリングですねぇ。

全員で記念撮影で終了。
河野はもちろんいませんでしたが、船木もいなかったようです。

また詳しく書きたいとは思ってますが、これにて旗揚げ戦速報終了です。

W-1旗揚げ戦 第七試合

第七試合

KAIvs真田

真田が出場するのは予想してましたが、ここで登場。
メインに入るのかな?とも思いましたけど。

このカードをメインにしてもよかった気もしますが。

握手を求めながらスカす真田。
お客さんにも握手を求めながらスカす真田。場外に落ちるとリング下に逃げる真田。
場外に跳ぶと見せて、コールまでさせて跳ばない真田。
自分のペースに引き込もうとしてるんでしょう。

場外でKAIが垂直落下式ブレンバスター!
これが強烈で凄い音が…
リングでも垂直落下式ブレンバスター
これまた強烈でここで終わっても説得力ありましたね。

真田が雪崩式フランケンシュタイナーからドラゴンスリーパー、小橋の前でムーンサルトプレス。

KAIがパワーボムからのスプラッシュプランチャーで勝利。

マイクでのやり取りでお互いがまだまだ戦っていきたい、と。

KAIが改めてエース宣言。


10月の後楽園にジェフジャレット参戦。

W-1旗揚げ戦 第六試合

第六試合

船木、河野vs桜庭、柴田

ホントに来ました、桜庭と柴田!
船木の話から予想できたカードですが、ここで実現するとは…

先発は船木と桜庭。
総合格闘技のような展開、緊張感があります。

柴田と河野、エルボー、ビックブーツ合戦。ここは柴田が優勢。

このメンツでは河野が見劣りしてしまうのは仕方ないでしょうが…
それにしても河野の当たりが弱過ぎ!
体格では圧倒しているのだからもっといかないとダメだなぁ〜
解説の小橋も言ってます。

コーナーでダウンの河野に柴田がドロップキック!これはクリーンヒット。

柴田がインディアンデスロック。
カットに入る船木のミドルキックが強烈!
ダウンする柴田、すると河野にダメージ(笑)
ですが、船木がやるとお笑い系に見えません、恐い…

船木と柴田が打撃の攻防、お互い激しくいってます。

河野と桜庭、相変わらず当たりが弱い河野ですが、投げ技は豪快です。
飛行機投げからのチキンウイングフェースロックで桜庭が河野に勝利。

試合後、船木は柴田と握手。
桜庭、柴田とも一礼してリングをあとに…

船木も退場で終了…と思いきや…

花道で耕平と崔が襲撃!
リングに連れ戻したところで河野がイスを持って登場。
船木を助けると思いきや…
イスで船木の脳天を殴打!

河野にはブーイング。
今日の内容ではこのヒール転向はどうかなぁ〜って感じ。


船木と柴田の絡みはまた見たいですが、再戦はあるのか…

これからの河野に対する船木はマジで恐そう…

W-1旗揚げ戦 第五試合

第五試合

近藤、カズvs関本、岡林

無差別級をアピールしていた近藤、それに相応しい相手。
やはり大日本チームは素晴らしいカラダしてますねぇ。

ジャーマンで関本が近藤に勝利。
両チームとも素晴らしい攻防を見せてくれました。

近藤が改めて無差別宣言、関本、岡林に勝つまでやる!

再戦もあるでしょうが、ぜひまた見たいです。

ここで休憩…かと思いきや
5人組のCheer1が登場(正直、わかりません)
自己紹介とこれから売店に向かうとのこと。
ここでホントに休憩です。

W-1旗揚げ戦 第四試合

第四試合

田中、金本vs望月、フジタJrハヤト

田中のパートナーは予想通りの金本。
過去にいろいろな繋がりがある組み合わせ。

どの対戦でも打撃中心の攻防。

アンクルホールドで金本がフジタに勝利。
試合後、それぞれ握手するが、フジタのみ握手せず。

田中がマイクアピール、金本に締めをまかすも、金本上手く締められず(笑)
最後は田中が「W-1について来い!」

イイ試合でした。

W-1旗揚げ戦 第三試合

第三試合

女子プロレス スターダム提供試合

世幻vs岩谷

ダイビングセントーンで世幻廚両〕。

W-1旗揚げ戦 第二試合

第二試合

浜、中之上vsZERO1 佐藤、崔

パイルドライバーで佐藤が中之上に勝利。

特にアピールなし。

W-1旗揚げ戦 第一試合

突然のブログ復活…

今日はW-1旗揚げ戦。
GAORAで生観戦中。

ゲスト解説は小橋建太。

第一試合

大和、稲葉vs論外、MASADA

稲葉は日本デビュー戦ですが、なかなかイイ体してます。

ノーザンライトボムで大和が論外に勝利。

試合後、大和のマイク中に帰る愚連隊(笑)

ノア 小橋解雇!秋山・潮崎・金丸・鈴木・青木が退団へ!

半年ぶりの更新かぁ…
久し振りなんですが、驚き?のニュースが出ましたねぇ。
まぁ〜驚きもあるんですが、そんな予感はありましたけど。

ノア激震!小橋解雇、秋山ら退団

小橋は戦力外通告。
秋山、潮崎、金丸、鈴木、青木は来年の契約をしない、と自ら伝えたようです。

小橋については…まぁ〜仕方ないところもありますけどねぇ。
ここ数年のことを考えると遅かったくらいかもしれませんが
ノア旗揚げからの貢献度からすると、別のやり方もあったんじゃないか?とも思います。

秋山については…
小橋解雇が最終的な引き金になったのかもしれませんが
あっ、もしかしたら大仁田参戦もかなぁ〜
いろいろと不満があったのも事実でしょう。
ノアが苦しい状況にあるってのはファンなら嫌でも感じていたでしょう。
本来なら秋山が中心となって盛り返してほしいところだったんですが…
それがSAT結成だったのかなぁ〜と思いますが、時すでに遅し…

本日、ノアは千葉ポートアリーナ大会を開催。
う〜ん…こんなことが出てくると行きたくなる。
仕事次第なんだけどなぁ。ちょっと無理っぽいな。
もし万が一、行けたらまた書きたいと思います。

その他のプロレス情報はこちらで









オススメDVD 
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
livedoor プロフィール
人気ランキング
人気ブログランキングへ
何位かな?
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ